昨日久しぶりに図書館に行ってみたら、以前にrei00さんが紹介して下さった
『暗記しないで化学入門(平山令明 著)』が見つかったので借りてきました。
まだ半分しか読んでませんが、いろいろと理解が深まってきたような気がします。

それでもまだよく解らないのが錯イオンのことなんです。
まずこの中の記述によると、p軌道まで電子が一杯(価電子8個)になると、
安定になるということですよね?

で、Fe2+がd2sp3混成軌道になったり、Coがd2sp3混成軌道になるのは
なんとなくは理解できました。(間違った理解かもしれませんが(^^;

これだとAl3+はsp3混成軌道になりそうだ・・・、と思うんです。
しかし、実際はsp3d2混成軌道になることが多いんですよね?
この”d2”ってのはどうなってるんでしょう??
これだと逆に不安定になっていそうな感じがするのですが・・・。

他にCo2+も、sp3混成・sp3d2混成の両方をするんですよね?
う~ん・・。全く解りません・・・。(T_T)
というか、たぶん最初から何か勘違いしてると思うんです。
今日、学校の物理の先生にこの事を質問してみたのですが、
『大学で習ったけど忘れた』とか言われてしまったんです。(笑
錯イオンのこういったこと↑について、教えて下さい!
よろしくお願いします。m(_ _)m

(いま読んだら何を書いてあるか解りづらいですね・・・すみません。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

  典型元素だけで形成される安定化合物の多くはオクテット則を満たしているものが多いですね。

オクテットを達成することは安定化のための重要な因子ですが、無条件で何よりも優先されるわけではありません。例えばSi、P、Sなど第3周期の右部分の元素を含む安定な物質の中にはオクテット則を満たしていないものもあります(例えばPF6- など)。これらの化合物の中心元素は水溶液中のアルミニウムイオンと同様に3s、3p、3d 軌道混成しており5配位あるいは6配位の化合物を形作っています。
  遷移金属錯体の安定性を推し量る目安として、オクテット則に似た18電子則というものがあります。これにはオクテット則以上に多くの例外があるので混乱を避けるためにここでは説明しません。

>これだとAl3+はsp3混成軌道になりそうだ・・・、と思うんです。
>しかし、実際はsp3d2混成軌道になることが多いんですよね?
>この”d2”ってのはどうなってるんでしょう??
>これだと逆に不安定になっていそうな感じがするのですが・・・。

まずは「なぜ使われるd 軌道は二つなのか」
Al原子は最外殻電子を3個もっていますからAl3+では最外殻電子はゼロ。そこに6個のアクア配位子が2電子ずつ合計12電子を供与します。ひとつの軌道には2電子収容できますので12電子全てを収容するには6つの軌道が必要です。3s 軌道ひとつと3p 軌道三つ、残り二つ足りません。そこでこの不足分を3d 軌道でまかなおうということです。ここで注意して欲しいのはエネルギー準位が満たされる順序について。化学の授業のどこかで1s →2s →2p →3s →3p →4s →3d と習ったはずですが、今回の話の場合には4sを飛ばして3d 軌道が選ばれます。

「何故sp3ではなくsp3d2か」
配位数や配位様式などの錯体構造は、中心元素の種類や形式電荷だけで決定されるのではなく、むしろ配位子が形作る電場から中心元素が受ける静電的影響により決定されます。すなわち静電場が中心元素の各軌道間に様々なエネルギー差を生じさせ→軌道の混成に影響を与える→分子構造が決定されます。Al3+と水の場合には「アクア配位子が強い静電場を形成し、アルミニウムがその影響を受ける。その中ではsp3四面体構造よりもsp3d2八面体構造が安定となる」のです。

(蛇足ですが周期表でアルミニウムの上に位置するホウ素の場合には対応するd軌道がありません(2d?)。そのため配位子が超強力な電場を形成してもd軌道との混成ができず、アルミニウムのような多配位を取れないのです。対応するd軌道を有している場合でも、配位子が嵩高ければ立体反発による配位数の制限を考えなければなりません。錯体に限らず化合物の安定性を考える場合には、特定の元素のエネルギーのみに着目するのではなく分子全体のエネルギー、系全体のエネルギーを考えねばなりません。今回の場合にも厳密には静電場以外にも考慮しなければならないファクターがあるのです。でも大学に入って好きな学問に費やす時間が出来るまでは「水溶液中のアルミニウムイオンは6配位の状態で安定」と暗記しておくしかない、かな?)


