小学校1年の娘の質問です。
ご近所のおじさんが、飛行機に乗っていて丸い虹を見たというのですが、本当に見えるのでしょうか?
また、2重の虹は、見たことがありますが、3重、4重になって見えることもあるのでしょうか?わかりやすく教えてください。

A 回答 (8件)

虹が丸く見えることはありますよ。


参考URLをご覧ください。
http://www2.plala.or.jp/kamkamkam/gimon/no31/nij …

参考URL:http://www2.plala.or.jp/kamkamkam/gimon/no31/nij …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。丸く見えることってあるのですね。

お礼日時:2001/11/15 22:28

以下のページに分かりやすく解説されています。


光と色の100不思議(東京書籍)サポートページ
http://homepage1.nifty.com/kuwajima/lac100/
の以下のページです。
http://homepage1.nifty.com/kuwajima/lac100/suppo …
    • good
    • 0

的外れかもしれませんが、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?



一度飛行機で経験がありますが、「ブロッケン現象」とは違うのでしょうか・・・?
丸い輪の中に搭乗している飛行機の影が入ってました。
その光の輪を「丸い虹」と感じたのではないでしょうか・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=28281
    • good
    • 0

二重の虹は私も見たことがありますが、外側の虹は色の並びが逆になっています。

たしか、赤が内側になっていた・・。

逆になっていることから考えると、二重反射みたいです。こっちの自信はなし。
    • good
    • 0

taekoさんは虹の発生要因をご存知と思いますが、水の粒子に太陽光が入射及び出射(?用語は自信なし)する時の波長による屈折率の差によって分光されるために出来るものですよね。


この時、nozomi500さんの回答にも有りますが、太陽光との角度が決まります。逆にいえば観察者と太陽を結んだ直線と成す角度が決まっているため、虹は太陽と反対側に円形(通常はその一部が観察される)に見えるわけです。飛行機などに乗って上空から観察した場合、遮る物がなく反射物(この場合は雲の粒子)が完全であれば完全な円形として観察されるはずです。
ここからは憶測ですが、見える角度は屈折率で決まりますので、2重(あるいはそれ以上)の虹は屈折率の異なる粒子が存在する仮定すれば説明が可能ですが、説得力に欠けます。あるいは出射光の一部が再度内部に反射することによって異なる角度に見える可能性も有りますが、これは自信無しです。(もしご存知の方がいらっしゃいましたらフォロー願います。)

saikoroさんへ
以上の理由から(もし観察されるならば)、観察者の影は必ず虹の中心に存在します。
    • good
    • 0

> >飛行機表面の水分により屈折した光によるものと思われます


> というわけではないでしょう。単に、方向の問題だと思います。

そのようです。間違いですね。
でも真中の飛行機の影はどういう意味があるのでしょうね。
ただ反対側から日がさしていただけっだたのでしょうか。


http://info.nies.go.jp:8094/~cml/Researchers/sug …
http://www.tbs.co.jp/morita/qa_tenmon/faq_991012 …

参考URL:http://info.nies.go.jp:8094/~cml/Researchers/sug …
    • good
    • 0

虹の見える角度というのが決まっていて(屈折率で)、


飛行機からだと、太陽を背に受けて、反対方向に雨粒(水滴)が存在できますから。

>飛行機表面の水分により屈折した光によるものと思われます

というわけではないでしょう。単に、方向の問題だと思います。
    • good
    • 0

私も飛行機から丸い虹を見たことがあります。


中心には乗っている飛行機の陰が映っていました(バックは雲です)。
恐らく、飛行機表面の水分により屈折した光によるものと思われます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q虹が丸いのは?

虹が丸く見える理由は何ですか?

考えましたが、3次元だと良く分からなくなってしましました。

虹で知っていることは
上が赤、下が紫
空気中の水に太陽の光が反射
太陽に背を向けて42°に見える
程度です。

Aベストアンサー

下記のサイトの説明で良いのではないでしょうか。

虹の形はどうして円弧なのか
http://optica.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-834b.html

Q虹が半円に見える理由

虹について勉強する機会がありました。
虹のできる仕組みはよくわかったのですが
『太陽とプリズムとなる水滴と観察者のなす角度が
40~42度となる位置に見られる』というのがあまり理解できていないような気がします…
40~42度となる位置というのは横一直線になったりしないのでしょうか。地上で見ると虹は弧状ですよね。すると弧の低い部分はそれよりも低い角度にならないのですか?地球が丸いことと関係があるのでしょうか。
わかりにくい質問だと思いますがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>40~42度となる位置に見られる』というのがあまり理解できていないような気がします

丸い水滴に、細い光を中央から周辺部に向かって移動させ、水滴で反射して出てくる光の角度を観察してくと、中心部では突き抜けていた光がある場所から手前の方に反射して光が出て来るようになります。続けて周辺の方に光源を移動させて行くと、バラバラであった反射角が、40~42度になるときが多くなります。
つまり太陽光を受けた雨粒からの反射光は広い範囲に散らばっていますが弱いため見えず、そのなかの40~42度に集中した反射光のみが虹となって見えます。

>40~42度となる位置というのは横一直線になったりしないのでしょうか

横一直線になったりしません。
理解を容易にするため、太陽を背にして立っている姿を想像してください。
手にコンパスを持ち、コンパスを40度位に開いて、柄の方を手前にし、針の方を自分の頭の影の方に向けます。
そこで、針の向きがぶれないようにして、コンパスを回します。そのときコンパスの鉛筆の付いている方の延長線上に虹が見えることになります。

