突然ですが、偶然源氏物語を紹介したサイトに行き着き
そこでとても読んでみたい欲求に駆られました。

ただ、想像するに源氏物語を扱っている出版社は数多くあると思います。出版社によって原文の訳し方も違うのではないでしょうか。

そこで質問なのですが、源氏物語を読むならどこの出版社のものがお勧めでしょうか?

教えて下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#2さんのおっしゃるコミック「あさきゆめみし」は入門用としては最適、というのは定評があります。

まずこれでおおまかな流れを知っておこうということでしょうね。
>源氏物語を読むならどこの出版社のものがお勧めでしょうか?
というのは現代語訳を求めてらっしゃっるのだと思いますが、最初にもっとも忠実な訳として評判をとったのは谷崎潤一郎訳です。ただ、少々無味乾燥なので、その点与謝野晶子訳はなんか華やかでいいかんじ、という評判がありました。ただし訳文の忠実さは「?」がつく、という評価です。
その次に出たものでは、円地文子訳が忠実かつ美しい文章で、定評があります。
寂聴さんのものも同様かな?まあこの最後の二つあたりが現在だったら定番でしょう。
あと、一種翻案もので、原文に忠実とは全く言えないが、「原作に忠実」ではあるような気がするのが橋本治「窯変源氏物語」でしょうか。これは訳本ではありませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私も先程ご紹介頂いた「あさきゆめみし」から手に入れようと思います。

その後どの訳本を読むかですが、出来るだけ忠実で且つ読み易いものをと思います。ですと、ご紹介頂いた「円地文子」訳か「瀬戸内寂静」訳のものになるわけですね。このどちらかを選択しようと思います。

お礼日時:2005/10/06 09:37

「パタリロ源氏物語」


パタリロのキャラが源氏物語をやっています。
冗談ではなく、割と源氏物語の大筋はきちんとなぞっています。
これで全体の流れをつかんでみるのも悪くありません。
問題はまだ途中ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
パタリロですか。カバーを見て懐かしいと思ってしまいました。完結していない所もご愛嬌ですよね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4592175 …

絵柄的に「あさきゆめみし」を見てしまうと…ややキツイかなと思いました。

お礼日時:2005/10/07 11:03

読みやすいのは新潮文庫から出ている「新源氏物語」(田辺聖子)でしょうか。

これは厳密には現代語訳ではなく、田辺さんなりに原文をアレンジして、冗長な部分をカットしたり、逆に原文にないシーンを追加したりしています。そういう意味では「あさきゆめみし」も同様です。

本を読むのが苦手でないのなら、やはり新潮文庫から出ている円地文子さんがお勧めです(結構字の小さい厚めの文庫で、全5巻)。こちらにもいくらかのアレンジがあるようですが、「葵の上」「落葉の宮」といった原文にはない「源氏名」を使用していないところなど、訳者なりの思い入れを感じます。

原文は岩波文庫から全6巻で出ていますから、並べながら読んで見てもいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ご紹介頂いた[田辺聖子/源氏物語]ですがアレンジ版は最後に読みたいので、以下のような読破計画を立ててみました。

[大和和紀/あさきゆめみし]⇒[円地文子訳]or[瀬戸内寂静訳]⇒[田辺聖子/新源氏物語]の順で進んでみようと思います。原文は私にはややハードルが高すぎるかな。

途中で気力が尽きない事を祈るばかりです。
いや…これだけ面白そうなのだ、力尽きる訳が無い。


と信じたい(・ー・*)

お礼日時:2005/10/06 09:52

源氏物語の原文で読みたいのでしょうか?


内容が知りたいだけですか?

私は古典が好きだったのですが、原文で読むのはつらかったので、
とりあえず内容を理解するために
源氏物語を漫画にして大和和紀さんが書いている「あさきゆめみし」を読みました。

その後、瀬戸内寂静さんの源氏物語を読んだり、大学で源氏物語の授業をとったりしてました。

まず内容が知りたいのであれば、漫画「あさきゆめみし」をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
内容を詳細に把握したいので、原文よりむしろ現代語訳から入ろうと思っています。

漫画から読み始めるのはいい手ですね。サラリと読めてしまいそうな気がします。
最初はご紹介頂いた「あさきゆめみし」から読むことにします。

お礼日時:2005/10/06 09:30

http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=30893 …
↑なんか良いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
定価で読みやすそうな本ですね。
レビューも参考になりました。検討してみようと思います。

お礼日時:2005/10/06 09:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源氏物語の現代語訳は誰がオススメ?

