ライプニッツの「モナドと予定調和」についての考え方がまったく分かりません。どのような意味なのか単純で良いので御説明していただければ幸いです。

A 回答 (1件)

 


  まず、わたしは哲学の専門家ではないので、自分の理解する処を述べるだけです。またライプニッツの「モナドロジー」については、本を読んでいて、分からなくなり、中断した記憶がありますので、よく分かっていない可能性が高いです。
 
  モナド Monade というのは、ギリシア語の monas(単数属格 monados, 従って語幹は、monad-)から派生したもので、monas は monos の特別形で、「単一実体」のような意味でプラトンも使っている言葉です(日本語訳で、「単子」と言います)。
 
  しかし、ライプニッツのモナドは特殊な意味を持ち、それは、単独に自存する「精神的実体」で、かつ「単純実体」だとされます。とはいえ、モナドとして、「神のモナド」「天使のモナド」「人のモナド」「動物のモナド」「植物のモナド」「物質のモナド」などが、連続的順位としてあるとされますから、精神の位相が段々減って来ると、物質に近づくのだとも言えます。
 
  モナドと予定調和がどうして関係してくるかと言うと、モナドは、表象と意欲を持ち、また、宇宙のありようを、それぞれにおいて反射板のように映し出しているのですが、名前が「単独・孤独」という原義から分かるように、モナド同士の相互作用とか相互影響はありません。これを、モナドには「窓がない」と言います。モナドはそれ自身で充足し閉じているのです。
 
  人間は、高次な精神存在であるので、その表象において、宇宙のありようをかなり複雑に知っているということになりますが、これは、経験を通じて知ったのではなく、どこから新しい知識が訪れるのかわたしも未だに分かりませんが、モナドの意欲に応じて表象されるということになっています。物質は、延長としての実体と呼ばれますが、延長としての実体は存在せず、それはモナドの表象のなかにある現象のありようだとされます。
 
  そこで、「窓」がモナドにありませんから、無数のモナドがこの宇宙に存在しても、一体どうやって相互の関係が成立しているのか、モナドとモナドの関係は、どこで決まって来ているのか、という疑問が出てきます。これに対する答えが、「予定調和」で、宇宙におけるモナドの相互関係や、モナドのありようなどは一切、完全にして最高の明晰度を持つモナドである神によって、予めに調和的に定められており、モナドが時間のなかにいると表象する時、生起するできごとなどは、予めに決まっているのだということになります。
 
  また、無限のモナドで構成されるこの宇宙全体のありようは、神のモナドによって、「最高善」を実現するように予定調和で定められているとします。
 
  モナドは、不生不滅だともされますから、このモナドの宇宙と予定調和の世界は、時間を超えた処にある、完了した、または完成した宇宙の話で、わたしたち人間の「時間における経験」とは、また別の次元での宇宙の真実の姿を語っているのだとも思えます。時間過程における経験の表象とは、モナドにおいては、すでに完了・完成しているのだということになります。

  この完了したモナドの宇宙と、現象の展開する時間経過のこの経験世界は、どうなっているのか、「モナドロジー」をよく理解していませんので分からないのですが、「悪は何故存在するのか」という有名な問いの答えの一つに、このライプニッツのモナド説が出てきて、ライプニッツの理論では、「悪はない」というか、俗的な言い方をすると、宇宙は「最善な状態」にあるよう予定調和されてあり、「悪」と思えることを排除した場合、「もっと大きな悪」が、宇宙に現れるのであり、「悪の最小化」というか、「悪しきこと」は、「もっと悪しきこと」を排除するためにあるのであり、その意味で、「悪しきこと」も「善」であり、宇宙には、「悪はない」という説明があります。
 
  上で述べたように、現象の時間経過と明らかに無関係な次元でモナドロジーは唱えられており、しかし、これは現象世界の説明理論でもあるのであり(そのことは、「悪」についてのモナドロジーの解釈からも分かります)、そこが、どうなっているのか、実はわたしも分かりません(もっと勉強しなければならないのです。……なお、回答して、すぐにとはいいませんが、役に立ったと思われる場合は、ポイントを発行してください)。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

starfloraさん、お返事ありがとうございました。モナドって難しいですね。長文どうもありがとうございます。こちらもそのお気持ちに答えて全身で理解しようとしたのですが、いかんせん哲学的な思考に慣れていないので頭がついていけないところがございます。

モナドがもう一つ分からないのですが・・・、「単一実体」という意味だったんですね。「単子」という日本語訳だったので、原子のような「粒」だと思っていたのですが。ライプニッツの哲学に忠実に御説明していただけて非常に光栄なのですが、あまり奥深いことを学ぶには私は全然勉強不足なので、初歩的なイメージのお話で御説明していただければ幸いです。

>なお、回答して、すぐにとはいいませんが、役に立ったと思われる場合は、ポイントを発行してください

すいません、忘れていました。どうか気を悪くなさらずに。

お礼日時:2001/11/17 00:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「予定調和」とは?