>地上で見ると虹は弧状ですよね。すると弧の低い部分はそれよりも低い角度にならないのですか?地球が丸いことと関係があるのでしょうか

上記の理屈から、基本的に虹は円に見えます。地球が丸いこととは全く無関係です。

地上で見る虹は、太陽と自分とを結ぶ線の影の方向の延長線が下向きになり地面などに邪魔されて本来条件が満足したら出来るであろう虹の一部しか見えませんが、見えるのはどの部分も円の一部であることには違いがありません。したがって「低い角度」(この意味を広がって見えると解釈)で見えるたはしません。目の錯覚です。

太陽と自分と虹とを結ぶ角度は虹がどこにあっても約140度です。太陽の光が雨にあたって、雨粒の内部で反射した光が虹となって見えるので、この条件を満たす天気のよい夕方(太陽の高さが低い)で夕立(雨)があるときなどにしか見ることができないのはこのためです。

地上で虹の下半分を見ようと思えば、規模は小さいながらも円に近い虹を見ることができます。
自分の影を作らないためにちょっと工夫します。
手鏡と、水の入った霧吹き(噴霧器)を持ち、夕方、太陽を背にして立ちます。手に手鏡を持ち横に一杯伸ばし、手の影のある付近に水を噴霧します。手鏡を回しながら鏡を通して出来た虹をみます。
噴霧する位置と、手鏡とをうまく調節できると小さいながらも丸い虹が見えます。

>40~42度となる位置に見られる』というのがあまり理解できていないような気がします

丸い水滴に、細い光を中央から周辺部に向かって移動させ、水滴で反射して出てくる光の角度を観察してくと、中心部では突き抜けていた光がある場所から手前の方に反射して光が出て来るようになります。続けて周辺の方に光源を移動させて行くと、バラバラであった反射角が、40~42度になるときが多くなります。
つまり太陽光を受けた雨粒からの反射光は広い範囲に散らばっていますが弱いため見えず、そのなかの40~42度に集中...続きを読む

Q真上に虹が見えるのは珍しい?

先日、東京で朝から快晴の15時ごろですが、自分の真上に虹が見えました。
自分と虹との遭遇率はおいておいて、
真上に虹が出現することは珍しいのでしょうか。

Aベストアンサー

環天頂アークではないでしょうか。
http://homepage3.nifty.com/ueyama/sky2/sky.html

虹はレインボウというように、雨(rain)などの水滴に太陽光が反射・屈折して弓(bow)なりに見えるもので、太陽を背にして45度付近の高さでよく観られます。

Q虹がどこを向いても見えるのはどうして?

虹がよく見える季節になりました。
私は日本海側に住んでいるので、この季節はよく時雨れ、晴れたかと思うと雨が降り、夕方はよく虹が出ます。
昨日もきれいな虹が出て、自動車の中で小6の娘に、「どうして虹を通り抜けることはできないのか」と聞かれました。いろいろ調べてそれは何となくわかったのですが、自動車が方向を変えても、どうして虹はずっと見えているのでしょうか? 虹が見えるのは、太陽―観察者―虹 が42度の角度になったときなのですよね?車が右を向けば左に見えるし、左を向けば右に見えていましたが…。

Aベストアンサー

まず
空の輝き http://homepage3.nifty.com/ueyama/sky2/sky.html
「気象光学現象の見える場所」の図
を見てください。虹がたくさんありますね。

虹と言ってもたくさんの虹が出現する可能性があります。
虹は、太陽と観測者(図の中心)を通る軸を中心に見ることができます。
一般的には主虹(図の右下)が見えます。
太陽側にも条件によって特殊な虹を見ることができます。
虹の一部が切れるのは山や雲などで光が遮られるからです。上空に上がると障害物がないので主虹はまん丸に見えます。
太陽と観測者の位置関係でのみ見える位置が決まっているので、観測者が裏側に移動したりというようなその関係から逸脱した位置に移動することは出来ません。

つまり太陽に対する位置により虹が見える位置が決まると言うことで、自分がどこを向いていようとどこに立っていようと関係ないわけです。

鏡に映った姿はどちらを向いても鏡の方向に見えるのと似ています。
虹は雨粒という鏡に映った太陽の幻と言えなくもありません。

Q春の重い雪は、なぜ青く見えるの?

春のドカ雪が降りました。
除雪作業をしていた時、雪の切れ目や小さな穴が青く見えるのを発見しました。
とても綺麗で見とれてしまいましたが、なぜこんな色に見えるのでしょうか?
また、その時のお天気は曇っていましたが、晴れていてもこんな風に見えるのでしょうか?
分りやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

ふわふわ雪は細かい結晶の集合体です
だから乱反射がひどく白く見えます

春の雪は溶けた雪が再び凍ったもので氷の粒の集合体です
だから氷を透過してきた光が目に達します
氷の中を通過した光は青以外の色が吸収されて青い光が目に達します
新しい雪は光が透過しにくくほとんどが表面の反射光です
氷を透過した光が青く見えるのは水を構成している酸素の固有振動による色なのです

お米は半透明です
これを粉にすると透明感が無くなりますね
これと同じ現象です


人気Q&Aランキング

おすすめ情報