これからの季節に親子でハイキング! >>

こんにちは。

色々、検索してみたのですが、どうしても分からないので、教えてください。
「為替予約」「通貨オプション」の時価評価の意味がわかりません。
為替予約について言えば、時価評価時点での、同一明細(受渡日・金額等)を
新規で購入(売却)した場合の購入(売却)価格という理解でよいのでしょうか?
また、通貨オプションの時価になると全く意味不明です。。。
オプションは、行使日以前では、オプション料の受渡しかないと思うので、オプション料の
時価なのだろうとは思いますが、では、オプション料の時価とは何を表しているのでしょうか?
(オプションの時価評価を銀行に依頼したところ、輸入サイドの売りサイド
(ドルコール円プット売却)が、△表記だったそうです。。なぜ、マイナスなのでしょうか?)

初歩の初歩の質問で、恐縮ですが、どなたかご教授いただけましたら、幸いです。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

為替予約



為替予約の時価は、その時点で反対売買したときの差金決済額です。たとえばこのように考えます。
【為替予約締結時】
日時:2月1日締結
予約内容:4月30日の先物100ドルの買い
為替レート:現物 110円/ドル
      先物 120円/ドル
つまり、2月1日付けで4月30日に100ドル分を120円で買うという契約をしたとします。

このとき2月1日に同じ条件で売り契約をする(反対売買)と、複雑な条件を抜きにすれば差金はゼロなので、為替予約の時価はゼロです。

【決算時】
3月31日に決算を迎えたとします。
決済期日:4月30日
為替レート:現物 120円/ドル
      先物 125円/ドル
このとき、同じく売り契約をすると先物相場が動いているため、決済差金が生じることになります。
4月30日に100ドルを120円/ドル(=12000円)で買って、100ドルを125円/ドル(12500円)で売れるので、差し引き500円の差金をもらえます。

したがって、決算で時価評価は以下のような仕訳をします。(原則法)

為替予約 500/為替差益 500

【決済時】
反対売買をせずに決済時まで為替予約を持っていたとします。4月30日のレートは以下の通りとします。
為替レート:現物 115円/ドル

このとき、4月30日に現物では115円/ドル(=11500円)で買えたものを、為替予約により100ドルを120円/ドル(=12000円)で買わなければならないので、ここで損失が出ます。
なお、期末に為替予約という債権を計上していたため、これも取り崩します。

為替差損 1000/為替予約 500
       /現金預金 500

オプションも同じような考え方ですが、手数料を超えてレートがあがれば利益、下がれば損失です。こちらはどこかを探せば記述があると思われますので、探してみてください。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
少しご回答について考えてみます。b

補足日時:2005/10/12 21:52
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q為替予約の時価評価の方法について

こんばんは。
為替予約は決算日に時価評価するように、とどこを見ても書いてあるのではありますが、その時価評価の具体的な方法がわからず困っています。取引金融機関に聞くものなのか、自分でなんらかの方法で計算するものなのか、何がしかのサービス(ブルームバーグ等)で調べるものなのか、教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

(1)銀行に頼めば時価評価資料をくれます。
(2)為替予約の時価とは、期末日時点におけるその為替予約決済日での先物価格です。先物レートはFXを扱う会社のサイトに結構ありますが、一般人には表の見方そのものが難しいため、(1)の方がよいです。
(3)なお、理論的に計算することもできますが(計算式を教えてくれるサイト多数あり)、かなり複雑ですのでやはり(1)がよいです。

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

QNDFの仕組みを教えて下さい

法人取引でNDFの活用を検討しております。複数銀行で取扱いをしているようですが、やはりレートは各行毎に違うのでしょうか。また、決済レートは決済日の2営業日前に決定されるようですが、それは何故なのでしょうか。現物の送金に合わせて、決済日当日にレート決定することが出来ないのは、一言で言うと「市場が違う」ということなのでしょうか。

