最新閲覧日:

暑いときや、お酒をのんだとき顔が赤くなるのは、顔の毛細血管が破裂するから(まちがってたら教えてください)だと認識しております。
では、寒い日によく色白の女の子がほっぺた赤くして歩いているのはなぜなんでしょう?寒いときも毛細血管が破裂するんでしょうか??

A 回答 (2件)

<暑いときや、お酒をのんだとき顔が赤くなるのは、


<顔の毛細血管が破裂するから(まちがってたら教えてください)だと認識しております。
間違っています。血管が破裂したら出血します。そうしたら顔が赤くなるのではなくて内出血です。跡にもなります。そもそも暑さやお酒では血管の壁は壊れません。そこまでは血管の壁はもろくありません。
<では、寒い日によく色白の女の子がほっぺた赤くして歩いているのはなぜなんでしょう?
<寒いときも毛細血管が破裂するんでしょうか??
寒いときには体温を上げようとしてほっぺに血液が集まってきます。それでほっぺが赤くなります。

偉そうにしてすみませんでした。私も勉強になりました。有難うございました。
    • good
    • 0

昔聞いた話なので.医学が進んだ今日.間違っている可能性がおおきいです。



人の脳は.かわりがありません。脳の血液が止ると脳はすぐに死んでしまいます。だから.脳へ血液を送ること.脳の温度を保つことは最優先に行われます。
温度が下がって.脳の温度が下がると.脳に血液を送るためにいろいろな血管が使われますし.手足にいく血管がいち早く狭くなって.血が脳に集中します。
その結果.脳と同じ血管でつながっている顔にも血がたくさん回ってきて.皮下脂肪の薄い方は.血管が見えて.赤くなると聞いたのを覚えています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報