電灯や飛行機など、昔の人々によって発明されました。そこで、日本人(日本が原点)が発明したものが知りたくて質問させていただきました。

[質問]日本から、世界に渡った、発明品を教えてください!

お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (26件中21~26件)

カラオケ----井上大祐氏


ジオスターゼ(胃腸薬)----高峰譲吉
真珠の養殖----御木本幸吉
グルタミン酸(味の素)-----池田菊苗
自動織機----豊田佐吉
レトルトカレー----大塚製薬
インスタントコーヒー----佐藤サトリ
    • good
    • 0

もともとの原理はそうでもないですが、装置というか、商品は


「からおけ」「ラジカセ」「ウォークマン」「VHS」「MD」(「MO」)、CDも半分は日本、CD-Rは太陽誘電、CD-RWはリコー?(違うかも、DVD+RWはリコー)
ほかにもいっぱい見つかるでしょう(^^)

分野ほしいです。
    • good
    • 0

フロッピーディスクもDr.中松の発明です。

    • good
    • 0

八木アンテナ


http://www.anten.co.jp/book/book019.htm
トランジスターラジオ(ソニーだったと思う)
乾電池 明治18年、発明者の名は屋井先蔵(やいさきぞう)氏
http://biz.mycom.co.jp/life/regular/hatsumei/bn/ …
テレビも日本の発明品だったと思う。
インスタントラーメン(袋、カップとも)
    • good
    • 0

灯油をいれるあのポンプは日本人ですよ!!


あれはDr.中松が発明しました
    • good
    • 0

インスタントラーメン、カラオケ、光ファイバー、シャーペンなど。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E6%97%A5 …
検索すればもっと出てくるはずです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発明の実施の形態と実施例の違い

特許を書いているのですが、発明の実施の形態と実施例の違いがわからず、どういう風に書けばよいのか困っています。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

出願される分野がわかりませんので的はずれになるかもしれませんが、化学特許の場合を例にしますと、
「実施の形態」 
一般的に出願の内容を実施する場合の必要要件をいいます。
特許出願内容を必要要件全てを示す箇所です。 従って最も重要な箇所といえましょう。

「実施例」
具体的な数値、条件、順序、原料などを記述した例を示す箇所で、そのとうり実施すれば特許出願の内容が再現出来る例を示す箇所です。
従ってだれでも再現出来る必要があり、不明確な表現や解りつらい表現はゆるされません。
従って「実施の形態」で「高温に加熱」で許される表現でも「実施例」では数値で示さなければなりません。

Q昔の人々は娯楽目的で海外へ渡ることは有ったのでしょうか?

昔の人々は娯楽目的で海外へ渡ることは有ったのでしょうか?



唐へ渡った留学生や留学僧、医師や細工師
また、輸出入の為の貿易船や遣唐使船の話は聞きますが

海外旅行をした貴族等は全く聞いたことがありません。

当時の航海技術や製作費用など
金銭的にも技術的にも無理だったんだろうな、とは思うのですが
知り合いや先生に聞いてもハッキリとした回答は得られませんでした。

「昔の人々」というと
漠然としていて申し訳無いのですが…
江戸以前を基準に考えています




ズバリ 娯楽目的で海外へ渡ることは有ったのか?
無かったのならば、その理由は?

少ない情報でも構いませんので
是非 回答をお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

使節や、交易や、学問、芸術、武術、宗教などの修行以外の目的で海外渡った人はない、すくなくとも記録が残っている人はないでしょう。
勿論海外渡航が命がけであったのが主因ですが、
名所や観光など娯楽旅行のための情報が、海外に関しては殆ど入って来なかったのも原因のひとつです。
一方国内の名所や観光地や温泉などの情報は、都などにはあふれていました。   貴人が国司に任命され、赴任する旅の途中にあるこれらに寄り、帰任後皆に伝えていました。   
西行法師の歌詠み旅行も修行より観光です。   でも大変な娯楽旅行でした。
国内の名所をめぐるだけで手一杯でしょう。    

貴人の海外渡航としては、皇位争いに敗れた高階親王が仏教修行のため、天竺(インド)をめざした航海があります。

Q紙と筆どちらが先に発明されたのでしょうか?

お世話になります。

現代の筆記具は、パソコンとプリンタ、もしかしたらスマートフォンで印刷不要・・・かも知れませんが、やっぱり紙と鉛筆は重要です。でも鉛筆と筆を較べると筆のほうが古そうです。

そこで、質問です。紙と筆どちらが先に発明されたのでしょうか?