源氏物語の現代語訳を読もうと思っています。
原意に忠実なものは誰の現代語訳でしょうか?
潤一郎や与謝野晶子のはむずかしいですか?
教養文庫のものは読みました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

与謝野晶子のものは、角川文庫にはいっています。これの欠点は訳者が歌人だったため和歌がそのままになっている事です。それ以外は比較的歯切れのよいしかし女性らしい良い訳書だと思います。湖月抄本の訳書です。---注意。角川文庫では与謝野晶子の源氏物語を二種類出版していますが、片方は抄訳です。「全訳」の方を求めて下さい。又最近迄3冊本だったものを改版して5冊にしています。古本などを利用する際には気をつけて下さい。
http://www.amazon.co.jp/%E5%85%A8%E8%A8%B3-%E6%BA%90%E6%B0%8F%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E4%B8%80-%E6%96%B0%E8%A3%85%E7%89%88-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB/dp/4043889011/ref=sr_1_4?ie=UTF8&s=books&qid=1259657297&sr=8-4

谷崎潤一郎訳は中央公論社です。文庫に入っています。国文学者の校閲を経ているので、内容は問題ないと思いますが、最近の文章を読みなれた向きには重いかもしれません。これも湖月抄本の訳書。
http://www.amazon.co.jp/%E6%BD%A4%E4%B8%80%E9%83%8E%E8%A8%B3%E6%BA%90%E6%B0%8F%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E5%B7%BB1-%E4%B8%AD%E5%85%AC%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%B4%AB%E5%BC%8F%E9%83%A8/dp/4122018250/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=books&qid=1259657297&sr=8-5

原意に忠実と云うと講談社学術文庫の今泉忠義訳を外す事はできません。国文の参考書の訳のような感じもしますが、解りやすい訳です。和歌も口語訳がついています。元は20冊だったのですが、最近改版して7冊になっています。首書(かしらがき)本の訳。
http://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=sr_adv_b/?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&unfiltered=1&search-alias=stripbooks&node=&field-title=%8C%B9%8E%81%95%A8%8C%EA&field-author=%8D%A1%90%F2&field-keywords=&field-isbn=&field-publisher=&x-genre=&field-binding_browse-bin=&x-age=&field-dateyear=2010&field-datemod=0&field-dateop=before&field-price=&field-pct-off=&emi=&sort=relevancerank&Adv-Srch-Books-Submit.x=38&Adv-Srch-Books-Submit.y=9

それ以外の、窪田空穂訳(改造社・入手困難)、円地文子訳(新潮文庫)、田辺聖子訳(仝上)、橋本治訳(中公文庫)は、窪田訳を除いて作者の創意がはいっていますし、窪田訳は入手困難と云う事で省きます。

玉上琢弥訳。これは角川文庫の各冊前半が原文、後半が訳文と云うかたちではいっているもの。独立して読める事を念頭においている。台本が定家直筆本のあるものはそれを用い、存在しないものは明融臨模本、それも存在しなければ飛鳥井雅康本(大島本)と複雑である。記者はこれをきちんと読んだ事はないので詳細は記述できない。
http://www.amazon.co.jp/%E6%BA%90%E6%B0%8F%E7%89%A9%E8%AA%9E%E2%80%95%E4%BB%98%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E8%AA%9E%E8%A8%B3-%E7%AC%AC1%E5%B7%BB-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A2%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%B4%AB%E5%BC%8F%E9%83%A8/dp/4044024014/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=books&qid=1259657960&sr=1-3

瀬戸内寂聴訳。講談社文庫。これは読んだ事がないので解りません。

大塚ひかり訳。ちくま文庫。刊行中で未完。書店で見た程度だが、注釈などを利用して解りやすい訳書をつくろうとしている。小学館本の訳書。
http://www.amazon.co.jp/%E6%BA%90%E6%B0%8F%E7%89%A9%E8%AA%9E%E3%80%88%E7%AC%AC1%E5%B7%BB%E3%80%89%E6%A1%90%E5%A3%BA~%E8%B3%A2%E6%9C%A8-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%A4%A7%E5%A1%9A-%E3%81%B2%E3%81%8B%E3%82%8A/dp/4480424814/ref=sr_1_14?
ie=UTF8&s=books&qid=1259660207&sr=1-14

