gooID利用規約 改定のお知らせ

DVカメラで撮影した画像を素に
DVDレコーダーでDVDを作成する場合、パナソニックのEH70VでS端子から作成したDVDと
EH73VのDV端子から作成したDVDの画質の差の違いが
どの程度か知りたいという事です。
結局はデジタル画像がアナログ画像に変換されるのでそれほど差がでないのではないかと推測してるのですが?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

DV端子とS端子の画質差はほとんどないです。


DV端子もデジタル変換するので劣化します。
価格コムをある程度ご覧になればいくつかDV端子とS端子の画質差に関する記述があるので分かると思います。

参考URL:http://www.kakaku.com/bbs/Main.asp?FreeWord=DV%9 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考URLで同じ疑問をもつ人が
たくさんいたこともわかり、いろんな意見が大変参考になりました。悩みが解決しスッキリしました。

お礼日時:2005/10/08 12:29

 DV端子はデジタルのままレコーダーに取り込みますが、S端子はアナログに変換してから取り込みます。


 だからアナログへの変換をレコーダー内部でやるより、変換した後の転送ではノイズや信号劣化の影響を受けるなどで画質が落ちます。
 S端子は今となってはコンポジットに毛が生えただけの端子で性能も良くないので、DV端子からの録画と比べれば明らかに画質は劣ります。
 例えば服の模様などにクロスカラーが出やすくなるでしょう。
 DVとSでは歴然とした越えられない壁がありますが、最終的につくるのがDVDでは、多少劣化してたところで他にも劣化しまくる要因がたくさんあります。
 どこがケーブルの差による劣化なのかは、信号劣化のノイズに詳しくない人にはわかりにくいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
かなり専門的な知識をご披露していただき
納得度高し!でした。

お礼日時:2005/10/08 12:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QS端子ケーブルと一般のAVケーブル(赤白黄色のもの)の画質の違いは?

みなさん、こんにちは。

テレビとビデオなどを接続する際に、S端子ケーブルを使った場合と、一般のAVケーブル(RCAケーブルと言うのでしょうか?)を使った場合では、画質に違いがある(S端子のほうがいい)と聞いたのですが、その違いはどの程度のものでしょうか?
ぱっと見て、画質の違いがわかるのでしょうか?

よろしければ、ご回答お願いします!

Aベストアンサー

ケースバイケースなので、
実際に接続してみないと判らないというのが現実だと思います、
理論的にはS端子の方がいいのですが、
ソースとなる映像の記録状態でも違ってきますし、
映像によってはハッキリ映り過ぎる事でアラが見えてしまう事も充分に考えられますから、

それにS端子の方が心線が細くて長距離伝送には向いてなく(業務用機器では心線が細いし、ピンの折れやすいS端子は使ってません)、
受け手のTVなんかのくし型フィルタの性能が良ければ、
コンポジットの方が良くなる可能性は否定できないと思います、

また静止画にして比較すれば微細な差は比較できますが、
動いてる画面の認識では人間の目はそれほどの解像度を持っていませんので、
ほとんど差がないと感じてしまう場合もままありますね。

Qi.LINKケーブルをUSBに接続する方法

ビデオカメラで撮った映像をPCに取り込んで編集しています。
ビデオカメラはソニーHandycamのDCR-HC48という機種なのですが、
このカメラで撮った映像をPCに取り込もうとしたとき、
i.LINK(IEEE1394)ケーブルによる取り込み方法しかありません。

しかし、PC側にはUSB接続端子しか付いていません。

この場合、i.LINKケーブルからUSBにどのように接続したら良いでしょうか?

