私は、英語の勉強をしており、いずれは英語を使う頻度の高い職場で働きたいと思っています。

現在のレベルはTOEICで650~700程度、会話となると、しどろもどろな状態です。留学、海外旅行の経験はまったくありません。

質問なのですが、海外に長期滞在の経験があり、英語が堪能な方から見ると、
私のように黙々と1人で英語の勉強をし、低レベルな語学力にもかかわらず、「いずれは英語を使って仕事を♪」なんて
夢見ている人は滑稽に見えるものなんでしょうか・・・。
「日本で机にかじりついたって無駄無駄っ。」
なんて風に。

日本しか知らない井の中の蛙で、
海外なんて夢の世界のようにしか感じない私は、
「もしかして、客観的に現実を見れていないのではないか?」と不安になったのです。まるで、幼い少女が「私、アイドルになりたいの♪」と夢見ているのと同レベルなのではないかと。。。

私の周りにいる英語が堪能な人は、特に英語の仕事に執着しておらず、
専門知識を活かして働いているように思われます。
そこには、「英語なんてできてあたりまえで、ひとつのツールにしか
すぎないんだから。」
というクールな姿勢が感じられてなりません。

夢に熱をあげている自分に、現実を教えていただきたいです。

でも、本当は、
「日本での地道な勉強は無駄じゃない!」
って信じたいんです。
「留学した人だって、自然に英語を習得したわけじゃない。
それなりに苦労したはず。」
という事を信じたいのです。

そうすれば、「私は留学したことないから。。。」
という劣等感と卑屈な気持ちをもたず、
日本に居るなら居るなりに、自信を持って邁進できる気がします。

まとまりがなくなってしまいましたが、
どなたかご意見いただけないでしょうか。

何卒宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中11~16件)

大丈夫ですよっ!! (^^ゞ


私の友達は、日本を一歩も出ないまま独学で勉強し、大学3年で英検1級を取りました。もう、英語はペラペラです。
本人が「英語をやりたいっ!」って一生懸命学んだから、しっかりと身についていますよ~。
自信を持ってください。

確かに「言葉」ですから、実際にその言葉が使われている国に行き、その国でその言語を話していた人の方が有利でしょうね。
でも、留学していたからといって必ずしも「素晴らしい」英語が話せたり書けたりするわけではないんです。
私の上司は「アメリカに留学して英語がペラペラ」というのが自慢の一つなのですが、酷いブロークンイングリッシュで、「話し言葉」のみです。
「英語が話せる」という事実はありますが、翻訳や通訳といった仕事をするには、改めて勉強をしなければいけないでしょうね…。

きっと、留学経験がある人や帰国子女といった方達のうち「英語」を生かした仕事に就いている人も、「話ができる」というレベルで満足するのではなく、より高度な表現方法や英語の言い回しについて、pinksodaさんと同様に一生懸命勉強したんだと思います。
皆、同じですよっ! 自信を持ってっ! (^_-)

自信がなくなったら、日本語を話す自分のことを思い出してください。
「国語」っていう授業で、色々な表現方法や漢字を学びましたよね。
ネイティブだって、これだけのことをやって、より高度な言葉を身につけていくんです。
敬語や丁寧語、難しい漢字は勉強しなければ手に入らない場合が多いです。
授業だけでなく、本を読んだり、色々と調べ物をしたり…ちょっとした独学も含めれば、やっぱり「勉強」しているんです。
普通に暮らしているだけでは「日本の社会人として通用する日本語」だって、手に入るか怪しいのですよ…? (←ちょっと極論ですが。^_^;)

言葉を「仕事」で利用するには、やはりそれなりの勉強が必要です。
そう考えれば、必死で勉強しているpinksodaさんの努力が報われないわけないですよねっ♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ayae様
>言葉を「仕事」で利用するには、やはりそれなりの勉強が必要です。
そう考えれば、必死で勉強しているpinksodaさんの努力が報われないわけないですよねっ♪

ありがとうございます!
とても励まされました。

勉強は長いマラソンですし、孤独な面も多いので、
つい弱気になったりしがちですが、
みなさんのように、温かいアドバイスをくださる方がいると、
本当に救われます。

みなさんのお気持ちを無駄にすることのないよう、
しっかり勉強して、必ず目標を達成します。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/17 16:52