>Fe2+がd2sp3混成軌道になったり、Coがd2sp3混成軌道になるのは
>なんとなくは理解できました。
>他にCo2+も、sp3混成・sp3d2混成の両方をするんですよね?

次は遷移金属ですね。遷移金属錯体に関しては配位子から与えられる電子以外に中心金属イオンが有しているd電子の数およびそれが収まっている軌道にも気を配る必要があります。遷移金属錯体で平面四配位をとる理由の多くは、この「金属イオンが有しているd電子」によって特定の方向から配位子が接近出来ないためです。  さて、本題に戻ります。この金属ならばこの混成、という考え方はやめた方がよいと思いますよ。先ほども述べましたが錯体の構造は配位子の数だけでなく、その種類にも大きな影響を受けます。配位子場が中心金属に与える静電的影響の大きさ(分光化学系列;CN- > NH3 > H2O > OH- > F- > Cl- > Br- > I-)の変化によって正四面体になったり、平面四角形になったりします。例えば配位子に結合している官能基の一部(金属とは直接結合していない部分)を変えるだけで構造が劇的に変化するものもあります。見た目が変化しなくてもd2sp3 → sp3d2への変化とかもありますよ。
  無責任ですが(すいません)詳細は結晶場理論や分子軌道法、無機化学、錯体化学をご自分で学んでください。


<<以上、自信なし!! 以下は自信あり(笑)>>

なににせよ、いろいろ疑問を持つことは非常に良いことです。そしてガンガン質問するのも素晴らしいことです。あなたの質問のセンスも見事だと思います。最近は大学の化学系研究室などでは何も質問しないと同時に教官や先輩から指示されたことだけしかできない学生が増えていると聞いています。あなたのように前向きな姿勢で学問研究に取り組む人が増えてくれたら研究室の活性化が図れてよいのではないか、と思います... 是非化学系に進んで欲しいと個人的には思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>大学に入って好きな学問に費やす時間が出来るまでは「水溶液中のアルミニウムイオンは6配位の状態で安定」と暗記しておくしかない、かな?

やっぱりそうですか・・・。暗記か~。嫌だな~。(^^;
結晶場理論等の勉強もしたいですけど、大学受験が迫ってきてますしねぇ。高校でやっている無機化学はALL暗記ですから、あまりおもしろくないんですよ。だから「楽しく学ぶためには理論も少しは学んだ方がいい」と思いまして。学校ではVSEPRもVBもやらなかったので、初めて知ったときは衝撃的でした。まさか分子の形が予測できるとは思ってなかったです。この勢いで「錯イオンの立体構造も配位数も予測してやる!」とか目論んでいたのですが、失敗に終わりそうですね(笑)

>この金属ならばこの混成、という考え方はやめた方がよいと思いますよ。

やっぱりそうですか・・・。(爆) そうだと思ったんですよ。
何か間違ってる気がしてたんです。配位子によって変わるんじゃないか・・・とは思ってました。
やっぱりそうなのか~。今のところは暗記しておくしかなさそうですねぇ。

>是非化学系に進んで欲しいと個人的には思っています。

一応、理学部・化学科志望です。
なるべくいい大学に入りたいのですが、化学は大丈夫でも他の教科が・・。
浪人しないように頑張りたいです。(^^;

あと今日、Feの電子配置を見ていて思ったのですが、
Feは↓こうなってますよね。(f軌道は省略)

K (↑↓)
L (↑↓) (↑↓)(↑↓)(↑↓)
M (↑↓) (↑↓)(↑↓)(↑↓) (↑↓)(↑  )(↑  )(↑  )(↑  )
N (↑↓) (   )(   )(   ) (   )(   )(   )(   )(   )

Fe2+のイオンになる時、どこの電子が抜けていくのですか?
エネルギーで見ると3d軌道が高いですが、ここから抜けていくのでしょうか?
それともやはり最外殻のN殻(4s軌道)から抜けていくのでしょうか?
これも学校の物理の先生に質問したのですが、「忘れた」と言われてしまいまして。(笑