記者でわかる範囲はこんなところです。お気に召したものをご利用になればと考えます。

与謝野晶子のものは、角川文庫にはいっています。これの欠点は訳者が歌人だったため和歌がそのままになっている事です。それ以外は比較的歯切れのよいしかし女性らしい良い訳書だと思います。湖月抄本の訳書です。---注意。角川文庫では与謝野晶子の源氏物語を二種類出版していますが、片方は抄訳です。「全訳」の方を求めて下さい。又最近迄3冊本だったものを改版して5冊にしています。古本などを利用する際には気をつけて下さい。
http://www.amazon.co.jp/%E5%85%A8%E8%A8%B3-%E6%BA%90%E6%B0%8F%E7%89%A9%E8%...続きを読む

Q『新?七都市物語』? ~七都市物語の続編~について

以前、何かの雑誌で、
田中芳樹先生の『七都市物語』の続編が
(たしか『新七都市物語』というタイトルだったような気がします)
どこかのノベルスで出るようなことを読んで
時々、本屋さんなんかで探してみたりしているんですが、
今のところ見あたりません。

『七都市物語』の続編は出ていますか?出てないですか?
もし出ているとしたら、なんというタイトルでしょうか?
どなたかご存じの方おられないでしょうか?

Aベストアンサー

 まだ正式に発表はされていないみたいですが、話は出ているようです。小川一水さん(作家さんです)が、日記にてチラッと書いてらっしゃいました。(フライングだったそうで、出版社クレームで即座に削除されてしまいましたが・・・・・)その時の内容では、シェアード・ワールド方式になるとか、ならないとか・・・・・(早い話が、純粋に田中芳樹さんOnlyの作品ではないとか・・・・・)

 多分、正式に決定した場合、こちらでアナウンスされると思いますので、こまめにチェックしてみてください。

 以上、オフレコ話ですので、あまり公言しないでくださいね。これで失礼します。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/issui/index.htm

Q源氏物語*若紫巻で「わが御車に乗せ奉りたまうて、みづからは引き入りて奉

源氏物語*若紫巻で「わが御車に乗せ奉りたまうて、みづからは引き入りて奉れり。」という文句があります。ここの「わが」は誰のことを指しますか。また「奉り給う」は「二重敬語」と思いますが、別々誰に対する敬意でしょうか。よかったら、詳しいだけ現代日本語に訳してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 すみません。No.1です。

> 新編日本古典文学全集(小学館)の該当部の訳は
> 「大臣は、ご自分のお車に君をお乗せ申して、ご自身は後ろの席にお乗りになる。」
> です。

と古典文学全集の訳を引用しましたが、「お乗せ申して」だと「たまう」の訳が出ていませんので、「お乗せ申しなさって」とでもした方が正確です。

 それから「引き入りて奉れり」(No.1の回答では「引き入れて」と間違えて入力してしまっています。)の「引き入り」は「引き下がる」という意味の動詞で古典文学全集では「前ではなく後ろに引き下がって」ということで「後ろの座席に」と訳していますが、訳者によっては「光源氏に対して引き下がった態度をとって」と解釈して「遠慮して」のように訳してある場合もあるようです。
 「奉る」は普通は「差し上げる」といった意味の謙譲動詞ですが、「飲む」「食う」「着る」「乗る」の動作を表している場合は尊敬語です。したがって「お乗りになる」という訳になります。

 あわてて回答して、質問者さまを混乱させてしまったかもしれません。きちんと調べて回答すればよかったと反省しています。

 すみません。No.1です。

> 新編日本古典文学全集(小学館)の該当部の訳は
> 「大臣は、ご自分のお車に君をお乗せ申して、ご自身は後ろの席にお乗りになる。」
> です。

と古典文学全集の訳を引用しましたが、「お乗せ申して」だと「たまう」の訳が出ていませんので、「お乗せ申しなさって」とでもした方が正確です。

 それから「引き入りて奉れり」(No.1の回答では「引き入れて」と間違えて入力してしまっています。)の「引き入り」は「引き下がる」という意味の動詞で古典文学全集では「前ではなく後...続きを読む

Qこれしか読んだ事が無い → 次何読もう…(ミステリー)

私は東野圭吾さんの本しか読んだ事がありません。
もうじき読み終わるので次にどなたの本を読もうか悩んでいます。
こんな私にお勧め作家・作品を教えて下さい。

私は今までまともに本を読んだ事が無く、読み慣れてなれてなかったので異常に遅かったです。
その状態だったのもあってと思いますが、昔、西村京太郎さんのトラベルミステリーと
内田康夫さんの浅見光彦シリーズのどちらも1冊読んだことがありますが(どちらも古い作品かと)引き込まれませんでした。(好きな方申し訳ありません!)

ちなみに東野作品では「私が彼を殺した」を初めて読み引き込まれました。
読みやすかったのもあります。
「手紙」「虹を操る少年」はあまり好きではなく、それ以外は大抵好きです。
作品に関しての感想は苦手なので上手くいえませんが、

・面白い要素を取り入れる
(「悪意」の日記のような感じや「十字屋敷のピエロ」のようなピエロを使ったのとか「私が…」「どちらかが…」の二人称三人称形式で話を進めるとか)
・トリック
・謎解き
・はらはらドキドキ風
・意外な犯人で意外な結末
・どんでん返し
が好きです。(ベタですね^^;)
後、東野圭吾さんが書く「笑い」も好きです。大阪ネタ、大阪弁も好きです。

エッセイ、恋愛小説は苦手なのでミステリーかサスペンス
かで、短編か300P前後までの作品でお願い致します^^;

後、自分なりに調べて思ったのですが宮部みゆきさんと東野圭吾さんってタイプと言うか話の作り方か何か似ている部分があるのでしょうか??
よく「この二人のファンです」とか「お勧め」と見かけるので…。

以上ですが宜しくお願い致します。

私は東野圭吾さんの本しか読んだ事がありません。
もうじき読み終わるので次にどなたの本を読もうか悩んでいます。
こんな私にお勧め作家・作品を教えて下さい。

私は今までまともに本を読んだ事が無く、読み慣れてなれてなかったので異常に遅かったです。
その状態だったのもあってと思いますが、昔、西村京太郎さんのトラベルミステリーと
内田康夫さんの浅見光彦シリーズのどちらも1冊読んだことがありますが(どちらも古い作品かと)引き込まれませんでした。(好きな方申し訳ありません!)

ちな...続きを読む

Aベストアンサー

他の人も勧めていらっしゃいますが、宮部さんなら「ファザー・ステップ・ファザー」が、まずお勧めでしょう。あと、短編集で「サボテンの花」という短篇が入っているものがありますが(書名は忘れました(^^;))、この「サボテンの花」は、意外な謎と結末に加えて、思わず目頭が熱くなるような傑作で、ミステリ作家の間でも評判のいい作品です。
宮部さんの本が書店で見つからないようでしたら、今は公共図書館に多く入っていますので、そこで捜してみられるのもよいかと思います。ただ、気に入ったら、買って差し上げて下さい。いくら宮部さんが売れっ子でも、図書館からは一銭も入りませんので、応援と言うことで。あくまで、気に入ったらですが。
「火車」は、やや重い作品で、どちらかというと社会の問題を描いた作品ですね。結末の付け方は面白いのですが。
結末の意外な最近のミステリというと、歌野晶午さんの「葉桜の季節に君を想うということ」があります。途中、だれるかもしれませんが、最後まで読むと、あまりにも鮮やかなどんでん返しに、それまでの記述がすべて伏線になっていたのが分かります。ミステリの面白さを満喫させてくれます。
短編集だと、北森鴻さんもお勧めです。主に連作短篇を書いていらっしゃいますが、どれもひねりがあって、やられた、という気分になります。小説としても面白いですよ。

他の人も勧めていらっしゃいますが、宮部さんなら「ファザー・ステップ・ファザー」が、まずお勧めでしょう。あと、短編集で「サボテンの花」という短篇が入っているものがありますが(書名は忘れました(^^;))、この「サボテンの花」は、意外な謎と結末に加えて、思わず目頭が熱くなるような傑作で、ミステリ作家の間でも評判のいい作品です。
宮部さんの本が書店で見つからないようでしたら、今は公共図書館に多く入っていますので、そこで捜してみられるのもよいかと思います。ただ、気に入ったら、買って差し...続きを読む