Aベストアンサー

> 脇が甘いのかどうか判断に非常に苦労しております。

何百ポイントも上乗せされるような脇が甘い会社は、フォワードの理論値も計算しないどころかリアルタイムレートも知らないような会社です、且つ対象が相当マイナーな通貨じゃないと難しいと思いますから、ちょっと極端な例でした。
2行以上を実際に使ってみるのがベストでしょうけど、とりあえずリアルタイムのレートと金利は知っていて理論値計算程度をやってれば、そんなに乱暴なレート提示は無いと思います。


> 監査法人によっては、この2営業日のズレ、並びに「市場が違う」ことによるベーシスリスクの存在を問題視し、「為替予約と同等とは見做さない」「CFが固定されていない」という見解をするらしいと聞いてます。

スミマセン、会計のことは全く詳しくありません。
実はNDFの細かいフローがどうなるのかも知らないです(^^;

◆01月01日
現地通貨の現在レート 100円

◇対取引先
輸入契約
現地通貨建てで3ヵ月後に100万通貨単位支払約束

◇対銀行
3ヶ月後受渡しのフォワードレート 99円 (1)
3ヶ月後に100万通貨単位買う予約実行。
(=9900万円で予約)

◆03月01日
現地通貨の現在レート 105円

◇対取引先
1億500万円で100万通貨単位を調達(2)
100万通貨単位の支払実行

◇対銀行
セトル105円円で決済。(3)
差損益600万円が発生。

◆03月03日

◇対銀行
差益600万円を受領


こんな感じになるんでしょうか?
根本的に認識が間違っていたらスミマセン。


> 「市場が違う」とは、実際の送金時のエクスチェンジ(外貨と円)レートとは違う仕組みなのですよね、という意味です(言葉足らずかな。。)

上のフローで認識間違ってなければ、(2)と(3)が異なる可能性があるという意味ですね?
確かに『「市場が違う」ことによるベーシスリスク』は存在するから(相対なので市場と言うのが適当かわかりませんが)、CFは固定はされてませんね。細かいことですけど(3)の時点から2営業日は、ヘッジ効果分の600万円は一旦持ち出しになって若干キャッシュフロー圧迫する感じしますし。
監査法人の仕事としてはその指摘は適切なのかもしれません。

ただ私は会計知識が無いので、「為替予約と同等とは見做さない」が、実務的に何がどうなると言ってるのか、わかりません。
理屈としてはフューチャーズ(CMEなど公設市場の通貨先物)で為替ヘッジする場合と同様の扱いになると思われます。ただ例えば、予約した全額がオフバランス扱いされるなんてことは無さそうです。
下記に東京情報大学の先生が書かれている「先物為替予約取引における会計処理の研究」というサイトのURLをご紹介致しますので、参考になるかご覧になってみて下さい。私は第三章を流し読みした程度でモノを言っておりますが、評価はntdさんの方が適切にできるんじゃないかと思います。

公設の金融先物市場は、実需者の利便性を考えればオーダーメイドできる銀行の為替予約に劣る筈です。にも関わらずわざわざ海外の金融先物市場で為替リスクヘッジする日本の企業があるのは、多くの場合コストの問題だけです。

同様にNDFの存在意義を考えると、実需者にとっては当然普通の為替予約を使った方が便利だということが前提であって、為替予約がどうしても使えくてヘッジが困難な通貨の場合に使う取引のようですね。
為替予約と比べれば何かと問題はあるのかもしれませんが、ヘッジをしないことと比べれば、収益の安定の為には使わざるを得ないという代物ということでしょうか。


> 銀行によっては、NDFの決済レートと実際の送金レートを一致させる商品バリエーションを用意しているようですが、レート面で有利とは思えない次第です。

これは(2)と(3)が同じレートということでしょうか?
だとしたら(2)が売りで(3)が買いだからレートでは不利にも有利にもならないんじゃないでしょうか。コストは重複しそうですが。