>エネルギー準位が満たされる順序について。化学の授業のどこかで1s →2s →2p →3s →3p →4s →3d と習ったはずですが・・・

高校の授業ではオービタルとかは習いませんよ~。
”独学”です!!・・あぁ、なんかいい響きだ・・(ぉぃ

お礼日時:2001/11/17 00:16

>高校でやっている無機化学はALL暗記ですから、あまりおもしろくないんですよ。

だから「楽しく学ぶためには理論も少しは学んだ方がいい」と思いまして。

最近の授業もやはりそうですか... 私が高校生だった大昔からあまり変わってないようですね... もっと学ぶ楽しみを味わえる授業が良いですよね。理系離れの原因の一つだと思いますよ。大人がもっとしっかりしなければ! と再認識いたしました、はい。

>Fe2+のイオンになる時、どこの電子が抜けていくのですか?

鉄の4s軌道の電子が抜けます。鉄(II)の錯体の場合、4s軌道を含むいくつかの軌道が混成し、配位子から電子供与を受けます。

>高校の授業ではオービタルとかは習いませんよ~。

すいません。言い訳になりますが大学合格後に再度各回答を見直していただければ勉強しやすいんじゃないか、という余計な考えも込めてのことです。なにとぞご容赦を。それだけあなたの質問はセンスが良いということですよ。あなたに対する他の方の回答を見ても、簡略化しつつもかなり高度なレベルの話をしていますね。

では他の受験科目の勉強も頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>最近の授業もやはりそうですか... 私が高校生だった大昔からあまり変わってないようですね... もっと学ぶ楽しみを味わえる授業が良いですよね。理系離れの原因の一つだと思いますよ。大人がもっとしっかりしなければ! と再認識いたしました、はい。

学校の物理の先生が仰っていたのですが、その先生が高校生の時にはオービタルやVB理論も大学入試に出ていたそうです。どうして今は教えてくれないのでしょうねぇ?
そういえば最近は小学校で教わる円周率は”3”になってしまい、そして反比例すら習わなくなっているようです。それでいいのか~?そんなことをしていたら、どんどん日本の学力が低下していくような気がしますが・・・。

>鉄の4s軌道の電子が抜けます。

そうなんですか~。エネルギーの順に抜けていくのではないんですね。
教えていただいてありがとうございますm(_ _)m

>大学合格後に再度各回答を見直していただければ勉強しやすいんじゃないか、と

あ~、なるほど!そういうことでしたか~。
どんどん見直しさせていただきます。(笑

>あなたに対する他の方の回答を見ても、簡略化しつつもかなり高度なレベルの話をしていますね。

回答を読まさせていただいているといつも、
「皆さん、ひょっとして・・・・・天才?」とか思ってしまいます(笑
僕も皆さんのような回答ができるくらいになりたいです!

・・・と、いうわけで他の受験科目も頑張って勉強して、
なるべくいい大学に入らなくてはなりませんね~。(^^;

お礼日時:2001/11/18 00:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q開業 会社が軌道に乗るまで通常何年

会社運営資金は4年分程度用意しています。
小さな起業ですが、通常平均どのくらいの期間で黒字化になるのでしょうか?
一般的な話としての質問です。細かい業務内容などは余り関係なく、
あくまでも平均的な話での回答をお教え下さい。

Aベストアンサー

すみません、質問内容からズレてしまいますが・・・

>ごみを探すためのガソリン代が年3万円程度です。

30,000円/150円=200L
このガソリン代だと軽トラックでも満タンで6~7回分程度にしかなりません。
燃費にもよりますが、大体3,000km分ではないでしょうか。
そうすると月に250km程度しか走れませんよ。
捨ててある物を探すにも、足(車)で探す事になりますが、
大丈夫ですか? 足りますか?
ご近所にそうそう捨てられてあるとも限りませんし。
もう少し運転資金(ガソリン代)を再考した方がよろしいかと存じますが・・・