Q『源氏物語』の原文を読めるサイトを教えてください

日本語を勉強していて、紫式部の『源氏物語』の原文を読みたいと希っている外国人がいます。現地では入手難なのだそうです。
検索サイトで調べてみたのですが探し方が悪いのか見つかりませんでした。
『源氏物語』の原文を読めるサイトを、ご存じの方はURL等を、お教え願えませんでしょうか? よろしくお願い申しあげます。

Aベストアンサー

http://www.geocities.jp/yassakasyota/genjig.html

↑またしても、内容確認しておりませんが。(^^;;

Q【雑誌の広告】雑誌を読んでこの特集は広告かどうかってどうやってわかるんですか? 日経トレンディを読ん

【雑誌の広告】雑誌を読んでこの特集は広告かどうかってどうやってわかるんですか?

日経トレンディを読んでいて日産のe-powerに日産セレナが人気だという特集記事がありました。

日経トレンディが日経自動車にセレナが人気だからと言って日産自動車に車を借りて来て果たして記事を書くでしょうか?

普通の記者なら車の専門誌でない限りは車をわざわざ自動車メーカーに問い合わせて車の試乗車の手配をたった2ページの記事のためにすると思いますか?

普通のITガジェット雑誌の記者ならメーカーのホームページを開いてスペックを写してその数値から記事を書き上げると思います。

そう考えるとこの記事は広告料をメーカーから貰って記事を書いていると思われます。

どれが広告料を貰って記事を書いてるのか分からないんですけどこの特集はメーカーから依頼されて記事を書いてる書いていないってどこを見たら分かるのか教えてください。

Aベストアンサー

>2ページの記事のためにすると思いますか?
しますよ。

>普通のITガジェット雑誌の記者ならメーカーのホームページを開いてスペックを写してその数値から記事を書き上げると思います。
ネット上の似非ジャーナリズムと紙媒体の雑誌を一緒にしてはいけませんね。

Q源氏物語!

源氏物語高校のときに少し読みました。
ま光源氏がいろいろな女性とお付き合いする恋物語だったような気がしますが。
皆さんは源氏物語読んでどう思いましたか?お友達とどのような会話しましたか?
あと、源氏物語の名場面、源氏物語から学べることを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今日は。文学に関しては作家たちの精神病理(パトグラフィー)を調べながら日英文学をつまみ読みしている暇人です。

私はアーサー・ウェイリーが英語に翻訳したものを、さらに日本語に翻訳したものを読みました。今まで長編小説など根気が続かず読まなかったのですが、現代語翻訳本とは言え、一気に(とは言ってもかなり日数はかかりましたが)読めました。

私も最初は光源氏が主役で、様々な女性に手を出し、あちこちで問題を引き起こすわがままイケメン皇子の1人だと思いました。しかしある時、紫式部の生きていた時代、紫式部の生い立ち、さらに対抗馬として清少納言とう存在、当時の時代を牛耳っていた藤原道長の存在などに関する書籍も平行して読み始めました。

すると最初の考え方が少しずつ変わってきました。主役は本当に光源氏なのか?後半は「夕霧」終盤は「薫」と「匂宮」の話し、そして「浮舟」の入水自殺未遂。そして「薫」が「浮舟」と「匂宮」を『疑い』ながら物語が終わってしまう。なんと切ない終わり方なんでしょう。

すこし前に戻って、光源氏の死もわずかに言及されたまま、「夕霧」「薫」の話しに移っていった点。言い尽くせない人間の心理の微妙な動き。すべてに魅了されてしまいました。そして本当の主役は光源氏・薫の周りにいる「女性たち」ではなかったかと思うようになりました。当時の女性たちは、少しでも地位・権力のある男性に身を委ね、自分たちの人生を託すしか生きていくすべのない生き方しか出来なかったのではないかと思うようになりました。そしてたとえそのような幸運に巡り会えたとしても、そののち宮中などでの他の女性たち(貴族は一夫多妻制度)とのつきあい。そしてすぐに出家してしまう女性・男性たち。