これらの間の変換アダプターのようなものも見つかりませんでしたので、
良い方法をご存知の方は、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

 下記サイトをご参照下さい。
  http://www.yodobashi.com/enjoy/more/productslist/cat_38974453_8784994/moid_all/st_0/un_10/sr_nm/226.html
  ノート用には、「CardBus接続」のものを使い、デスクトップ用には「PCI Express x1接続」か「PCI接続」のものを使います。

では。

QDV端子からPCのUSBにつなぐには

PCを入れ替えたところ、古いビデオカメラ(Panasonic NV-GS5)のDV端子からPC側へつなぐ口がありません。PCはUSBのみです。昔のビデオテープが編集できずに困っています。何か良い方法はありませんか。

Aベストアンサー

Panasonicが言うところの「DV端子」とはIEEE1394のことですね(SONYのi-Link、MacのFirewireも同じ規格に独自の愛称を付けただけで同じモノ)。

過去にIEEE1394をUSBに変換するアダプターもあったけど今は入手困難。ま、動作保証のないイロモノに近い商品(動作しなくても不思議じゃない、動けばめっけ物程度)だから、運良く見つけることが出来ても解決するとは思えない。

となると、新しいPCにIEEE1394インターフェイスを増設することになるけど・・・これも一筋縄ではいかなそう・・・

半ばビデオ専用端子と化して採用したビデオカメラが多かったIEEE1394だけど近年はUSB端子に置き換えられて、すっかり廃れた規格になってしまい、パソコン側の対応も少なくなっている。
増設するにも旧規格となったPCIバス、PCカード(CardBus)対応品が殆どで、最近のパソコンに採用されたPCI-ExpressやExpressCardに対応したIEEE1394インターフェイスは殆ど無い・・・現在入手可能な製品もあるけど、安易にお勧めできかねるブランドのモノなので紹介することはしません(そのブランドは、自分で検索できることが最低の条件か と)。

解決につながらないことをウダウダ書き込みましたが・・・
>何か良い方法はありませんか。
最低限、パソコンの型番が無いと具体的な解決策の提示も出来ないんじゃないか と。

Panasonicが言うところの「DV端子」とはIEEE1394のことですね(SONYのi-Link、MacのFirewireも同じ規格に独自の愛称を付けただけで同じモノ)。

過去にIEEE1394をUSBに変換するアダプターもあったけど今は入手困難。ま、動作保証のないイロモノに近い商品(動作しなくても不思議じゃない、動けばめっけ物程度)だから、運良く見つけることが出来ても解決するとは思えない。

となると、新しいPCにIEEE1394インターフェイスを増設することになるけど・・・これも一筋縄ではいかなそう・・・

半ばビデオ専用端子と...続きを読む

QminiDVからDVDにダビング又はPCに取り込む

 現在,miniDVテープを100本程度持っています。最近では,これを再生できる機械が少なくなったので,ビクターのSR-DVM70というビデオレコーダーを購入して,このテープをDVDにダビングして,保存しています。
 ところで,今年の正月にこのDVDを再生してみたところ,かなりの枚数のDVDがパソコンで読み込めなくなっていました。DVDの保存方法がよくなかったのかもしれません。しかし,3年前にダビングしたのがもう劣化しているという事実を見て,他の保存方法を検討しなければならないと感じました。
 ついては,次の2つの方法を考えています。
 1つは,今までどおり,miniDVテープをDVDにダビングする方法です。今度は,保存方法に気を付け,高温多湿を避けるというものです。
 この方法は簡単なのですが,miniDVからDVDにダビングする段階において,画像が劣化している可能性があること。さらに,DVDの画像を更にパソコンに取り込んで保存しようとした場合,更に画像が劣化するのではないかという不安があります。
 他の1つは,miniDVのデータを直接パソコンに取り込んでファイルとして保存する方法です。
 この方法のいいのは,AVI形式のファイルにすることができるので,パソコンを使用すれば,見たい映像を速やかに探しだすことができることです。DVDだと頭出しが大変ですし,早送りにも時間がかかります。
 ただし,私のパソコンには,DV端子がついていないので,DV端子のついたボードを購入する必要がある点で初期投資が必要です。ヤフーオークションには,10000万円以下のボードが出品されていますので,これを利用する方法を考えていますが,実際にどのようなソフトを使用して,どのようにしてパソコンに取り込むのか。また,ドライバーとソフト連携はとれているのかなど不安材料があります。
 もし,手軽にPCに取り込むことができるのであれば,この方法を利用したいと考えています。
 なお,現在使用しているパソコンのCPUは,自作でcore i7 3770Kですので,処理能力の点ではあまり問題ないと考えています。
 以上,なんでも結構ですので,アドバイス願います。