語学上達と留学との関係ですが、あまり関係ないと思います。


アメリカへ留学しても1ケ月程度では全く上達せずに帰国するか、
スラングを覚える程度です。留学程度で英語が身につくなんて。幻想です。
実際に住まないと身につかないと思います。

語学上達の秘訣は環境だと思います。英語漬けの環境に浸ることです。
私事で恐縮ですが、中学校の時にNHKのセサミストリートをテープに録音して、
擦りきれるまで繰り返し聞きました。このお蔭で「英語が聞こえる」ように
なりました。
大学の時はESSでディスカッションとドラマを勉強しました。
練習、本番は当然、英語ですが、外人には一切習わず、全て学生同士で
練習しました。でも、あなたのように英語に熱を上げていました。
とにかく英語が好きで、自分の気持を「英語で伝えたい」と念じてました。
そうDeliveryですよ、会話は。
そのお蔭で「英語で話す」ことに恐怖感を持たずに済みました。
その間、留学どころか飛行機に乗った経験もなく社会に出ました。

その後、運輸関係に職を得て、海外から来日する現地社員と英語で
仕事しましたが、その時も不自由はしませんでした。でも私は英検2級です。
今は外資系商社で仕事してます。

我々は日本を話せますが、国語の試験に100点取れる訳ではありません。
勉強が必要です。それは英語だって同じことです。
留学の有無に関係無く、努力した人が上達します。

あなたが会話に自身が持てないのは、コンテンツが思い浮かばないからですよ。
英語は下手だからではありません。
英会話程度って人は言いますが、会話するにはコンテンツ、つまりは教養が
必要です。それにはあなたのような勉強が必要です。 
全然、間違っていません。そのまま、頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hanshin様
全然間違っていませんというお言葉、とても励まされました。
これでふっきれて迷い無く
勉強に打ち込めます。

現在お付き合いをしている人がアメリカの大学卒なので、
なんとなく劣等感と無言の圧力を感じていました。
その人からみれば、私が教材CD聞いたり、地道に勉強している姿が
おかしく見えるのかな、何て弱気になってしまったのです。

でも、私だって日本で英語力アップできるって
思ったら、胸をはっていられる自信が湧いてきました。

本当にありがとうございました!

お礼日時:2001/11/17 16:48

あくまでも英語はツールです。

いくら英語が出来ても、仕事が出来なければ何もなりません。帰国子女で有名大学に入り一流企業に就職しても、肝心の仕事が出来ずにドロップアウトしていく人は大勢います。
英語さえしゃべれれば・・・という時代ではもはやありません。既に英語が出来てあたりまえの時代になっています。

わたしは主に英語を使用する仕事をしていますが、TOEICは600点です。会話もしどろもどろですが、どうにかやっています。英会話は「半分は度胸」です。
いくらTOEICのスコアが高くても度胸がなければ話せません。逆にTOEICのスコアが低くても、英語でバシバシ会話している人は大勢います。TOEICなんて英語能力の目安にしかなりません。

大事なのは「英語をしゃべれるかどうか」ではなく「英語を使ってビジネスができるか」なのです。もちろん留学をしたり長期滞在をすれば英語をしゃべる能力は上がるでしょうが、問題は「どう使うか」なのです。
先ほども言ったとおり、英語をしゃべる人間が優秀ではないのです。どう使うか・・・、ということでは、日本で勉強しようが、海外で勉強しようが関係ありません。要はビジネスで何を語りたいか。それを英語で言うか日本語で言うかだけの問題です。

少なくとも今まで会った人間で、海外経験があった人間がなかった人間より有利だったということはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Naodon1020様
アドバイスありがとうございます。

>大事なのは「英語をしゃべれるかどうか」ではなく「英語を使ってビジネスができるか」なのです。

まったくおっしゃる通りだと思います。
それだけに、単なるツールのために毎日ほとんどの時間を費やし、
それを使っていかにビジネスをするか、という勉強まで手が回らないので
焦りが生じてしまいました。現在無職なので尚更不安で・・・。