生き霊・死霊となって、光源氏にはとりつかず源氏の周りの女性たちに取り憑く「六条御息所」の心理。原文ではなく様々な評論的書籍を読むにつれて、調べ尽くしても尽くしようのないほどの深さを感じました。なぜ源氏物語がこれほどもで世界中でも読まれ、文学作品としてこれほどまで高く評価されるのかが片鱗ですがやっと分かったような気がします。その他の登場人物に関しても言い尽くせないほどの独自性があります。

現在は、なかなか他の小説を読む気にはなれず、源氏物語の古典原文(現代語訳付き)とE・サイデンステッカー氏とアーサー・ウェイリー氏の英訳本を比較しながら読んでいます。(かなり時間がかかるでしょう。)

最初に申し上げました源氏物語に関連した書籍の名前を挙げます。
・精神科医が読んだ「源氏物語の心の世界」---紫式部からの現代へのメッセージ
・「紫式部の欲望」
・「紫式部日記」(参考)
・「源氏物語の端役たち」
・「平安の祈り」源氏物語にみる人生観・死生観
・「源氏物語」英訳についての研究(参考)
・「アーサー・ウェイリー」源氏物語の翻訳者(参考)

今日は。文学に関しては作家たちの精神病理(パトグラフィー)を調べながら日英文学をつまみ読みしている暇人です。

私はアーサー・ウェイリーが英語に翻訳したものを、さらに日本語に翻訳したものを読みました。今まで長編小説など根気が続かず読まなかったのですが、現代語翻訳本とは言え、一気に(とは言ってもかなり日数はかかりましたが)読めました。

私も最初は光源氏が主役で、様々な女性に手を出し、あちこちで問題を引き起こすわがままイケメン皇子の1人だと思いました。しかしある時、紫式部の生き...続きを読む

Q私は中一の夏頃までコロコロコミックだけを読んでいました。異常ですか?今は何も読んでいません。

私は幼稚園の頃まではよくウルトラマンだとか○○戦隊みたいな
特撮系のものが載っている雑誌を買っており(名前は忘れました)、
幼稚園を卒業するあたりからコロコロを家族が買ってきてくれました。
最初は訳が分からず、面白いかとかも不明でしたが、何となく読んでいました。
その後小学一年生になり、いったん何も読まない期間が続きましたが、二年生になるとま愛読を再開。
その後三年生になり、ポケモンブームと相まって結構読んでいる人も出てきて、趣味も合いました。コロコロの付録を持って行ったら「すげー」と言われたものです。
しかし4年になるといきなり誰も話題をしなくなり、違うアニメなどにの話に・・。
それから5年になり、イラストクラブ(絵を描くクラブ)に入ったのですが、
週刊○○系の単行本を皆持ってきていました。
違う人が「お前も○○200円で安いし、買えよ!カードとかも付いているし」などと勧めてきました。
次の週私は何も持っていきませんでしたが、次から自分だけコロコロの単行本持っていく訳にも行かず・・。
それから趣味なども合わなくなり、クラスで読んでいるのは俺だけかもしれないという状態。
その後、六年になり友達もできたものの、やはり違うアニメや漫画の話。
私がまだコロコロを読んでいたため、当然話などが合わずそのグループと分かれる。
確かに、その当時俺もコロコロの漫画を変だと思っていましたし、昔と比べて余り面白くないとも思って来た時期です。
だけどやはり昔から読んできた雑誌なので愛着があり、中々手放せませんでした。
内心早く週刊○○系の雑誌を買おうかなとも思っていましたが、別に好きな漫画がある訳でもないので、急がなくてもと・・。
その後違う友達ができたのですが、彼はコロコロをまだ読んでおり、
かなり話し合えて、嬉しく感じたものです。
その後中学に入り、母ですら「流石にもうコロコロは・・。」
と言って来た事もあり、今は買うのをやめています。
今思おうと、あの時買っていれば・・、とも思っています。
やっぱり、俺は中一までコロコロを買っていたヘボい駄目な人間なのでしょうか?
普通は高学年辺りで卒業しますもんね・・・。私は異常ですか?また、私と同じような人は居ますか?
今、私は今何も読んでいないので、つまらないのですが・・。
何か読んだほうが良いのでしょうか?今からでも遅くないですか?やはり無理して読まなくてもいいのでしょうか?
変な質問ですが、回答などをよろしくお願いします。

