次の英語訳してください。
オークションの質問欄に、次のような質問がきました。
HI my friend , could you ship international ? Jerry
「こんにちは。海外発送はしてもらえますか。」と言う意味だと思うんです。「日本語で対応して頂けるんでしたら、海外発送いたします。」と「すみません。海外発送はしません。」とどちらかの返事を書きたいんですが英文も教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 英文の意味はご質問の通りでいいと思います。

日本語の方は、相手の表現をそのまま返して、

「日本語で対応して頂けるんでしたら、海外発送いたします。」=If you can correspond in Japanese, I'll ship international.(correspondは「文章のやり取りをする」という意味です)

「すみません。海外発送はしません。」=I'm sorry,I can't ship international.

でいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。出来れば海外の方にも私のオークションに参加していただきたいので「If you can correspond in Japanese, I'll ship international.」
と返信しておきます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/16 03:13

直訳的な若干変な文章になるので良ければ、


参考URLのようなサイトがあります。

教えてあげたいのですが、
私には英語の知識と言うものが全くないために
ご勘弁を。

参考URL:http://www.excite.co.jp/world/text/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。教えて頂いたアドレス参考にさせて頂きます。直訳的な変な文章になりますが、なんとなく意味はわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/16 03:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qsee off my friend と see my friend off

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1685107.html
において、
質問:確か私は受験の時、see off my fatherで「父を見送る」となり、代名詞の時はsee him offとなると習いました。しかし、辞書を見るとsee my father off となっていました。「父を見送る」という言い方は、受験英語としてどちらが正しいのでしょうか。

回答:勘違いされていると思います。見送るはいつの場合もsee 人 offとなります。これは意味を考えればよくわかることで家まで送るの場合はsee 人 homeですから人をを家まで見続けるということです。同じようにsee 人 offは離れるまで見続けるという事になるのでいつの場合でもsee 人 offになります。代名詞だから間に入れるというのとは違います。

というのがありました。see off my friend は間違いだと書いてありました。また、see off は put off とは違うということでしょうか?違うとすれば結局どこが違うのでしょうか?

Aベストアンサー

Gです。 こんにちは!!

もし試験文法用語にSee-Off型動詞と言う物を作り「これはSee-Off型動詞ですので、、、、、」と言う説明があったらどうしますか?

「そうなんですか、知りませんでした。 もっと勉強します!!」とでも言いますか? 文法知識の「伝授」ですね。

つまり、ある動詞の使い方が分類することで知識となるような事は私は英語力の中にはならないと知っているからなんですね。 このような伝伝授方法を100年も日本ではやってきたのです。 そして、その結果は私がいつも言うとおりになっていますね。 文法の知識と呼んで実は文法の知識ではなく試験文法の知識であって英語を本当に使いきれるようになるための知識ではないわけです。

では、この表現はいったいどうなっているのか、と言うと、実は、非常に簡単なフィーリングからなっているのです。 見送る、と日本では言いますね。 つまり送り出すのではなく、実際に「去っていく」のを見る、と言う事ですね。 かぎ括弧の中のヒントに気がつきましたか?

実際に「去っていく」のを見る、と言うフィーリングへの表現がこのSee offなのです。 つまり、Seeの目的語はあくまでも「人」なのです。 そして、去っていくのもその人ですね。 つまり、文法学者さんが好きな専門用語を使うと一種の「知覚動詞」なのです。

「人」が去っていくのを見る、と言う表現なのです。 そして、実際にこの表現を使うときも、見送る、と言う単語を感じるのではなく、見送ると言う単語の持つフィーリングをアメリカ人も持ちながら使っているのです。

無事に去っていくのをも届くためにあなたを空港まで送りますよ、I will take you to the airport and see you off.となるわけですね。

出迎えるも同じフィーリングです。 自分の家で向かえるのではなく空港などへ行ってそこで「会う」のですね。 ですから、(I will go to the airport) and meet you there, and pick you up there.と言う表現になるわけです。

本題に戻りますね。

see you/my father offはsee you who are leaving off. see my father who is leaving off.と言う事になり、このleaving offをそのままoffにしていると考えればいいわけです。

これを考えれば、see off my fatherと言う表現は「しにくい」と言う異なりますね。 なぜならoffするのはIでもなくseeでもないからですね。 あくまでも、その人なのですから。

ただ、これをsee off my fatherの表現方法で見送ると言う意味合いで使っている人はいます。 そして、これが使われる状況では誤解されるとは感じません。 

しかし、これが過去形となると、この表現方法に慣れていない人、一般人となると思いますが、のこぎりで切り落とす、とジョークでもいっているように思われる可能性を含んでいるのではないでしょうか。 <g>

動詞の使い方を勝手に分類してその分類したグループに属するから、と言う説明は結局説明になっているとはいえないわけです。 品詞わけ、用法わけ、そして今度は動詞の分類わけ、と言う英語を使えるようになるための知識としては私としては使えないものであるというわけです。

xxx人offと言う表現がでてきたときに、文法学者さんたちがこの動詞を知らなくては、つまり、分類リストに載っていなければ、結局xxx人offが使えるのかxxx off人でなくてはならないのか、分かるわけはないのです。 そして、その動詞を知らない非文法学者さんも一般人も分からないと言うことになり、文法学者さんも非文法学者さんとまったく同じレベルにいると言うことになるわけですね。初学者たちはその区別の仕方を知りたいのですね。 だったら、これはSee-off型動詞ですから、と言ったって説明にも使えるようにもなる説明にはなっていないと言うことを知ってもらいたいのです。 

どうですか、文法学者さんにSee-Off型動詞と言う用語を作ってもらいその用語自体を忘れないように覚えその中の典型的なものは今回のSee offだとして覚え、見送ると言う表現が必要としたときにこれはSee-Off型動詞だからSee my friend offとすると考えながら文章を作りますか、それとも、その人が去っていくのを見ながら送り出すんだからSee my friend offと言うんだな、と今回のご質問のことを思い出しながら(それだけ余裕をもってと言う事です)言いますか?

わざとしかいえないほど英語を難しくしているのが日本での文法教育ですが、それが実際に廃れていくのいま私たちはWe are seeing the Academic Grammer Specialists off!!をしている時代となってきたわけです。 ただ、去っていきたくないみたいで「床に寝転んで手と足で駄々をこねているようにも思われる節がある」と某実力者が言っていましたが、まさにそのとおりで生き残ろうと「無駄な抵抗」をしていますね。

表現ににじみ出ているフィーリングを感じながら英語を覚えていくことの効率のよさを否定できる人はこの世にはいないでしょう。

参考になりましたでしょうか。 理解しにくいところがあったり追加質問がありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

Gです。 こんにちは!!

もし試験文法用語にSee-Off型動詞と言う物を作り「これはSee-Off型動詞ですので、、、、、」と言う説明があったらどうしますか?

「そうなんですか、知りませんでした。 もっと勉強します!!」とでも言いますか? 文法知識の「伝授」ですね。

つまり、ある動詞の使い方が分類することで知識となるような事は私は英語力の中にはならないと知っているからなんですね。 このような伝伝授方法を100年も日本ではやってきたのです。 そして、その結果は私がいつも言うとおりになって...続きを読む

Qall of my friendsとthe friends

私の友達みんな、というときall of my friendsとthe friends、どちらが正しいのでしょうか???

Aベストアンサー

アメリカに38年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

the friendsには「私の」と言うフィーリングが入っていません。 よって、今回のご質問には使えない、と言う事になります。 My friendsという表現であればall ofの持つ「みんな」と言うフィーリングを直接には出してはいませんが、間接的には出ています。

他の表現として、every one of my friends, every friend of mineと言う表現をすることで、今回の「私の友達みんな」と言うフィーリングを出す事ができます。

子供たちが親に何かねだる時に、みんな持っている、持っていないのは俺だけ、と言う「説得方法」でこの三つの表現がよく使われるわけですね。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

Q英語の訳を教えてください! my hubby and my friend said that ev

英語の訳を教えてください!

my hubby and my friend said that even if no escalator in 1/F is ok, no problem!!
But they concern that we can switch on air conditioner in your apartment during we stay in it. Is it ok??
Waiting for your reply and then we can make confirm of booking,
And if we drive our car, is it offer free parking for us? Thx

長いですけど汗

Aベストアンサー

旦那と友達が言うことには、、、エスカレーターが1fになかったとしても問題ないっていってるよ。 あなたのアパートにいる間に、エアコンつけていいかは気になっているらしい。 使ってもよいですか? 返事が来たら、予約を確定できます。 あと、無料の駐車場はありますか?

