腰痛で苦しんでます。足がしびれてます。プールでの運動で直したいのですが、どのような方法がいいのでしょうか?要領を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私の場合は筋力の低下に伴う腰痛でしたのでプールでゆっくり後ろ歩きをしました、1週間めから効果が分かりました。


二か月くらいで完治しました、今はついた筋力を落とさないようworking を続けてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ調べたのですが、「後ろ歩き」には気づきませんでした。
良さそうですね。ありがとうございました

お礼日時:2001/11/18 08:13

腰痛の原因については検索された後なのでしょうか?



筋力の低下に伴う腰痛の場合は、水中歩行だけでも十分回復可能で、腰を静めるようにゆっくりと広い歩幅で歩くだけでかまいません。しかし、腰痛の原因が椎間板ヘルニアなど疾患に伴うものですとかえって悪化する場合があるため、専門医(整形外科医)の指導のもとで行う必要があります。
特に脚に痺れがあるということなので、基礎にこういった疾患があることが容易に推測されますから注意が必要です。

専門外ですので経験者とします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的にありがとうございました。心強くなりました。
注意しながら頑張ってみます。

お礼日時:2001/11/18 08:09

何もせず一時間ほど浸かっているだけでも腰痛はかなりましになりますね。


こりゃもう実証済みですから自信持っていえます。

まずは泳ぐことはこっちにおいといて、プールのなかをゆっくり歩いてみる、というのをおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速試してみます

お礼日時:2001/11/18 08:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腰痛と足のしびれ

7月に入り、腰が痛く(特に右側)、
「また生理痛かぁ」と思っていましたが、
生理が終わっても腰の痛みだけがあり、
立っていたりすると、右側の腰からおしり、太ももにかけて
しびれるようになりました。
ひどい時は右足全体がしびれます。
もともと腰痛はあったりしていたのですが、
今回は足がしびれるので、気になっています。
もし受診するなら、整形外科がよいでしょうか?
近所の整骨院とかでもいいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

整形外科でMRI検査、重大な病気がないことを確認して下さい。

自宅で下記の方法をされては?痛みのない、安全な方法です。改善すると思います。方法は下記。
痛みのない施術*操体法のストレッチ+正しい睡眠姿勢での睡眠+頚椎鍛錬による頚椎の安定+正しい歩行姿勢での散歩=回復

