戦国時代、一番初めに下克上をした人物はいったいどちらですか?
年代的には、尼子経久が先だと思うんですけど北条早雲が先駆者
となっていますよね?なので、疑問をすっきりさせてください。
お願いします。

A 回答 (5件)

下克上を下克上の名の通り実際に下位者が上位者を打倒し、地位を奪うとするなら



尼子経久が最初じゃないですか。1486年に守護代が守護に取って代わったんあだから。

下克上なら朝倉孝景 (7代当主)「英林孝景(えいりんたかかげ)」「天下悪事始行の張本」の方が早いんじゃないですかね?
朝倉孝景(守護代)→斯波義廉(守護)


伊勢新九郎(北条早雲 )は別に上位者に取って代わったわけじゃないから、戦国の先駆けではあっても下克上ではないんじゃないですか。
    • good
    • 0

 後世の人間は、戦国時代を物語で読み過ぎて『下克上』という言葉を捉えすぎていると思います。

正直な感想としては、戦国の『下克上』というのは、歴史の流れであり、特別の存在ではなく、一番最初に行ったというのは、二人のうちどちらでもない、という気がします。

 北条早雲が素浪人から成り上がったという話は、現在ではほぼ否定されています。名門の政所執事を務めた伊勢氏を出自とすると言われており、伊勢氏は今川氏と同格なので、今川義忠の室・北川殿は正室だったと思います。とすると、このような名門の出身者が勢力を築き上げた・・というのは下克上と言えないと思います。

 尼子経久もやはり下克上とは言えないのではないかと思います。

 室町幕府の権威失墜、地域経済力アップ、国人層の台頭で、旧の支配権力は弱まって支配の実質を奪われてしまいました。ただ、この支配の実質も『守護大名』のもつ権力は徳川時代のような強力なものではありません。

 いわば、国はブドウのフサです。守護大名でさえ、そのなかで直轄領という粒を持っているに過ぎません。国人はブドウの粒です。おのおのがある程度の力を持っており、その国人の粒に担がれて守護大名が存在したわけです。ところが、国人の台頭と反比例して守護大名が弱くなったので、強くなった国人が全体に力を及ぼし、全体の粒に担がれだした、というのが戦国大名だと思います。京極氏の支配は弱く、従わない国人は多数いました。土地の横領などは頻繁にあり、尼子経久の反乱も寺社領の横領・課税に従わなかったのが発端です。また京極氏が最初に尼子経久を追討するときも、自分ではなく、出雲の豪族に命じています。もう、すでに京極氏の力は衰えていたと思います。もし、尼子氏が台頭しなければ他の国人が台頭したでしょう。

 国人が台頭して、守護大名家は弱体化し、国人の中でのレースに勝ったのが尼子経久。京極氏はすでに
乗っ取るほどの存在ではなくなっています。同時期に京極氏は本拠地である近江でも国人による寺社領の横領をとめられていません。京極氏が主君というイメージは既にありません。下剋上という雰囲気ではないなあ・・という気がします。

 一方で、斎藤道三も近年の研究では、一代で油売りから国主になったのではないことが判明しています。油売りは父親であり、二代による国盗り物語です。やはり、他国の素浪人から一代で国主になることは不可能だったのでしょう。

 戦国の代表的な下克上と言われる『北条早雲』『斎藤道三』はともに通説は間違っていることが判明しました。他国に素浪人が一代で国主になれるほど『権威』は失墜していなかった。ただ、国人の台頭により、旧の守護大名勢力は没落していく課程、これが全国的におきた。これが下克上の真相だったと思います。



 
    • good
    • 0

こんにちは。



僕も、#1さんの考えと同じで尼子経久の場合は下克上とは少し違うと思います。しかしdrukyさんが知りたいのは「どちらが先駆者か?」という事なので下記URLを参照にして下さい(どの時点で下克上完成? か判断しづらいので)。