1fはアメリカだと1階だけど、イギリスだと2階になるのかな?

QI never a japanese friend could i count you like one

ネットでメッセージをしたひとから
I never a japanese friend could i count you like one.
これは日本人の友達いないから友達になってくれる みたいな解釈でしょうか? そしてこの返事は英文でどうに返すことができますか?
ちなみに私は相手とお友達としてメールなどしてもいいかなあとおもっています。welcomeとかじゃ変な感じがします・・・ 教えてください

Aベストアンサー

ああ、なるほど。そうかも。めちゃくちゃな英語なんで、最初は全然わかりませんでした。

I have never had a Japanese friend. Could I count you as one? ならおっしゃるとおりの意味になりますね。「Could I count you as one?」だとしたら「あなたをJapanese friendとしてカウントしていい?」と尋ねているわけなので、 お返事は「Yes!」でいいのでは?

QDear my friend?????

よく日本の歌の歌詞にdear my friendとでてきますが
文法的にはMy dear friend のほうが正しいですよね?

My dear・・・・・・
Dear my・・・・・・

のどちらが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

「My dear friend」がただしく「Dear my friend」はまちがい。

「My dear friend」の構造は「所有をあらわす形容詞+ふつうの形容詞+名詞」。この語順が標準でこれは黄金律。

「Dear my friend」となる可能性があるとしたら、「dear」が「呼び名」として名詞あつかい(「Hello, dear.」ということがありますね)のとき、なので、正確には、あいだにコンマをいれて「呼び名」をふたつかさねて「Dear, my friend」(名詞+名詞)とすべきですが、どちらにしてもこれは非標準とみなされるとおもいます。

以下のリンクに「Dear my love」のつかいかたについてのコメントがあります。
WordReference「Dear My Love: Word Order」http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2828524
StackExchange「The correct word order in “Dear My Love”」http://english.stackexchange.com/questions/167151/the-correct-word-order-in-dear-my-love

ここで「Dear my love」の「my love」は「呼び名」に相当しますから、「Dear Tom」とおなじように「Dear my love」が可能になることが推測できるとおもいますが、それにしてもこれは非標準。「My dear, my love」というか、「Dear, my love」と「呼び名(名詞)」をコンマでつなげるしかありません。そのコンマを省略して「Dear my love」が許容されるとなると、「Dear my friend」もつかってよい、ということでなければなりませんが、それは英語ではありえないことだとおもいます。「My love」とよぶか、あえて「My dear love」としなければいけません。わたしぐらい若くて自由な(こわれた)いいかたになれてるひとならべつですが、おおかたのネイティブならここでの語順については保守的だとおもいます。

日本人はどうして「Dear my friend」に違和感がないのか、推測だけで答えはでませんが、かりに日本語で「My dear friend/Dear my friend」がどちらも「親愛なる友へ」と訳されるばあい、「親愛なる」は形容詞ですから、もとの英語は「My dear friend」でなければ意味はつうじないはず。もしも「へ」を「dear」の訳と思って「To my friend」(「to」は前置詞)とおなじように解釈したのなら、それはただしい訳になりません。日本語と英語の語感のちがいからくる誤解が、日本人の英語のつかいかたに浸透しているのではないでしょうか?この点は、和訳(日本語)の問題であって、英語のネイティブには判断がつかないかもしれません。

「My dear friend」がただしく「Dear my friend」はまちがい。

「My dear friend」の構造は「所有をあらわす形容詞+ふつうの形容詞+名詞」。この語順が標準でこれは黄金律。

「Dear my friend」となる可能性があるとしたら、「dear」が「呼び名」として名詞あつかい(「Hello, dear.」ということがありますね)のとき、なので、正確には、あいだにコンマをいれて「呼び名」をふたつかさねて「Dear, my friend」(名詞+名詞)とすべきですが、どちらにしてもこれは非標準とみなされるとおもいます。

以下の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報