発明が定義できにくければ、実用化でも構いません。紙がなければ、書くものがありませんし、筆がなければ書くことができません。でも、同時ではなさそうです。どっち?

Aベストアンサー

筆のほうが先に発明されています。
紙が発明される前は、竹簡や木簡が使用されていました。
竹や木を薄く削って、
それに筆で文字を書いていましたよ。
      

Q日本人の発明品(2)

電球、テレビ、電話、電池などの電化製品(?)で、日本人が発明したものってどんなものがありますか?
興味があるので質問させていただきました。

Aベストアンサー

たしか、瞬間湯沸器・フロッピーディスク(有名ですね)蛍光灯もそうだったかな?トランジスターラジオなどです。

Q発明にならないもの

発明の定義に照らし合わせて、発明にならない例を(3つ)あげ、その理由を説明せよという宿題が出たのですが、例えばどのようなものがあるでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

発明=特許として考えますと…

1)自然に存在しているもの。
例えば、金色のりんごを見つけて、それを最初に見つけても、それは特許となりません。なぜなら、自然の中に存在しているからです。

2)自然法則の発見
ニュートンの万有引力の法則のような自然法則は特許になりません。

3)抽象概念
アイデアは特許になりません。
コンピュータ・プログラム(ソフトウェア)は抽象概念なので、特許にしないのが一般的な通例でしたが、磁気ディスクやCD-ROMのような媒体に記録すると特許にできるなってます。

参考)「日本が挑む五つのフロンティア」月尾嘉男 光文社2002、pp.77-79

Q(^・^) 中国、韓国などの人々は、日本の教科書をすごく気にしておられるようですが-----

 歴史の教科書なんて、書いてあることがぜんぶ本当のことだと思っている中学生や高校生は、少ないんじゃないでしょうか?
 いまの時代、興味があれば自分で調べる方法はいくらでもありますから、そもそも、上から与えられるような感じの画一的な教科書なんかまったく必要ない……そう考えている人も多いはずです。
 そのくらい、日本では教科書なんか軽視されているのに、中国、韓国などの人々は、日本の教科書に書いてあることをすごく気にしておられるようです。
 日本の中学生や高校生の「批判精神」を信じて、政府検定の教科書なんか無視してもらったらどうかと思うのですが、なぜそうならないのでしょうか?

Aベストアンサー

うんうん、ホントそうですよね。

個人的にはkawakawaさんに同感なんですけど。
私は高校時代、歴史の授業(歴史以外も?)をまじめに聞いていなかったので、幸い(?)教科書の洗脳は受けていないと思っていますが、大人になってから歴史について自分なりに考えてみたりしました。
すると…わかってきたことがあります。
中国や韓国に教科書のことをヤンヤ言われることも、総理大臣が変わるたびにお詫び外交していることも、問題を大きくしているのはマスコミ(主に新聞)なんじゃないかと。

以前、○BSで従軍(?)慰安婦の特集をしていて、強制連行をしたと証言する人と、強制ではなく募集したと証言する人のインタビューをしていたのですが、強制連行した側の人には顔にモザイクがかかっていて、募集側の人にはモザイクがかかっていないんです。
理由は「顔が出ると強制連行否定派の人間から命にかかわる攻撃があるので、それを恐れてモザイク処理しました」というテロップがでるんです。

教科書でしっかりお勉強している方はここで、
「そうか~、強制連行否定派はそんなヒドイことをするのか。命をねらうような人間が主張することなんてダメじゃん」
と感じるのでしょうが、不真面目に授業を聞いていた私は
「これじゃ~、まるで強制連行しました側の人間は正しいことを言ってるのに攻撃される正しい人、強制連行否定派は間違った主張を力で押し付けてくる悪い人、みたいじゃん!」
と思いました。
これじゃ~、モザイクしていない「募集でした」側の人は顔を出しているのに攻撃されないんですよ、なぜならそっち側の人間だから。なんていう○BSの意図が感じられちゃって。
証言の内容が本当か、攻撃されるのが本当か以前にもう○BSが偏っているじゃないの!!
視聴者にマイルドに洗脳しているじゃん!!
どうするのよ?顔を出した「募集でした」側の人が「強制でした」派の人に攻撃されたら?
モザイクするなら両方にモザイクをかけなさいよ、もしくは両方の顔を出しなさいよ、公平で中立な報道をしなさいよ!