北条早雲
http://www.f2.dion.ne.jp/~fumie.h/houjoh/houjoh. …

尼子経久
http://www.nx.sakura.ne.jp/~gumi/sengoku/amako/b …
    • good
    • 0

shu_sさんのおっしゃる通だと思います。


なので下克上であげられる初期の武将は北条早雲と少し新しくなって斎藤道三になるわけです。
便乗回答ですいません。
    • good
    • 0

下克上の醍醐味(?)っていうと当時の常識的には下位のものが上位に食い込むっていうことだと思うのですが、


尼子経久の場合は、一旦守護代を追われてから復権し領土拡大を図ったわけですよね。
それに比べて北条早雲は、諸説ありますが一介の素浪人あるいは諸氏の出から一国を領するまでになったわけで、この下克上という言葉を如実にあらわすものとしてつかわれているのではないでしょうか?

例えは悪いですが、関脇が横綱を倒しても金星にならないけれど、平幕が横綱を倒したら金星がつく…そんな感覚でしょうか?

共に知将と思いますが、尼子経久には豪腕のイメージが個人的には付いているものだから…あはは。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小田原北条氏の家紋

北条早雲の父、伊勢盛定の肖像の衣装に三つ鱗の家紋が描かれていたので疑問におもったのですが

小田原北条氏が鎌倉北条氏と同じ三つ鱗の家紋を使うようになったのは、いつのころからなのでしょうか?

Aベストアンサー

北条早雲(伊勢新九郎)の父は桓武天皇の流れを汲む「伊勢平氏」です
ので「三つ鱗」の家紋を使用していました、
鎌倉北条も「桓武平氏」の流れを汲むものですので、家紋は「三つ鱗」
です、
同じ時代に両者とも「三つ鱗」を使用していたようです、
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/hojo_k.html

http://www.harimaya.com/o_kamon1/yurai/a_yurai/pack2/uroko.html

参考URL:http://www.marutoku.jp/roots/houjyou.htm

Q戦国時代の北条早雲って鎌倉幕府の北条氏の子孫ですか?

鎌倉幕府の北条氏は室町幕府に倒されたと思いますが、戦国時代に出てくる北条氏はどんな関係なのでしょうか?
子孫?親戚?無関係?

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

戦国時代の幕開けに関東の覇者となった戦国大名の北条早雲が初めて歴史に登場するのは、文明10年(1478)、駿河の守護大名である今川家の内紛の調停役としてでした。
彼の姉か妹かが今川家の側室の一人であったということらしいです。
この頃、早雲は四十六歳、まだ伊勢新九郎長氏(ながうじ)と称していました。出自については諸説いろいろあります。
その後、伊豆の韮山に北条氏の末裔がおり、そこの主が亡くなって未亡人が1人となったところに婿養子として入り、北条の名を継ぐようになりました。もっとも早雲自身は最後まで伊勢氏を名乗り、北条姓に変わるのは2代の北条氏綱からですが。
この改姓は非常に重要な意味を持ちます。つまり鎌倉幕府の実質上の主であったあの名門、北条氏の流れを汲む者であると名乗れることは、大きなハクがつくことになるからです。このような権威付けは当時では非常に重要なことと思われます。由緒ある家柄だということは、支配者としての「資格」のあることを意味するからです。もちろん資格があっても実力がなければすぐに亡ぼされてしまいますが、実力があっても資格がないと、人々は支配者としてなかなか認めたくはない。室町幕府の権威が低下し、実力の世となっても、人心の変化は、まだまだそういった古くからの権威をあがめ、由緒を尊ぶ気風は十分に残っていました。戦国時代、下克上の三羽烏とも言われる北条早雲、斎藤道三、松永久秀のうち、道三と久秀はまもなく滅んでしまったのも、このあたりに原因の一つがあるのではないでしょうか。