1. 操体法の簡易版ストレッチで、就寝前にベッドで5分間、これでカラダの部位の歪み、痛みを軽減、正しい睡眠姿勢での眠りにより改善します。又朝目覚め後にベッドで5分間、朝のカラダ全身の部位をリフレッシュ。これを毎日朝晩することで、カラダの多くの部位がリニューアルできます。
操体法のストレッチは、足もとから首まで痛い部位まで、左右の動作に痛さが無いかチェック、途中痛い部位があったら、保留にして、ほかの周辺の部位を解し・鍛錬・チェックしていき、ほかが終わってから問題の部位に戻り、解し・鍛錬します。このようにカラダの全体を解し・鍛錬する方法です。無理せず、痛いところは痛くなくなってから解す。これによりいろいろな症状が改善します。下記はこれらの簡易版で、カラダ全体を網羅、日々することでカラダの症状改善には有効です。
⇒ 講談社の”朝3分の寝たまま操体法”の109-125ページで 6つのストレッチを紹介、これらの運動で椎間板ヘルニアが手術なしで回復したとの報告もあります。本の中の絵を見て、日頃動かしていない部位を万遍なく解し、鍛錬して下さい。但しユックリ、優しく、各部位を労わるが如く、行ってください。無理はしないで。骨盤・腰椎を中心としたストレッチで、首、肩、腰にも連動、これらの歪み・痛みにも効果があります。カラダの歪み、痛みを緩和し、頚椎用枕で頚椎を安定させて眠ると、緩和した症状の改善を促しますので併用により効果が期待できます。
1.かかと伸ばし 2.膝倒し 3.膝抱え 4.つま先上げ 5.腕ひねり 6.足首まわし(本は図書館に)
 #下記の動作で操体法を実感して下さい。カラダに優しい、安全な治療施術です。
例えば、膝倒し-仰向けになり、両膝60°に立て、両膝合わせ、足の踝を合わせて、その上で
両膝を右へユックリ倒します。戻してから左へユックリ倒します。右が痛い、不快を感じたら、カラダに歪みがあります。そしたら痛くない左に(片方は痛くない一般に)3-5回ユックリ倒すと右へ倒す時の痛い、不快感が軽減します。このようにカラダの痛みを軽減するので操体法は痛まない治療法で、カラダに優しいですし、発案者の個人操体を推進していますので、安全です。頚椎用枕は使用者の安全、健康と症状改善を目的に操体法とのコラボ(合作)を決めました。
2. 頚椎用枕を使用する頚椎鍛錬を、回復効果が最も期待できる睡眠中に安全に、スムーズに行うことが出来ます。これは頚椎をシッカリと保持することで、頚椎を鍛錬・安定させます。しかも睡眠中ですので、頚椎の筋肉の緊張が弛む状態のなかで、呼吸、寝返り等で自然に、安全に行われますので、頚椎にも優しいです。頚椎を保持すると自然と正しい睡眠姿勢へ導きます。操体法のストレッチで症状が軽減、正しい睡眠姿勢での眠り改善を助けます。頚椎が安定しますと肩コリ、手、指等のシビレも改善に寄与します。鞭打ち症のリハビリにも役立ちます。 頚椎と頚椎用枕を検索、頚椎の重要性を理解、どうして頚椎用枕が必要なのか理解できます。頚椎を安定させることは、腰痛にも大いにプラスです。
3. より健康を定着させる為に正しい歩行姿勢での散歩をお薦めします。(頭の上にリンゴを載せ、落とさない姿勢をキープして歩く) 正しい姿勢で歩くことは筋肉を動かすこと、筋肉が動くことは血管やリンパ管を動かし、血液、体液の流れを潤滑にします。内臓をも動かし、健康に一役かっています。正しい歩行姿勢での散歩はあなたの肩、腰、腹にいい影響を及ぼします、試して下さい、実感できます。

整形外科でMRI検査、重大な病気がないことを確認して下さい。

自宅で下記の方法をされては?痛みのない、安全な方法です。改善すると思います。方法は下記。
痛みのない施術*操体法のストレッチ+正しい睡眠姿勢での睡眠+頚椎鍛錬による頚椎の安定+正しい歩行姿勢での散歩=回復

1. 操体法の簡易版ストレッチで、就寝前にベッドで5分間、これでカラダの部位の歪み、痛みを軽減、正しい睡眠姿勢での眠りにより改善します。又朝目覚め後にベッドで5分間、朝のカラダ全身の部位をリフレッシュ。これを毎日...続きを読む

Q産前の腰痛から?足のしびれで悩んでおります

こんにちは。
妊娠8ヶ月頃から寝返りもうつのが辛い腰痛になやまされておりました。
産後はまだ腰の痛みはありましたが、子供を産んで体重が減った分、
腰への負担も軽減され少し楽にはなっていました。

ところが子供が4ヶ月になり体重が8kg近くなり、ねんねばかりでは
退屈しるようになってきて抱っこする回数もグッと
増えてきてここ1週間で急に腰痛が悪化、足がしびれるように
なってきました。
この足のしびれがなんとも不快で夜もあまり眠れません。
夜は3時間おきの授乳もあり、早くこの足のしびれと腰痛を
なんとかしたいのです。
今後、子供の体重もどんどん増えていくことは明らかなので、
いっぱい抱っこしてあげたいです。なにより母親が元気でなければ
と・・・・

