先日、新しくアルミとタイヤを購入して、インチアップしました。
15インチから17インチで車種はエルグランドの2WDです。

市街走行はなんともないんですが、高速で一定スピード(100km)
に達するとハンドルがブレて困ってます。

減速、加速するとブレはおさまりますが、一定スピード(100km)くらい
になると、ハンドルがブレます。

タイヤバランスを取り直してしっかり取り付けてもらっても
変わりません、ショップの方ではセンターのハブリングを付けて
対応するとの事でしたが、大丈夫でしょうか?

車高はノーマルです。対応策、アドバイスください。
 

A 回答 (2件)

ハンドルぶれはまず一番の原因がホイールバランスの不調和です。


これの対応はタイヤを単体で回して不釣合いとなっている箇所に
重りを打ち込んで(貼り付けて)対応します。
が、これも外側しかやらないショップもあり
バランス取りが不完全である場合があります。

さて実はこれ以外にもハンドルぶれの原因は存在します。
(1)に単体でバランスが取れたものでも車に取り付けた
状態では不釣合いになってしまうことがあります。
この場合は「オンザカーバランス」というものを取ります。
またバランスが取れてもタイヤがいびつであると
当然ハンドルぶれは発生します。
極端な話 タイヤが6角形だったらどうでしょうか?
バランスは間違いなくとれますよね?

さて最後に考えられるのが
アライメントを含めた足回りの問題です。
ワタシが経験した問題ですと
ロアアームを交換したところピタリとおさまりました。
ボールジョイントのわずかなガタつきが
原因だったようです。

フロントハブベアりングプレロードの不調整
であることもあります。

けっこうあるんですね この原因は・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

p-21さんどうもありがとうございます。

バランスは取り直しても症状は変わらずで、やはりp-21さんのおっしやるハブがどうやら原因みたいです。先ほどショップに再確認するとアルミ側
のハブと車体側のハブの径の差があるとブレたりするらしいです。

その隙間を埋めるために、ハブリングというのを付けることでブレはなくなるとの事です。

ただアルミメーカーのハプリンクは70ミリまでしかなくてエルグランドは100ミリかのでエルグランド用という特別品を送ってもらい今度取り付けます。
これでブレが直る事を願ってます。
その他、対応策、アドバイスがあれば是非教えてください。

お礼日時:2001/11/16 17:07

こんにちわ。


zero5003さんの愛車の減少はいくつか考えられますので、参考程度に
記載させて頂きます。
>市街走行はなんともないんですが、高速で一定スピード(100km)
に達するとハンドルがブレて困ってます。
減速、加速するとブレはおさまりますが、一定スピード(100km)くらい
になると、ハンドルがブレます。
とありますが、タイヤ・ホイルが正常な事が前提でお話します。
1に、タイヤもしくは、ホイルの不良品。この場合には、代替品でテスト
してもらう。
2に、車の性能で足回りがしっかりしていなく、偏平足なタイヤを装着
した為に、現象が出てしまう。
3に、トーインバランス等が、きちんと取れていない。
4に、新車で購入された場合は考えにくいのですが、ディスクブレーキの
センターに使用されている、ボールベアリング(5千円~1万円位かな?)
の磨耗等ですが、中古車である場合は可能性もあります。

私が、思いつくのは上記の4点ぐらいです。アドバイスに成るか成らないか
分かりませんが、1をテストして、現象が直らなければ、ディーラーに
行かれた方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

broiさん、ありがとうございました。
ひとつひとつを確認してみます。

お礼日時:2001/11/16 16:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qみなさんに質問です水泳でフリーの場合最初はドルフィンキックの方がはやいのですが、ブレの場合ひとかき

みなさんに質問です
水泳でフリーの場合最初はドルフィンキックの方がはやいのですが、ブレの場合ひとかきひとけりはすぐにかいたほうがいいのでしょうか?距離を伸ばすと遅くなりそうで私は伸ばしていませんどうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

ひとかきしてすぐにひとけりすると水面に浮きあがるのに抵抗がかかり
急浮上となってしまうのでひとかきの後、伸びてからひとけりするといいと思います。

Q14インチのタイヤと15インチのタイヤではどちらが乗り心地が良いですか?

こんにちわ。現在14インチのタイヤをはいています(175/65R14)。これを15インチのタイヤ(185/55R15)に履き替えた場合乗り心地はどのように変わってきますか?