戦国時代の幕開けに関東の覇者となった戦国大名の北条早雲が初めて歴史に登場するのは、文明10年(1478)、駿河の守護大名である今川家の内紛の調停役としてでした。
彼の姉か妹かが今川家の側室の一人であったということらしいです。
この頃、早雲は四十六歳、まだ伊勢新九郎長氏(ながうじ)と称していました。出自については諸説いろいろあります。
その後、伊豆の韮山に北条氏の末裔がおり、そこの主が亡くなって未亡人が1人となったところに婿養子として入り、北条の名を継ぐようになりました。もっとも早雲...続きを読む

Q鎌倉執権北条氏と、戦国時代の後北条氏の家紋・・・

はじめまして。

鎌倉執権北条氏と、戦国時代の後北条氏は、同じ「北条」でも血のつながりがあるとは言えないと聞きました。
それなのに、どうして家紋が同じ三つ鱗なのでしょうか?

Aベストアンサー

ただ単に後北条の始祖伊勢早雲が自家の繁栄を願って北条と名乗ったのです。
つまり家紋もそれにあやかったんだと思います。

Q下克上~戦国時代

 下克上あたりがどうしても理解できません。
 来週テストがあり、全体の流れが知りたいです。

 よろしくお願いします。

  参考書に、応仁の乱から守護代、国人の勢力強大化→下克上で倒れる守護大名と
  記載されているのですが、三管四職が戦国大名なのですか?
  彼らが応仁の乱を機に勢力を弱めて国一揆などで衰退したと言うことなのでしょうか?

  あと、前になると思うのですが大内氏が日朝貿易ですよね、
  これは勘合貿易の後の貿易という事なのでしょうか?
  