 現在,miniDVテープを100本程度持っています。最近では,これを再生できる機械が少なくなったので,ビクターのSR-DVM70というビデオレコーダーを購入して,このテープをDVDにダビングして,保存しています。
 ところで,今年の正月にこのDVDを再生してみたところ,かなりの枚数のDVDがパソコンで読み込めなくなっていました。DVDの保存方法がよくなかったのかもしれません。しかし,3年前にダビングしたのがもう劣化しているという事実を見て,他の保存方法を検討しなければならないと感じました。
 ついては...続きを読む

Aベストアンサー

SR-DVM70にはDV端子(IEEE1394)があるのでPCにDV端子(IEEE1394)があればそこから
なければIEEE1394の増設カードを取り付ければ直接PCに取り込めると思います。
IEEE1394のカードは10000万もしません、安いものだと2千円以下です。
http://kakaku.com/pc/interface-card/itemlist.aspx?pdf_Spec001=1&pdf_so=p1
PCIかPCI-Expressどちらか好きなほう(あるいはスロットの開いているほう)のものを購入してください。

PCにIEEE1394ボードを増設してminiDVの動画をPCに取り込んだ。
http://blog.goo.ne.jp/ukuleleonfire/e/6b09d22abd8cd96676ab70b8d3a8cc74
こちらを参照するとWindows Live フォトギャラリーで取り込めるようです。

QDV端子経由かS端子経由か

DV端子経由かS端子経由か
ビデオカメラのテープの画像をHDDレコーダーにダビングする時、画質がいいのはDV(iリンク)経由かS端子経由がいいのか迷っています。自分で見た限りではS端子経由かなと思っています。みなさんはどうでしょう?
ビデオカメラテープ→HDD→編集後DVD
勉強不足ですがDVケーブルの利点はキャプチャーの自動分割、自動OFFなどの利点しかがない感じがします。

Aベストアンサー

勉強不足ですね、
画質は感覚に頼る抽象的尺度なので、画質=解像度と定義すると
解像度限界はDVの方がはるかに上で、さらにDVはデジタル信号をデジタルでダビングできるので
劣化がありません、
が、ビデオカメラの解像度が480iどまりなら、解像度的にはS端子も同じです、
ただし、S端子はアナログ信号のため、ダビングは劣化がつき物です。

したがって、画質の良さを求めるなら
DVが使える環境にあるならS端子なぞ使う意味が無いものと思います。

QIEEE1394とS1映像端子の画質の違い

14年前にPanasonicのNV-DE3を購入してミニDVテープに動画を撮りためてきました。
ビデオカメラが壊れる前にDVDに保存しようと思っています。この機種には、IEEE1394の端子が付いており将来はこれで転送するのが標準かなとおもい購入しました。しかし私が買ったBlue-RayレコーダーにはIEEE1394の端子が付いていませんでした。S1映像端子はついているのでそれを利用してDVDを作っています。
そこで質問なのですがIEEE1394を利用して作成したDVDとS1映像端子を利用して作成したDVDとではどの程度画質に差が出るものなのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 見比べれば誰でもその差は歴然とわかるほどの差なんでしょうか。

歴然とわかりますね。ビデオカメラの録画方式の進化というのは、まさに映像の進化でもあるわけです。

> 60分のテープで約12GBでした。

PCにIEEE1394(i-LINK)で・・ということでしょうか。
PCに取り込む際には、一応編集するという前提がありますから、AVIというファイル形式で取り込みます。
IEEE1394経由だとデジタルで無劣化状態の状態で取り込むため、HDDには約4分で1GBの容量を消耗します。

一方、S端子で取り込んだ場合ですが、こちらは取り込み方法に差があるだけで、ファイル形式がAVIで同じなら、同じだけの容量を消耗します。

どちらで取り込んだ場合もアスペクト比(長辺と短辺の比率)は同じですから、同じだけのファイル容量になるわけですので、データ量が大きければ画質は良いというわけでもありません。