参考URL:http://www.iic.tuis.ac.jp/edoc/journal/jhk/j12-2/index.html

> 脇が甘いのかどうか判断に非常に苦労しております。

何百ポイントも上乗せされるような脇が甘い会社は、フォワードの理論値も計算しないどころかリアルタイムレートも知らないような会社です、且つ対象が相当マイナーな通貨じゃないと難しいと思いますから、ちょっと極端な例でした。
2行以上を実際に使ってみるのがベストでしょうけど、とりあえずリアルタイムのレートと金利は知っていて理論値計算程度をやってれば、そんなに乱暴なレート提示は無いと思います。


> 監査法人によっては、この2営業...続きを読む

Q為替先物レートを確認するにはどうすれば良いか。

現在円と外貨のどちらで預金していこうか検討中なのですが、ブレークポイントを知るために、為替の先物レートが確認できるサイト等が無いか探しています。たしか日経新聞に米ドルの対顧客レートは記載されていたと記憶しているのですが、もっとマイナーな、例えばNZドルなんかのレートを知りたいんです。

学生ですので本格的な投資ではなく、あくまで金利感覚を身に着ける為の勉強のつもりでいるので、出来ればどこかの証券会社に新しい口座を開いたりせずに調べられればなぁと考えています。

それから・・ついでといってはあれですが、現在新生銀行に円普通預金をしていまして、ネットで簡単に外貨預金が出来るようなので、それを使おうと考えています。それで新生銀行の場合、円→外貨(又は逆)に変換する際の手数料が1通貨当たり大体どの通貨も1円(例えば1$につき1円)なのですが、これは他金融機関と比べて安いのでしょうか?

併せてご教授願えれば幸いです。

Aベストアンサー

http://money.www.infoseek.co.jp/MnForex/fxchart/
↑こんなのはどうでしょう?(NZドルや豪ドルなんかのチャートも見れます)チャート設定の所を変えると日単位の流れや月単位の流れなんかもみれます。
 金利感覚を身に着ける為だけでしたら、無料でバーチャルトレード(http://www.virtualfx.jp/)なんかもあるので試してみてもよいかもしれませんよ。
 それからFXは、レバレッジというのがあってこれをあげている為、物凄い損失をだしたり、大きな利益ができたりします。このレバレッジというのをあげなければ、外貨預金と同じ少ないリスクで行えかつ、手数料や利子等多いのでFXの方がお得ですよ。

レバレッジの例)
 元本100万円あるとする
 FXではこれを1000万円の扱いとする事ができる(100万の10倍。←この10倍がレバレッジ)

 1ドル100円の時に1000万円分購入する(10万ドル保有する)
 1ドル90円になったとする。→1ドルにつき10円の損
 →10万ドルもっているので100万円の損→もともと100万円しか持っていないので、もち金が0円となり以後取引ができなくなる

 というリスクがあるのですが、100万円の扱いを100万円(レバレッジ1倍)のままにしていれば、銀行の外貨預金とかわりません。
 
 1ドル100円の時に100万円分購入する(1万ドル保有)
 1ドル90円になったとする→1ドルにつき10円の損
 →1万ドル持っているので10万円の損(これは銀行の外貨預金の損失と同等額)

 ちょっと説明が下手で申し訳ないのですが、バーチャルやっていきながら勉強してもいいかもしれないですよ。とにかくFXは無茶な買い方をしなければ銀行の外貨預金を行っているのと、同じレベルの取引ができ、さらに手数料が安く、金利が高いので断然お得ですよ。

http://money.www.infoseek.co.jp/MnForex/fxchart/
↑こんなのはどうでしょう?(NZドルや豪ドルなんかのチャートも見れます)チャート設定の所を変えると日単位の流れや月単位の流れなんかもみれます。
 金利感覚を身に着ける為だけでしたら、無料でバーチャルトレード(http://www.virtualfx.jp/)なんかもあるので試してみてもよいかもしれませんよ。
 それからFXは、レバレッジというのがあってこれをあげている為、物凄い損失をだしたり、大きな利益ができたりします。このレバレッジというのをあげなけ...続きを読む

