はじめまして。大変初歩的な質問です。
マンション購入を考えているのですが、はじめてのことでわからないこと
沢山あります。
今まで、大きな買い物(車とか)もしたことないので、住宅ローンと
普通の商品をかうときのローンは、どこが違うのかわかりません。
銀行の住宅ローンなどは、通常カードで商品を
買ってカード会社から毎月引き落とされるしくみと違う点は何ですか?
住宅金融公庫の住宅ローンなどは金利が安いとか、メリットもある
ようですが、根本的に、住宅を買う時と普通の買い物をするときの
ローンのしくみがよくわかりません。
自分なりに本や、ネットで調べ始めていますが、初歩的な疑問故、載っていません。

また、ある新築物件でメゾネットタイプの部屋で1Fが地下の場合、
湿気がこもったり、カビがひどくなったりするのでは・・・?
大雨のとき、水害にあうかしら?という心配はありますでしょうか。
結局物件によって違うので一概には言えないと思いますが、教えてください。
他の物件とちがって値段が安いのはやはりそういう理由で敬遠されるからなのかと思うと安いからといって、安易に選択するのは怖いです。

また、これから色々物件を検討するにあたって、ここを注意して
みるといい、とか具体的なアドバイスがあれば、嬉しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

只今、ローンレンジャーをしておりますので、ローンについて一言。


(1)長期間である
住宅ローンは、通常20年~35年の長期に渡る一生ローンです。
生活状況に変化があっても支払が続きますので、無理は禁物です。
また、繰上げ返済などで支払期間などの短縮が可能です。
(2)保証人が必要
保証人を求められますが、そんな大金の保証人になるような
奇特なお方はいないので、保証会社に申し込みます。
お金を取られますが、保証人のように私に代わってローンを払ってくれる
会社ではありませんので要注意です。ローン会社に替わって取立るために
ローン会社が作った保証会社です。
(3)保険に加入する
強制的に保険に加入します。これはローン専用の保険ですから、
私が死んだらローンをチャラになりますが、保険金はローン会社が
受け取ります。当然、保険ですから告知義務ルールがありますので、
健康に不安がある方は、ローンを組めないことがあります。
(4)自宅に担保を設定される
自宅にローン会社が担保を設定します。所有権は私にありますが、
いざとなったら、ローン会社は私の自宅を競売にかける権利を有します。
しかし、競売価格がローン残高に満たない時、私にはなくなった家の
ローンだけが残ります。これは支払義務があります。

昨今の不況で職をを失い、また不景気のため競売や自宅売却しても
ローンが残るという悲惨な状況がマスコミに出ることがあります。
車のローンは、払えなくなったら車を取られますが、住宅ローンは、
へたすりゃ人生盗られます。
だから、私のモットーは『健康第一、死ぬときゃコロっと』です。

マンションの物件探しについてですが、私も2年程度の間に
そりゃもう、一杯見学しました。中古、新築、モデルルーム・・・。
それと販売会社の言うことを全部、信用してはいけません。
信頼は重要ですが、相手任せになってはダメです。それとあなたが
マンション選びのポイントとして譲れないことがあったら、絶対に
妥協しないことです。後になって後悔します。
最後に、「不動産に掘り出し物なし」と言うそうです。
値段にはちゃんと理由があって、お買い得はないという意味ですが、
私もその通りだと思います。
家の購入は一生に何度もありませんので、慎重に進めてください。
それに、この教えてGOOの達人の方々も色々とご指導くださいますよ。
それでは、ローンレンジャーの仲間入りをお待ちしています。
    • good
    • 0

http://www.e-mansion.co.jp/ad-web/index.htm



「マンション購入アドバイス」です。

ご参考までに。

参考URL:http://www.e-mansion.co.jp/ad-web/index.htm
    • good
    • 0

ローンのことは私も主人任せなのでちょっとお答えしかねますが、マンションについて少し。


現在分譲マンションの6階に住んでます。それでも湿気はかなりあります。
マンションは機密性が高いので、暖かい分湿気も逃げにくいのです。
特にお風呂場と北側の部屋は、換気に十分気を付けていても気を抜けばカビ。
なので1階、メゾネットならもっとひどいかも・・・。

新築ならモデルルーム行かれることです。その時メジャーを持参してください。
モデルルームの家具は小さめに作られていたりします。
実際ご自分の家の家具を置けば狭く感じるなんて事になりかねません。
今、お住まいの家の色んな寸法も測っておいてメモして行かれると、比較しやすいです。
(例えば、キッチンの流し台の高さとか、幅とか、あと家具の大きさとか)

それから、気に入った物件が見つかったら実際マンションが立つ場所に行ってみて下さい。
近所に何があるのか、そこに住んだときの買い物の店、病院、学校、駅、バス停、
そういうことも調べないといけません。これ忘れがちなんですよ。
    • good
    • 0

No.2に誤植です



>ある新築物件でメゾネットタイプの部屋で1Fが地下の場合
の回答の文末
総合的に考えるべきディーリング課と思います。

総合的に考えるべきだと思います。

失礼いたしました。
    • good
    • 0

>住宅ローンと普通の商品をかうときのローンは、どこが違うのか



住宅ローン:期間が長期であること。購入したものがローンの担保になること。金額が大きく有担保なので金利が無担保のものよりも低い
カードローンなど:期間が短期であること。無担保のローンであること。有担保のものと比較して金利が高い

>ある新築物件でメゾネットタイプの部屋で1Fが地下の場合

もともと、マンションでは1Fに住むことは拒まれるケースが多いと思います。上階であれば日照が確保されていること、泥棒などの被害にあう可能性も減ることなどがあるためだと思います。エレベータがない時代は1階の方が優遇されていたらしいですが。
地下室に関してですが、床上浸水の恐れがあうような場所では問題があると思いますが、傾斜地に立っていて登記上地下室となっている場合もあります。これは傾斜地は容積率が優遇されることを利用して建てているからです。雨水の処理などに関しては汲み出しポンプを備えているかどうかも含めて総合的に考えるべきディーリング課と思います。

>具体的なアドバイスがあれば
マンションのモデルルームを数件訪れることをお勧めいたします。1回1~2時間位かかりますので、時間を見つけて行けばいいと思います。数社の物件を比較検討することで、徐々にポイントが判ってくると思います。「モデルルームに来るのも始めてですから」と言えばかなり親切に色々なことを無料で教えていただけます。その上で、会社によって認識が違う場合にどう考えますか?という質問をしていただいた方が回答しやすいと思います。
尚、モデルルームを訪問すると、電話による勧誘が多くなることを覚悟しなければなりませんが、その時も疑問点を聞く機会と考えれば苦にはならないでしょう。勿論、失礼な業者や使えない業者は二度と電話しないように会社の代表に電話すればニ度と勧誘の電話がかかってこないでしょう。
ちなみに、私は購入するまで現地およびモデルルームを18件訪れました。
    • good
    • 0

動産の(比較的)小額ローンと不動産ローンの大きな違いは、保証人や審査、担保設定の違いだと思います。

不動産のマイホームローンの場合、健康チェック(団体信用保険に文書だけでも必要)までも要りますし、連帯保証人も必要です。また物件には担保が設定されます。
消費する側からいえば長期にわたり返済が必要なので、人生設計と大きく関わります。バック一個でココまでのことは無いでしょ?カードにも審査はありますが、住宅購入に比べればたいしたことはありません。給与証明等も必要ですし。銀行から借りても住宅金融公庫(なくなるかなあ)でも基本は同じです。

マンションの場合、器だけでなく管理会社の形態や実際の運営まで一通り情報を頭に入れておいてから動かれるのを勧めます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅ローン審査がダメだった銀行で、違う物件を組めますか?

一度、審査がダメで、営業が強引だったので、白紙に戻しました。現在、別の物件(別の販売会社)を検討中です。その販売会社が話を進めてくれようとしたいるのが、前回と同じ銀行です。たぶん業界では、審査が甘い銀行なのでしょうか、支店は違うのですが、
 (1)また、同じ結果になるものなのでしょうか?
もし、そうなら、手間がかかるだけなので、始めから別の銀行にしてもらおうかと思うのですが。金額は同じぐらいですが、今度は販売会社も大手で、物件の価値も高いと思いますが、いかがでしょうか?
 (2)銀行で前回審査が不利になることはありますか?
 (3)同じ銀行=同じ保証会社だから無理ですか?
ちなみに、ダメだった理由は、離婚した夫の自己破産です。
離婚前の住所と名前で調べたのではないか、と販売会社の人は言っています。

Aベストアンサー

銀行の審査基準は他の方も言われている通り支店が違っても同じですが、実際の結果には微妙に差があります。
各銀行のローンセンターは原則的に各々独立して動いています。ですから前回の審査が影響する・・・ということは余り考えられません。また、融資申請を出してきた販売会社との繋がりが強い銀行は少々問題があっても融資を通してくれるものなのです。
融資不可理由は「離婚した夫が自己破産しているから」ということでしたが、それは貴方自身が審査適合基準から外れている訳ではないことになります。その程度の事ならば結びつきの強い銀行であれば何とか融資してくれるはずです。私自身元大手不動産販売会社の社員でしたが、会社として結びつきの強い銀行、営業担当個人で結びつきが強い銀行等がありました。私の場合頻繁に利用していた銀行のローンセンターとは極めて親密で、わざわざローンセンターの所長と副所長がそろって盆暮れの挨拶に来たりする事すらあった程です。当然多くの融資対象者をその銀行に紹介しているからこそではありますが、そういった銀行には多少融資許可条件に難がある対象者でも何とか通してもらってしまっていました。貴方の場合も私の目からみるとその程度の問題であれば何とか融資を通してしまえそうに思われます。
ただし、銀行側が融資を拒否した理由として「離婚した夫が自己破産しているから」という話を持ち出してくる事が非常に奇妙です。貴方自身に全く何の問題も無ければ、その程度のことは問題にならないと思われます。つまり私が思うに、貴方自身に何か問題があって融資許可条件に抵触しているのではないでしょうか?それ故に本来ならば問題にならないようなことがネックになって審査が通らなかったのではないかと思うのです。
以下に基本的な適合条件を挙げますので、ご自身で確認してみて下さい。

(1)年間に返済する金額の合計が、年収の35%以内に収まる事。
(2)物件価格の2割以上の頭金があること。
(3)物件価格の0.07%位にあたる諸費用分の現金を用意できる事
(4)現在利用しているクレジットやローンの年間返済金額を住宅ローンの年間返済金額に加算しても(1)の基準を超えない事
(5)過去5年以内にクレジットや各種ローンの焦げ付きや支払い未納がない事
(6)過去10年以内に癌、結核、或いは心臓、脳、内臓器などの重篤な病気に罹っていない事
(7)上記(6)の期間内に、上記以外の病気による入院や事故歴がない事

以上七つの項目に1つでも触れる場合には、融資が通らない可能性が高くなります。改めて確かめてみて下さい。

銀行の審査基準は他の方も言われている通り支店が違っても同じですが、実際の結果には微妙に差があります。
各銀行のローンセンターは原則的に各々独立して動いています。ですから前回の審査が影響する・・・ということは余り考えられません。また、融資申請を出してきた販売会社との繋がりが強い銀行は少々問題があっても融資を通してくれるものなのです。
融資不可理由は「離婚した夫が自己破産しているから」ということでしたが、それは貴方自身が審査適合基準から外れている訳ではないことになります。その...続きを読む

Q住宅ローンのしくみ?

来年の1~2月ぐらいに家を建てる予定で住宅ローン
の審査を受けていますが、今の所キャンペーン適用後の金利で一番安い所に出しています。
しかし、よくよく見ると今年いっぱいでキャンペーンは終わりのようです。
そこで質問します。
金利は変わると思いますが、来年以降のキャンペーンも充てにして審査を受けていいのでしょうか?

Aベストアンサー

現在のキャンペーンが終わると、また新しい優遇キャンペーンなどをやると思います。
でもそれが現行より良いか悪いかはわかりません。
融資審査はたいていの銀行では、半年間有効です。
なので半年前にいくつかの審査を受けて内定を取っておき、来年の融資実行の際に一つに絞ればいいのです。
ローンはいくつでも申し込みでき、いくつでもキャンセルできます。

Q住宅ローンと住宅ローン控除について

現在、新生銀行に1000万円(5年定期1.7%)を預金しております。
今年の夏に預け入れたばかりなので、あと5年弱満期まであります。

先日、気に入った中古住宅を見つけ(1900万円)、頭金を現金で850万円、諸経費等併せ100万円は親から借り、残りの1000万円を住宅ローンで組むか、現金で一括払いにするか迷っています。
現金一括の方が、余分なお金はかかりませんが、手元にある預金がごっそり無くなってしまう不安があるため悩んでいます。

住宅ローン候補は、東京スター銀行の実質金利ゼロのものか、新生銀行の固定2.9%で考えています。
東京スター銀行のメリットは、1000万預け入れのローン1000万円なので、金利ゼロ。ただし、諸経費が25万円かかるのと、借り入れ後100万円単位で420円のメンテナンスパック(団信)がかかるそうで、月約4200円がかかります。繰り上げ返済手数料ゼロ。
新生銀行は、現在の新生銀行1.7%の5年定期を崩す必要がなく、保証料がゼロ&繰り上げ返済手数料ゼロであることです。
借入期間は、頑張って5年~7年を予定しています。

コツコツと貯めてきた貯金で、1000万と頭金を使っても、手元に700万円程度残りますが、ハイリスク商品と外貨に投資しているため、安定預金ではありません。

また、借り入れを行えば、住宅ローン控除が受けられると思いますが、いくらくらいの控除になるのでしょうか。
控除と手元に残る、というメリットを考え、ローンを組むのがいいか、一括で払ってしまうのがいいのか迷っています。
ご教授ください。

現在、新生銀行に1000万円(5年定期1.7%)を預金しております。
今年の夏に預け入れたばかりなので、あと5年弱満期まであります。

先日、気に入った中古住宅を見つけ(1900万円)、頭金を現金で850万円、諸経費等併せ100万円は親から借り、残りの1000万円を住宅ローンで組むか、現金で一括払いにするか迷っています。
現金一括の方が、余分なお金はかかりませんが、手元にある預金がごっそり無くなってしまう不安があるため悩んでいます。

住宅ローン候補は、東京スター銀行の実質金利ゼロのものか、新生...続きを読む

Aベストアンサー

借入金等の年末残高の1パーセントだと思います。
残高1000万円で最高10万円の控除では。
お金の使い方は自身で。

Q住宅ローン控除、住宅ローン完済どっちが得か?

マンションを所有しておりましたが、子供との同居のために連帯債務というかたちで住宅ローンを組んで、子供と共有で一戸建てを買って1500万円のローンを組んで、ローン控除を受けております。
しかし、必要なくなったマンションを売りにだしたところ、うまい具合に売れ、1500万円の現金化に成功しました。

ここで住宅ローンを完済するのがよいのか、ローン控除を10年間受け続けて、その後完済するのがよいのか?

またまた住宅ローンの期間を10年残して、そこまで繰り上げ返済してしまう・・・等いろいろ考えておりますが、どなたかよい方法教えて下さいませ

Aベストアンサー

通常は繰り上げ返済してしまうのが、お得です。

しかしながら、金利が1%を下回る場合や、
金利とローン控除の差を超えるリターンを運用で得られる場合は
繰り上げ返済しないほうがお得です。

さらに、住宅ローンには団信保険がありもしもの場合は
チャラになりますので、保険と考えれば
多少の金利は負担しても構わないとも言えます。

また、ほかに預金がないのであれば、
車などの購入や失業などに備えるために
幾らか現金は残しておいた方がよいと思います。

一部繰り上げ返済の方法ですが、
通常は期間短縮の方が総支払額は少なくなりますが、
繰り上げのタイミングを選んでいる状態であれば、
返済額低減型でも必ずしも損ではありません。

Q築23年の物件なので、住宅ローン控除が受けられません・・・

古い物件なので土地だけの値段(1790万円)で購入予定です。
これに500万円ほど掛けてリフォームをしようと思っています。
自己資金が900万円あり、銀行から1500万円の借り入れを予定しています。住宅ローンの控除が受けれないので、リフォームの方で控除が受けられないかと思っています。
(1)購入資金をリフォームに回して、控除が受けれるのか?
(2)リフォームローンで借り入れしたものでないと、ダメなのか?(こちらは利率が 高い)
(3)リフォーム代を現金で支払ってもリフォームの控除が受けれるのか?
少しでも優遇が利くものであれば、受けたいので何とかしたいと思っています。
何分素人では、奥が深すぎて、いろいろ読みあさるうちに、余計難しくなってしまいました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ

下記URLを見ていただければわかりやすいかと思われます。
おそらく非耐火建築物だろうと思われますので
築年数は20年まで
中古住宅購入と同時という場合の控除ではなく
上のリフォームだけを行う場合となると思います
条件としてはリフォームローンを10年以上で
ローン控除の適用も借り入れ額全額とはならないと思います

参考URL:http://www.e-sumaisagashi.com/new_page_119.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報