> DVDにすると1枚のディスクに収まるように変換されました。

DVDにする際には、最終的にMpeg2というファイル形式に置き換えられます。
1枚のDVDに入れるためには、Mpeg2というファイル形式に置き換える際の”ビットレート”と呼ばれる数値設定によって、キレイさ加減に変化が起きます。
つまり、無劣化で取り込んだはずのAVIファイルであってもDVDに書き込んだ段階でファイル変換によってなにがしかの劣化を生じます。(DVDにするためには仕方のないステップ)

従って、良い画質で取り込んで、なるべくビットレートを高くとって画質を落とさないようにする”意識”が必要なのです。
S端子から、既に劣化した画像を取り込んでDVD化しても、それ以上になり得ません。

> S端子を使って作るDVDも1枚のディスクに収まります。この場合は同じ画質ということでしょうか。

「1枚のディスクに収まります」という意味は、ソフトが勝手にDVDに実質的に書き込める3.5GB前後のサイズに圧縮してくれるためです。
仮に、3時間もののビデオでも1枚のディスクに収まったということであれば、相当に圧縮して書き込まれていますので、当然画質は落ちます。
その意味では「時間単位のデータサイズが大きい程、画質は良い」ということになりますね。

IEEE1394での取り込みについては、下記をご参照下さい。

 QNo.7803172

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7803172.html

> 見比べれば誰でもその差は歴然とわかるほどの差なんでしょうか。

歴然とわかりますね。ビデオカメラの録画方式の進化というのは、まさに映像の進化でもあるわけです。

> 60分のテープで約12GBでした。

PCにIEEE1394(i-LINK)で・・ということでしょうか。
PCに取り込む際には、一応編集するという前提がありますから、AVIというファイル形式で取り込みます。
IEEE1394経由だとデジタルで無劣化状態の状態で取り込むため、HDDには約4分で1GBの容量を消耗します。

一方、S端子で取り込んだ場合ですが、こちらは...続きを読む

Qi.LINK端子の付いたBDレコーダーの機種

通常BDレコーダーはi..LINK(TS)端子が付いていると思いますが
i.LINK端子が付いている製品をご存知の方教えて下さい。
私が調べた結果ではSONYのBDZ-AX1000(2000)ぐらいしかありませんでした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 パナソニックのi.LINKはTSとDVの兼用なので、TS入力用としてもDV入力用として使えます。中位機種以上なら搭載しているはずです。
 あとはシャープの上位機種はTS/DV兼用ですが、HDSシリーズだとTS専用のはずです。
 それ以外ではソニーはDV専用、三菱はTS専用となります。

 ただし既に指摘がある通り、i.LINKでDVをダビングしても、アナログのS端子ケーブルでダビングしても、画質はほぼ変わりません。これはDV信号とBlu-rayやDVDのMPEG信号では、同じデジタル信号と言っても形式が完全に異なるために互換性は全くなく、変換のしようもないため、いったんDV信号を映像化してそれを再録画するという、デジタル信号をアナログ化して、またデジタル録画という手順になってしまうからです。
 ですから、画質を考えてi.LINKということならば、特にこだわる必要はないと思います。

 ただし、DV信号をi.LINKでダビングするメリットは操作が簡単という点があります。アナログダビングをする場合は再生機の再生ボタンを押し、録画機の録画ボタンを押すという作業を手動で行わねばなりませんが、i.LINKの場合は再生機側でダビング操作をすれば自動的に録画がスタートするため、録画機の操作は不要です。また、再生が終わると録画も自動的にストップしますが、アナログダビングでは停止ボタンを押さない限りは延々と録画し続けます。
 逆にデメリットとしてはホームビデオなどで撮影した場合の録画日時データが全て消えてしまうと言う点です。アナログダビングの場合、日時データを表示しながらダビングすれば画面に焼き付けることは可能です。

 なお、DVのデータをBD化したいと言うことですが、パナソニックや東芝の機種では外部入力した標準画質のデータはBDに高速ダビングができません。必ず等速ダビングとなってしまい、画質が劣化します。これに対してソニーやシャープのレコーダは高速ダビングが可能です。
 ただし、DVDに焼く場合は反対にパナソニックや東芝が高速ダビング可能で、ソニーやシャープは等速ダビングとなります。
 これはHDDへの記録正式が、パナソニックや東芝はDVD形式、ソニーやシャープはBlu-ray形式のためです。
 ですから、標準画質のデータをBD化するのでしたら、ソニーかシャープ、特にDV端子を持つソニーのレコーダーがよいかと思いますが、シャープがあるならそのまま使い続けるのが吉でしょう。