でも、自分の環境で出来ることを、
「どう使うか」ということを念頭において学習していきたいと思います。
アドバイス本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/17 16:38

 TOEICで700点なんてすごいじゃないですか。

 私なんか日本を離れて外国で生活をはじめて何年にもなりますが、いまだに英語はうまく話せません。 仕事上英語を使わなければならないし、妻は外国人なので英語でしかコミュニケーションを取れないのに、なかなか思うようには上達しません。
 外国にいたほうが日本国内よりも外国語を使わなければならない状況が多いので上達は早いと思いますが、それも人それぞれだと思います。 私のようなぼんくらは、どこにいようが一緒のようです。 
 たとへどこにいようが、一生懸命勉強すればきちんと英語力はつくと思います。 大丈夫。 日本国内だって、外人はいっぱいいて、大分の人たちが英語を話すでしょうから、そのような人たちに声をかけて会話力をよりいっそう磨けば、外国へ行ったことがなくたって、英語ぺらぺらになるんじゃないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Tirelo-Setshaba様
アドバイスありがとうございました。
よい教材も豊富で、情報の収集も容易、e-ラーニングも安価でできる現代、
「海外いったことないから英語はできません」なんて言い訳は
できませんよね。
どこにいようと、努力すれば力になりますよね。
弱気にならず、頑張ります。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/17 16:22

某有名映画の翻訳家(英語の映画を見ると、台詞の翻訳でよく名前を見る方)のお話。



私はその翻訳家と学生時代からの友達の方との知り合いなのですが、彼女は学生時代英語はさっぱり出来なかったそうです。成績もいつもイマイチ。でも、映画にかける情熱だけはものすごく、その情熱だけで英語を覚え、今では売れっ子の翻訳家です。

要は熱意と努力じゃないでしょうか。TOEIC650~700もあれば、あとはもう一歩だと私は思うんですが!ごめんなさい、私は英語を使って仕事をしたり、ネイティブとベラベラ話せるほどでないので参考にならないかもしれないですけど・・・頑張ってください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ojory様
中1の時は英語がキライで、テストの平均点は20点程でした。
でも、ある日親が買い与えてくれた英語の教材テープに衝撃を受けました。
学校の先生とは違い、ネイティブの話す英語は音楽のようにリズミカルで、
メロディアスなものなんだと初めて知ったのです。
その時の感動から、英語に対する情熱がいまだ冷めません。

その翻訳家の方も、映画という自分を掻き立てるものがあったからこそ
大成なさったのでしょうね。

私も憧れというモチベーションは素直にもち続け、
努力していきたいと思います。

アドバイス本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/17 16:04

日本から出たことがないのに英語堪能なひとってけっこういます。


本気でやりたきゃどこでもできるってやつですかね。
通訳、翻訳家でも、日本を出たことがないっていうひといますし。
だから大丈夫。要は自分次第です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

massacre様
アドバイスありがとうございました。
要は自分次第なのですね。
勉強にいき詰まり、今やっている事が
報われる日がくるのか、つい不安になってしまいましたが、
報われるようにできるか否かも、自分次第ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/17 15:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

Q英語と母国語 英語学習していて思うのですが、英語学習と同時に母国語のレベルも上げないと、英語レベル

英語と母国語

英語学習していて思うのですが、英語学習と同時に母国語のレベルも上げないと、英語レベルが頭打ちになると思うのは偏見でしょうか?

通訳レベルの方々って母国語も上手いと思うので…

Aベストアンサー

かかれているとおりです。 英語に限らず、外国語はいくら堪能になっても、母国語以上にはなりません。

これはすなわち、母国語で多弁な人は、英語も多弁になります。 話しているときに、言葉を英語でいうか日本語でいうかの違いだけで、(もちろん英語には英語の言い方、日本語には日本語の言い方がありますが)、心に思うのはあくまで母国語です。

ただ、わたしは日本にいますが、家庭では英語だけ、一歩外にでると日本語だけになり、最近、二か国語を使う生活に疲れています。 それは、以前は、ここまでひどくはなかった、すなわち、常に日本語で考えていて、英語で話していたのですが、家庭で英語しかつかっていないと、頭のなかに浮かぶ言葉が、英語70%、日本語30%ぐらいになってしまい、独り言まで英語になるようになりました。

困るのは、仕事をしているときです。 職場では日本語しかないので、疲れたときなどは、つい思ったことを英語で言いそうになり、それだと「変な人」と思われるので、無理に日本語を意識して話そうとすると疲れるのです。 それと、話し手が日本語だと、テレビのようなきれいな日本語ではないのと、日本語は無意識にきけること、英語は出だしに重点があり、日本語の出だしは意味のないことが多いので、言いだしのところだけしか注意がいかず、肝心な動詞など日本語の最後の部分をきいていないことがおおくなりました。

それや、日本語の近い発音、たとえば人名の「中川、古川」などをしばしば間違えます。

二か国語を使わないといけないと、そうとう頭をフル回転させないといけません。 それで、どちからというと、わたしは母語の日本語も英語も、なんかへたくそになったような気さえします。

夢も英語でみる場合と日本語でみる場合があります。 寝言も同じようになります。 妻にきくと、寝言はわたしはよくいうようで、英語でいうときと日本語でいうときと、半々ぐらいだと言っていました。 ただしどちらも何を言っているかまではわからないそうです。

外国人と結婚しているような人とか、仕事で英語を使わないといけない人は極めて限られるので、お答えにはなりませんが、やはり外国語は使わない限りは上達もしないし、また、使わないと忘れるものです。 母語でもそれに近くなります。

ネットなどで外国人の友達をみつけて、いろいろ話をされるような努力をされないと、日本語だけの環境で英語が上達するのは無理があります。

かかれているとおりです。 英語に限らず、外国語はいくら堪能になっても、母国語以上にはなりません。

これはすなわち、母国語で多弁な人は、英語も多弁になります。 話しているときに、言葉を英語でいうか日本語でいうかの違いだけで、(もちろん英語には英語の言い方、日本語には日本語の言い方がありますが)、心に思うのはあくまで母国語です。

ただ、わたしは日本にいますが、家庭では英語だけ、一歩外にでると日本語だけになり、最近、二か国語を使う生活に疲れています。 それは、以前は、ここまでひど...続きを読む

Q英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電

英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと思っているのですが、電子辞書だけでは不安です。どなたか翻訳するのにいい文法書 教科書 をご存知の方がいたら教えてください

Aベストアンサー

>あまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと

翻訳者は辞書を使わないわけではないです。むしろ何種類も使うんだと思いますよ。

私は英語学習者なのでプロのことは分かりませんが、
辞書的なデータベースで便利なのは英辞郎です。
これは無料版ですが有料版もあります。機能が多いのかな?「データ提供」からダウンロードできるらしい。
http://www.alc.co.jp/index.html

文法書や教科書はご自分のレベル次第だと思いますが、調べたり参照するには旺文社の『ロイヤル英文法』なんかどうでしょうか。

Q中学レベルの英語も出来ないのに高校レベルぐらいまで英語が読み書き出来るようになりたい

中学生の頃、不真面目で英語の勉強を全然やっていなく
高校の頃には
英語の授業についていけず(中学生の頃もだけど)

全然ダメダメでした。


しかし

最近になって
英語に興味をもちはじめ

ペラペラは無理でも
せめて高校レベルぐらいの英語力は身につけたいと思いました。


参考書や
ゲームソフトなどで
よくある
初心者用の英語を身につけるモノを試しましたが

正直、それも
よくわかりません。(書いてある単語が全然分からないレベルです)




私は
どうやって英語を勉強すればイイんでしょうか?


入門用の参考書でもツラいので‥

中学の英語の教科書で勉強しようかと思ってるんですが


他に何か手はありますか?



よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
英語好きは仲間だ!と(勝手に)思っています。\^ー^/
質問の文章から感じたことをかかせてください。

 ●中学英語教科書はいいアイディアだと思います
実は、私もある段階で上級者の方に進められ、数冊購入して勉強しました。
文法の基礎を踏まえてきちんと話せるようにするには、中学英語が大事なんだよ、と長くアメリカに住んだ方が教えてくださったのです。また、音読することがこのステップでは大事のようです。

 また今の時点での私のお勧めですが、
手に入る中学英語(1~3年分が一冊になったものもあります)の参考書から、お気に入りのものを探し出し、一回それを終わりまで通して取り組んでみてください。
ここで大切なのは、その本を選ぶときにあくまで自分のきもちに正直になることです。
 
 ●自分が好きだと思える文章スタイルで書かれている
 ●ちんぷんかんぷんではない
 ●見ただけでいやになるようなページ構成ではない(文字がぎゅう詰めとか)
 ●つい笑わされてしまうようなイラストや例文、コラムがある
 ●本を書いた人と話が通じるような気がする
などなど
そんな頼りになる友達参考書を時間をかけてさがしてください。

中学英語の勉強が一通りすむと、自分の好きな分野の現代文を辞書と首っ引きで読めるようになると思います。そうなったらうんと楽しいですよ。
話すことも目標のひとつならば、会話のサークルなどに参加するのがとてもよいとおもいます。

また何かでお会いしましょうね!

こんにちは。
英語好きは仲間だ!と(勝手に)思っています。\^ー^/
質問の文章から感じたことをかかせてください。

 ●中学英語教科書はいいアイディアだと思います
実は、私もある段階で上級者の方に進められ、数冊購入して勉強しました。
文法の基礎を踏まえてきちんと話せるようにするには、中学英語が大事なんだよ、と長くアメリカに住んだ方が教えてくださったのです。また、音読することがこのステップでは大事のようです。

 また今の時点での私のお勧めですが、
手に入る中学英語(1~3...続きを読む

Q英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?ご存知の方、教えてください。

英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?自分で入力した英語の本文を日本語に翻訳させたいんですけど・・・ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

Web上でできる簡単なものでよければ、以下のようなものがあります。
私自身、英語文章を書く際、ちょっとした確認をするのによく使っています。

◆Yahoo!翻訳(下部の翻訳結果欄で単語ごとの訳語を確認でき、辞書にもリンクしてあって便利です。)
http://honyaku.yahoo.co.jp/

◆Google 翻訳(対応言語がすごく多いです)
http://www.google.co.jp/translate_t?hl=ja

◆excite 翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

Q外国人の友達に英語で日本語について聞かれました!なんて訳し、なんて英語

外国人の友達に英語で日本語について聞かれました!なんて訳し、なんて英語で返答すればいいのでしょうか?みなさんのお知恵をおかしくださいm(_ _)m

When is it right to use "boku" and when is it right to use "watashi"?
Is is true that watashi is more formal? Or is watashi is to be used my females?
I tried to look up the answer online

Aベストアンサー

「私」と「僕」の使い方ですよね。

まず、

・「僕」は男しか使わない。

・「私」も「僕」もフォーマルな場で使う。

・「僕」は男の子が子どもの頃使う。

・大人が名前のわからない男の子に対して、親近感をあらわす時の呼びかけでも「僕」を使う。
 (hey guys みたいな感じ?  kids って言うとバカにしたようになる。)

・「僕」は政治家も使う。
 特に「自分は」と自己主張をするとき大人の偉い人は、「私」ではなく強いインパクトを与える「僕」を使う。
 私の方がやわらかく感じるので、主張したり訴えたりするときはワザと「僕」を使う政治家や小説家・評論家がいる

・「わたし」は正式な場で男も女も使う。



日本語には一人称の言葉が多い。
「わたくし」「あたし」「あたい」「俺」「あて」「おいら」特殊バージョンとして「俺様」など状況によって使い分ける。

・天皇陛下のみ自分のことを朕と言う。


で、要するにどういう場面でどれを使うのが正しいか というわけですが、企業で商談をしているときは、「わたし」を男女とも使う。
「僕」を使うと、カジュアルになり商談の場にふさわしくないし、相手に対して失礼になる。