  守護大名などと戦国時代の関わり、大まかでいいので教えていただけると助かります。
  どうぞよろしくお願いします

Aベストアンサー

三管四職は足利将軍家を支えた有力氏族の総称であって戦国時代とも戦国大名とも関係ありません。三管四職は幕府中央の要職である管領や所司を順番に担っていました。三管四職は足利氏から分かれた分家だったり、古くから足利氏に仕えてきて足利氏と関係が特に深い名門でした。いずれにせよ、それは中央政界の話です。室町幕府の地方支配は、足利将軍が有力者を守護に任命して領国を支配させたものです。支配といっても任期が決まっている警察署長みたいなものです。幕府が正式に定めた役職は守護だけで、幕府が任命した役職も守護だけなのです。そして三管四職はそれぞれ守護としても任命され領国を複数持っていました。全ての守護が三管四職であったわけではない。防長両国の守護となった大内氏は必ずしも足利氏に近い家柄であったこともなく、三管四職でもありません。守護は任期が決まっているといったが、それは室町時代当初だけの建前でありました。室町幕府が任命したというよりも、室町幕府が既成事実を事後承認していただけというのが実態になってきたのです。守護という役職が事実上有力な氏族に世襲化・固定化されて、さらに実力を持った氏族を守護大名というのです。すなわち「守護」という用語は室町幕府が公式に制定した役職という意味を強調しているのに対し、「守護大名」という用語は守護という地位から大名にのし上がったという意味を強調しています。先ほどから守護は室町幕府が任命したといったけど、実は必ずしもそうでない。南北朝時代には南朝が任命した守護もあったのです。例えば大内氏は南朝から長門国守護を任命されました。しかし、その時には長門国守護は室町幕府が任命した厚東氏であったのです。これはどういう意味かというと南朝が大内氏に対して実力で長門国を厚東氏から奪って来いという命令です。大内氏にすれば自分の勢力拡大を正当化する名目を得たことになります。大内氏は厚東氏を攻撃する大義名分を南朝から得たのです。この戦いは大内氏の勝利となって、以降厚東氏は没落して大名になれず歴史から忘れられます。これが南北朝時代の意味です。北朝は室町幕府を支持し、反室町幕府勢力は南朝を支持しました。南朝を支持した動機は南朝から守護に任命されて勢力拡大を図ることだったのです。1392年に南北朝が合一されると南朝から長門国守護に任命された大内氏は正当性を失うので、室町幕府に帰順して室町幕府から長門国守護に改めて任命される形にしました。いずれにせよ南北朝時代は有力な氏族は、北朝、あるいは南朝から任命されたことで領国支配の正当性を裏打ちする必要があったのです。そして一つの氏族は一つの領国だけというルールがあったわけでもない。有力な氏族は複数の領国を支配したのです。それは地域的に連続していた場合もあるし離散的だった場合もあります。「国人」というのは何かというと鎌倉時代に地頭に任命されて地域を支配して一定の勢力を保ち続けた武士をいうのです。すなわち守護が領国を支配したといっても、その領国の中はさらに複数の国人も勢力を持っているのです。大内氏は守護大名から戦国大名にのし上がった氏族で、毛利氏は安芸国の国人のなかから戦国大名にのし上がった氏族です。勘合貿易は室町幕府と明の間の公的な貿易のことです。大内氏は勘合貿易の形で明と貿易をしていたのです。それが幕府の弱体化と共に事実上大内氏の独占状態となってしまうのです。また日本と朝鮮間の貿易は、伝統的に対馬の宗氏が窓口です。宗氏の紹介がないと誰も朝鮮とは貿易ができなかったのです。ところが強大化した大内氏は宗氏を通さずに朝鮮とも貿易を始めるようになってしまいました。それで経済基盤を得た大内氏は三管四職に優るとも劣らない有力大名になっていったのです。守護代とは何かというと守護が領国支配の都合で任命した代官です。複数の領国を持っても一人では統治しきれない。また中央政局に関わるようになるとほとんど領国にいることができなくなります。どうしても代りの者を領国に常駐させておく必要があります。そこで応仁の乱です。三管四職の一氏族である細川氏と同じく山名氏の対立が全国的な騒乱に発展してしまったものです。有力な守護大名は細川氏の東軍か山名氏の西軍に加わりました。勝ち組に乗らないと、守護を解任されて領国を失いかねないので知らん顔はできなかったのです。また東軍・西軍とも敵対勢力を追い落とし、勢力を拡大するために守護代や国人にも勧誘を掛けたのです。例えば西軍の守護大名の領国の守護代に対して、当方に味方すれば新しく守護に任命してやるといった取引を東軍がもちかけるといった具合です。本来、守護は足利将軍家が任命する権限があったのですが、その建前が崩されてしまったことになります。すなわち、それは室町幕府の権威の低下を意味するのです。応仁の乱は結局は、三管四職や多くの守護大名が没落する切っ掛けを作ってしまいました。代って大名にのし上がった氏族を戦国大名というのです。出雲国の守護代から戦国大名にのし上がったのが尼子氏で、守護大名から戦国大名に移行したのが大内氏で、その大内氏と尼子氏の対立に乗じて、国人から戦国大名にのし上がったのが毛利氏です。家柄も家格も関係なしに実力次第で下と上がいれかわる。そういう風潮を下克上と呼ぶのです。もはや室町幕府はそういう既成事実を追認承認するだけの存在でした。室町幕府には何も力が残っていなかったけれど戦国大名の領国支配の正統性を守護に任命することで裏打ちする役割は果たしていました。それが戦国時代です。
守護大名は領国支配を継続させるために応仁の乱に加わったのだけど、それが結局はおのれの没落の原因となり、守護代や国人などの新興勢力に台頭するチャンスを与えることになってしまった。一般的にはその意味で応仁の乱以降を戦国時代といいます。ただし戦国時代になったから合戦の世の中になったというわけでもない。室町時代当初から局所的・地域的な戦乱ならいくらでもおきています。戦国時代は、それが全国レベルに拡大したというだけの違いです。そして全国一斉に戦国時代に突入したわけでなく、地域的には応仁の乱の前から先駆的に戦国時代に突入してしまった地域もあるのです。
室町時代を理解する為には地域の歴史、氏族の歴史を理解しなければなりません。特定の地域、特定の氏族に着目して、その消長を中央政界の動きに絡めて理解するようなアプローチで挑まないと、なかなか流れも見えてこないだろうと思います。地域によって歴史は違います。守護は没落したけど、代わりを引き継ぐ戦国大名も育たずに、一向一揆の自治に任された地域もあります。また戦国大名が育たずに国人領主の分断統治となった地域もあります。また仏教勢力の自治になった地域もあります。また商人組合の自治になった地域もあります。戦国時代は室町幕府の統制が全然効かずにそれぞれの地域が勝手に歩み始めた時代なのです。その時代の主役が戦国大名なのだけど、戦国大名だけが時代をつくったわけでなく、様々な階層からなる脇役の果たした役割も見落としてはなりません。