どういうことなんでしょうか?

これ(↓)では、なんだかわかりません。
http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search.cgi?MT=%CD%BD%C4%EA%C4%B4%CF%C2&search=%B8%A1%A1%A1%BA%F7&sw=2

※無学な者ですので、素人にもわかりやすいご回答をいただけましたら、幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  簡単に書きます。
 
  この「予定調和」は、ライプニッツのモナドロジー(モナド論・単子論)のなかに出てくる概念です。
 
  モナド(単子)とは何か。この世界は、現在の物理学では、多数の原子から成り立っていますね。原子は更に素粒子から成り立っていて、素粒子はゲージ場という……という風に理論があって、最終の粒子は分かっていません。しかし、世界が原子から造られているということは、多くの人の同意が得られるでしょう。
 
  ライプニッツは哲学者兼物理学者兼何でも屋であったので、世界は、モナド(単子)という一種の原子で造られていて、モナドが集まって、ある秩序を持って、この世界ができていると考えたのです。
 
  ライプニッツのモナドは、人間の精神のモナドとか、犬の意識のモナドとか、草のモナドとか、石ころのモナドなどもあり、物質の原子とは大分違います。精神も物質も含めて、モナドが表現しているとしたのです。そこで、モナドには面白い特徴があるのです。
 
  「わたしの精神のモナド」は、PCのディスプレイで、この質問を見て、文章を読み、そして、回答をいま書いているのです。その前には、貴方が、質問を立てたのでしょうし、それは、「貴方の精神のモナド」が知っていることでしょう。わたしは貴方ではありませんから、貴方がどういうことを考えて、どういう動機で質問を出したのか分かりませんが、貴方は知っています。わたしは、回答を書き終えると、多分、文章を読み返して訂正などした後、送信するでしょう。
 
  すると、貴方のところに「回答が来ました」というメールが来ます。それを見た貴方は、すぐにか、三日後か知りませんが、このサイトに来て、自分の質問を見ると、そこに回答があるのです。それを読んで、「おお、この「星花」という人が、何か書いているなあ、暇な人だなあ、何かよく分からないなあ……」などと考えたとします。質問した貴方、回答を書いたわたし、回答を読んだ貴方、それぞれに、ディスプレイの向こうの文字を読んだ「経験」があるのです。また「文字などを見た」とも云えます。
 
  見ることや聞くこと、経験の記憶などを、広い言葉で、「表象」と言います。貴方の精神のモナドには、この質問に関係して一連の「表象」があるのです。わたしの精神のモナドにも一連の「表象」があります。
 
  普通だと、貴方のモナドから、質問がわたしのモナドに送られ、わたしのモナドから回答が貴方のモナドに送られた、と考えるでしょう。ライプニッツのモナド論が面白いというか不思議なのは、貴方の精神のモナドは「閉じている」のです。わたしの精神のモナドも「閉じています」。すると、どうやって、質問と回答のやりとりが、貴方とわたしのあいだで可能だったのか。閉じているということは、貴方のモナドからは、何の情報も手紙もわたしのモナドに来ないし、逆もまたそうなのです。
 
  それなのに、貴方とわたしはコミュニケーションが可能で、表象が互いの精神のなかで成立しています。このように、モナドが閉じていることを、「モナドには窓がない」というのですが、窓のないモナドが集まって、何故、世界が全体としてあるのか、コミュケーションできないはずなのに、何故、質問と回答で対応があるのか?
 