と、突っ込みどころが満載でした。

最近のパレスチナの自爆テロのことだって、犯人の家族が、いかに自分の娘や息子が国を愛していたか、自爆テロを起こしたことを誇りに思いながら死を悲しむ、自爆テロはやむにやまれない事情だったみたいな映像が流れますが、これでは視聴者は自爆テロ犯側になんらかの共感や同情を抱くでしょう。
が、違いますよね。
もっと悲しいのはなんの前触れも無く自爆テロで死んだ被害者や遺族ですよね。
ところが被害者側の遺族の映像なんて流れない。
もちろん自爆テロなどいろいろ国同士の事情があるのでしょうが、とりあえず中立の立場で報道して欲しいですよね。
いまとなってはもう、報道されないところに真実があるのではとさえ感じます。

脱線しましたがつまりなにが言いたいかというと、教科書もマスコミも丸々信じちゃ~いけませんってことですね。(真剣に教科書を作っている方、ごめんなさい)
yumi18さんの「日本の中高生の批判精神を信じて~」というの、まったくその通りですよね。
ホント、頼もしいですね。
画一的な教科書を大人から押し付けられても、今の中高生が自分の目で学んだり感じ取っていけばその高校生が大人になる頃には、日本は今よりちょっといい国になっているんじゃないでしょうかね。

期待してますよ。

うんうん、ホントそうですよね。

個人的にはkawakawaさんに同感なんですけど。
私は高校時代、歴史の授業(歴史以外も?)をまじめに聞いていなかったので、幸い(?)教科書の洗脳は受けていないと思っていますが、大人になってから歴史について自分なりに考えてみたりしました。
すると…わかってきたことがあります。
中国や韓国に教科書のことをヤンヤ言われることも、総理大臣が変わるたびにお詫び外交していることも、問題を大きくしているのはマスコミ(主に新聞)なんじゃないかと。

以前、○BS...続きを読む

Q選択発明について

選択発明の新規性について教え下さい。
Aという範囲の物質を有効成分とする殺虫剤という甲さんの特許があるとします。乙さんは、研究を重ねた結果、範囲Aに含まれる化合物a、b
、cが、殺虫効果は甲さんの特許と同程度であるものの、人体に対する影響が著しく低いことを見出したとします。ところが、化合物a、b、cは好ましい例として甲さんの特許に記載されています。ただ、具体的に実施例はなく、人体への影響について甲さんの特許には記載がありません。実施例がある化合物とa、b、cとは構造の類似性は低いと仮定します。人体への影響で進歩性が主張できるとすると、乙さんは自己の発明を選択発明として特許出願し、権利を得ることができるでしょうか。
実務的な質問で恐縮です。

Aベストアンサー

 このサイトにもこのカテゴリーで専門家を名乗る方が何人かいらっしゃいます。本物の専門家だったら興味を覚える質問だと思うんですけど、回答がつきませんね。何故でしょう?(苦笑)

 それはともかく、文面通りだとしたら無理のような気がしますが、甲さんの特許明細書をよく読んでみれば対策が見つかる可能性もあるかも知れません。私にも、こういう場合でさえ、「この条件(質問文)をこう解釈すれば特許になる可能性が出てくるんじゃないか?」、「これこれこういう事実があれば特許になるんじゃないか?」と思い当たるパターンがいくつかあります。本物の専門家とはそういうものです。

 ただ、その特許明細書を読んでみないと判断しかねます。oilpapaさんのお知り合いの弁理士さんのところに相談に行き、特許明細書を読んでもらって判断してもらったらいかがでしょうか。

Q日本文化の原点

レポートで、『日本文化の原点(こころ)を縄文時代に求めうる例を挙げ、その背景の述べよ』というものが出ました。

でも、どう調べていいのか、わかりません。

どなたか、良き例があれば教えてください。

Aベストアンサー

縄文時代というのは、石器、土器、木器が発達して生産能力が高まった結果、生活水準が上昇するとともに、それまで家族単位で移動生活をしていた人々が集まって定住し、ムラを形成するようになった時代です。ですから縄文時代を日本文化の原点といっても、あながち的外れではありません。

生活様式自体は、弥生時代以降の稲作や金属器の導入等によって劇的に変わってしまい、当時の名残はほとんど残っていません。しかし宗教儀式や物の考え方には、縄文時代から受け継がれているものがたくさんあります。

その一つの例は、トーテミズムやアミニズムです。日本の神社には、蛇、鹿、鳥など動物を御神体とするものが少なくありませんが、そのルーツは狩りや採集によって自然に従い生活していた縄文時代に遡れます。

また人々が集まって集落を作ることにより、家族以外の人々との交流も盛んになり、四季折々のレジャーも行われるようになりました。例えば祭りは、縄文時代から宗教的儀式であるとともに、主要な娯楽でもあったのです。

Q携帯灰皿を持ってる人を、どう思いますか?