そこで病院に行ってみてもらおうと思っています。
現在の対策としてトコちゃんベルト&温シップはすでに実践中です。
みなさまにアドバイス頂きたいのは、病院へ行く際に、
どの科を選べば良いのか??です。
整形外科、カイロプラティック、整骨院、等々色々あるので
何処へ行けば良いのか迷っております。

症状は。。。。
(1)産前後期からおしりの真中あたりが痛く、寝返りも打てない状態になった。
(2)産後いったん状態は良く?なったが、まっすぐ仰向けになって寝た場合には起き上がる際に腰に痛みがはしり、起き上がってもすぐにスタスタとは歩けない。
(3)子供の体重の増加とともに私の腰(おしりの真中あたり)もますます辛くなり
1週間前から足のふくらはぎあたりにシビレが出始めた。
(4)トコちゃんぺルビーベルトIIと温湿布を使用しているが足のシビレは治らない

以上です。みなさまの経験談、病院等選びのアドバイスをお願い致します。産前産後という事もあって出産育児の方にも質問させて頂いております。両方をご覧頂きました回答者様にはご迷惑をおかけして申し訳ございません。

こんにちは。
妊娠8ヶ月頃から寝返りもうつのが辛い腰痛になやまされておりました。
産後はまだ腰の痛みはありましたが、子供を産んで体重が減った分、
腰への負担も軽減され少し楽にはなっていました。

ところが子供が4ヶ月になり体重が8kg近くなり、ねんねばかりでは
退屈しるようになってきて抱っこする回数もグッと
増えてきてここ1週間で急に腰痛が悪化、足がしびれるように
なってきました。
この足のしびれがなんとも不快で夜もあまり眠れません。
夜は3時間おきの授乳もあり、早くこの...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
私もあなたと全く同じ症状です。
産後の腰痛→足のしびれ。
産後5年たちますが、右足がいつもうずいています。
整形外科にいってレントゲンをとったら、
椎間板が減っていて、ときどき神経を圧迫する状態で、
足の痺れは「坐骨神経痛」といわれました。
処方は痛み止めとシップ。
マッサージしたあとに「牽引(腰をおさえて機械で引っ張る」もしましたが、イマイチ。。。
根本的には治りません。

そこで、最近は近所の整骨院に行っています。
腰の痛みが軽減されると足のしびれも引いてくるので、
マッサージやお灸で一時的に開放されますが、
子育て&仕事をしながらではなかなか定期的には通えません。「痛みや痺れがあるうちはきちんと通えば全快するよ」と先生は言ってくれるのですが、そうもいかず、
結局5年間腰痛&しびれと付き合いながら生活しています。

まずは整形外科で、ヘルニアなどのほかの疾患でないことを確認してから、マッサージに通われては?
授乳中では鎮痛剤も飲めないでしょうからおつらいですね。
私はきちんと治していないのでえらそうな事は言えませんが、まずは整形外科で相談してから、対処療法(マッサージ・針・お灸)で少しでも痛みを減らし、お子さんをいっぱい抱っこして上げられるようにしてあげてください。

そうそう、 私は整骨院で、腰に痛みがあるときは「冷やすように」と言われましたよ。
トコちゃんベルトってなんですか?
今から検索に行ってまいります~ ^0^

こんにちは。
私もあなたと全く同じ症状です。
産後の腰痛→足のしびれ。
産後5年たちますが、右足がいつもうずいています。
整形外科にいってレントゲンをとったら、
椎間板が減っていて、ときどき神経を圧迫する状態で、
足の痺れは「坐骨神経痛」といわれました。
処方は痛み止めとシップ。
マッサージしたあとに「牽引(腰をおさえて機械で引っ張る」もしましたが、イマイチ。。。
根本的には治りません。