 パナソニックのi.LINKはTSとDVの兼用なので、TS入力用としてもDV入力用として使えます。中位機種以上なら搭載しているはずです。
 あとはシャープの上位機種はTS/DV兼用ですが、HDSシリーズだとTS専用のはずです。
 それ以外ではソニーはDV専用、三菱はTS専用となります。

 ただし既に指摘がある通り、i.LINKでDVをダビングしても、アナログのS端子ケーブルでダビングしても、画質はほぼ変わりません。これはDV信号とBlu-rayやDVDのMPEG信号では、同じデジタル信号と言っても形式が完全に異なるために互換...続きを読む

QminiDVテープを日付付きで取り込む方法

こちらでも何度か助けて頂いているのですが、行き詰っており、再度質問させて頂きます。

30本ぐらいたまっているminiDVテープをPCに取り込み、外付けハードディスクに保存しようとしています。(将来的にはDVDにも焼きます)
子どもの成長記録なのでどうしても日付入りにしたいと思っています。

まず、ビデオタイマーというソフト(http://www.area61.net/)を遣ってみました。確かに簡単に日付が入れられるのですが、まず他のソフトでキャプチャーしたテープをさらに同じ時間だけかけて読み込まなくてはいけないし、キャプチャーしたものを編集して書き出して、それをさらに日付入りに…とすると膨大な時間がかかるのでちょっと大変なような気がしました。

Colel VideoStudio12だと日付入りにできると聞いたので、やってみました。「DVテープをスキャン」でまずテープをスキャンし、その後、その後日付入りという設定で取り込むと確かに日付入りになっていましたので、これはいいと思い、せっせとやっていましたが、「DVテープをスキャン」だと映像の切れ目で何度もビデオが止まったり進んだりを繰り返し、映像の切れ目がとても乱れているようです。また編集は後にして、どんどん取り込んでいたのですが、VideoStudioを通して再生すると日付が確かには行っているのですが、保存されているビデオクリップをMediaPlayerで再生すると、なんと日付が入っていないのです!! 試用期間内に日付入りでキャプチャーを済ませて、そのあと別のソフトで編集しようともくろんでいたのですが・・・それは無理なのでしょうか。書き出しもVideoStudio12でやらなければいけないのでしょうか?

頭がぐるぐるしてしまっています。
どうしたら一番手間をかけずに日付入りで取り込んで保存することができるのか、ご教示ください。何度も申し訳ありません。

こちらでも何度か助けて頂いているのですが、行き詰っており、再度質問させて頂きます。

30本ぐらいたまっているminiDVテープをPCに取り込み、外付けハードディスクに保存しようとしています。(将来的にはDVDにも焼きます)
子どもの成長記録なのでどうしても日付入りにしたいと思っています。

まず、ビデオタイマーというソフト(http://www.area61.net/)を遣ってみました。確かに簡単に日付が入れられるのですが、まず他のソフトでキャプチャーしたテープをさらに同じ時間だけかけて読み込まなくてはい...続きを読む

Aベストアンサー

DVテープに無録画部分が少しでもあると、そこでタイムコードが切断されてしまい、DVテープのスキャン機能が途中で止まってしまいます。これは録画時の情報の欠落によるもので、VideoStudio12の欠陥ではありません。面倒ですが、停止する度に再スキャンすることになります。予防策は、録画時に未録画部分を絶対に作らない事です。

日付の挿入は、VideoStudio12の作業領域のタイトル欄に打ち込まれます。
この情報はこのままでは画像とは分離しているので、一旦「完了」の画面に移って、「ビデオファイルの作成」でパソコン内の任意の場所に、日付が入った状態に加工されたビデオファイルを書き出す必要があります。この時点で細かい編集は考えなくていいです。素材を作っているのですから。

日付入りで書き出してしまえば、タイトルとして表示されたままになりますから、あとは如何様な編集ソフトでも加工可能です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報