Q未払法人税等・未収還付法人税等のB/S表示

3税の中間納付額の還付の場合等で、最終的に期末において、法人税は未払になるが、都道府県民税は還付になるとか、未収と未払の両者が混在するケースがありえます。
このような場合のB/S表示は、下記のいずれとすべきなんでしょうか。それとも、どちらでもよいことなんでしょうか。
なお、根拠となる法令・指針等があれば併せてご紹介いただければ幸いです。

(1)3税トータルで代数和をとり未払法人税等か未収還付法人税等か、いずれか1つに絞る。
(2)3税ごとに個別に未払か未収かを計算し、例えば、B/S借方に「未収還付都道府県民税」(又は「未収還付法人税等」)、貸方に「未払法人税」(又は「未払法人税等」)などと"両建風に"記載する。

Aベストアンサー

No.1です。

先ず、損益計算書においては「法人税」、「法人事業税」、「法人住民税」などを区別しないで「法人税等」と一括りして表示して良いのと同様に、貸借対照表においても、「未払法人税」、「未払法人事業税」などと区別しないで「未払法人税等」と一括りして表示します。

ですから都道府県民税が還付になり、その他は支払になるのであれば、都道府県民税は「未収法人税等」で表わし、その他は「未払法人税等」と表わして区分します。(2)で、都道府県民税と事業税を別々の区分として独立させる必要はありません。

Qドル売り為替予約について

下記の問題を教えてください。
当社は×1年12月10日(直物為替相場:1ドル=119円)に、
×2年2月に予定されている販売価格50千ドルの商品の輸出に掛る売掛金の回収にあてるため、5ヶ月先物(受渡期日:×2年4月30日)ドル売為替予約(先物為替相場:1ドル=115円)50千ドルを締結した。なお、当該輸出取引は実行される可能性が高いものであり、ヘッジ会計の要件を満たしている。決算時における4ヶ月先物(受渡期日:×2年4月30日)の先物為替相場は1ドル=117円として、先物為替予約を時価評価しなさい(決算日の直物為替相場は1ドル=120円である)。
図示すると下記のようになると思います。
---●---------------○-----------●--------●-----
×1-12/10      ×1-12/31    ×2-2月 ×2-4/30
予約日         決算日     輸出日  決済日
直物為替相場    直物為替相場
1ドル=119円     1ドル=120円
先物為替相場    先物為替相場         
1ドル=115円     1ドル=117円

ドル売り為替予約取引という意味の解釈が分からないのですが、
自分なりに予約日に1ドル=115円で予約をしたということは、
銀行側から「これから価格が変動するけれど、×2-4/30には1ドル=115円で
必ずドルを買ってあげます」という契約を行なったということでしょうか?

次に、この取引は予定取引に該当し、さらに、翌期に実行されるものであるから、
繰延処理が認められると思います。その際の仕訳が
繰延ヘッジ損失 100  為替予約100
となっているのですが、これはどういう意味なのでしょうか?
1ドル=115円で売る予約をしたが、決算日に売れば(実際には売れないけれど) 
1ドル=117円で売れたから、機会損失として100が計上されているのでしょうか?

