お笑いの歴史の中で、いくつか「名作」「傑作」、あるいは「新ジャンルの開拓」と呼べる作品(漫才、コント、ライブ、等)があると思いますが、皆さんの感じる“それ”を教えてください!
一般的には、エンタツ・アチャコの「早慶戦」がしゃべくり漫才の歴史の始まりだ、なんて言われてますよね

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「THE MANZAI」におけるツービートの毒舌漫才は、それまでの毒蝮三太夫やケーシー高峰らが売り物にしていた、客に面と向かって直接「このクソババア」だの「バカだね」と言っていた「客をいじる」パターンを越え、世間一般の人が持つ一面をつっつく画期的な物だったような気がします。



 また、故山田康夫氏と中尾ミエさんが司会をしていた「お笑いスター誕生」は、従来なかった(存在はしていたがメジャーではなかった)ジャンルが世に広がるきっかけとなった出演者・演目がけっこうあったように思います。
・コロッケ演ずる「ちあきなおみ」や「野口五郎」「岩崎宏美」「桜田淳子」等。
 (審査員の桂米丸師匠も「物まねでもなし、歌ってないから歌マネでもなし、
  なんていうジャンルと言ったらいいだろうねぇ」といってました)
・小柳トム(現ブラザートム)やイッセー尾形の一人芝居
 (でんでんは松鶴家千とせの「語りかけ」パターン)
・キモサベ社中の、白鳥の湖をとり入れたコント(グランディーバとどちらが先かは不明)
    • good
    • 0

owaraiさん、こんばんは。



私が思う「傑作」はウッチャンナンチャンの「レンタルビデオ店」「ファミリーレストラン」などの、ショートコントです。
それまでとは違う、若者の些細な日常の中の笑いをテーマにしていることが、お笑いが子供やお年寄り向け、という流れを変えたような気がします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関東のしゃべくり漫才師

標準語の本格しゃべくり漫才師ってだれかいますか?

考えたんですけど思いつかないです。

Aベストアンサー

浅草キッド、爆笑問題、東京ダイナマイト、キャイ~ン、TAKE-2、スピードワゴン

今、ぱっと思い付いたものです。

Q大物コンビの漫才やコント

今では絶対に見ることができない
ダウンタウン、とんねるず、ナインティナイン、
ウッチャンナンチャンなどの漫才やコントでどんなものがあったか知っている方がいれば、何でもいいので教えてください。

Aベストアンサー

とんねるずとナインティナインは、これといって大した漫才・コントはなく、バラエティー番組でなんとなくブレイクしました。

しかし、ダウンタウンとウンナンには、ブレイクのきっかけになった有名なコントがあります。

ダウンタウンの、その有名なコントとは、テレビ番組に「『あ』研究家」という変な人(松本)が出演し、浜田が司会の人、という設定でのコント。
色々な局面での「あ」を松本が表現する。
局面によって「あ?」とか「あ!」とか「あ゛~!!!」とか色々と声を松本が上げる。
・・・と文章で書くと面白さが全然わからないと思いますが、とにかく面白かったです。

ウンナンの、その有名なコントとは、UFO特集のテレビ特番という設定で、南原がUFOの目撃者として、でたらめ英語でしゃべりまくり、同時に内村が日本語で同時通訳する、というものでした。
・・・これも、文章で書くと全然面白さがわからないと思いましたが、実際初めて見たときは鮮烈な面白さがあったものです。

もう十数年前のことになりますね。
私もよく覚えていたもんです。

#1さんのおっしゃるとおり、ビデオとかDVDとかになってるのかもしれませんが・・・

とんねるずとナインティナインは、これといって大した漫才・コントはなく、バラエティー番組でなんとなくブレイクしました。

しかし、ダウンタウンとウンナンには、ブレイクのきっかけになった有名なコントがあります。

ダウンタウンの、その有名なコントとは、テレビ番組に「『あ』研究家」という変な人(松本)が出演し、浜田が司会の人、という設定でのコント。
色々な局面での「あ」を松本が表現する。
局面によって「あ?」とか「あ!」とか「あ゛~!!!」とか色々と声を松本が上げる。
・・・と...続きを読む

Qコントと漫才の違い。

最近、お笑いブームと言われていますが、昔は漫才ブームがあったのですよね?
そもそも、コントと漫才の違いがわかりません。
最近のお笑い芸人の名前をあげて教えていただけると、ありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今の漫才のスタイルを作ったのは昭和の初めに活躍した「エンタツ・アチャコ」です。

それまでの漫才は、No1の方の説明にあるように、今の踊り歌う演芸(三河万歳)だったのですが、
「エンタツ・アチャコ」の出現で、立ってしゃべる形の漫才が出来たのです。
その興行元が「吉本せい」が率いた大阪の「吉本興業」です。

コントは、戦前から戦後に掛けて活躍した、榎本健一(エノケン)が日本では初めて行ったと思って良いでしょう。
舞台の上で、おもしろおかしく演技をする芝居といっても間違いはないかと思います。

今の芸人さんで言うと、
漫才は、品川庄司、雨上がり決死隊、ダウンタウン、さまーず(バカルディ)、
くりーむしちゅう(海砂利水魚)、おきやはぎ、オリエンタルラジオ、レギュラーあたりでしょう。

コントは、アンジャッシュ、アッタッチャブル、陣内智則、次長課長、ドランクドラゴン、アンガールズあたりでしょう。

Q漫才?コント?お笑い?

私の考えでは
例えば
「オール阪神・巨人」→漫才
「コント赤信号」→コント
「堺すすむ」→漫談?
って感じなのですが(古いたとえで恐縮ですが)
最近の「芸人」さんはしいて言えばどういったジャンル分けになるのでしょうか?

アンガールズはコント芸人でいいのですか?
青木さやかは?
劇団ひとりは?
みんなまとめて「お笑い」ってジャンルでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

私も「お笑い」でいいと思いますよ。例えばM-1は漫才の大会です。しかし、普段コントを中心にやっている芸人さんは始めだけ漫才っぽくしてすぐにコントと融合させます。でもジャンルは漫才です。はっきりした境界線がありません。二人コンビはボケとツッコミがいるので漫才師と呼んでもいいですし。

コント、漫才、漫談、いろいろありますが、感覚でいいのではないでしょうか?アンガールズはコントをよくやるからコント芸人でもいいですし、青木さやかは毒舌芸人でいいですし、劇団ひとりは涙の芸人(?)とか・・。

実際、タカアンドトシは自分の職のことを「お笑いやってます」といいます。

私んもよく分かりません。karasu30さんもあまり気にせずにいきましょう!

Qカナリアの安達さんが漫才の中で歌ってたCMソングのついて・・・

CMソングの話題になって
「あぁ 私もお湯で洗い流せればいいのに~♪」と歌っていたのですが、あの歌は本当に実在するのですか?
それと、CM自体も実在しますか?
もし実在するものであれば、
どのCMのなんという曲なのか教えて下さい。

Aベストアンサー

架空のCM、架空の曲です。

曲名は「Fly Away ワニブチ」です。

CM商材である「マツナガの棒」のキャッチコピーは
「うまい物を食べると菊正宗が飲みたくなる。
菊正宗を飲むとうまい物が食べたくなる」
という菊正宗酒造のCMのキャッチコピーのオマージュです。

参考になれば幸いです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報