個人的な付き合いだと「わたし」はかしこまりすぎるので、男は「僕」「俺」を使う。
酒の席などで盛り上がっているとき、男は「わたし」を使わない。

虚勢を張る場合は「僕」ではなく「俺」を使った方がインパクトを与える。


彼女の前で男は「わたし」は使わない、僕か俺かオイラ。

ただしオイラはかなりくだけた言い回し。相手に親近感を印象づける。


要するにシチュエーションに応じて使い分けるわけで。


日本語は性別によって使う言葉が違う。
英語も 同性愛の男の人で女側の役割の人はI like といわず I love と使う分けるが、日本語の場合 もっともっと違いがある。

ただし正式な場では男女ともほぼ同じ言葉を使う。
だから論文などの文章だと、男が書いたものか女が書いたものか主語だけではわからない。

話し言葉調の文章だと、性別がすぐわかる。




日本人だって大人になっていきなり使い分けられるようになったわけじゃなく、周りの人が使っているのを見て真似して使い分けられるようになっていくわけで。



まあ 基本 公の場では「私」で、プライベートでは男は僕や俺と言い、女性は公の場でもプライベートでも私を使うと説明すればいいんじゃないかと。

英語で?  げふげふ。

 
     in puplic(公の場): in praivate(私的な場) 

men     watasi     :   boku or ore

women    watasi     :    watasi


と表にすればいいのではないかと。

「私」と「僕」の使い方ですよね。

まず、

・「僕」は男しか使わない。

・「私」も「僕」もフォーマルな場で使う。

・「僕」は男の子が子どもの頃使う。

・大人が名前のわからない男の子に対して、親近感をあらわす時の呼びかけでも「僕」を使う。
 (hey guys みたいな感じ?  kids って言うとバカにしたようになる。)

・「僕」は政治家も使う。
 特に「自分は」と自己主張をするとき大人の偉い人は、「私」ではなく強いインパクトを与える「僕」を使う。
 私の方がやわらかく感じるので、主張し...続きを読む

Q翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか

翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか
翻訳を仕事にするには、どのくらいの英語力が必要でしょうか。
例えば、TOEIC等では何点くらいの学力が必要でしょうか。

Aベストアンサー

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分類されますね。
電気、電気、電子、など知識を持っていないと使い物になりません。

私は現役時代、社内で英訳/和訳をやっておりました。家庭電気器具のメーカーで外国の企業の下請け/OEMをやっている会社でした。米国の主力メーカーから資料を貰い、その文書を日本語に訳したり、こちらからの開発提案を英語にして 
先方へ情報を流すような事をやっていました。先ず困ったことは、技術表現(日本語/英語両方で)、部品名(日本語/英語共に)、などを改めて現物で身に付けることでした。

私はTOEICは全く受験したことはありませんでした。必要を感じなかったので、、。英検は一回だけ定年の一寸前に、英語力を確認するために2級ならほぼ間違いなく取れるなと判断し受験しました。2級合格と言ってもピンからキリまであるので、なんとも言えませんが、85%ぐらいだったと記憶しています。100%取れれば大意張りできるでしょうね。2級と言うと軽く考える人が殆どでしょうが100%正解はかなり困難でしょう。社内の仕事なら、自分の解釈を相談できる人も身近にいるので英検準1級もあれば充分でしょう。無論、会社で扱っている製品の知識は技術者に準じるくらいあればOKです。

とわ言っても、翻訳業として開業して翻訳会社などから依頼を受けて本業とするには、其れこそ大いなる努力やツテも必要でしょう。生半可な考えでは、開業までは行き着かないでしょう。翻訳会社の募集に応募することと、翻訳学校の通信講座を受けて力を高めることも必要です。
                               

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分...続きを読む

Q恋 って英語でなんていうんですか? 愛 って英語でなんていうんですか?

恋 って英語でなんていうんですか?

愛 って英語でなんていうんですか?