Aベストアンサー

乗り心地と言うことだけを捉えれば、悪くなると言えるでしょうね。

これはタイヤの扁平率(アスペクト比)による物で、ハイト要するにタイヤの断面を見たとき横の部分(サイドウォール)の高さが当然低くなりここでの衝撃吸収性は悪くなるわけで、これにより皆さんが書いたように、乗り心地は悪化するのですが、逆にタイヤのねじれによる、ぐにゃぐにゃ感はなくなります。

makatiさんはばね下荷重のことを言ってらっしゃると思うので補足すると、鉄ホーイールが純正でついている場合、アルミに変更する事で、随分バネ下重量の軽減になります、これは結構注意すると変わったな!と感じるくらい荒れた路面などでの追従性が良くなります(ただし、ホイールだけ変えると言う事は一般車の場合先ずしないので、タイヤが新しくなった事との相乗効果も有るので正確では有りませんよ)

またアルミからただのインチアップをした場合、意外に思うよりもタイヤは重い物で総重量的には思うほどの大差が無い物です、通常使用程度の走りには余程敏感でない限りこの時の重量差(ホイールサイズが同じでマグなど軽量ホイールを使った場合)による違いは殆ど解らないと思います、勿論素材の剛性の違いによるフィーリングは違いとして感じるかもしれませんが、これはサーキットレベルでの話です。

この違いを最も感じるとすれば、扁平率の違いによる応答性、運動性、しっかり感と言った事への反映は明らかに体感できる物だと言えます。

私個人はこう言う部分を、乗り心地と言うよりも乗り味が良いと評価し、こうしたしっかりした固めの足回りを好みますが、ファミリー志向の方にお勧めは出来ません。
また当然キャッツアイなどの路上の突起物もかなり気になるようになるでしょう

勿論この他にもブレーキ周りの空きスペースが増える事によるクーリングの向上による、耐フェード性の向上など利点も多いこと、またレースなどではホイールサイズを大きくする事で、ブレーキディスクなどのサイズを大きくする事で、更に高いブレーキ性能を追求する事も可能になります。

余談になりましたが、単に「乗り心地」と言っても何を指して乗り心地と言うか、と言う事で答えは変わると思いますが、普通に言う乗り心地は悪くなると思います。

乗り心地と言うことだけを捉えれば、悪くなると言えるでしょうね。

これはタイヤの扁平率(アスペクト比)による物で、ハイト要するにタイヤの断面を見たとき横の部分(サイドウォール)の高さが当然低くなりここでの衝撃吸収性は悪くなるわけで、これにより皆さんが書いたように、乗り心地は悪化するのですが、逆にタイヤのねじれによる、ぐにゃぐにゃ感はなくなります。

makatiさんはばね下荷重のことを言ってらっしゃると思うので補足すると、鉄ホーイールが純正でついている場合、アルミに変更する事で...続きを読む

Qデジカメで、手ブレ防止機能について質問です。

デジカメで、手ブレ防止機能について質問です。

RICOH の Caplio R6 を長年使っていましたが、手ブレ防止機能が貧弱且つ
暗さに弱いため、やや暗い所になるとブレまくりで困っています。

手ブレ防止機能で有名なのはもちろんLUMIXですが、LUMIX以外でも手ブレ防止機能が
強力なメーカーというと、お心当たりはございませんでしょうか。
何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1眼レフ用の、キャノンレンズは手振れ補正機構で有名です。

canonは、コンパクトデジカメもこの手振れ補正機構が付いていますね。

ISと付くのは、手振れ補正機構のことらしいです。
ISと付かないモデルにも手振れ補正機構が付いていますけどね。。

コンパクトカメラでも、出来る限り広い範囲を撮影できる画拡の広い
カメラをお勧めします。そのほうが広がり感のあるいい写真になると思います。

参考URL:http://cweb.canon.jp/camera/powershot/index.html

Q15インチホイールと165/55R15タイヤの組み合わせ この15インチホイールに165/55R15以外で可能なタイヤサイズは?

15インチホイールに
165/55R15 
のタイヤが付いている車に

タイヤ交換として
先述の15インチホイールに
先述サイズ以外のタイヤを取り付けることは可能なのでしょうか?

付けられるとしたらどんなサイズになりますか?
○○○/○○R○○ 形式でお答えいただけますか?

その場合の安全性に関しては上下するのでしょうか?

お車に関するお仕事にかかわりのある方様
並びに的確な御答えをいただける方様

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

極端にサイズを変えなければ
履けますが タイヤ外形が変わり メーター誤差が出ます。

同じタイヤで 55扁平のままと仮定し
185・55など幅を広くすると 
外形は大きくなります メーター速度は遅く表示され トリップメーターは少なく加算
幅が広がり 燃費加速は悪化傾向になります グリップは良くなりそうですが 過剰な幅ですし μの低い 未舗装路やウエット路面では 滑り易くなります。
大きすぎると ボトムした際 インナーフェンダーを擦り 剥がし取ってしまうことも有ったり ハンドル 切った際に 内側にタイヤが擦れることも有ります。

155・55と 幅を細くした場合 
外形が小さくなり 速度は速く表示されます トリップメーターは 多く加算されます。
車高が下若干がります フェンダー隙間が広く 見栄えがわるくなります
走りは軽く感じますが 多く回転させないと 進まないので 燃費面でもメリットありません グリップ力は細くなった分 落ちるでしょう
コーナーなど怖くなります。

基本 ドアを開け 車体に貼られた タイヤ空気圧表示に書かれてる
タイヤサイズ以外は 
適合サイズではなく 車検には通りません
インチUPするにしても 外形サイズを狂わせないような サイズ選び
幅と扁平率のチョイスが必要です。

サイズを変える メリットがありません(自己満足だけの世界)

サイズを変える目的が明確で無い限り(スポーツ走行など)は、純正サイズをお勧めします。
純正15incなら 純正サイズ
インチUP 2インチUPするなら 多少変える(変わってしまう)程度でしょうか。

極端にサイズを変えなければ
履けますが タイヤ外形が変わり メーター誤差が出ます。

同じタイヤで 55扁平のままと仮定し
185・55など幅を広くすると 
外形は大きくなります メーター速度は遅く表示され トリップメーターは少なく加算
幅が広がり 燃費加速は悪化傾向になります グリップは良くなりそうですが 過剰な幅ですし μの低い 未舗装路やウエット路面では 滑り易くなります。
大きすぎると ボトムした際 インナーフェンダーを擦り 剥がし取ってしまうことも有ったり ハンド...続きを読む

Qブレ対策、panaFX8とfujiF10はどちらがお勧めですか?

この両者は、ご存知ブレ対策として、レンズを駆動してブレ補正するのと、感度を上げてブレ防止するものですよね。
この機能を比較するに、どちらがお勧めでしょうか?
もしくはこれら機種に限らず、ブレ対策としてはどちらの方式がお勧めでしょうか?

なんとなく、被写体ブレも防げるfujiの方がよい気もしますが、やはり高感度による画質劣化の点で問題あるのでしょうか。

Aベストアンサー

あなたも分かっている様に「ブレ」と言っても「手ブレ」と「被写体ブレ」があります。
パナソニック等の「手ブレ補正機能」はその名の通り、手ブレにしか効き目はありません。
シャッターの開いている時間が短くなる訳ではないので、被写体が動いてしまえば
その写真は失敗となってしまう危険が高くなります。
また、いくら三脚等や気合いでカメラを固定しても被写体ブレは防げません。
被写体ブレを防ぐには、被写体が動かない事を祈るか、何らかの方法で
ブレない程度までシャッタースピードを上げるしかありません。
フラッシュを使用できる状況ならば、それが有効でしょう。

動かない、あるいは動きの鈍い被写体を手持ちで撮る事が多いのでしたら、
手ブレ補正機能のあるFX8等のカメラでできるだけ感度を上げずに
ノイズの少ない画像を撮る事をお薦めします。
明るい場所でしか撮らない、望遠側では撮らない、三脚等で固定して撮影できる
と言うのであれば手ブレ補正機能のない機種でもいいでしょう。
そうでないならば、感度を上げてシャッタースピードを上げるのが
一番効果のあるブレ対策になるので、一眼の様に根本的な感度のいい物か、
コンパクトクラスでしたらF10の様に高感度時のノイズが
気になりにくい機種を選ぶ事をお薦めします。

F10でもISO感度800以上はやはりノイズが増えるのは確かです。
ノイズ自体とノイズ除去の影響で画質は低下しますので、
縮小サイズでの鑑賞でないといろいろ粗が目についてくるかと思います。
もちろん、それでもこれまでのコンパクトクラスを考えればかなり頑張っていると思います。
他の機種で同じ様な感度ではおそらく全く話にならないと思います。
要は、あなたとあなたの使い方にとって高感度時の画質が許容範囲であるかどうかが問題です。
高感度時の画質が許容範囲でなく、感度を上げて撮影しないのであれば、F10である必要は
ほとんどないと思われるので、FX8も含めた他の機種を選ぶのがいいでしょう。
画質については、あなたが自身の使い方と照らし合わせて判断する他ないでしょう。
F10の最低感度はISO80ですが、感度を上げても感度80と同じ画質が維持できる訳では
ないので、それをしっかり認識して理解した上で使わないと不満も出るでしょう。

FX8の画質に関しては、まだ高感度時の画像を見た事がないので何とも言えません。
一応謳い文句ではノイズを軽減して画質向上と言っているので、高感度時のノイズが
抑えられているならば、手ブレ補正と合わせてかなり使いやすくなるとは思います。
とは言え、CCDサイズが小さく根本的な感度が低いはずなので、F10並みノイズレベルとは
いかないのではないかと個人的には思いますが、発売前なのでただの予想です。

個人的には、一眼の様に根本的な感度の高いものが一番で、
それが無理ならF10の様に高感度時でも使い物になる機種がいいでしょう。
それでもノイズが気になるなら感度を上げずに撮影する事メインで
手ブレ補正機能のあるカメラを選ぶのがいいかと思います。

F10は決して一眼の様に「感度が高い」訳ではなく、高感度時のノイズを
これまでより上手く扱える様になったので「高感度でも使い道がある」
事が特徴のカメラだと思います。
その使い道があなたのそれに沿うものであれば後悔はしないでしょう。

あなたも分かっている様に「ブレ」と言っても「手ブレ」と「被写体ブレ」があります。
パナソニック等の「手ブレ補正機能」はその名の通り、手ブレにしか効き目はありません。
シャッターの開いている時間が短くなる訳ではないので、被写体が動いてしまえば
その写真は失敗となってしまう危険が高くなります。
また、いくら三脚等や気合いでカメラを固定しても被写体ブレは防げません。
被写体ブレを防ぐには、被写体が動かない事を祈るか、何らかの方法で
ブレない程度までシャッタースピードを上げるしか...続きを読む

QタイヤのZRは240KM

タイヤのSRは180KでHRは210KでZRは240Kで走行できる
とカタログに書いてあるんですが
これは240Kでコーナー曲がったり240Kでブレーキ踏んだり
しても大丈夫ということなんですか?
うちはそんなにスピードは出しませんけど
参考までに教えてください
それと余裕あるタイヤの方が安全なんですか?
<余裕というかスピードの余裕のことで>

Aベストアンサー

 あ、ども、misacyan4wd様ですね。またloftybridgeです、よろしくお願い致します。
 クルマはテレビやオーディオなどと違い、ヒトの命をダイレクトに左右する精密機械です。ご自身も使われるであろうその危険性をはらんだ機械に興味を持たれるとゆぅ事は、すばらしい事だと思います。

 さて、タイヤの速度の規格は主にその回転数に関する強度(即ち、遠心力に対する強度)を示しており、その速度を越えるとバースト(破裂!)する可能性がある、とゆぅ事です。
 実際には、規格の速度を越えたらいきなりバースト、などとゆぅ事は無く、結構余裕があります。
 御質問にあります様に規定の速度での制動や旋回は、普通の路面であれば使えますが、一応規格上はイッパイイッパイなので、あまりヨイ事でないのは確かです。

 さて速度表示が高い方が安全かどぅか?ですが、入力に対する破壊試験とゆぅモノを見た事がないので、何とも言えません(どなたかタイヤ屋さんに回答していただければヨイのですが)。
 ただ、速度表示が高いタイヤは強度が高いと言えますので、厳密な意味では低い速度でもより丈夫であると考えられますが、恐らくその差が出るほどの大入力がタイヤに入った場合、他の部分が壊れてそれどころではない状態になる様な気がします(但し、高速タイヤは高速で旋回したり急激に制動する可能性がありますので、比較的摩擦力の大きいハイグリップタイヤとなっています。そぅ言った意味では、速度表示が高いタイヤの方がブレーキもよく効き安全と言えるでしょう)。
 メーカが必要以上の高速タイヤを設定しないのは、速度表示が高いタイヤはその分丈夫に出来ているからで、これはダイレクトに乗心地の悪化につながります。更にそれがハイグリップタイヤであれば、燃費や耐磨耗性の悪化もあるでしょう。

 ついでに御参考・・・・タイヤは社団法人日本自動車タイヤ協会(JATMA)とゆぅ団体があり、タイヤの規格は、そこで規定されています。
 この団体からは、仲間内で「ジャトマ」と呼んでいるイヤーブックが出ており(タイヤサイズは毎年増えるので、この本も毎年更新されます)、この本にタイヤサイズ毎の詳しい寸法や空気圧と荷重の関係、速度表示などのデータが載っております。
 サスペンションを設計する場合、タイヤの寸法や耐荷重がわからなければどぅにもならないので、この本のデータを拠り所とします。この本はJATMAのHPで¥2500/1冊で購入可能です(gooを使いJATMAで検索をかけるとすぐ発見出来ます)。
 サス屋必携のバイブルみたいなモノですが、一般の方は・・・・普通タイヤを交換する時などに見たら、後は用ナシですね・・・・。

 あ、ども、misacyan4wd様ですね。またloftybridgeです、よろしくお願い致します。
 クルマはテレビやオーディオなどと違い、ヒトの命をダイレクトに左右する精密機械です。ご自身も使われるであろうその危険性をはらんだ機械に興味を持たれるとゆぅ事は、すばらしい事だと思います。

 さて、タイヤの速度の規格は主にその回転数に関する強度(即ち、遠心力に対する強度)を示しており、その速度を越えるとバースト(破裂!)する可能性がある、とゆぅ事です。
 実際には、規格の速度を越えたらいきなり...続きを読む

Qカメラ初心者です。手ブレ防止機能について教えて下さい。

デジカメで「手ブレ補正、防止」と言う言葉を良く聞きますが、その名の通り手ブレを抑える機能だと思いますが、手ブレの機能の説明の中で「シャッタースピード4段相当の手ブレ軽減」などと書いてありますが「シャッタースピード4段相当」とはどのようなことなのでしょうか?いまいち解りません。
後、手ブレ機能はいらないと書いてある事がありますが、いらないのでしょうか?またどのような状況で手ブレ防止の効果があるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、手ブレとは何かご存じですか?

カメラはシャッターが開いている間フィルムやセンサーに光が当たって画像として記録されます。
シャッターが開いている間にカメラが動くと画像が二重になったように写ります。これが手ブレです。

手ブレには「手ブレ限界シャッタースピード」というモノがあり、35mmフィルムカメラでは一般的にレンズの焦点距離分の1が手ブレの起きる限界点と言われています。この限界点は一般論であり、カメラの構え方で前後します。

手ブレ補正はカメラがどのくらい動いたかというのをセンサーで検出して、カメラの動きを打ち消す方向にセンサーや手ブレ補正レンズを動かすことによってブレを打ち消します。
センサーを動かす方式はデジタルカメラのみでしかできない方式ですが、レンズを使用する方式はフィルムカメラでも手ブレ補正が可能です。

手ブレ補正が最も有効に働くのは望遠レンズを使用した時です。
200mmのレンズを使用した時の手ブレ限界シャッタースピードは1/200秒ですが、手ブレ補正機能があると1/60秒での撮影が可能になります。
同じ条件で1/60秒で撮影しようとすると息を止めたり壁などに寄りかかって撮影しないとぶれやすくなります。手ブレ補正があるとその様なことをしなくても失敗は少なくなります。

補正効果4段とか5段などとありますが、段数が増える(シャッタースピードが遅くなる)と成功率は当然下がります。補正無しよりは成功率は高いのですが…

デジタル一眼の場合ですが、撮影するたびにそんな計算は中々出来ないので、レンズの実焦点距離分の1までシャッタースピードを落としてもぶれないと考えた方が無難です。なぜなら、デジタル一眼の殆どの機種では焦点距離は1.5倍以上になるからです。200mmのレンズなら300mm相当となるので通常ならシャッタースピードが1/300秒以下になるとブレやすくなりますが手ブレ補正を有効にすれば1/200秒でもブレないと言うことです。

28mmのレンズだと1/2秒(0.5秒)まで理論的には大丈夫ですが実際には慣れないと難しいでしょうね。

運動会などでは望遠レンズが活躍しますが、その時は手ブレ補正があると便利でしょう。
夜景などの撮影では三脚使用が基本です。三脚が使えないような場所でも手すりなどの固定物を利用して撮影するようにしましょう。

経験を積めば手ブレ補正に頼り切ることは少なくなります。経験豊かなベテランは手ブレを起こさないような撮影術を体で覚えているので「無くても構わない」と言う人が多いモノです。でも「あれば便利」と言うのが本音です。

まず、手ブレとは何かご存じですか?

カメラはシャッターが開いている間フィルムやセンサーに光が当たって画像として記録されます。
シャッターが開いている間にカメラが動くと画像が二重になったように写ります。これが手ブレです。

手ブレには「手ブレ限界シャッタースピード」というモノがあり、35mmフィルムカメラでは一般的にレンズの焦点距離分の1が手ブレの起きる限界点と言われています。この限界点は一般論であり、カメラの構え方で前後します。

手ブレ補正はカメラがどのくらい動いたかという...続きを読む

Q走行距離26,000kmでタイヤ交換

タイヤ交換のついて伺います。
現在の車オデッセイを約5年近く使用しています。走行距離は少なく約26,000km。
先月、右前輪がパンクしていることが判明し修理しましたが、タイヤ交換を薦められました。
走行距離が少ないので未だ交換しなくても良いかなと思いましたが、5年経過すると劣化もあるでしょうし…。
交換した方が良いでしょうか?アドバイス願います。
交換する場合、ブランド品にはこだわりませんが、どのようなタイヤがお薦めでしょうか?
タイヤ規格は215/60R16 95Hです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

4本全ての交換をお薦めします。5年も経過すればゴムの劣化・硬化が進行しており、雨の日に
曲がらない・止まらないが新車時より顕著になります。「もったいない」と思われるでしょうが、
万一の時に危険を回避出来るかどうかを考えれば決して高くはないと思います。
オデッセイのような重量級であればMP4やDNAmapといったミニバン用タイヤが無難でしょう。お薦めは
少し高めですがDNA GRANDmap ES450です。エアバルブも同時に交換されて下さい(これも消耗品です)。

Qデジタル一眼レフカメラにおける手ブレ補正の効果

現在私はデジタル一眼レフカメラの購入を検討しています。
迷っています。手ブレ補正があったほうがいいのかなくても問題なしなのか。
いろいろなサイトで公開されている、購入を検討している手ブレ補正機能のないカメラで撮影した写真をみるとすごく奇麗に撮れています(撮影者の腕もあるんでしょうが)。
もしこれを手ブレ補正機能付きのカメラで撮った場合はより奇麗に撮れるものなのでしょうか。(ここでいう奇麗というのは手ブレによる不要なボケがないという意味です。)

手ブレというものは、(画像では人間の目には見えないかも知れないが)どんな場合でも起こっており、手ブレ補正機能はそれを知らず知らずのうちになくしてくれているんでしょうか。

手ブレ補正機能の有無による差額の2,3万円で迷っています。

回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

手ぶれ補正のないカメラを使えば手ぶれにはかえってシビアになります。日中でも必ず三脚に固定してケーブルスイッチを使ったり明るいレンズと高速シャッターを選ぶなど慎重に撮影します。また、手ぶれしてしまった写真を作品として公開することはあり得ないでしょう。サイトにキレイな写真ばかり並ぶのはそのためです。
手ぶれ補正が付いているからと言ってラフな撮影をすれば、手ぶれします(経験談)。手ぶれ補正は保険程度に考えて、基本に沿って撮影することをおすすめします。手ぶれしなくても、被写体ぶれやオートフォーカス失敗によるピンぼけで失敗写真になることも多いですから。

手ぶれ補正が必要かどうかは撮影スタイルにも依ります。シャッターチャンス優先でのスナップ撮影が多いのならば、手ぶれ補正の効果はあります。逆に風景撮影やブツ撮りなど、構図や絞りを吟味するため三脚が必須の場合は必要ないとも言えます。

Q14インチのホイルに15インチのタイヤは

いまは195-65-14のタイヤをアルミホイルにはめてます。

そこで質問ですが。

(1)このホイルでは15インチのタイヤは付けられないのでしょうか。

(2)タイヤとオイルの関係と言うのはどうなっているのですか。

情報が少なすぎて答えられないと言われるかもしれませんが、答えられる
範囲でお願いします。

Aベストアンサー

>今つけている195-65-14を195-65-15に変えてもやはり燃費は悪くなるのでしょうか。

タイヤの幅が変わらなければ燃費に影響はほとんど出ないと思います。
ただ、タイヤの外径が大きくなると速度計、距離計に影響が出ます。

実際の速度よりメーター表示が少なくなります、距離計も実際の移動距離より少なく表示されます。
なのでメーターの距離から計算した燃費は悪い数字になるかもしれませんが、同じ速度で走行した場合、タイヤ外径が大きい方がエンジン回転を低く出来るので実際の燃費は逆に良くなる場合もあると思います。

速度計の誤差が基準を超えた場合車検に通りません。10%の誤差は許容範囲なのでその範囲に収まれば問題ありません。


人気Q&Aランキング