【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

p-トルイジンを出発物としてm-2,4-ジクロロトルエンはどのようにして合成するのでうか?考え方も教えてください。おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 既にお解りのようにも思いますが,「考え方も教えてください」とありますので補足を。



 p-トルイジンから一度に 2,4-ジクロロトルエンが合成できるかどうかを考えます。この反応を知っていれば終了ですが,おそらく無いと思いますので,何段階かで合成する事になります。

 つまり,クロロを1つづつ入れていくわけですが,2つの経路が考えられます。1つは,4位アミノ基をクロロに変えた後,2位にクロロを入れる経路。もう1つは,2位にクロロを入れた後に,4位アミノ基をクロロに変える経路です。

 前者の経路については,他の方々の回答がありますので,私は後者の経路を考えてみました(そう,私,天の邪鬼です)。

 まづ,p-トルイジンのクロロ化ですが,これはアミノ基の強い o,p-配向性のために3位に(場合によっては5位にも)起こり,目的の化合物は得られません。目的の2位クロロ体を得るには,アミノ基をメタ配向性のグル-プに変える(例えば,ニトロ基に酸化する)必要があります。その後,2位にクロロ導入,4位のニトロ基をアミノ基に変換(還元),4位アミノ基を「ジアゾ化→Sandmeyer」でクロロに変換,の一連の反応で目的の化合物が得られます。

 実際に可能かどうかは分かりませんが,教科書的にはこの経路も充分考えられます。アミノ基とニトロ基の相互変換,クロロ化,Sandmeyer 等は有機化学の教科書に出ているはずです(少なくとも,ヴォルハルト・ショア-には出ています)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。基礎からしっかり勉強します。

お礼日時:2001/11/18 00:20

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「有機化学反応の基礎」

http://www.jssp.co.jp/f_chem/yuki_gosei_zoku.html
(続 有機合成反応)
「塩素化」に関しては、loveoboさんの回答を参考に有機化学の教科書を勉強されては如何でしょうか・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www5.plala.or.jp/pokorin/chem/organic2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました!!

お礼日時:2001/11/18 00:17

「m-」が余分のようですね。

 ジアゾ化→Sandmeyerで4-Clにすれば、
求電子芳香族置換反応における不活性基Clのオルト,パラ配向よりも
活性基 CH3 のオルト,パラ配向のほうが優先するはずですから、
次に求電子置換が起こるのは CH3 に対してオルト位でしょう。
#この反応をやったことがないので、自信なし
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。こうやって筋道立ててかんがえていくの苦手なんです・・。でもそれではだめですよね(^^;)

お礼日時:2001/11/17 10:04

p-トルイジンはp-CH3-C6H4-NH2ですよね。

これはいいんですが、m-2,4-ジクロロトルエン??? ベンゼン環上の置換基はCH3が1個とクロルが2個ですか?

2,4-は2つのClがCH3基に対してオルト位とパラ位にあるという意味ですよね?
ということはm-って一体何でしょう? 

m-が関係無く、生成物が2,4-ジクロロトルエンだとするなら、うーん、ちょっと難しいですね。NH2基をClに変えるのはジアゾ化してSandmayer反応を行えばできますが、2位にClをどうやって入れるかが問題ですね。ニトロ化してもN基のメタ位には入りませんし・・

もう一度生成物の構造が正しい確認してみていただけませんか? 私が勘違いしているのかな?

この回答への補足

すみません!生成物は2,4-ジクロロトルエンです。どうやってもClが2位に入る方法がわからないのです(>_<)

補足日時:2001/11/17 09:54
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qp-トルイジンの合成

アニリンと同様の方法でp-トルイジンをつくる具体的操作を教えてください。

Aベストアンサー

そもそも、「アニリンと同様」とおっしゃいますが、アニリンの合成法はいろいろとあります。
ニトロベンゼンを還元する方法のことであれば、単に原料を変えて、同様の操作をすればいいんじゃないですか。

Q2-ブロモブタンの合成

夜中にすいません

2-ブタノールと臭化水素を反応をさせると2-ブロモブタンが生成されるのはわかるのですが、反応機構がわかりません

考えているのですが、求核置換反応であるところまでは分かったのですがSN1、なのかSN2なのか分かりません。
どちらなのか反応機構とともに教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

与件が2-ブタノールの臭化水素による置換、と決まってしまっているのではほかの方法を挙げても仕方ありません。
臭化水素は強酸なので、アルコール部分がプロトン化され脱離します。
しかし、臭化水素が完全に臭化物イオンとプロトンに分離しているわけではないので、Sn1が主だがSn2もまじる、という感じかと思います。
実際にはSn1とSn2は良く混じり、どっちか分からない中間的なメカニズムも考えられるので、研究者はあまりこだわりたがりません。
臭化物イオンを過剰に加えてSn2にするとか、脱離基を修飾して脱離能を上げSn1にするとか「論文」では条件を変化させて論じる事もありますが、プロからすると嫌な議論です。
なので#1のお答えのようにはっきり分かる例しか論じないのです。


人気Q&Aランキング