以上2点について教えてください。よろしくお願いいたします。

下記の問題を教えてください。
当社は×1年12月10日(直物為替相場:1ドル=119円)に、
×2年2月に予定されている販売価格50千ドルの商品の輸出に掛る売掛金の回収にあてるため、5ヶ月先物(受渡期日:×2年4月30日)ドル売為替予約(先物為替相場:1ドル=115円)50千ドルを締結した。なお、当該輸出取引は実行される可能性が高いものであり、ヘッジ会計の要件を満たしている。決算時における4ヶ月先物(受渡期日:×2年4月30日)の先物為替相場は1ドル=117円として、先物為替予約を時価評価しなさい(決算日...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ。また、難しい問題をやってますね。

私もyuyu0202さんと同じ疑問を持ったことが
あります。売りから入るにはまず買いだよな。
これは、株式のカラ売りの常識ですよね。
多分、これと似たようなことがドル売りなの
だと思います。しかし、これは実務のことなので
内容はあまり深入りしないほうがいいと思います。
詳しい方いましたら、教えてください。

私は簡単に解釈して、当社は円高を予想している。
円高ドル安を予想なので、ドルを売りにかかったと、
それ以上は考えないようにしています。
しかし、決算日には115円から117円になったので
円安ドル高です。つまり、この2円分を
当社の予想に反して損失がでていると、
オフバランスは許さずに、繰延ヘッジ損失を
計上しなければならないと考えています。

あと、先物負債というのは、この場合、使用しない
ほうがいいと思います。為替予約の場合は、
為替予約と書いたほうがいいです。受験簿記上、
一般的にそうなっています。

今回の問題を振当処理を前提にしますと、

1.12/31 繰延ヘッジ損失100 為替予約100
2.1/1  為替予約100  繰延ヘッジ損失100(洗替)
2.2/1  売掛金5750   売上5750
2.4/30  当座預金5750  売掛金5750

となると、思います。



あと、余談ですが、来年から簿記がちょっと変わり
ますよ。1級はいつから新範囲適用なのか知りません
が、社債発行差金がなくなったり、資本の部がなく
なったりしちゃうみたいなんで。頭痛いですね。

こんばんわ。また、難しい問題をやってますね。

私もyuyu0202さんと同じ疑問を持ったことが
あります。売りから入るにはまず買いだよな。
これは、株式のカラ売りの常識ですよね。
多分、これと似たようなことがドル売りなの
だと思います。しかし、これは実務のことなので
内容はあまり深入りしないほうがいいと思います。
詳しい方いましたら、教えてください。

私は簡単に解釈して、当社は円高を予想している。
円高ドル安を予想なので、ドルを売りにかかったと、
それ以上は考えないようにして...続きを読む

Q配当金の連結消去仕訳についてお教え願います。

お世話になります。

配当金の連結消去仕訳につきまして。

親会社S社が60%株を所有しているP社から配当金を受け取った場合の消去仕訳
について教えてください。
(1)P社はS社に60
(2)少数株主(外部?)へ40
の合計100の配当金を支払っているものとします。

(1)については
P 配当金60/当預60
S 当預60/受取配当金60

の消去仕訳
受取配当金60/配当金60
の消去仕訳をすることが理解できるのですが、
(2)については
消去仕訳の解答が
少数株主持分40/受取配当金40
となっており、
どういった元の仕訳を消去したのかが理解できません。
株主の持分が配当金分減ると解答には記載されているのですが、いまいちピンと
きません。
配当金分、少数株主の持分が減ることはなんとなく理解はできるのですが。
昨日2時間考えてもわからなかった、ものすごく頭の悪い私が理解できるようにご説明いただければ幸いです。
どうぞよろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

(2)については
消去仕訳の解答が
少数株主持分40/受取配当金40
となっており、 ・・とありますが・・

「受取配当金40」と書かれているのは、「配当金40」の間違いではないでしょうか。以下、その前提です。

子会社が少数株主に対して支払った配当金は支払時に、
配当金 40/当預40 と仕訳されています。
そして、この配当金は、子会社の(個別)株主資本等変動計算書の配当金の欄に反映しています。

ところが、連結株主資本等変動計算書においては、配当金欄は親会社のした配当金に限られるため、子会社のした配当金は除く必要があるのです。そこで次の仕訳が必要になります。