三管四職は足利将軍家を支えた有力氏族の総称であって戦国時代とも戦国大名とも関係ありません。三管四職は幕府中央の要職である管領や所司を順番に担っていました。三管四職は足利氏から分かれた分家だったり、古くから足利氏に仕えてきて足利氏と関係が特に深い名門でした。いずれにせよ、それは中央政界の話です。室町幕府の地方支配は、足利将軍が有力者を守護に任命して領国を支配させたものです。支配といっても任期が決まっている警察署長みたいなものです。幕府が正式に定めた役職は守護だけで、幕府が任...続きを読む

Q北条綱成の子、北条氏繁について教えてください。

北条綱成は「地黄八幡」といわれ、河越夜戦や国府台合戦の活躍からもわかるように北条家一の猛将でした。綱成は若い頃に北条氏綱の娘婿となり北条一門となり、北条氏康からの信任も厚く氏康の名代として軍事・外交の全権を委任されたこともある名実ともに北条家の副将でありました。その息子に北条氏繁という人物がいますが、歴史の本や小説を観ると主君で伯父にあたる氏康の娘を妻に与えられ、父の綱成から玉縄城を継いで武田信玄・上杉謙信の侵攻を防ぎ、また佐竹氏との最前線である下総方面の軍権を氏康・氏政父子から与えられ信任が厚かったといわれています。ただ残念なことに父である綱成より早い1578年に42歳で亡くなりました。ところが、この氏繁という人物、中々優秀であったと思いますが、いまいちこれといったエピソード等がありません。いったいどういう人物だったのか?北条家の中ではどういうランク付け・身分・立場(主君にあたる氏政や氏照・氏邦兄弟らと比較して)だったのか、知っている方は教えてください。また、歴史のIFになりますが、豊臣秀吉の関東征伐のときに北条綱成・氏繁父子が健康な状態で生きていれば、結果はどうなったと思いますか?(氏政・氏直父子や氏照・氏邦兄弟に対する影響力も含めて)想像でよろしいですのでご意見お願いします。

北条綱成は「地黄八幡」といわれ、河越夜戦や国府台合戦の活躍からもわかるように北条家一の猛将でした。綱成は若い頃に北条氏綱の娘婿となり北条一門となり、北条氏康からの信任も厚く氏康の名代として軍事・外交の全権を委任されたこともある名実ともに北条家の副将でありました。その息子に北条氏繁という人物がいますが、歴史の本や小説を観ると主君で伯父にあたる氏康の娘を妻に与えられ、父の綱成から玉縄城を継いで武田信玄・上杉謙信の侵攻を防ぎ、また佐竹氏との最前線である下総方面の軍権を氏康・氏政...続きを読む

