友人と教会に行くのですが、聖書をちょっと読んでみようと思いました。
友人はプロテスタント系の教会に通う韓国人です。
あまり難しくなく、かつ英文でも書かれていて、勿論日本語の聖書を
購入したいと思っているのですが、何かおすすめのものはありますか?
もしご存知の方がいらっしゃったらご回答ください。
宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

大きな本屋に行くと英語と日本語で書かれた聖書を見つけることができると思いますよ。


私は日本聖書教会というところが発行している「聖書 和英対訳」を持っています。
(ISBN4-8202-1241-9 C0016 定価4500円)
分厚くて持ち運びには大変不便ですが、1ページに日本語、英語が併記されているので便利かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょっと待って、質問に対する回答がたくさん来てから、
締め切り&お礼を言おうと思っていたので、お礼が遅くなってしまいました。
申し訳ありません。
自分でも色々調べてみたのですが、良く分からないので、
oshiruko様の言う「聖書 和英対訳」を買おうと思います。
値段も驚きの価格ではないですし、自信がある!というoshirukoさんを信じて
今日、購入しようと思ってます。
ISBNコードまで書いていただいて、本当に有難く思っています。
どうもありがとうございました。
また、キリスト教関係の質問で、お聞きすることがあるかもしれませんが、
その時にはどうぞ宜しくお願い致します。
本当に、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/11/23 09:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおすすめの聖書物語を教えてください

私は一応幼少の頃、洗礼を受けたのですが、思春期の頃には教会からも離れ、信仰もかなり薄くなってしまいました。

今、30代になって、西洋思想や現代思想を読みあさったり、オペラを見に行ったりすると、必ず中世思想と聖書のなかの話や、聖書の内容をほのめかす部分が必ずと言っていいほど出てきます。もう聖書のなかのお話の内容さえ、記憶がおぼろげです。

そこで、もう一度あらためて、聖書を読み直そうかと本棚にあるホコリかぶった「新共同訳」を引っぱり出しても、いかんせんご承知のとおり読むのがとても骨が折れてどうにもなりません。

このようなわけで、そのとっかかりとなるような、旧約聖書や新約聖書をわかりやすく読み解いた本があれば、教えてください。三浦綾子さんのライフワーク(?)や、手塚治のマンガ、阿刀田高のユニークな試みなども、あるのは知っていますが(どれも読んでいません)、できれば聖書の「解説」ではなく、聖書の物語(ドラマツルギーと言えば言い過ぎでしょうか?)を追っかけたものがあればなぁと思っています。ざっと検索したところ、ウォルター・ワンゲリンの「小説『聖書』」(徳間文庫)あたりなどはおもしろそうだなと感じています。

ぜひお勧めの本があれば教えてください!

私は一応幼少の頃、洗礼を受けたのですが、思春期の頃には教会からも離れ、信仰もかなり薄くなってしまいました。

今、30代になって、西洋思想や現代思想を読みあさったり、オペラを見に行ったりすると、必ず中世思想と聖書のなかの話や、聖書の内容をほのめかす部分が必ずと言っていいほど出てきます。もう聖書のなかのお話の内容さえ、記憶がおぼろげです。

そこで、もう一度あらためて、聖書を読み直そうかと本棚にあるホコリかぶった「新共同訳」を引っぱり出しても、いかんせんご承知のとおり読むのが...続きを読む

Aベストアンサー

犬養道子「旧約聖書物語」「新約聖書物語」新潮社がお勧めです。れk私学、考古学の成果を取り入れつつ、奇をてらわず、オーソドックスでありながら、平易かつ丁寧に聖書の世界が描かれています。

Q聖書の解釈

初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。
(新共同訳 ヨハネによる福音書1章1節)

初めて聖書を読みました。ですが、上の箇所の意味がよくわかりませんでした。何が言いたいのでしょうか。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

まずは簡単に説明致します、
 “言”または“言葉”とはイエス・キリストのことです。創造者は初めにイエスを創造しました。
 ちなみに“言は神であった”の部分ですが、ここの部分からイエスは創造者の父と同格の神である!と考えるのが三位一体説です。まぁ私はその説に反対ですが(笑)

Qラテン語対訳聖書

Amazonで調べたところ、英和対訳の聖書は沢山ありますが
ラテン語と日本語を載せた聖書は出版されていませんか?

Aベストアンサー

直接の回答にはなりませんが、

東京の銀座に西洋古典(ギリシャ語、ラテン語、ヘブライ語)を扱う「教文館」という書店があります。ここに問い合わせればわかるかもしれません。既に調べていたら、ごめんなさい。

http://kyobunkwan.co.jp/Front.html

Q聖書外典について

聖書の外典に興味を持ち、読んでみたいと思っているのですが、インターネットで読むことのできるサイトを誰かご存知ないでしょうか?

正典については、インターネットですぐに出てきますが、外典となると、その内容を引用しているものばかりで、まとめて読むことができません。

人の注釈や解説なしに、インターネットで外典の日本語訳を読みたいので、そのようなサイトを知っている方は是非教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

インターネットサイトでなくて申し訳ないのですが、聖書の外典については
参考URLにあるように本が多々あります。図書館などで探してみてください。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%90%B9%8F%91%8AO%93T&x=13&y=21

Q教会の写真集

ヨーロッパの教会の写真集を探しています。
教会建築だけでなく、ステンドグラスやパイプオルガンの写真も載っている本がいいのですが、ありますでしょうか。教えてください。
和書・洋書問いません。

Aベストアンサー

↓のような本はいかがでしょう?(ステンドグラスはあるようですが、パイプオルガンはちょっとわかりません)
URL先に詳細情報があります。


「ヨーロッパの教会とステンド・グラス」  渡部雄吉∥著
出版地 :東京
出版者 :クレオ
出版年月:1998.9
資料形態:126p  30cm  2800円
件名  : 教会建築―ヨーロッパ/ ステンドガラス
ISBN:4877360336
http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=98042920


「ヨーロッパ教会物語 」
 渡部雄吉∥著
出版者 :グラフィック社
出版年月:1997.8
資料形態:142p  24cm  1800円
シリーズ名: 写真紀行  
件名  : 教会建築―ヨーロッパ
ISBN:4766109937
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9970681591
http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=97033475


「車で巡るヨーロッパの古い教会堂
 橋本康∥著
出版者 :養賢堂
出版年月:2002.3
資料形態:159p  21cm  3000円
件名  : 教会建築―ヨーロッパ
ISBN:484250093X
http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=02020332

↓のような本はいかがでしょう?(ステンドグラスはあるようですが、パイプオルガンはちょっとわかりません)
URL先に詳細情報があります。


「ヨーロッパの教会とステンド・グラス」  渡部雄吉∥著
出版地 :東京
出版者 :クレオ
出版年月:1998.9
資料形態:126p  30cm  2800円
件名  : 教会建築―ヨーロッパ/ ステンドガラス
ISBN:4877360336
http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=98042920


「ヨーロッパ教会物語 」
 渡部雄吉∥著
出版...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報