Aベストアンサー

恋 like
愛 love

Q英語と翻訳について

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみましたが、ビジネスレターでの英文作成は難しかったです。
取引先の外国人には、あなたの英文は単純明快でわかりやすいと褒めら
れたのですが、上司は非常に日本人式の英語を採点するので、何が正しい英語なのか、その事業所自体も、判断が明確ではありませんでした。
上司もさほど英語ができるわけではなく、結局、バイリンガル、ハーフなどの専属の通訳や翻訳家などを外注で雇用しており、普通の語学力ではまったく太刀打ちできないことを痛感しました。
特に難しかったのは英語での電話対応で、フィリピン人や、中国人の人のほうが有利ということがわかりました。
そこで、私は仕方なく、簡単な英文入力、レター作成の仕事をしてきました。ただ英文を打つだけだったりするのですが、簡単な語学力で仕事になりました。
しかし私は英語を仕事にするのではなく、英語を使って何をするかということを考えていました。輸出入の貿易関係の通関の仕事の資格をとろうかと考えたこともありましたが、内容が実務的ではありますが、貿易関係の仕事に就くこと自体が、難しく、仕事内容は海外からの貨物や荷物の受け渡しなど、船舶関係の男の仕事だということがわかり断念しました。となると、英語の翻訳の仕事に私は目をつけました。
なぜなら、ハーフや在日の人は、英会話や英作文能力があっても、「日本語の文章力がない」ということに気がついたからです。
ということで、元からリーディングが得意だった私は、緻密な日本語力が要求される翻訳、技術翻訳などの仕事をしたいと思うようになりました。翻訳家の村上春樹さんが、実は英語が喋れないけど翻訳家という事実を知り、翻訳家は英会話ができなくても、机にかじりついて勉強すればできるのか。と思ったのですが。
知人で留学した人をみかけましたが、大抵は、その成果としては、簡単な電話の取次ぎ程度しかできず、英会話ができる程度でした。
やはり海外の大学へ留学した人は、それなりに高度な英語力があるのですが、わたしには海外へ渡航するだけの時間とお金の余裕はありませんでした。通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
やはり翻訳家になるにも、海外への渡航経験がないとダメなのでしょうか。どうすれば、翻訳家で仕事がとれるようになるのでしょう。(バイト等でもかまいません)
翻訳家は飽和状態なのでしょうか。仮に努力して翻訳家になれたとしても、技術翻訳なども知識が要るため、やはり英語力+専門知識がないと、独立はほとんど難しいのでしょうか。
医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。簡単な経理の仕事をした程度で、貿易関係の仕事は英会話力が要求されるので自分には向いていないと思いました。
単純に外資系のセクレタリーになりたいとかそういう考えはありません。自分にはそういうのは向いていないと思うのですが。
翻訳力を本格的にブラッシュアップさせるには、やはり高額な費用を払い、翻訳学校へ通うしかないのでしょうか。
翻訳の仕事は薄給と聞いたのですが、そうなのでしょうか。
日本語力には、さすがに私は日本語に関しては実はネイティブ(って当たり前)なので、自分の日本語力を高めるために漢字の練習などしています。中途半端な英語を生かす方法がわかりません。
私に出来るのはせいぜい、英語のタイピングと、雑誌などをよんで概要をざっと理解する程度の語学力です。
英語はあきらめたほうが無難なのでしょうか。
悩んでいます。
プロの方のご意見があればと思うのですが、皆さん、どうやって自分の語学力を向上、かつ仕事に役立てることが出来ましたか?

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみま...続きを読む

Aベストアンサー

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確に理解できるだけの十分な英語基礎力があった上での話です。
TOEIC500~600では、ちょっと難解な文法や言い回しが多用された文章を正確に理解することは難しいと思います。
原文が正しく理解できていないのに、日本語力でカバーしようとするのは「創作」になりかねません。それではプロとしての仕事は成り立ちません。

よって、質問者様の場合、英語の基礎力を上げることが第一だと思います。

ちなみに私も旅行程度の短期留学しか経験がありませんが、独学で965点を取りました。翻訳者に必要な英語力は国内でも十分得られます。


ただ、ご指摘の通り、TOEICで高得点がとれるから良い翻訳ができるというわけでもありません。原文の意図をしっかりと読み取れる語学力、正確にわかりやすく表現できる文章力、技術文書のスタイルに慣れていることなど、様々な要素が必要です。

これらは日英の技術文書を多読したり、日英対訳を使って自分の訳と比べてみたり、テクニカルライティングの勉強をするなど、努力次第である程度のレベルまでは学習できます。