Aベストアンサー

エピソードというほどのものではありませんが、氏繁は印判に「眞百(←機種依存文字なので、漢字二つで表現しました。本当は一つの漢字です)趾利出否(てんりしすいふ)」という言葉を用いていました。
 これは中国の「周易」という書物からの引用で「鼎の中にある不要なものをひっくりかえす」という意味だそうです。
 「古いものをひっくり返してやる」という意気込みが、当時彼が対戦していた関東の名門佐竹氏に向けられたものだったのか、それとも新興の一族衆であった玉縄北条家の、北条一族内部での家格向上を目指した決意だったのか、今となってはわかりませんが、相当アグレッシブな人物だったことがうかがえます。
 また、絵が上手で彼の直筆になる鷹の絵が残っているそうです。
 氏繁個人のランク付けについてはなんとも言えませんが、玉縄北条家は江ノ島や円覚寺、鶴岡八幡宮など鎌倉地域の支配を任されており、決して低くはなかったはずです。ただし、玉縄北条家最後の氏勝(氏繁の息子)は小田原合戦の際、山中城へ援軍として入り、命からがら脱出していますが、山中城の城主あるいは城代という資格は与えられず、譜代衆の松田康長の指揮下で戦っています。
 そこから勘案すれば、重要な城を任され、広大なエリアの統括を行っていた氏康チルドレンや松田、大道寺といった譜代の老臣よりはひとつ下のランクぐらいではなかったのかなと想像する次第です。

エピソードというほどのものではありませんが、氏繁は印判に「眞百(←機種依存文字なので、漢字二つで表現しました。本当は一つの漢字です)趾利出否(てんりしすいふ)」という言葉を用いていました。
 これは中国の「周易」という書物からの引用で「鼎の中にある不要なものをひっくりかえす」という意味だそうです。
 「古いものをひっくり返してやる」という意気込みが、当時彼が対戦していた関東の名門佐竹氏に向けられたものだったのか、それとも新興の一族衆であった玉縄北条家の、北条一族内部での家格...続きを読む

Q小学生に楽しく読んでもらえる、戦国武将や戦国時代の本を教えて下さい♪

戦国好きな小学生のために、面白い歴史読み物本を買いたいと思っています。(推測するに戦国ゲームから興味をもったようです)
自分も小中学生の時、新撰組の本を読みあさった記憶があるのですが、戦国武将についてはあまり知識はありません。
これをきっかけに、本好きになってもらえたらな~と思っています。
もしご存じな方がいらっしゃったら教えて下さい、宜しくお願いします!

Aベストアンサー

そんな小学生に私は
司馬遼太郎さんの『尻啖え孫市』を貸したら、面白かったと言っていました。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062758148.html

あとは、隆慶一郎さんの『一夢庵風流記』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101174148.html

風野真知雄『われ、謙信なりせば』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4396334451.html

小学生だって、興味があれば読むことが出来ると思います。
そして、児童書なら、こんな本がオススメです。
斉藤洋『戦国の雲』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/403744240X.html

Q歌舞伎の源流は出雲の阿国???後北条氏???

一般的に現代の歌舞伎は「出雲の阿国」が原型が作ったと言われています。
しかし、それは間違いだ!と否定する説を市川家の縁人から聞きました。

「安土桃山時代、豊臣の世に反抗した傾き、演劇風刺のようなものが歌舞伎に発展したのです。
特に、豊臣に攻め滅ぼされた北条ゆかりの者たちが、江戸や浪速などで積極的にこの演劇をやっており、そこに徳川が目をつけ、北条ゆかりの者の演劇は、寛容に対応した方針を出したとされます。
徳川は思想的動向には厳しく、出雲の阿国などの女歌舞伎の系統は、様々な規正をかけられて衰退していきました。
反豊臣に傾く北条のゆかりのものだけが現代に残ったのです。」

実際の歴史では豊臣家に攻められた北条氏はことごとく討たれました。
女子供は滝山城に逃れましたが、追い詰められ、八王子城に逃げた人々はすべて命を落としました。
しかし、小田原城に篭った人々のうち、一部は生き延びたようです。
後に徳川家康のもてなしをうけ、大阪の狭山に移り住んだようです。
北条家とともに、一族も移り住んだようです。


現代の歌舞伎の源流は「出雲阿国」と「後北条氏」どちらが正しいのでしょうか?

一般的に現代の歌舞伎は「出雲の阿国」が原型が作ったと言われています。
しかし、それは間違いだ!と否定する説を市川家の縁人から聞きました。

「安土桃山時代、豊臣の世に反抗した傾き、演劇風刺のようなものが歌舞伎に発展したのです。
特に、豊臣に攻め滅ぼされた北条ゆかりの者たちが、江戸や浪速などで積極的にこの演劇をやっており、そこに徳川が目をつけ、北条ゆかりの者の演劇は、寛容に対応した方針を出したとされます。
徳川は思想的動向には厳しく、出雲の阿国などの女歌舞伎の系統は、様々な...続きを読む

Aベストアンサー

一口に歌舞伎と言っても、いろんな「家」もあることですし、江戸歌
舞伎の市川家には北条氏起源との言い伝えか何かを先祖代々伝えてい
るのかもししれませんね。念のために「成田屋 市川團十郎・海老蔵公
式ホームページ」を見てみましたが、歌舞伎の起源や市川家の起源自
体は触れられていませんでした。

歌舞伎というと一般には「出雲の阿国」が原型だとされていますが、
「荒事と和事」と並び称されるように、江戸と京都では代表的な歌舞
伎の芸風が異なるので、それぞれの起源を別に求めることがあっても、
あながち荒唐無稽ではないと思います。ただ、江戸歌舞伎が北条氏起
源というのは、私も始めて聞きました。

「荒事と和事」を検索してみたら、↓がヒットしました。参考まで。

参考URL:http://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/kabuki/kabuki040307.html

Q伊予国をルーツとしている戦国武将を知ってるだけ教えて下さい。 戦国時代にも現地に居た武将ではなく、そ

伊予国をルーツとしている戦国武将を知ってるだけ教えて下さい。

戦国時代にも現地に居た武将ではなく、それより以前に圧迫に耐えかねて伊予国外に出た武将限定でお願いします。

Aベストアンサー

藤原純友の子孫を称する有馬氏や大村氏は伊予がルーツかもしれないけど、圧迫されたといっていいかどうか。
宇都宮豊綱は負けて伊予を追い出されたけど、戦国時代の終わりの方ですし。

Q北条氏

 こんばんは。
 先ほどNHKの「その時歴史が動いた」と見ていてふと疑問に思ったので質問しました。
 鎌倉幕府の北条氏は戦国武将の小田原の北条氏の祖先なんでしょうか?または、何か関係があるんでしょうか?
 「北条氏の系図」とかで検索してもつながりは見いだせませんでした。
 歴史には疎いもんで・・・よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小田原の北条氏は俗に『後北条』と言われますが、

その初代・早雲は、初め、伊勢新九郎長氏と名乗り、伊勢国(備中国等他国説も有り)出身の浪人で、前半生はよくわかりません。

一時期、足利義視に仕え室町幕府政所執事を務めていたようです。

その後、立身出世を志し、妹が駿河の今川義忠(今川氏6代)の妾であったことから、それをつてに駿河へと向かい、
義忠が急死して世継ぎ騒動が持ち上がった時に、7代義親の家督相続に尽力し、その功により、駿河国と伊豆国の境界近くにある興国寺城主となります。

その後、興国寺城からは目と鼻の先の伊豆国・韮山城主の北条行長が死んだのを機に、『北条』氏の名跡を手に入れようと、行長の一人娘に婿入りして、北条姓を手に入れたようです。

ちなみに、韮山城主・北条行長は、

時政(初代執権)⇒義時(2代)⇒泰時(3代)⇒時氏⇒時頼(5代)⇒時宗(8代)⇒貞時(9代)⇒高時(14代)⇒時行⇒行氏⇒時盛⇒行長

と続く、北条氏の嫡流です。

Q戦国の大悪人松永弾正久秀

私は戦国時代の大悪人は松永弾正だと思うのですが皆さんの思う戦国の大悪人は誰ですか?理由付けでお答えお願いします。ちなみに私の理由ですがあの織田信長をして悪人と言わしめたからです。また戦国は裏切り、下剋上の時代だからみんな悪人、みたいな安易な理由はなしにさせてください。

Aベストアンサー

松永久秀をそう評した本人は もっとすごい事をしていますし
北条早雲・斎藤道三・松永久秀・織田信長あたりはどっこいどっこいですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報