  ライプニッツの説では、それは、「神の予定調和」がモナドのあいだにあるからであるとなります。こんなことはライプニッツは言っていないかも知れませんが、全能の神を通じて、質問が貴方から神に通じ、神からわたしに通じ、回答も同じように神を通じて交換されたのだということです(そういう説明ではなかったと思いますが、「神の予定調和」とは、こういうコミュケーションが成立しているように、過去未来に渡って、すべて、神が予定的にできごとを調和させて配列した結果、時間のなかで、こういう一致が起こるように思えるということです)。
 
  これが、ライプニッツの「予定調和」です。
 
  なお、何か、これと似た回答をした記憶があるので、質問検索で調べると、以下の質問で、わたしが回答しています。参考にしてください:
  >No.169511 質問:ライプニッツについて
  >http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=169511
 

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=169511

 
  簡単に書きます。
 
  この「予定調和」は、ライプニッツのモナドロジー(モナド論・単子論)のなかに出てくる概念です。
 
  モナド(単子)とは何か。この世界は、現在の物理学では、多数の原子から成り立っていますね。原子は更に素粒子から成り立っていて、素粒子はゲージ場という……という風に理論があって、最終の粒子は分かっていません。しかし、世界が原子から造られているということは、多くの人の同意が得られるでしょう。
 
  ライプニッツは哲学者兼物理学者兼何でも屋であっ...続きを読む

Q予定調和

予定調和ということを聞いたのですが、その意味を知っている方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

「予定調和」は,もともとライプニッツ(微分積分学や天文学でも有名な,あのライプニッツです)のモナド(単子)論に関連する用語です。全ての事柄はモナド(力と作用を実体化した実在)の内的発展によって起こるものであり,モナドどうしの相互の関連や調和は神が予め定めているとされています。これを予定調和(harmonie pr??tablie)と呼んでいます。彼の著作,『単子論』は,今では入手が難しいようです。

ただ,一般にはモナド論を離れ,「全てのものごとはうまくおさまるように予め定められているものだ」という考え方を意味するようになっていますね。

ヴォルテールがこの予定調和説に反対しておちゃらかした小説が『カンディード』で,これは抱腹絶倒ものです。こちらは岩波文庫で読めます。

Q質問はしませんので以下の文句に批評をお願いします。 現代人は何もかも受け入れなければ生きていけな

質問はしませんので以下の文句に批評をお願いします。


現代人は何もかも受け入れなければ生きていけない。生きる中でコンピュータのプログラミングのように操作され少しでもバグが起これば排除もしくは強制的に訂正される。そして所謂正しいものに従わなければならない。さもなければそれは人とみなされない。人はもはや自由意志の元には行動してはいけない。ある程度の範囲の中で与えられた個性を持って定められた行動しかとらない。まるでゲームのキャラクターですね。実に滑稽で哀れに思います。

Aベストアンサー

僭越ながら、ご批判申し上げます。
 はい、その通りだと思いました。
 人は有利に生きるために、「社会」なる互助システムを形成していっているのではないかと思います。それは、有力者に有利な「支配システム」なのかもしれません。
 権力者をも含めまして、そのシステム内においては、自分がどのように歯車として動くのかが問われるようです。そのシステム自体を改革・破壊することをも含めまして、どのように立ち回るかが「人の人生」なのかもしれません。自分の有利性・優位性・権威を作り上げていくことが自分自身において、社会的にも重要なのかもしれません。
 さて、私はそういう人の作った枠から少しだけ外れたような経験がございます。そこにも私という人間はいるのですからそれも「社会の中」なのかもしれません。そこも人間の支配は及んでいる「社会の中」なのかもしれません。ただとても自由だったように感じておりました。そしてとても危険だったようでもあります。
有利な生活と延命を望むのか。
自由な驚きに身を浸すのか。
それをリスク回避シミュレーションしてしまいますと、既に「枠の中」になってしまうのかもしれません。
さて、貴方は、どうしましょうか。

僭越ながら、ご批判申し上げます。
 はい、その通りだと思いました。
 人は有利に生きるために、「社会」なる互助システムを形成していっているのではないかと思います。それは、有力者に有利な「支配システム」なのかもしれません。
 権力者をも含めまして、そのシステム内においては、自分がどのように歯車として動くのかが問われるようです。そのシステム自体を改革・破壊することをも含めまして、どのように立ち回るかが「人の人生」なのかもしれません。自分の有利性・優位性・権威を作り上げていくことが...続きを読む