あと、個人事業主や中小企業に関しては、商工会や商工会連合会に
相談しに行くと起業に必要な情報を無料で教えてくれるようです。
~~関係の企業継続年数とか、年間の起業数/廃業企業数などなど。
また、商工会主催で起業家向けに、低費用で起業セミナーを
開催している場合もあるそうです。
その際に運転資金や黒字化までの構想などの基礎知識を教えてくれるそうです。
さらに最初の2~3ヶ月は売り上げゼロの可能性が有り、
ある程度の覚悟が必要な事も教えられたそうです。
上記の事は、近々起業予定の知人から以前聞いた内容です。

すみません、質問内容からズレてしまいますが・・・

>ごみを探すためのガソリン代が年3万円程度です。

30,000円/150円=200L
このガソリン代だと軽トラックでも満タンで6~7回分程度にしかなりません。
燃費にもよりますが、大体3,000km分ではないでしょうか。
そうすると月に250km程度しか走れませんよ。
捨ててある物を探すにも、足(車)で探す事になりますが、
大丈夫ですか? 足りますか?
ご近所にそうそう捨てられてあるとも限りませんし。
もう少し運転資金(ガソリン代)を再考した方がよろしいかと存じま...続きを読む

Q硫酸や五塩化リンなどの(疑似)sp3d2、sp3d混成軌道について

こんばんは。
この前、化学結合論に関する本を読んでいたんですが
その本の中で「硫酸や五フッ化リンなどの三周期元素は3d軌道を使った
混成軌道を作ると思われがちだが、実際はエネルギーが高くほとんど結合には使われていない。」
と書いてありました。
確かに3d軌道とは少しエネルギー差が大きいと思うのですが、
それなら一体どうやって六本や五本の結合手を出せるのでしょうか?
どうか詳しい方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>硫酸イオンの構造では二重結合が2本含まれています…
こっちの方は、問題無く二重結合では「ない」ですね。大学以上では絶対に二重結合だとは教えません。
ただ価数としては(HO)2S^2+(-O^-)2になるので6+で四配位六価と言えます。

リンの方ですが、確かにおっしゃるとおりですね。電子二個多いです。
でもなー、三中心結合に四電子を入れると結合と反結合の両方のMOに電子が入ってしまうので、ちょっと不満が残ります。
元の原子軌道が三つなので、MOも三つ出来、「結合」「非結合」「反結合」となるはずですね。
そこで「結合」と「非結合」に二つずつ電子を入れてやると収まるのですが、オクテット則からは外れますね。
今のところオクテット則から外れても三中心四電子結合だと考えるしかないようです。(恥;
いつもここの処が割り切れないんです、今回は忘れていました、済みません。

Q個人から株式会社化へ

私の彼氏が現在個人事業主でお店を経営しているのですが
このたび株式会社にすることになったそうですが
これは商売が軌道に乗ってるという事でしょうか?

Aベストアンサー

 法律家、官僚様が、「最低でも資本金が1000万円なきゃ、株式会社なんて認めねぇ」と言って、既存会社の最低資本金を1000万円にアップさせたと思ったら、舌の根も乾かぬうちに「1円でも株式会社ができる」ようにしたのです。

 ですから、質問者さんの彼氏がどれほどの資本金を用意して会社を作るのか聞いてみないとホントの所はわかりません。

 資本金として1000万円用意できたのならお店の経営が軌道に乗っているのでしょうし、1000円しか用意できなかったのなら軌道に乗っていないのでしょう。

 ただ、株式会社というのは本来、いろんな人から少しずつ資本を集めて大資本にし、大規模な事業を行ったり、すぐには利益が出ない事業を行うために考え出された制度なので、そのイメージから、個人の事業よりは株式会社の事業のほうが大きい、信用できる、と思われています。

 それを作ろうというのですから、まあ、どちらかと言えば「軌道に乗りつつある」可能性の方が高いと思っていいんじゃないでしょうか。
 

Qsp3d混成軌道について

こんばんは。

[SiF6]2- のSiの軌道はsp3d混成軌道になるらしいのですが
Fを6つ結合できるようにするために
3s、3p×3、4s×1、3d×1を使うのかと思って
s2p3d軌道??とよくわからなくなってしまいました。

どの軌道を混成するのですか?

Aベストアンサー

d2sp3ではないですか?