携帯灰皿を持っている愛煙家に対して。
皆さんはどのように思いますか?

回答例として。
私的には、できるだけ他者に迷惑にならないように努力をしていることは十二分に伝わってくるものの、喫煙の本質的な問題は考えようとしていない人、です。

その理由なのですが、二十数年前まで、私は喫煙者でした。
マナーはもうむちゃくちゃに悪くて、禁煙などおかまいなしでどこでもタバコを吸っていましたし、数歩歩けば灰皿のある場所でも平気で地面に捨てていました。
そういう言語道断な喫煙行為が他者の迷惑だったことは言うまでもありませんが、当時私が他者の迷惑とはならないだろうと思っていたことも、タバコをやめてから、実はすごく迷惑であったことに気が付きました。
私のように地面を灰皿にしていた人間と比べれば、携帯灰皿を使用する人はすごくマナーの良い喫煙者であると思います。
しかし、携帯灰皿を持っているということは、禁煙区域でさえなければどこでもタバコを吸うということでもあります。

極論ですが、すぐ隣に妊婦さんがいても、副流煙を吸いたくなければ、どかなければならないのは妊婦さんというのが現実社会です。
ちょっと気の利く人なら周囲に人がいれば「吸ってもいいですか?」と声をかけるでしょうが、禁煙区域でないのですから、それを強制することはできません。
世の中がこれだけ禁煙一色に染まっても、肩身が狭いのはやっぱりタバコを吸わない人間だと思います。

なお、この質問は、アンケートカテゴリ投稿規約の
「○○○について、私はこう思いますが、皆さんの意見を聞かせてください。」
であると考えています。

携帯灰皿を持っている愛煙家に対して。
皆さんはどのように思いますか?

回答例として。
私的には、できるだけ他者に迷惑にならないように努力をしていることは十二分に伝わってくるものの、喫煙の本質的な問題は考えようとしていない人、です。

その理由なのですが、二十数年前まで、私は喫煙者でした。
マナーはもうむちゃくちゃに悪くて、禁煙などおかまいなしでどこでもタバコを吸っていましたし、数歩歩けば灰皿のある場所でも平気で地面に捨てていました。
そういう言語道断な喫煙行為が他者の迷惑だった...続きを読む

Aベストアンサー

イメージとしては、
「めちゃくちゃタバコは吸いたいが、ポイ捨ては(人の目が気になるから)したくない」
という感じですか。いわゆる筋金入りの喫煙家臆病者。

禁煙一色と言っても、ほとんどのお店の前に灰皿がありますから、その間を我慢できないとなると相当でしょう。
そんな人の携帯灰皿って、どれだけの容量が必要なのでしょうか(4、5本じゃ足りないですよ、きっと)。

それか、もともと禁煙の場所(廃れた駅のホームなど)でも吸おうと思っている人ではないかなと。

私もタバコは吸いますが、それほど吸う!?と感じます。
吸い始めた当初はそりゃあ、買って持ち歩いていましたが、面倒くさくて、今じゃ埃かぶってます。

Q日本で始めてアメリカに渡った人

タイトルの通りです
中学生程度のレベルで、申し訳ないですが
誰だったか教えてもらえますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

えーと、アメリカというのを「アメリカ大陸」と考えますと伊達政宗が、慶長18年(1613年)メキシコとの直接通商交渉を名目にメキシコ経由でスペインとローマに派遣した支倉常長です。いわゆる「慶長遣欧使節」です。

また、「アメリカ合衆国」であるとすれば、1860年に新見豊前守正興を正使として、日米修好通商条約批准書の交換のため渡米した一行です。この使節団はアメリカの軍艦ポーハタン号に乗船したが、この時、護衛と遠洋航海訓練を兼ねて派遣されたのが咸臨丸(オランダで建造された蒸気船で、スクリュー船)で、この艦長が勝海舟です。その他、随員として同行しているのが、幕末の幕府重臣の小栗上野介がいますし、随員以下の下っ端の1人として福沢諭吉もアメリカ合衆国に行っています。
使節団ですから、darkforceさんの求める様に理由があっていった人は何人もいることになります。

参考URL:http://www.ntt-west.co.jp/yamaguchi/wnn-c/special/1860_2.htm


人気Q&Aランキング