中小企業の働き方改革をサポート>>

来月ガーナ国籍の主人とアメリカに新婚旅行に行くはずでした。航空券も手配して準備を進めていたのですが、主人のアメリカの観光ビザを却下されてしまい、いまどうしていいものか困っています。却下の理由としては日本の滞在期間が短く、まだ日本に居住する定着性や繋がりが見えないことがあげられたいました。こんなに厳しいとは思っていなかったので驚きを隠せません。米国大使館に相談したら渡航先を変えるようにとアドバイスを受けました。旅券ももう買ってしまっていて変更キャンセルには高いお金がかかってしまうため、アメリカ行きのチケットを利用して他の国(主人のビザのいらない国)のトランジットして行こうとも考えました。行き先はジャマイカへと思っています。しかしトランジットもアメリカでビザが必要になると聞き、また状況が変わらなければ通過ビザすら取れる確立は少ないとある人から助言を受けました。せっかく有休をとっていく予定でしかもお金もこのために貯めていたのに・・と悔しい思いでいっぱいで諦めよと思う反面諦めもつかないでいます。外国籍でアメリカに行くにビザが必要となる国はアメリカからジャマイカに行くにも必ずチケットを所持していようが通過ビザを持たない限りジャマイカ行きの飛行機に乗ることは難しいのでしょうか?また他に方法はないのでしょうか?なんで構いませんので情報を教えてください。また同じような経験にあわれた方もお話聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

アメリカ在住者です。



なんどかアメリカにvisaが必要な国からの申請の手伝いをしましたのでアドバイスを書きます。
基本的にはvisaが却下されれば、アメリカには通過だけでも入国することはやはりできないのです。
乗り継ぎの前にアメリカ入国があり、そこで強制帰国させられてしまうことになりますから。
そうしたら、キャンセルするよりお金もかかるし、アメリカへは不法入国しようとしたということになり3年から10年にわたりアメリカに入国することができなくなります。
国際情勢はわかりませんが、今後ガーナとアメリカが友好な関係になりvisaなし入国を認めるようになってもそのときに入国できなくなることもありえます。
アメリカはご存知のとおり、911以降、自国への入国に関し厳しい態度で臨んでいます。visa waiverのある国でもvisaがなくていいというだけで、入国の厳しさは以前の比ではありません。

まだ1ヶ月あると言うことなので、チケットはキャンセルしたほうがよろしいと思います。
それから今後はどちらに行くにしても、visaが必要な国に行くときはvisaの手続きを航空券より先にしたほうがいいですよ。
旅行代理店はチケットが売れればあとは人ごとですからアドバイスも法律に詳しいものがしているわけではないのです。
この点はよくvisaや入国の際にトラブルにあった日本の方が「旅行会社に大丈夫と言われた」云々のことを言いますが、実際は旅行代理店は法律上や確信があっていっているわけではないのですから。
自分で情報を集めて、早めに行動することをお勧めします。
    • good
    • 0

ご結婚おめでとうございます。



せっかくのハネムーンが残念ですね。
残念ながら、大使館の判断を覆すことはできません。
米国は通過にも査証が必要ですので、トランジットにしても同じことです。

limone888様はアメリカにいかれたことがありますか?
アメリカの空港では、他の多くの国と異なり、全ての到着旅客に対して入国審査と税関審査を義務付けています。飛行機から降りると、全員が入国審査を受け、税関の後に入国と第3国への乗継に分かれて進みます。

今お持ちの航空券を使ったアメリカ経由ではちょっと無理そうですね。

また、査証は入国許可証ではなく、各空港にいる入国審査官に対しての、身元審査終了通知のようなもので、申請や審査の内容が全て報告されます。
最終的に可否を決定するのは入国審査官ですので、査証があっても不許可になることもあります。

ジャマイカに行くにもアメリカ経由ではなく、カナダ、オーストラリア/中南米経由などの方法があります。
ジャマイカを含め、それぞれの大使館に問い合わせてみてください。

あわせて、在日ガーナ大使館で、ガーナ国籍の人が無査証で行かれる国(査証相互免除協定のある国)や経験的に査証の取りやすい国を調べてみてください。


>旅券ももう買ってしまっていて、とありますが「旅券?買う?」です。航空券の間違えですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

私はアメリカに行くのは初めてです。今回彼の家族訪問を兼ねていく予定でした。
今まで訪問した国では日本人だからというのもあると思いますが、入国審査や税関審査で厳しいという印象を受けたことがなかったので、アメリカがそのようなシステムになってるとは驚きです。
opechanさんのコメント大変わかりやすく納得させられました。下記でも記述いたしましたように、次の機会にしようと思います。おそらく来年でしょうか??それにむけて、またきちんとした下調べをしていきたいと思います。お金も貯めなきゃな~

アメリカも永住権が取れるまではいけませんね。残念ですが今回は現実を受け止めようと思います。

お礼日時:2005/10/07 12:40

日本人を一番大事にして少しぐらいは目をつぶっていたハワイでさへ、入国は厳しくなりました。

入国の可否の決定権は審査官にありますので、一度「NO」といったらハワイより直ぐにリターンをしなければいけません。荷物検査もアメリカは厳しくなりました。日本の外務省、USVIZAのサイトを開いて相談。(弁護士がよい方法を提供・・・有料です)
何とかいけるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。ハワイもなんですね。グアムも厳しくなったと聞いたので、規制がどんどん厳しくなっているようで、嫌な世の中になりつつあるなぁ、てこんなところでも感じてしまいました。世界はグローバリゼーション、国境のない時代と詠いつつ世界は今どんどん移民を拒否し観光でさえも厳しくなっているなんてこの先どのような世の中になっていくのか不安です。情報のグローバル化はどんどん進んでいる一方なのに、おかしな話です。

お礼日時:2005/10/07 15:47

アメリカの場合、外国からの便は、必ず入国と出国の手続きが有ります。


そのため、ビザが無いと、入国拒否、当然乗り継ぎ便へも乗れません。

現状では、航空券をキャンセルするしか手が無いと思います。
通過ビザを取るにしても、時間が無さ過ぎます。

カナダ経由のほうが、通過ビザは取り安いと思います。
その場合、アメリカ国内を経由しない事が必要です。

アメリカへの観光ビザは、かなり前(6ヶ月くらいかかる場合もあるとか聞いています)から申請する必要があります。

ビザが免除されている日本人とは、雲泥の差があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も『日本人配偶者がいるから~』というので甘く考えていました。今回は諦めてまた次のチャンスにしたいと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/10/07 12:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング