日本語を勉強している中国人です。正宗白鳥の「戦災者の悲しみ」を読んでいます。

 『秋のうち、自分たちはリヤカーで薪を隣村から運んできたり、山から唐松の枯枝を集めてきたりして炊事や暖房の用を足して、どうにか、冬の一日一日を越しながら「春よ、早く来れ」と、それだけを希望としていた。』

1.「枯枝」と「一日一日」の読み方を教えていただけませんか。

2.豊富な表現で同じ意味を表すのが好きです。「どうにか」をほかの言い方に置き換えていただけませんか。多ければ多いほどよろしいです。

 作文が上手くなりたいと思っていますので、質問文の中で不自然な表現があれば、それも併せて指摘していただければ助かります。よろしくお願いいたします。

A 回答 (4件)

1.枯枝(かれえだ)  


  一日一日(いちにちいちにち)

2.「どうにかこうにか」
  「なんとか」
  「なんとかかんとか」   
  「かろうじて」
  「やっとのことで」

御質問の文はいまどきの日本人の書くものよりずっと立派な日本語になっていますよ。
あえて言うなら
「多ければ多いほどよろしいです」は少し堅苦しいので,
「多ければ多いほど助かります」,あるいは
「多ければ多いほどうれしいです」としたほうがいいかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。よく分かりました。質問文へのご指摘にも感謝いたします。
 励ましてくださり、本当にありがとうございました。日本はまだ下手です。これからも頑張ります!

お礼日時:2005/10/06 17:04

1.「かれえだ」、「いちにちいいちにち」



2.「どうにか、わかるようになりました。」
「どうにか間に合った。」
→「なんとか」「かろうじて」「やっとのことで」
「どうにかしてくれ。」
→「なんとか」「どうでもいいが、きちんと」「きちんと(ちゃんと)」
日本語の場合、ひとつの言葉が、ほかの部分(動詞や、助動詞など)にも影響を与えますので、「どうにか」の置き換えも、場合によっては変な表現になったり、置き換えられなかったりするかもしれませんので、注意が必要です。
「どうにか」は、過去のことについて「どのようにしたのかはわからない(言えない)けれど」、何かをした場合と、
未来について「どのようにしても構わないけれど」何かをしたい(して欲しい)場合に使いますね。
ですから、未来について、相手に要求する場合は、「どうでもいいこと」ではなくて「きちんとした対応」を要求しています。「どうにかしろ!」の場合です。

さて、「多ければ多いほどよろしいです。」は、「よろしい」が指しているのが、回答者から寄せられる回答あるいは回答する行為ですね。相手から受け取るものに「よろしい」と言うのは、日本語の尊敬の概念からは不適当かもしれません。
「よろしい」は、たとえば、目上の人が目下の人の行為について使われます。ですから、「多ければ多いほどありがたいです。」というように、謙譲の形にした方がよろしいと思います。
この「よろしい」は、「よい」を控え目にした表現です。難しいですかね。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いつもお世話になっております。
 ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。「どうにか」の置き換えも、場合によっては変な表現になったり、置き換えられなかったりするかもしれませんね。大変参考になりました。
 申し訳ないんですが、「よろしい」についていろいろ考えましたが、やはり理解不能でした。別のスレッドを作らせていただきます。またアドバイスをいただければとても有り難いと思います。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/10/07 19:41

正宗白鳥の書き癖についてよく分からないので、一般的にはどう読むか、という回答になります。



1.枯枝は「かれえだ」です。一日一日は「いちにちいちにち」か「ひとひひとひ」か決めかねます。どっちかにしろ、と言われたら後者を選びます。

2.「どうにかこうにか」「どうかこうか」「どうやらこうやら」「かろうじて」「からくも」「ようよう」「だましだまし」「やっとの思いで」「やっとこさっとこ」「かつがつ」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いつもお世話になっております。
 ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。大変参考になりました。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/10/06 18:18

「枯枝」→かれえだ



「一日一日」→いちにちいちにち

「どうにか」の言い換え→かろうじて・なんとか・まがりなりに
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いつもお世話になっております。
 ご丁寧に教えていただき誠にありがとうございます。大変参考になりました。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/10/06 18:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「よろしい」の使い方を教えていただけないでしょうか

 日本語を勉強している中国人です。「よろしい」の使い方に関して質問させてください。

 先日、別の質問で「多ければ多いほどよろしいです。」という文を書きました。私の書いたこの文章に対して、ネイティブな方から、「相手から受け取るものに『よろしい』と言うのは、日本語の尊敬の概念からは不適当かもしれません。」という貴重なご意見をいただきました。

 「よろしい」は「よい」、「いい」より、より丁寧な言い方だと今までずっと思っているのですが、この指摘意見のポイントがうまくつかめません。「よろしい」は目上の人に使ってはいけない表現なのでしょうか。私は目上の人に「よろしければ、~していただけませんか」などの表現を使っていますので、とても気になっています。また、「よい」、「いい」、「よろしい」を丁寧な度合いの順に並べていただけないでしょうか。「よろしい」の使い方は頭の中でごちゃごちゃになっています。どなたかもっと詳しく説明していただけませんか。

 こんな質問文で、せっかく指摘してくださった方に大変失礼になってしまうと思います。お詫びいたします。悪意がまったくありませんので、お気を悪くなさらないでください。

参考ページ
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1693566

 作文がうまくなりたいと思っていますので、質問文の中で不自然な表現があれば、それも併せて指摘していただければ助かります。よろしくお願いいたします。

 日本語を勉強している中国人です。「よろしい」の使い方に関して質問させてください。

 先日、別の質問で「多ければ多いほどよろしいです。」という文を書きました。私の書いたこの文章に対して、ネイティブな方から、「相手から受け取るものに『よろしい』と言うのは、日本語の尊敬の概念からは不適当かもしれません。」という貴重なご意見をいただきました。

 「よろしい」は「よい」、「いい」より、より丁寧な言い方だと今までずっと思っているのですが、この指摘意見のポイントがうまくつかめませ...続きを読む

Aベストアンサー

難しい問題ですね。

確かに理屈から言えば、いい、よい、よろしい、の順により丁寧になるので、
「多ければ多いほどよろしいです。」

「多ければ多いほどよいです。」
よりも相手を敬う表現になっているように見えます。
ですが、実際に使ってみると、前者のほうは、
立場が上のものが下のものに向かって話しているように感じられます。

これはおそらく、「よろしい」という表現が、目下のものに対して
許可を与える表現として非常に広く使われているので、
今の場合のような、単に「よい」・「悪い」について述べている文においても
許可を与える表現として読まれてしまうというのが原因だと思います。

これは理屈で片付くことではありませんので
(単によく使われる表現からの連想で生じることです)、
特殊な例として、「○○はよい」とか「○○のほうがよい」などの文で
「よい」を「よろしい」とすると、かえって失礼に聞こえてしまうことがある、
と覚えておくしかないと思います。
今の場合は、「よい」・「悪い」というのは、許可を与える・与えないということではなく、
単にあなたにとって「よい」か「悪い」かということですので、
それをはっきりさせるために、他の方もおっしゃっているように、
「多いほどうれしい」、「多いほどありがたい」と書けば問題ないと思います。

あと質問文中の表現で気になるところをいくつか。

>今までずっと思っているのですが
「今までずっと思っていたのですが」が正しいです。

>悪意がまったくありません
「悪意はまったくありません」が正しいです。

難しい問題ですね。

確かに理屈から言えば、いい、よい、よろしい、の順により丁寧になるので、
「多ければ多いほどよろしいです。」

「多ければ多いほどよいです。」
よりも相手を敬う表現になっているように見えます。
ですが、実際に使ってみると、前者のほうは、
立場が上のものが下のものに向かって話しているように感じられます。

これはおそらく、「よろしい」という表現が、目下のものに対して
許可を与える表現として非常に広く使われているので、
今の場合のような、単に「よい」・「...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報