中小企業の働き方改革をサポート>>

*---* 問題です *---*

1段目が5つで、5段目が1つの、逆ピラミッドのような形に15個のマスがあり、1番上の5つのマスに1~15の異なる整数を1つずつあてはめる。
このとき、2段目以降のマスはその上の段の両隣のマスの数の差の絶対値を記入するものとして、全てのマスに最終的に1~15の数が1回ずつ現れるようにするには、1段目の5つの数はどのようなものにすればよいか。

*---* 問題ここまで *---*

例えば、1段目に 「2」「14」「15」「7」「11」と書いたとすると、2段目は「12」「1」「8」「4」となります。
(ちなみにこの例だと3段目の一番左が「11」となり、1段目の一番右とかぶるのでダメです)
いろいろ考えてみたのですが答えが出ません。よろしければ答えだけでなくその答えを導くための考え方(例えば、1段目に必ず「15」が必要で~・・・など)などもちょうだいできればうれしいです。
なお、この答が仮に「そんな5数は存在しない」ということであれば、それがどうして言い切れるかを教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (7件)

「もしそうなら、問題を入力してから80分ほどで答を見つけ出したその過程についてもう少し聞かせてくださいませんか?^^楽しみにしています!!」



「google」です。(^^;

ページの載せ方が悪かったみたいです。私は解答を導いていません。 m(_ _)m
新たに、こちらのページを参照してください。「答105」です。(爆)

http://www.shirakami.or.jp/~eichan/math/mathfr.h …

参考URL:http://www.shirakami.or.jp/~eichan/math/mathfr.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

見ました、どうもありがとうございました^^

お礼日時:2005/10/20 07:54

以前、参考URLにあるページで回答したことがあります。


一般式で書いているのでわかりにくいかもしれませんが、5段のものだと、
 1段目:1-15までどれでも入る。15は必ずここ。
 2段目:1-14まで
 3段目:1-12まで
 4段目:1-9まで
 5段目:1-5まで
となります。5段目から作っていくと少しは楽に回答に至れると思います。

この問題、5段までは存在し(複数回答があるものもあります)、6段以上は存在しないことが証明されています。証明は7ページあるので、ご興味がありましたら原文を入手することをおすすめします。

この問題のエレガントな証明:
BULLETIN OF THE INSTITUTE OF MATHEMATICS ACADEMIA SINICA Volume 5, Number 1, June 1977
p191-197
タイトル:EXACT DIFFERENCE TRIANGLES
著者:G.J.CHANG, M.C.HU, K.W.LIH, A.C.SHIEH

参考URL:http://72.14.203.104/search?q=cache:wvhsuqXf4ZIJ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

しばらく多忙のためネットに接続していませんでした。
原文を一度読んでみようと思います。どうもありがとうございました^^

お礼日時:2005/10/20 07:52

先ほどの回答の下のほうで


 13の右隣は奇数でなければならないので 13-2 は×
としたところは
 2はすでに使用済みなので 13-2 は×
に訂正してください.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

下のも含め読んでみましたが、偶奇を考えるという考えには至りませんでした・・・修行不足を実感しています><どうもありがとうございました^^

お礼日時:2005/10/20 07:53

一番上の段に15が必要という以外の絞り方としては,


偶数と奇数の並びに注目するという手があります.

1~15の中には偶数7個,奇数8個があることから,
一番上の段は
 (1) 偶偶奇偶奇
 (2) 奇偶偶偶奇
 (3) 偶偶奇奇奇
 (4) 奇偶偶奇奇
 (5) 偶奇奇奇奇
の5パターンのみが許されます.

次に,縛りのきつい差の大きいものを考えていきます.
例えば,
 差14:15-1
 差13:15-2 = 14-1
 差12:15-3 = 14-2 = 13-1
 差11:15-4 = 14-3 = 13-2 = 12-1
のようなものがパターンが少ないので
そのあたりから埋めていきます.

具体的には,先ほどの
 偶偶奇偶奇
の場合,一番上に15がくることから
 偶偶15偶奇
 偶偶奇偶15
の2通りがあります.

次に,15の隣に14がきて差が1か,
15の隣に1がきて差が14かのどちらかでしか
14は作れないことを考えると,
 偶14,15偶奇
 偶偶15,14奇
 偶偶奇14,15
 15,14偶偶奇
 偶14,15奇奇
 偶偶15,1奇
 偶偶1,15奇
 偶偶奇15,1
 偶偶奇1,15
 15,14偶奇奇
 奇偶14,15奇
 奇偶偶15,1
 奇偶偶1,15
 14,15奇奇奇
 偶15,1奇奇
 偶1,15奇奇
 偶奇15,1奇
 偶奇1,15奇
 偶奇奇15,1
 偶奇奇1,15
の20パターンです.
すでに20通りも候補が出てきたので,
このやり方が最善かは自信なしですが,
これ以降はそんなに増殖しないと思います.

さらに続きの解き方を
 偶14,15偶奇
のパターンを例に見てみると,
現時点で2段目までは
 偶14,15偶奇
 偶1奇奇
となっています.
こkで,13が 15-2 or 14-1 のみでしか作れないことに注意すると,
今の例の場合,15の右に2を置くしかありません.
すると,
 偶14,15,2奇
 偶1,13奇
 奇12偶
となります.

この段階で12も決定したので,次に11を考えます.
11の作り方は
 15-4 = 14-3 = 13-2 = 12-1
の4通りありますが,
 15の両隣は埋まっているので 15-4 は×
 14の左隣は偶数でなければならないので 14-3 は×
 13の右隣は奇数でなければならないので 13-2 は×
 12の左隣に1を埋めたいが,1は使用済みなので×
というように今の例ではこの段階で破綻します.


あと,19種類だけ(TT) なので計算機に頼らずとも
答えが導き出せると思います.
    • good
    • 0

こちらをご覧下さい。


http://www.shirakami.or.jp/~eichan/math/exxx/ex1 …
この中に同じ問題があります。
なので、「~そうです。」のような表現を用いました。

また、ポイントは私では無く、他の方に付けてください。
調べた結果がたまたま該当しただけですから・・・。 (^ ^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サイトを確認しました。
コンピュータで確認したといわれてしまうと、「そうなんだ」で終わってしまってちょっと感動があせてしまいました。笑
でもこれね、このサイトには一切答が書いてませんよね?唯一性については確かにかかれていますが・・・。
ということは、edominさんは答えを自力で見つけられたのですよね!?もしそうなら、問題を入力してから80分ほどで答を見つけ出したその過程についてもう少し聞かせてくださいませんか?^^楽しみにしています!!

>ポイントは私ではなく、他の方に・・・
すいません、却下させてください。笑 20pt差し上げますので☆

お礼日時:2005/10/07 10:54

最上段のみ・・・



「13」「3」「15」「14」「6」
5段はこれしか解答がないそうです。

また、6・7・8段には解が存在しないそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます!
今確認してみましたが、確かにその通りで感動しました☆
問題と解答、そういう意味ではこれてパーフェクトなのですが、私の質問には実は半分しか答えてくださっていません・・・
edominさんは回答してくださるに当たり「~そうです」といういわゆる「伝聞」の言い回しを使われていますが、実際に誰かに聞いたり、調べたものを引用したりしておられるのですか?
ただ単にひたすら試していくのではなく、論理的に答えを導く(下の方のお礼のところに私が書いています、「15が最上段に必要」など)導き方など、どんなお話でも結構ですので、もう少しお話を聞かせて下さいよ^^

誠に勝手ながら、edominさんは10pt確定の方とさせて頂き、あと1~2日回答期間を設けさせておいていただくこととします。
どうしてその答えが出てくるのか・・・とても興味深いところです。edominさん、飛び入りの方もどうぞよろしくお願いいたします!^^
(このお礼をえらそうな言い回しに感じてしまった方にはお詫び申し上げておきます。)

お礼日時:2005/10/07 10:06

別に計算したわけでも、


答えにたどり着いたわけでもないですが、
一番上の段には確実に「15」が必要ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます^^確かにその通りですね。
あと、例えば14は最上段に書くか、もしくは最上段に15と1を並べるかしないとダメなんですよ。みたいなこともわかりますよね^^
よろしければもう少しおつきあい下さいな♪

お礼日時:2005/10/07 09:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三角形に数字を当てはめる問題です

①~⑨を使って三角形の角と辺の〇に数字を入れ一辺の和が三辺とも等しくなる問題です。一辺に〇が4個合計9個あります。
条件として三角形の角にはそれぞれ①②③が来て、間の辺に④~⑨が入ります。

途中まで考えましたが①と②の間が最小なんで最大の⑨が入り。②と③に間に次に大きい⑧が入り③と①の間に⑦が入り、そして一辺の和が17になるまでは、ナゼ和が17になるのか説明出来ないのです。
なにか簡単に解ける数式があるのでしょうか?因みに小6の宿題です。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.1と同じですが平均は少しわかりにくいのでこのように考えます。
辺に沿って4個の数を足すと一定の数になるのでその数を□とします。
3本の辺ですべて足すとその和は□の3倍になります。
各辺の○の中には1~9までの数字が入っていますが、□の3倍は1~9までの和45になるでしょうか。この問題のポイントはここにあります。
1~9までの数を1回ずつ足したのなら45ですが、この問題のように3本の辺を1本ずつ足すと頂点の数は2回ずつ足すことになるので結局□の3倍は45より1+2+3=6多くなります。
□の3倍=45+6=51 なので、□は51÷3=17になります。
難しいですね。1回やれば分かるのですが、初めてなら私は解けないだろうと思います。

Q小5の算数問題がわかりません

子供の算数ドリルの問題を聞かれたのですが、わかりません・・・(汗)
そう言えば、子供の時もこんな問題でつまづいていたような覚えがあります。
この機会に、スッキリさせたいです。
考え方&解き方をどなたかご教授くださいませ。
(実際は「図」が書いてあるのですが、ここには書けませんので、何とか文章だけで理解してもらえるようにがんばります。)

<問題>
正方形の色板を階段状に並べていきます。
・段の数と色板の数の増え方は、下記のとおりです。
段数1・2・3・4・5・6・・・
色板1・3・6・○・○・○・・・・

「1」色板の○の部分に入る数字をこたえなさい。
「2」色板の数が55枚のとき、段の数は何段になりますか?

このような問題です。「変わり方の決まり」というくくりの問題でした。
小学生の問題ですので、方程式は使えません。
アホな親でも、子供に説明できるように、どなたか教えて下さい(泣)
お願いします。
ちなみに、主人と考えても方程式を使ってしまい、わかりませんでした・・・。

Aベストアンサー

この場合は
N段目までの合計は1段目からN段目までの段数の合計です。
1段目 1
2段目 1+2
3段目 1+2+3
4段目 1+2+3+4

いっぱんに
D個づつ増えるときは
(最初の数足す最後の数)×段数
これを2で割ったものです。
1/2(初項+終項)項数
です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報