そこで、最近は近所の整骨院に行っています。
腰の痛みが軽減されると足のしびれも引いて...続きを読む

Q足のしびれと腰痛を整形外科で診てもらいましたが…

29歳女性です。
2週間前に左足の親指にしびれがあり、その2日後に腰痛がはじまりました。
心配だったので、整形外科で診察してもらったのですが、「腰の椎間板がすり減っている」さらに「腰の骨が一つ少ないので負担がかかっているのだろう(移行椎)」と言われ、一週間に2回の低周波治療と牽引を勧められました。
それから腰痛に対する、痛み止め(飲み薬)を処方されました。

今、通院して3週目なのですが、一向に良くなる気配がありません。
もともとひどい腰痛&しびれではないので、すぐ治ると思っていたのですが、どちらかと言うと、進行しているような感じです。
お医者さんにそのことを報告すると、「腰痛は今後も付き合っていく病気」「あなたは腰の骨が少ないから、仕方がない」と治療に前向きとは言えない事を言われました。

お医者さんの言うとおり、腰痛は一生のもの…として付き合っていくしかないのでしょうか?
このまま、この病院で通うのは不安です。
病院よりも整体やカイロに通ってみた方がいいかなとも思っています。
詳しい方、アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

セカンドオピニオンをお勧めします。あなたが「信頼できるの?」と思ったなら、たとえその医師がどんなに優秀な人でも、病院を変えた方が良いでしょう。インフォームドコンセントを重視しましょう。

確かに『腰痛』とは一生のお付き合いには違いありません。というのも、重力のアル地球上で生活する限り逃れられないのです。今痛くない人でも明日から痛くなるかもしれないのです。特に、腰椎に奇形があるなら尚更でしょう。

概ね原因がわかっているのですから、あとはどうやって痛みを抑えるかでしょう。
ブロック注射や鍼も効果的です。

腹筋や腰背筋の強化は急務です。「腰痛体操」で検索し、あなたにとって続けやすい方法を選び、継続してください。

整体やカイロはお勧めできません。資格も何も持たない人に治療を任せられますか?
早く良い先生にめぐり合って、良くなるといいですね。
お大事に。

Q生理痛のような下腹部の痛みと腰痛、手足のしびれ

生理後からずっと生理のような下腹部痛と腰の痛みが続き
婦人科を受診しましたが『子宮筋腫』などの異常はみつからず
とりあえず医師に勧められたクラミジアの検査を受けて現在結果をまっていますが
2日前から手足にしびれがではじめました。
いろいろと調べてみると
『下腹部痛・手足のしびれ・腰痛』などの症状は
『子宮筋腫』にあてはまるような気がして心配です。
もちろん医師は信用していますが…

どなたか同じような経験をなされた方
またはお詳しい方がいらっしゃいましたら
何でもいいので教えて下さい。
今までそんなことは1度もなく、急になったので心配です。
ちなみに基礎体温をつけていますが
妊娠の兆候はありません。

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

私も最近婦人科を受診しました。
内診の結果、質問者様と同じく子宮筋腫はなしと
言われました。

私も同じく下腹部痛が気になり受診したのですが、
基礎体温からしても排卵痛だという事が分かりました。

下腹部はずっと痛いのでしょうか?
排卵期という事はありませんか?
腰痛から手足に痺れがくるという事はよくあります。
私は以前スポーツをしていたので、そういう事がしょっちゅうありました。
大人になりスポーツを止めてからはなくなりましたが。

冷えはありませんか?
冷えから腰痛が始まり神経を圧迫して手足の痺れが起こる事があるようです。

女性の冷えは大敵です、今の季節は服装など気をつけたほうがいいと思います。
寒かったり暑かったりする季節にはお腹や腰に張るホッカイロをあてるなどでかなり軽減します。

婦人科の医師が言っていましたが基礎体温はとても
重要だそうなのでもうしばらく基礎体温をつけて
心配ならもう一度受診したほうがいいと思います。

お大事にしてください

Q偏頭痛と腰痛としびれ

自分の事ではないので、うまく表現しきれないんですが、
知人が最近体調の不良をうったえています。

偏頭痛と、腰痛と、足のしびれです。
そのどれもが身体の左側部分なんです。
全部関連しているのでしょうか?