ですが、やはり一番身につくのは実務です。また、翻訳者としてやっていくには「経験」がものを言います。フリーランスでやっていくにしろ、どこかに勤めるにしろ、経験がないと門前払いというケースが多いです。じゃあどこで経験を積むんだよ!というのが翻訳者志望の人のジレンマだったりします。

その点については、質問者様は英文レターの作成などに携わったことがあるとのことですので、それらの経験とアップさせたTOEICのスコアをアピールすれば、どこかで翻訳に関わる仕事にもぐりこめるかもしれません。
そして、その経験をアピールして、さらに翻訳的な翻訳の仕事へ・・・というステップアップも可能かと思います。


ただ、以下の点が気になりました。
>通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
>医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。

誰でも何もない状態から始めるのです。もし「難しくて無理」と今の時点で思っているのなら難しいと思います。

私も文系出身で専門知識も何もない状態から始めましたが、「無理」と思ったことはありません。「絶対になる」と決め、翻訳者に必要な資質を調べたり考えた上で戦略を練り、自分に足りないものは補充すべく努力してきたつもりです。

コツコツと勉強を続けることは大変なことですが、ショートカットはありません。
その過程を楽しめたり、そうでなくても自分の夢のためだと思って我慢できれば、道は開けるかもしれません。

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確...続きを読む

Q帰国子女レベルの英語力をつけるのに要する留学期間

 留学をして、英語力を帰国子女並みにするには、何ヶ月くらい必要ですか?
 もちろん、個人差はあると思いますが、目標とするレベルは、映画を字幕なしで問題なく見られる、とか英検1級とかです。
 今は、英検2級です。よろしくです。

Aベストアンサー

英検1級と通訳ガイドの免許を持っていて、通訳の仕事もしていました。
結論から申し上げると、英語力をつけるのに留学は必ずしも必要ありません。

一番必要なのは本人のやる気であって、留学にかけるのと同じ費用があれば留学しなくてもきちんとした英語は身につきますし、やる気が無ければ(留学しているというだけで満足してしまえば)何ヶ月、何年いても身につきません。

留学して効果が上がるのは、英語を学びに行くのではなく、何か自分の専門分野を深めるために留学するというケースです。
英語で専門分野を学ぶため、授業の準備やディスカッションの準備などを行なうため、英語を話そう、聞き取ろう、理解しようという意欲が英語だけを学ぼうとする時より強いように思います。

このような場合は人にもよりますが、1年位でもかなり力がつくと思います。

映画を字幕なしで問題なく見られるようになるのは、かなり大変です。
私もハリーポッターは結構いけましたが、たとえばアリーMY LOVEなどは、きついです。
映画を字幕なしでしっかり理解するには、同じ映画を何度も繰り返して見ること、繰り返して聞くこと、そして内容を英語の字幕が出るようなプログラムを利用して確認する、これを1本ずつやっていくとだんだん聞けるようになると思います。

ただ英語でコミュニケーションするのに、字幕なしで問題なく見られるほど聞き取れなくても不自由はありませんよ。
また帰国子女の方がみんな英語がうまいかというと、そうでもありません。
高校生くらいで帰国した方は、結局高校生の英語しか話せません。
ですから仕事で大人の英語を話そうと思えば、大人の英語を勉強しなくてはいけない事もあります。

確かに長くいらした方は、発音やリスニングはすごいなと思いますが。

長くなりましたが、自分のやる気とどれだけ勉強するか大切で、何ヶ月、何年留学しても勉強しない人は身に付きません。

英検1級と通訳ガイドの免許を持っていて、通訳の仕事もしていました。
結論から申し上げると、英語力をつけるのに留学は必ずしも必要ありません。

一番必要なのは本人のやる気であって、留学にかけるのと同じ費用があれば留学しなくてもきちんとした英語は身につきますし、やる気が無ければ(留学しているというだけで満足してしまえば)何ヶ月、何年いても身につきません。

留学して効果が上がるのは、英語を学びに行くのではなく、何か自分の専門分野を深めるために留学するというケースです。
英語で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報