Qライプニッツ神学の問いです。

ライプニッツが、「影が光の欠如として普遍的に存在するように、悪が善の欠如として、どの可能世界でも存在することが必然的である。」という旨を述べた著作は何でしょうか。
典拠情報を詳しくお教え下さい。

Aベストアンサー

『形而上学叙説』や『モナドロジー』にあるのかとざっと読んでみたのですけれども、見つけることができませんでした。

ですから、『弁神論』にあるのだろうと思います。
どうも、この『弁神論』にありそうです。
―――『弁神論』は持っていないので、「ありそう」と答えざるを得ない(ポリポリ)―――


http://homepage3.nifty.com/tanemura/re3_index/6H/he_theodicy.html

Q科学における説明と日常的にひとが行う説明について

「科学における説明と日常的にひとが行う説明の相違点を述べよ」という大学のレポート課題について質問しますが、これは客観的な一般命題と、主観的な価値命題による差、ということでよいのでしょうか?

最初にレポートを提出した時は、
科学における説明は数学の定理のように客観的な説明であって説明者によりその内容が異なることは無く、対する日常的な説明は説明する人の背景知識や経験に依存するため説明の内容が異なることがある、と書きました。
結果は不合格で、科学における説明は経験にもとづくことはないのか?また、日常における説明は何でも説明になるわけではありません、といわれました。

以下のように直したいと思います。
 科学における説明 → 一般命題、AはBである、といった定義された公理のもとで体系が展開されるもので、主観を排した客観的法則を重んじ、ポパーのいう反証可能性を認めているため定理が改善されることがある。
 日常生活における説明 → Aはよい、わるい、といった定義の確立されていない価値命題であり、主観的な世界でしかその真偽を判定できないもの。

としました。
アウトラインはこれでよいでしょうか?
ちなみに文系教養科目の哲学ですのでそれほど専門的な内容を求めているわけではなさそうです。
よろしくお願いします。

「科学における説明と日常的にひとが行う説明の相違点を述べよ」という大学のレポート課題について質問しますが、これは客観的な一般命題と、主観的な価値命題による差、ということでよいのでしょうか?

最初にレポートを提出した時は、
科学における説明は数学の定理のように客観的な説明であって説明者によりその内容が異なることは無く、対する日常的な説明は説明する人の背景知識や経験に依存するため説明の内容が異なることがある、と書きました。
結果は不合格で、科学における説明は経験にもとづくこ...続きを読む

Aベストアンサー

「科学における説明」には正しいとされる根拠が必要です。
それゆえに証明をする形になると思います。
「日常的にひとが行う説明」には証明的説明もありますが手順的な説明もあります。
手順的な説明には根拠は必要ありません。

例えばオムレツの作り方は「日常的にひとが行う説明」つまり手順の説明(根拠は不要)は出来ますが
根拠を挙げての「科学における説明」は出来ないでしょう。
出来るとすれば何故この手順でこうしたらオムレツが出来るかのメカニズム的な説明になると思います。それは決して作り方ではありません。

また「どうしていつもブルーベリーを食べているの?」と聞かれたら
「目に良いから」と説明するのは
根拠を言っていますが科学的ではないので「日常的にひとが行う説明」でしょう。
「ブルーベリーに含まれるアントシアニンが目にいいから」と説明しても科学的なメカニズムを説明してないので「日常的にひとが行う説明」ではないでしょうか?
「目の網膜にあるロドプシンは光が当たる事によって脳に送られる伝達物質となり見えている映像を認識する事になります。
しかしこのロドプシンは光が当たると分解されロドプシンとしての働きが出来なくなります。
ブルーベリーに含まれるアントシアニンはこのロドプシンの再合成を助けるため目に良いとされています。」
と説明すれば科学的な説明になりますよね?(でも質問の答えとしてはズレているかも…)

素人なので「相違点はズバリこれ!」と指摘は出来ませんが何か参考になれば幸いです。

「科学における説明」には正しいとされる根拠が必要です。
それゆえに証明をする形になると思います。
「日常的にひとが行う説明」には証明的説明もありますが手順的な説明もあります。
手順的な説明には根拠は必要ありません。

例えばオムレツの作り方は「日常的にひとが行う説明」つまり手順の説明(根拠は不要)は出来ますが
根拠を挙げての「科学における説明」は出来ないでしょう。
出来るとすれば何故この手順でこうしたらオムレツが出来るかのメカニズム的な説明になると思います。それは決して作り...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報