私は幼稚園の頃まではよくウルトラマンだとか○○戦隊みたいな
特撮系のものが載っている雑誌を買っており(名前は忘れました)、
幼稚園を卒業するあたりからコロコロを家族が買ってきてくれました。
最初は訳が分からず、面白いかとかも不明でしたが、何となく読んでいました。
その後小学一年生になり、いったん何も読まない期間が続きましたが、二年生になるとま愛読を再開。
その後三年生になり、ポケモンブームと相まって結構読んでいる人も出てきて、趣味も合いました。コロコロの付録を持って行ったら「...続きを読む

Aベストアンサー

20代の者ですが
毎週少年○○を2冊かかさずかってたりします。

少年系好きな人も結構いるしきにしてはないですが
友人でも今は興味なくひき気味の人もいたりします・・・

でも、おもしろいからしょうがない!
コロコロもおもしろいとおもえば
No,1の方がいわれてるように「立ち読み」でも
好きな漫画だけ「単行本」でもいいとおもいます。

かる~く立ち読みしてみて
少年系なんかもおもしろいとおもったら
よんでみても。

途中からよんでもよんでいけばわかるとおもうので
おそくないですし、
もちろん無理して読まなくてもいいとおもいますです。

あんまり回答になってるかなぞですがこれにて~。

Q源氏物語の現代語訳。。。

源氏物語の『玉の男皇子』

の現代語訳がわからないんです。

訳したけど、自信がなくて・・・

だから合ってるかどうか確かめたいんで、

現代語訳が載っているサイトってありませんか??

Aベストアンサー

こんばんは

以下の中にはないでしょうか?
与謝野晶子訳のバージョンになりますが……

参考URL:http://www.genji.co.jp/yosano/yosano.html

Q松本清張 10万分の一 の偶然

本の題名が上記かどうか 定かではありませんが
昨夜のTV ドラマですが、現代風にアレンジしてあるのですが、ポイントの赤い火の玉で運転手が操作を誤る・・・この原因が ラジコンヘリで 操作するって、まったく むちゃくちゃな想定で
時速100キロと併走して飛ばせるわけもなく、着陸地点の草が円形になぎ倒されてた。など・・・
あれなら、陸橋から素直に ぶら下げてた・・・の方が 筋が通る。

で、オリジナルは、あの部分 どのようだったのでしょうか

よろしくどうぞ

Aベストアンサー

私はテレビを見ていないので、どんな映像だったのか分かりませんが、原作の小説と映画化されたものとでは、全く正反対の結末になっていることも往々にしてあります。

私は内外のミステリ愛好家で、日本の二大巨匠と言える江戸川乱歩と松本清張のそれぞれの全集を所有しています。
文藝春秋社『松本清張全集』全66巻に収載されたものを全て読んでいる訳ではなく、『十万分の一の偶然』はこれまで未読の作品の一つでした。
しかし、この質問に興味を惹かれ、今回初めて読んでみました。

原作では、ラジコンヘリなどは出てきません。
下り線を走行する先頭のトラックが急ブレーキをかけて右にハンドルを切って横転したのは、点滅する赤い光だったのですが、犯人が長いパイプに取り付けた二つのストロボ(箱型乾電池に結んだコードのスイッチ・ボタンを押すようにしたもの)に赤いセロハン紙をかぶせて、道路脇の柵から突き出して、点滅させたものが正体でした。
高速道路を横断している陸橋は、かなり先の方にありますので、そこからぶら下げても、瞬間的にブレーキを踏むことはないという設定です。

お蔭様で、久しぶりに清張作品を堪能させてもらいました。

私はテレビを見ていないので、どんな映像だったのか分かりませんが、原作の小説と映画化されたものとでは、全く正反対の結末になっていることも往々にしてあります。

私は内外のミステリ愛好家で、日本の二大巨匠と言える江戸川乱歩と松本清張のそれぞれの全集を所有しています。
文藝春秋社『松本清張全集』全66巻に収載されたものを全て読んでいる訳ではなく、『十万分の一の偶然』はこれまで未読の作品の一つでした。
しかし、この質問に興味を惹かれ、今回初めて読んでみました。

原作では、ラジコンヘリ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報