考えられる病気や、受診すべきと考えられる専門医がありましたら、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

以下、抜粋します。

心身症
心身医学的な配慮が特に必要な疾患(いわゆる心身症とその周辺疾患)
(日本心身医学会教育研修委員会編:心身医学、1991年より)
片頭痛
腰痛症
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_90.htm

MPS(筋筋膜性疼痛症候群)の世界のWeb Site
 筋筋膜性疼痛は、筋骨格系の痛みの主な原因である。部分的な筋骨格系の痛みを伴った患者の中に筋筋膜性疼痛が高頻度でみられた。それは腰痛と頚痛の最も一般的な原因の一つである。少なくとも6ヵ月の期間の慢性の頭痛と頚部痛を伴ってペインクリニックに紹介された164人の患者の研究において、55%の患者にされた主な診断が筋筋膜性疼痛であった。
 片頭痛は、今日のストレスの多いライフスタイルにあまりに普通にみられるようになった。多くの人々は、毎日、毎週、毎月、頭痛を患う。頸部後方の筋肉(首の後ろに)のトリガーポイントは、ひどい頭痛(例えば片頭痛、緊張型頭痛と外傷後頭痛)に、常に関係している。たとえば上部僧帽筋のトリガーポイントが活性化すると予想範囲の頭痛と頚痛が起き”模倣された偏頭痛”といわれるものになる(イラストD)。これらの筋肉が強く収縮することにより大後頭神経を圧迫して、筋痛のみならず神経の痛みも同様に引き起こす。
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_594.htm

慢性腰痛の診断用分類(Diagnostic Triage)
現在、世界各国すべての急性腰痛診療ガイドラインが、腰痛疾患を「重大な脊椎病変の可能性」「非特異的腰痛」「神経根症状」の3つに分類することを推奨しているが、この診断用分類は慢性腰痛にも適用される。
 まず「重大な脊椎病変の可能性」はレッドフラッグと呼ばれ、悪性腫瘍、脊椎感染症、骨折、解離性大動脈瘤、強直性脊椎炎、馬尾症候群の存在を疑わせる危険信号である。ノルウェーの診療ガイドラインでは、全腰痛患者の1~5%にしか認められないとしている
 次の「非特異的腰痛」というのは、腰椎部、仙骨部、臀部、大腿部の痛みを訴える場合で、楽な姿勢がある、動作によって痛みが変化するといった特徴がある。全腰痛患者に占める割合は80~90%で、6週間以内に90%の患者が自然に回復する。
 最後の「神経根症状」というのは、腰痛よりも下肢痛(主に片側か片側優位)の方が強く、膝下からつま先まで痛みが放散したり、しびれや知覚異常、筋力低下がみられたりする場合である。全腰痛患者に占める割合は5~10%で、6週間以内に50%の患者が自然に回復する。
 すなわち、ほとんどの腰痛疾患は生物学的損傷ではなく、生物・心理・社会的疼痛症候群であると同時に予後良好の自己限定性疾患である。さらに、患者の不安や恐怖をあおり、生物学的損傷を匂わせるような用語の使用は避けるべきであり、患者を安心させるのが望ましいという点でコンセンサスがあるのだ。
http://tms-japan.seesaa.net/article/11183874.html

以下、抜粋します。

心身症
心身医学的な配慮が特に必要な疾患(いわゆる心身症とその周辺疾患)
(日本心身医学会教育研修委員会編:心身医学、1991年より)
片頭痛
腰痛症
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_90.htm

MPS(筋筋膜性疼痛症候群)の世界のWeb Site
 筋筋膜性疼痛は、筋骨格系の痛みの主な原因である。部分的な筋骨格系の痛みを伴った患者の中に筋筋膜性疼痛が高頻度でみられた。それは腰痛と頚痛の最も一般的な原因の一つである。少なくとも6ヵ月の期間の慢性の頭痛と頚部痛を伴って...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報