Q楕円軌道と円軌道

本日、天文衛星「すざく」が楕円軌道から予定されていた円軌道に投入されたとのニュースを見ました。
そこで、軌道について質問なのですが、
静止衛星は円軌道、同期衛星や回帰衛星には楕円軌道を描くものもありますよね。
どのような場合に円軌道で、どのような場合に楕円軌道、という線引きはできるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
「円軌道」は地表との「距離(高度)を確保するため」、
「楕円軌道」は地表との「周期を確保するため」、
このような目的で選択されているのではないでしょうか。

「円軌道」は高度が一定ですので交信や地表観測全般に適していますし、「楕円軌道」は同期衛星や回帰衛星に使われ、ある一定の周期で元の場所に戻って来るために調性されています。地表観測衛星の多くが円軌道を回っているようですが、決して楕円軌道が地表観測に向かないというわけでもなく、逆にランドサットなどは楕円軌道を回ることによって精密な観測を行なっているそうです。
静止軌道は、どちらかと言えば地表との周期を確保するためのものですが、こちらはどうしても円軌道でなければ実現できません。その他に、衛星が目的の軌道に到達したり遷移したりするためには、最初は楕円軌道に投入されますよね。

Qsp3混成軌道をとって結合している分子は、どれも軌道のなす角は、109.5°となるのでしょうか?

sp3混成軌道をとって結合している分子は、どれも軌道のなす角は、109.5°となるのでしょうか?

構成する原子によって、角度が、例えば10°とか、大幅に変わることはあるのでしょうか?

構成する原子にかかわらず角度がほぼ変わらないとしたら、私にはとても不思議に思えます。

Aベストアンサー

そりゃそうです。・・・(結合する前の)混成軌道であって結合軌道ではない。
・・
結合したら、そこにある原子核や孤立電子対がかかわって角度が変わる。

水は、sp³混成軌道のうち、二個は孤立電子対だけですが、残り二つは水素原子が入ったシグマ結合になる。孤立電子対は負電荷ですので反発するから、その影響で水素-炭素-水素の結合角は105度程度に歪んでしまう。

Q大学1年 化学のsp混成軌道についての質問です。

大学1年 化学のsp混成軌道についての質問です。

(1)塩化ベリリウム(BeCl2)の結合状態について、sp混成軌道を用いて説明してみよう。基底状態にあるBe原子の2s軌道にある2個の電子対を解き、2p軌道に昇位させたのが励起状態Beである。このとき、2s軌道と2pz軌道が混成して二つのsp混成軌道をつくっている。

Q1、普通に考えたら2s軌道と2px軌道が混成すると考えてしまうのですが、なぜ2s軌道と2pz軌道が混成するのですか?


(2)有機化合物に見られるsp2混成軌道の例として、エチレンC2H4を見てみよう。炭素原子の励起状態を考える。この四つの不対電子のうち、2px軌道の1個の電子を除いた3個の電子(2s 2pz 2py軌道の電子)により、三つのsp2混成軌道がつくられる。

Q2、なぜ除いたのが2px軌道の1個の電子なのですか?


以上2つの質問です。この混成軌道はこれから化学をやる上でマスターしないといけないと言われたのですが、よくわからなかったため、質問させていただきました。軌道がなかなかイメージしにくく、理解できないのです。
どうか回答よろしくおねがいします。

大学1年 化学のsp混成軌道についての質問です。

(1)塩化ベリリウム(BeCl2)の結合状態について、sp混成軌道を用いて説明してみよう。基底状態にあるBe原子の2s軌道にある2個の電子対を解き、2p軌道に昇位させたのが励起状態Beである。このとき、2s軌道と2pz軌道が混成して二つのsp混成軌道をつくっている。

Q1、普通に考えたら2s軌道と2px軌道が混成すると考えてしまうのですが、なぜ2s軌道と2pz軌道が混成するのですか?