少数株主持分40/配当金40

少数株主持分40→連結貸借対照表に反映

配当金40→連結株主資本等変動計算書に(配当の取消として)反映

連結精算表をじっくり眺められれば理解できると思います。

Q決算時における為替予約処理

会社の決算を10月期に向かえます。
3月実行の外国為替予約をいたしました。
決算処理のときにどのように処理をするのか、また必要な書類があるのか教えてください。
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

NO.1の回答の追記です。
上場を控えた一般会社が外部監査をを受けるのであれば出来るだけ保守主義の原則に基づき経理処理をしておくほうが堅実な会社と評価されます。
今回の外為予約に関しては、外貨債権に対する予約か外貨債務に対する予約か解かりませんが、いずれの場合も期末時点の為替レートに対して会社にとって不利な予約レートであれば、その債権・債務に対して予約レートで評価替えを行い損を計上しておいてください。反対に益が出る場合は期末時点のレートのままで評価して下さい。(保守主義の原則)

もし、その為替予約が将来の取引を見越しての為替予約であれば、先に回答しましたごとく、簿外の備忘記録を備え期末時点の予約状況を監査に対して説明できるようにしておいてください。
いずれの場合も銀行との契約スリットは証憑として保管が必要です。
めでたく上場を果たされることお祈り申し上げます。

Q外国為替の為替予約に関しての会計・税務処理に関しまして、期中に予約をし

外国為替の為替予約に関しての会計・税務処理に関しまして、期中に予約をして予約翌月から毎月決済する場合、当期未決済分は期末の時価で損益として計上してよいのでしょうか。また税務上も同様に処理してよいのでしょうか。当期予期せぬ円高のため、本業より為替損益の変動がはるかに大きく、決算処理に困っております。

Aベストアンサー

毎月外貨を一定額、一定期間購入するという契約ですよね。
このような契約はデリバティブ取引に該当します。
金融商品会計基準25項に「デリバティブ取引により生じる正味の債権及び債務は、時価をもって貸借対照表価額とし、評価差額は、原則として、当期の損益として処理する。」とありますので、評価損益を計上しなければなりません。
法人税法第61条の5に、デリバティブ取引に係る評価損益額は益金の額または損金の額に算入するという規定があります。税法上は、会計処理に関係なく、時価評価による損益算入が強制されます。
ただし、上記の為替予約契約が貿易取引等での外貨実需の為替変動をヘッジする目的のもので、ヘッジとしての有効性を有している場合はその損益を繰り延べます。会計上、その繰延の処理をしておかないと、税務上はその評価損益を強制されます。
契約内容を詳しく書いてくれれば、具体的なアドバイスができるかもしれません。

Q長期(5年間)の為替予約を取引銀行と行っており、毎月決まったレートで決

長期(5年間)の為替予約を取引銀行と行っており、毎月決まったレートで決まった額の米ドルを買って、輸入分のドル建て決済を行っています。最近の急激な円高で為替差損がでているのですが、リスクヘッジとはいえ、何故5年間もの長期契約をしているのか疑問に思っています。
取引銀行とは短期借入を毎年継続していますが、銀行から長期の為替予約を短期貸付の融資条件にすることは良くあることなのでしょうか?
為替予約と短期借入がパッケージになっているとすれば、流動負債が固定化しているのと同じことだと思うのですが、逆に銀行側から見れば、顧客の囲い込みにイイ方法といえます。
為替予約と貸付をパッケージとして融資を提案することは良くあることなのでしょうか?

Aベストアンサー

数年前に三井住友銀行が借入と長期予約をパッケージにしていたと言うことで問題になったことがあったと思います。
現在は建前上は、融資と為替予約とをパッケージにすることはないと思いますが。

長期為替予約契約がヘッジとして有効である条件は、実際の為替レートが予約レートから上下各20%以内にあることです。20%を超えて乖離したならば、ヘッジとしての有効性が否認されますので、その長期予約契約の時価評価額を損益として認識しなければなりません。
この評価損益は税務上も計上を要求されています。(法人税法61条の5,61条の6)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング