最近、社外ランプを手に入れ、純正と交換しようと考えています。そこで、1つ問題が、、、。それは、純正は35Wを用いており、取り付けようとする物は消費電力55Wで110Wの明るさにするものなのです。配線処理が面倒なので、純正の配線をそのまま用いたいのですが、これってやはり危ないのでしょうか?そもそも、消費電力55Wで110Wの明るさの仕組みが分かっていないものですんで、、、。

A 回答 (2件)

質問されたランプが55Wのフォグランプ?ということであれば左右のランプの合計電流値は12V車で約9Aとなります。


フォグランプの電流値が実際に使われている電線の許容電流値内に入っていても他のシステムが同じ回路を使っていればその電流値も考慮する必要がありますし、また電線の容量だけでなくヒューズの容量についても考慮する必要があります。
車に使われる電線のサイズはその回路に流れる電流値と周囲温度、長さ、ヒューズ容量を考慮して決められおり一般の方では判断は難しいと思います。
一度ディーラーに相談していただくことをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。フォグランプは単体に思えますが、確かに、他の回線容量もありますねぇ。ん~難しくなりそうです。

お礼日時:2001/11/17 11:50

元々の電線の太さが分からないので、何とも言えませんが、基本的にNGです。



何が問題なのかと言うと、電流です。
電流は、消費電力÷電圧で求めること出来ます。
通常、電圧は約14Vなので、これを元に電流を算出すると、35Wは電流2.5A、55Wは電流3.9Aとなり、約1.6倍の電流が流れることになります。
電線の容量(太さ)に余裕があれば、そのまま使用することも可能だと思いますが、容量が不足していると、電線が発熱し、最悪発火します。
ディーラー、またはメーカー等に問い合わせれば、電線の太さや容量は分かると思います。

ちなみに、55Wで110W相当の明るさというのは、フィラメント(電球の中のバネみたいなもの)を強化して、110W相当の明るさにしているのであり、消費電力自体は変わりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよねぇ。発火なんてしたらフォグの配線どころかメインの配線までも犠牲になりますし、、、。怖いですねぇ。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/11/16 22:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QT10 80W 消費電力5W 80Wが消費電力ではないのですか? 5Wとはまた別の数値とかですか?

T10 80W 消費電力5W
80Wが消費電力ではないのですか? 5Wとはまた別の数値とかですか?

Aベストアンサー

何のことかわかりませんが、解釈は二通り、
・ 実力は従来の80W、消費電力は実質5W
・ 5W素子×16個使用=合計80W
いづれかが正解かと。

QタントカスタムRS21年式にトヨタ純正ナビNSCP-W61を付けたいのですが、配線がGPS一体フィル

タントカスタムRS21年式にトヨタ純正ナビNSCP-W61を付けたいのですが、配線がGPS一体フィルムアンテナとコードしか有りません。あと何が必要ですか?

Aベストアンサー

取付を予定しておられる車両が特殊な仕様(パネル一体オーディオ装着車やメーカー製造ライン装着ナビつき車など)の場合を除き、NSCP-W61をダイハツ車に取り付けられる場合は、ナビ本体以外にはGPS&ワンセグ用複合フィルムアンテナ(←四角の中に菱形)と、(GPS&ワンセグ用複合フィルムアンテナ⇔カーナビ本体間の接続用の)アンテナ接続ケーブルがあれば大丈夫です。

平成21年式という事はNSCP-W61の取り付けを予定しておられるタントカスタムは先代型のL375S型(4WD車の場合はL385S型)ではないかと思いますが、カーナビ(NSCP-W61)の取り付けを予定しておられるタントカスタムがオーディオレス仕様車の場合や、既に別のワイド2DINサイズのカーナビやオーディオ機器が取り付けられている場合にはGPS&ワンセグアンテナ関係の配線があれば他に必要部材はなく、ナビ&オーディオ取り付け部に来ている車両ハーネスのコネクター(10ピン&6ピン&5ピン&ラジオアンテナ)を直接接続するだけでOKです。
※上記の車両ハーネスのコネクターの内、オーディオレス仕様車やパネル一体オーディオ装着車などで車両ハーネスの内ナビ信号用の5ピンコネクターの配線が使用されていない場合は、この5ピンコネクターの配線が奥の方で他の車両ハーネスにテープなどで一緒に束ねられていてパッと見では5ピンコネクターが無いように見える(見つけ難い)ことがあります。

現状でダイハツ純正(新車装着)のパネル一体オーディオが取り付けられている場合は、ダイハツ純正部品のオーディオレス仕様車用のセンタークラスターパネル(←「PANEL SUB-ASSY,INST:55405-B2400-B1(←色はシルバーです)」(5千円くらい))と取付金具(←「FITTING KIT:08606-K2008」(千円くらい))が必要になります。
※オーディオレス仕様車の場合や既に別の2DINサイズのカーナビやオーディオ機器が取り付けられている場合には上記の2点は既に使用されているはずなので必要ありません。
※取付金具の「08606-K2008」は左右セット品なので、1セットの注文でOKです。また、この「08606-K2008」にはカーナビ本体を取付金具に固定するためのビス(8個)と取付金具を車両に固定するためのビス(4個)が付属しています。
※最近のダイハツ車ではオーディオレス仕様車の場合には取付金具が別売り扱いになっていて新車に取付金具が付いていない場合が多いですが、たしかL375/385系の頃はまだオーディオレス仕様車でも取付金具が付いていたと思うのですが、もしNSCP-W61の取り付けを予定しておられるタントカスタムに取付金具が付いていない場合は「08606-K2008」が必要になります。

現在お車に既にカーナビなどが取り付けられていてバックカメラが装着されている場合、ダイハツ純正品(またはトヨタ純正品)のディーラーオプション品のバックカメラやイクリプス製のバックカメラ(汎用接続タイプの一部のモデルを除く)でしたら、バックカメラからの配線の先の4ピンコネクターをNSCP-W61本体背面の4ピンコネクターに直接接続すればそのまま使用できますが、その他の汎用タイプ(RCA接続タイプ)のバックカメラを接続される場合は、Mr.PLUSの「CA-3」(オープン価格)やイクリプスの「KW-1950」(1,500円)などの変換コードを使用して接続してください。
※ダイハツ純正ナビのうち、一部のクラリオン製造モデル(NHDC-W58やN98など)ではこれらのカーナビに組み合わされるバックカメラの仕様が違う場合(←クラリオン製カーナビの市販モデルと同じ緑色5ピンカプラー仕様)があります。この場合はNSCP-W61と接続するにはMr.PLUSの「CA-4」(オープン価格)などの変換アダプターが必要になります。

また、メーカーオプションや特別仕様車などの場合で「HDDナビゲーションシステム(初期モデルのみ?)」や「メモリーナビゲーションシステム」などが新車状態から装着されていて現在車両にバックカメラが付いている場合は、NSCP-W61を含むトヨタ純正ナビにはバックカメラ信号の車両ハーネスの仕様が合わない可能性があります。ダイハツ純正カーナビではバックカメラ用の車両ハーネスとステアリングリモコンの車両ハーネスが同じ20ピンコネクター内に接続されていることがありますが、トヨタ車はステアリングリモコン(←ダイハツ車と共通の20ピン※ただし最近のトヨタ車は28ピン)とバックカメラ(←イクリプス製ナビと同じ仕様の4ピン)が別配線のため、車両ハーネスの20ピンコネクターをそのままNSCP-W61に接続するとバックカメラが使用できなくなる可能性がありますので、その場合は配線加工または何らかの変換ハーネスが必要になります。
※お乗りになられているタントカスタムの車両ハーネスがこの状態の場合(≒現在バックカメラが付いているのにカーナビ取付部に4ピンカプラーが来ていない場合)は、対応車種(≒年式)は違いますが「NAVIコネクション」というメーカーの「ウェイク・タント●カメラ接続●イクリプス20P用」(1,200円)という部品が使用できるかもしれませんが、詳しくは未確認です。

蛇足ながら、最近のトヨタ車(&2014年モデル以降のトヨタ純正ディーラーオプションナビ)はラジオアンテナの端子形状が変更になっていますのでラジオアンテナの接続端子形状が合わない場合は以下の変換コードが必要になる場合があります。
※タントカスタムに2014年モデル以降のトヨタ純正ディーラーオプションナビを取り付ける場合:アークヒル「G16TF」(オープン価格※アンテナコントロールコードの配線加工が必要です)など。
※最近のトヨタ車(トヨタからのOEM車であるアルティスを含む)にNSCP-W61を含むラジオアンテナ入力端子がJASOプラグ形状タイプのカーナビを取り付ける場合:トヨタ純正部品「08663-00520」(500円)、Mr.PLUS「AH-2」(オープン価格)、イクリプス「KW-1490」(2,000円)など。

取付を予定しておられる車両が特殊な仕様(パネル一体オーディオ装着車やメーカー製造ライン装着ナビつき車など)の場合を除き、NSCP-W61をダイハツ車に取り付けられる場合は、ナビ本体以外にはGPS&ワンセグ用複合フィルムアンテナ(←四角の中に菱形)と、(GPS&ワンセグ用複合フィルムアンテナ⇔カーナビ本体間の接続用の)アンテナ接続ケーブルがあれば大丈夫です。

平成21年式という事はNSCP-W61の取り付けを予定しておられるタントカスタムは先代型のL375S型(4WD車の場合はL385S型)ではないかと思いますが...続きを読む

Qトヨタ純正ナビnscn-w60からnszt-w60

現在トヨタ純正ナビnscn-w60を使用しています。
同じ純正ナビ上位機種のnszt-w60への乗り換えを検討しています。
そこで質問ですが、フィルムアンテナとGPSはそのまま使用できるでしょうか?
また、社外のナビにする場合は張り替えが必要でしょうか?
となたか詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たぶん、そのまま流用できると思います。

社外ナビに対しては、現状の商品の中でイクリプスならそのまま使えますが
今後発売させるモデルに対しては、どうなるかわかりません。

Q純正サスと社外ダウンサスの値段について。

最近足回りのリフレッシュを考えているのですが、新たな疑問が出てきましたので少々質問させて下さい。
まず、メーカーの純正サスペンションは10万円くらいするようなのですが、社外のダウンサスだと値段が一気に下がって実売30,000円くらいで売られているようです。
随分と値段が違うようなのですごく気になっているのですが、メーカーの純正品と社外品とでは何故こんなにも値段差があるのでしょうか?

Aベストアンサー

なんでも、「安い」って事には理由があるものです。
その逆もしかり。
「高い」って事にも理由があります。

まず、純正品はメーカーブランドですので、耐久性から乗り心地まで、いろんなテストを繰り返し、各グレードにあわせて何種類も製作しています。
そして、多額のコストをかけることで、「保証」というものをつけています。
(新車だと、サスペンション関係は長いメーカーで5年10万キロ保証しています)

「万人に合わせたセッティング」ってよく言われますが、それってかなりすごいことなんですよ。
競技用のように、特定の性能に特化した部品を作る方が、はるかにコストも安く、簡単にできます。
その性能を評価する為のテストをすればいいだけですからね。

対して純正品は、一般的に考えられるありとあらゆる使い方を検証して、製品として送り出すので、非常に開発コストも製造コストもかかっています。

たとえば・・・
ダウンサスで、異音(ギシギシとか、ギュッとか)がしても、そういうものだっていう説明で終わりじゃないですか。
新車装着のサスでそんな音がしたら、クレームモノでしょ。
そうすると、メーカーは更にテストを重ねて、新しい製品を作り、世に送り出して、対策を講じるわけです。

こういうことの積み重ねが、値段に反映されているんじゃないでしょうか。

なんでも、「安い」って事には理由があるものです。
その逆もしかり。
「高い」って事にも理由があります。

まず、純正品はメーカーブランドですので、耐久性から乗り心地まで、いろんなテストを繰り返し、各グレードにあわせて何種類も製作しています。
そして、多額のコストをかけることで、「保証」というものをつけています。
(新車だと、サスペンション関係は長いメーカーで5年10万キロ保証しています)

「万人に合わせたセッティング」ってよく言われますが、それってかなりすごいことなんで...続きを読む

Q社外品と純正ショックアブソーバーどちらがいい?

○所有車 イプサムエアロツーリング SXM10G(走行75000km)

まもなく車検なので、同時にショックアブソーバーを交換しようと思っています。
以前にこのサイトで質問した時は純正を勧められたのですが、社外品にも興味があります。
工賃も含め値段は大幅には変わらないのですが、純正は見た目的に安っぽく?見えてしまうので、目的にさえ合致すれば社外品にしてみたいと考えています。
毎日運転していますがロールが大きくなったとか、揺れが収まらないとかを感じることはありません。しかし、ギャップを拾ったときの「コツコツッ!」や道路の継ぎ目などで「バタン!バタン!」といったショックを車内に伝えてしまっている感じがします。

目的は、「乗り心地アップ&新車時の足回り回復」です!
やはりこのような目的の場合は純正のほうがベターなんでしょうか?
また、社外品でこういう目的のショックアブソーバーはあるんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 新車時の乗り心地でOKなら、純正品や純正代替え用の社外品で良いと思います。
 また、社外品の中には、モンロー社のラジアルマチックのように、乗り心地の向上を目的とした物もあります。
 ラジアルマチックは、特殊なバルブを使用していて、ストロークの小さな動きに対してはノーマルショックよりも柔らかく動き、大きなストロークに対してはしっかりした減衰力を発生させる仕様の物です。
 このため、初期ロールはノーマルよりもやや大きめになるきらいがありますが、乗りごごちは非常にマイルドになります。
(と言うか、ラジアルマチックはコーナリングの初めに、フラッと言う感じで一気にロールがでます。
 もちろん、抜けてしまったショックアブソーバのように底づきまでロールする訳では無く、ある程度ロールした所からはふん張ってくれ、最終的にはノーマルよりもコーナリング限界が向上します。
 この挙動から、ロールが嫌いな人には向かないですね。)(^^;
 車種に対応した物が有るかどうかは、カーショップで確認して下さい。

 サスペンションが底づきしてしまうような大きなショックについては、減衰力が大きなスポーツショックアブソーバの方が、ショックが少なくなります。
 ただし、減衰力の大きなショックアブソーバをつけると、細かいショックは拾い易くなります。
 その辺は、目的や好みに応じ、どこでバランスを取るか?と言う所なんですが。
 まぁ、乗り心地に関しては、主に細かいショックをどれだけ拾うか?の方が重要な要素だと思います。
 その点では、細かい振動を柔らかく受け流してくれるラジアルマチックのような物がベストでしょう。

 また、同じスポーツ用のハードな物でも、メーカによってかなり違いがあります。
 過去の私の経験では、カヤバのスポーツショックアブソーバ(SRスペシャルやニューSR)は目茶苦茶ゴツゴツした乗り味でした。
 高速道路のつぎ目で、車体がふらつく位抜けてしまった状態でも、ゴツゴツ感は変らず。
 その後、同じ車にカヤバの代りにつけたコニのスポーツショックは、減衰力自体はカヤバ製の物の倍くらい高いのですが、ゴツゴツ感ははるかに少ないものでした。
 ただし・・・お値段も、コニ製はカヤバ製の5割り増し・・・高かったです。(^^;

 新車時の乗り心地でOKなら、純正品や純正代替え用の社外品で良いと思います。
 また、社外品の中には、モンロー社のラジアルマチックのように、乗り心地の向上を目的とした物もあります。
 ラジアルマチックは、特殊なバルブを使用していて、ストロークの小さな動きに対してはノーマルショックよりも柔らかく動き、大きなストロークに対してはしっかりした減衰力を発生させる仕様の物です。
 このため、初期ロールはノーマルよりもやや大きめになるきらいがありますが、乗りごごちは非常にマイルドになり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報