(2)有機化合物に見られるsp2混成軌道の例として、エチレンC2H4を見てみよ...続きを読む

Aベストアンサー

A1. 先生が、 BeCl2分子がz軸に平行になるように座標軸をとったからです。もし、BeCl2分子がx軸に平行になるように座標軸をとれば、2s軌道と2px軌道を混成することになります。座標軸のとり方によって混成に使われる軌道の「名前」が変わりますけど、混成した後の軌道の向きと形は座標軸のとり方によらず同じになります。


A2. 2px軌道を除いたのは、エチレン分子がyz平面に平行になるように座標軸をとったからです。もし、エチレン分子がxy平面に平行になるように座標軸をとれば、2pz軌道を除くことになります。電子を1個だけ除いたのは、炭素原子の周りに3個の原子があるから(炭素原子が3個の原子と共有結合しているから)です。

炭素原子が2個の原子と共有結合していれば、電子を2個除いて二つのsp混成軌道をつくります。
炭素原子が3個の原子と共有結合していれば、電子を1個除いて三つのsp2混成軌道をつくります。
炭素原子が4個の原子と共有結合していれば、電子を除かずに四つのsp3混成軌道をつくります。

除かれる電子の数は、ふつうの有機化合物であれば、炭素原子の周りにある原子の数で決まります(炭素原子が1個の原子や5個以上の原子と共有結合していたり、ラジカルだったりカルボカチオンだったりカルボアニオンだったりしたときにどうなるのかは、先生にきいてください)。

A1. 先生が、 BeCl2分子がz軸に平行になるように座標軸をとったからです。もし、BeCl2分子がx軸に平行になるように座標軸をとれば、2s軌道と2px軌道を混成することになります。座標軸のとり方によって混成に使われる軌道の「名前」が変わりますけど、混成した後の軌道の向きと形は座標軸のとり方によらず同じになります。


A2. 2px軌道を除いたのは、エチレン分子がyz平面に平行になるように座標軸をとったからです。もし、エチレン分子がxy平面に平行になるように座標軸をとれば、2pz軌道を除くことになります...続きを読む

Qメタンをsp、sp2混成軌道で組み立てるとどうなりますか?

メタンの立体構造は、炭素原子がsp3混成軌道を作るので、正四面体となりますが、メタンをsp、sp2混成軌道を使って組み立てることも理論的には可能であると教わりました。

そこで、メタンをsp、sp2混成軌道を使って組み立てるとどうなるのか考えてみたものの、全く見当もつきません。

どなたかお分かりの方がいらっしゃいましたら、どんなことでも結構ですので、教えて頂きたいと思います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

補足します。
お書きになったとおりだと思います。
ただし、これは机上での理屈ですので、実証のしようがないことではあります。
ついでですが、混成を全く考えずに2sと2pを使って組み立てることも可能です。その場合、
H (a,0,0)
H (0,a,0)
H (0,0,a)
となり、残りの1個のHは2s軌道に『何となく』くっついているということになり、位置が定まらないことになります。

Q人工衛星に軌道についての質問です。

人工衛星に軌道についての質問です。

船舶が事故などを起こした時に、救難信号などを探知する探索救助衛星システム「コスパスサーサット」のイーパブという衛星は極軌道を利用していると聞きましたが、極軌道を利用することへの理由はどいういったものなのでしょうか?

また、極軌道以外の軌道を使うとどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

衛星と軌道についての知識が少なくて困ってます。

よろしくお願いします・・・

Aベストアンサー

 極軌道とは、北極と南極の上空を通過する軌道の事です。
 両極上空の間を行き来するのですから、その途中で赤道や中緯度地帯の上空も、通過します。
 これに対して、極軌道ではない人工衛星は、高緯度地帯の上空に来る事はありません。
 水平線の陰に居る衛星とは、電波をやり取りする事が出来ません。
 衛星の高度が高ければ、衛星が水平線より上に見える範囲は広くなりますが、衛星との距離が遠くなりますから、強力な送受信機と大きなアンテナが必要になり、船に搭載する機器や衛星本体、そして衛星打ち上げのコストが高くなります。
 従って、極軌道の方が都合が良いのです。

Qd軌道も含めた混成軌道

sp,sp2,sp3のBeCl2,BF3,SnCl2,CH4,NH3,H2Oなどはs軌道とp軌道しか混成に関与していませんが、他にd軌道をも含めた混成軌道はどんなものがあって、混成軌道の形はどうなっているのか、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

d軌道を含めた混成としては、d2sp3混成軌道やdsp2混成軌道などが代表的なものだと思います。
前者は6配位の正8面体型構造であり、後者は4配位の平面状で、正方形の中心から頂点方向に延びる軌道です。


http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/chem/lec14-2.html


おすすめ情報