以下の特性はどう言う物か、大きい方がいいのか悪いのか、と言う事を教えて頂けないでしょうか。特性の意味もわからず、単位の意味も判らず、数値が大きい方がいいのかも判らず、困ってます。助けてください。宜しくお願いします。
(1)接点定格
(2)接触抵抗
(3)絶縁抵抗
(4)耐電圧
(5)チャタリング
(6)回路抵抗

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

質問の事項は下記のとおりです。


(簡単に書いているので、もっと詳しく知りたいときは、補足ください)

(1)接点定格  電路を投入、遮断する時の電流にどれだけ耐えられるかの値(単位A(アンペア)
        使用する不可の容量に応じて変わります。
        一概に大きければよいと言うわけではなく、容量に応じて選定となります
        例) 2.2kwのモーターを運転するための開閉器の接点定格は10Aとなります

(2)接触抵抗  物と物との接触面積に応じて発生する抵抗値のこと。(単位Ω)
        (たとえば機器に電線等をつなぐときに電線と機器の接触しているところに発生します)
        電気的にはこれは少ない方が電圧、電流等のロスは少なくなります

(3)絶縁抵抗  機器と絶縁物間との間の値。(単位MΩ(メグオオム))
        具体的に言うと、100%電気を通さない物は無いので、
        どれだけ電気を通しにくいかの値。値は限りなく無限大に近い方が良いです
一般的には、大地と機器との間又は相間(電線間)での絶縁を計ります。
        
(4)耐電圧   機器が一定の電圧に耐えられるかを測定すること。
        例)150V以上の回路 1500V一分間測定
          300V以上の回路 2000V一分間測定
          高圧回路      22000V一分間測定
          以上の測定をして漏洩電流等が変化しないかを測定します
        よって、単位は有りません。

(5)チャタリング 機器の接点がON-OFFを短時間で(瞬間的に)繰り返すこと。
         回路構成上チャタリングは機器が損傷を受けることがあるため絶対避けなければなりません。

(6)回路抵抗   回路内の抵抗値(単位Ω)、回路内の抵抗、内部抵抗(電線,機器内等の抵抗)の総和です。

 以上となります。        
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q絶縁抵抗測定について教えて下さい。 給気ファン排気ファン等で絶縁抵抗を測定する際に電圧をかけます。

絶縁抵抗測定について教えて下さい。
給気ファン排気ファン等で絶縁抵抗を測定する際に電圧をかけます。
その電圧が回路に残っていると良くないので放電する対策があるみたいなのですが、具体的にはどんな方法で放電するのでしょうか?
放電する為の専用工具があれば、それも教えて下さい。

Aベストアンサー

5.被測定回路の放電
のところを参照。
http://denkinyumon.web.fc2.com/denkisetsubihosyu/zetuenteikousokutei.html
ワニ口クリップとピン型プローブが必要なようです。

Q抵抗の特性について教えてください.

こんにちは.私は機械工学を専攻している学生です.電気回路に詳しい方に質問があります.ある計測器からの信号の電位(0~10V)を0~5Vまで落とすために,可変抵抗(ボリューム)を組んだのですが,出力が線形とならずに非線形(上に凸の2次曲線)ででてきます.抵抗というのはこのような特性があるのでしょうか?また,こういう特性があるとしたら,他に電位を落とす方法(位相遅れがないもの)はないのでしょうか?よろしくお願い致します.

Aベストアンサー

補足拝見しました。
計測器の許容負荷値も問題なさそうですね。

可変抵抗器を、固定抵抗器2ヶに置き換えてもダメですかね?
その抵抗値を、1k→10k→100kと変えてみても同じ状況だったら、ゴメンナサイ。分からんです。

Q電線の絶縁抵抗の測定のしかた

電線の絶縁体の絶縁抵抗(MΩ・km)の測定のしかたについて質問があります。
私は今まで電線の導体と被服の絶縁体の間で測定するものと思っていたのですが
電線メーカのカタログ等には単位がMΩ・kmとなっており長さが入っています。
次のどの測定が正しい測り方なのでしょうか。
(1)私のこれまでの測り方で絶縁体の厚さ(実際は数mm程度)を1km当たりに換算する
(2)単位長さ(たとえば1m)の電線の両端の絶縁体部分で測定し1km当たり(1000倍)に換算する(電線には導体が入ったまま)
(3)(2)の方法で導体は入っていない絶縁体のみで測定
(4)電線で測るものではない

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

MΩkmの意味は電線の長さ1kmあたりの絶縁抵抗という意味でよいと思います。
これは外被が全長にわたって接地してある場合の心線-大地間の絶縁抵抗と考えればよいでしょう。電線の長さが長ければ長いほど、漏れ電流の流れる経路は多くなるため、絶縁抵抗は低下します。

例えば絶縁抵抗50MΩkmの電線の場合、
電線長1kmでは
絶縁抵抗=50[MΩkm]/1[km]=50[MΩ]

電線長5kmでは
絶縁抵抗=50[MΩkm]/5[km]=10[MΩ]

詳しい測定方法は、JIS C3005にゴム・プラスチック絶縁電線試験方法があるようなので、ひまなとき見てみます。

Q絶縁抵抗計について

以下のような問題があります。

問題
中央値が100MΩの絶縁抵抗計をつくりたい。
電流計として10μA計を用いるとすると
電源電圧は何Vを必要とするか。

この問題につまってしまいました。
答えとその導き方をお教えくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

方針だけ。

>中央値が100MΩの絶縁抵抗計をつくりたい。
電流計として10μA計を用いるとすると
電源電圧は何Vを必要とするか。

単純に考えるとE(V)の直流電源とr=100MΩの抵抗を接続した場合、10μA/2=5μAの電流が流れるようにすればいいというのが一つの解ですが、これだけだとショートしたときに電流計が壊れてしまうのでまずいと思います。
ということで、抵抗計自体にショートしたとき(r=0Ω)に10μAの電流が流れるような抵抗Rを測定回路と直列に接続しておくとします(問題でそこまで要求している場合)。この場合、5μA流れるとき、抵抗r+Rと電源が接続されていることになります。

2つの未知数、2つの条件なので連立方程式を使って解いてもいいですが、100MΩ増加すると電流が2倍流れるということは...。

Q絶縁抵抗試験についての質問です。

絶縁抵抗試験についての質問です。
試験前に、クリップ端子をアースに繋ぎ、棒端子を金属部分に当てて、0Ωを確認してから測定すると指導していただいたのですが、理由を教えてください。また、金属部分が無いときや、アース自体が無い場合は、どのようにして、測定をすればよいのでしょうか。ご回答のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アナログメーターの頃の(今でも使われていますが)名残です

短絡させれば針が右に振れ 0Ωをさししめします
電池が弱かったり 調整がずれていれば 0Ωを示しません。

短絡時には0オームとなって当然なので 短絡させてキャリブレーションを行います。

デジタルであっても 測定レンジを間違えていないかの確認にもなります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報