こんばんは。
聖徳太子が隋に遣隋使を送りましたよね。
遣隋使を送ったことによって、日本には何が入ってきたんでしょうか?

日中の関係を小論文で書かなければならなく、質問いたします。
よろしくお願い致します!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

遣隋使の目的は、東アジアの中心国・先進国である隋の文化の摂取もあったが、何よりも新羅・百済への影響力を維持するためには、隋との国交が必要であったからです。


http://www.infogogo.com/%E9%81%A3%E9%9A%8B%E4%BD …


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A3%E9%9A%8B% …

http://www.ffortune.net/social/history/nihon-nar …
http://www.inter-highschool.ne.jp/~s0201004/hist …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました。
なるほど!

お礼日時:2005/10/22 11:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですかー。
意外でした。ありがとうございました!

お礼日時:2005/10/22 11:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遣隋使によってもたらされたもの

こんばんは。
聖徳太子が隋に遣隋使を送りましたよね。
遣隋使を送ったことによって、日本には何が入ってきたんでしょうか?

日中の関係を小論文で書かなければならなく、質問いたします。
よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

遣隋使の目的は、東アジアの中心国・先進国である隋の文化の摂取もあったが、何よりも新羅・百済への影響力を維持するためには、隋との国交が必要であったからです。
http://www.infogogo.com/%E9%81%A3%E9%9A%8B%E4%BD%BF.html


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A3%E9%9A%8B%E4%BD%BF

http://www.ffortune.net/social/history/nihon-nara/kenzuisi.htm
http://www.inter-highschool.ne.jp/~s0201004/history/keigaisi.htm

Q【聖徳太子って天皇?】聖徳太子って歴代天皇の祖先ですか? 聖徳太子って厩の皇子と呼ばれていた。

【聖徳太子って天皇?】聖徳太子って歴代天皇の祖先ですか?

聖徳太子って厩の皇子と呼ばれていた。

皇子、太子ってことは天皇の祖先ということ?

それとも聖徳太子とは別に当時に天皇はいた?

聖徳太子は厩の皇子と言われたのは聖徳太子は厩(馬小屋の前で産まれた)という意味ではなく厩の地域(馬を管理する地区)で産まれたという意味だそうで、聖徳太子は馬を管理するどちらかというと貧困層の地域で産まれたが産まれながらに天才でその噂が広がって高官になっていった。

聖徳太子が天皇の祖先なら天皇は元は馬小屋の管理人の家に産まれた人になってしまうが聖徳太子の真似を後醍醐天皇がしていたので、聖徳太子は天皇ではなく聖徳太子の太子と天皇家は全く関係がないということですかね?

天皇家でもないのに皇子とか太子とか今で言う天皇陛下の子供である天皇皇太子と同じ位の人間と同じ位を名乗れていたのはなぜ???ってなる。

聖徳太子は天皇の子供じゃないの?

Aベストアンサー

実在の人物でない説が有力です。

Q遣隋使 煬帝が裴世清を日本に派遣した理由

遣隋使 小野妹子が持参した国書に煬帝が激怒したものの、裴世清を日本に派遣してますよね。理由は隋が高句麗との戦争を控えていたからということです。私が知りたいのは、高句麗と隋がどこにあったかということなんです。学校の図説とか調べても唐の時代の東アジア地図は載っていますが、隋の時代のものがありません。↑の時代の地図をみて確認したいのです。どなたかサイトなどで地図があれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

隋は、現在の中国から台湾・チベット・東トルクスタン・内モンゴルを除いた地域を領土としていました。
高句麗は、現在の北朝鮮・朝鮮民主主義人民共和国地域を領土としていました。
詳細は、下記URLを参考にして下さい。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tsuka/map/02/FarEast_7c01.JPG

Q聖徳太子→厩戸皇子→聖徳太子、の変遷について

聖徳太子について、教科書への記述に関してです。
従来、聖徳太子と記述されたいましたが、最近、厩戸皇子に改められ、ついこの間、聖徳太子に戻りましたね。
なぜ、このような変遷(悪く言うと、右往左往)があったのか、経緯や理由などを教えて下さい。

Aベストアンサー

1999年に大山誠一氏が聖徳太子虚構説を出したのが大きいです。
推古天皇の子である聖徳太子の存在が虚構であって、太子の実績等も後の代に創作されたものだという説を出しました。
聖徳太子は否定したのですが厩戸皇子の存在までは否定しませんでした。
その影響で聖徳太子という記述が用いられなくなってしまいましたが、虚構説が出た直後から反論があり、
反論に対する十分な論証が出来なかった為、また元に戻ったという感じです。

↓wikiの聖徳太子のリンクページですが下の方に虚構説が少し出ています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E5%BE%B3%E5%A4%AA%E5%AD%90

古代史では邪馬台国は存在していなくて、邪馬壱国だったという説が昔ありましたし、
色々と調べると面白いですよ。

Q遣隋使はあったのですか。

日本書紀に小野妹子は大唐国に行ったと書いてあります。遣唐使があったというのは判りますが、遣隋使があったという根拠が判りません。本当に遣隋使はあったのですか。

『隋書』に「開皇二十年倭(*)王姓阿毎 字多利思比孤 號阿輩倭彌 遣使詣闕 上令所司訪其風俗 使者言倭王以天爲兄 以日爲弟 天未明時出聽政 跏趺坐 日出便停理務 云委我弟 高祖曰 此太無義理 於是訓令改之」
とあります。

でも、日本の天皇に、阿毎、字は多利思比孤、阿輩倭弥と号づく、なんて尊王はしゃらしゃらなかったのでないでしょうか。あるいは、私の知らない他の書物にそのような天皇のお名前が出ているのですか。

また『隋書』の「東夷傳倭國傳」に「日出處天子致書日沒處天子無恙云云」とありますが、それと日本の天皇との関係が判りません。私が高校時代に教わった教科書によると、それを送ったのは日本の天皇だと書いてあっただけですが、「東夷傳倭國傳」の文面からはそうだとは確証できません。

一豪族が派遣しても遣隋使と言うのでしょうか。だったら、もっと前に中国に派遣されていた外交団があったのではないでしょうか。あるいは、中国人には天皇の本当の名前を言わなかった(あるいは隠していた)とでもいうのでしょうか。昔の人達が今の人達の違って合理的でなかったとは思えません。

実際に書いてある物を否定するには余程の根拠があると思うのですが、その根拠とは何ですか。誰か偉い方が遣隋使があったと言ったからというような根拠ではなく、実証的に教えて下さい。

(注)「倭」に当たる*の正文字は「教えて!goo」になし。

日本書紀に小野妹子は大唐国に行ったと書いてあります。遣唐使があったというのは判りますが、遣隋使があったという根拠が判りません。本当に遣隋使はあったのですか。

『隋書』に「開皇二十年倭(*)王姓阿毎 字多利思比孤 號阿輩倭彌 遣使詣闕 上令所司訪其風俗 使者言倭王以天爲兄 以日爲弟 天未明時出聽政 跏趺坐 日出便停理務 云委我弟 高祖曰 此太無義理 於是訓令改之」
とあります。

でも、日本の天皇に、阿毎、字は多利思比孤、阿輩倭弥と号づく、なんて尊王はしゃらしゃらなかったのでないでしょ...続きを読む

Aベストアンサー

「古田武彦氏の問題提起以降、何か進展があったのですか」
というご質問については、

九州王朝説
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E7%8E%8B%E6%9C%9D%E8%AA%AC

「歴史学、考古学等の研究者は、本説の内容に関して、史料批判など歴史学の基礎手続きを踏んでいないこと、考古学の資料分析の成果とそぐわないこと等をもって、検証に耐えうる内容ではないとみなしており[29]、当初古田が権威あるとされる研究誌での公表を行っていた頃には評価とあわせ批判をしていたものの、現在では主要な百科事典や邪馬台国論争史を著述した研究書においても記載されることなく無視されている。
その一方で、一般市民や在野の研究者の中には熱心な支持者が存在し、従来の古代日本史学をいまだ皇国史観の影響下にあるものと見て、本説はそれに代わる新しい史観であり、「日本古代史の謎や矛盾を無理なく説明できる」と主張している。また本説からは多くの亜流が生まれ、現在も研究がなされている」

という説明で正しいと考えます。

歴史に敏感な高校生であれば「タリシホコ」とか「倭の五王の比定」を習って「何だそりゃ?」と感じるはずです。日本書紀の記述と整合させるために滅茶苦茶なこじ付けをしている、としか思えません。私も、九州王朝説は「日本古代史の謎や矛盾を無理なく説明できる」と考えています。

ただ、古田氏の問題提起をさらに深めていく学者は今の所存在せず、古田氏の著書も絶版になり、いずれは九州王朝説は忘れられてしまい、高校生が「タリシホコ?倭の五王?」と首を捻る状況がずっと続いてしまうのか、と思うと残念です。

「古田武彦氏の問題提起以降、何か進展があったのですか」
というご質問については、

九州王朝説
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E7%8E%8B%E6%9C%9D%E8%AA%AC

「歴史学、考古学等の研究者は、本説の内容に関して、史料批判など歴史学の基礎手続きを踏んでいないこと、考古学の資料分析の成果とそぐわないこと等をもって、検証に耐えうる内容ではないとみなしており[29]、当初古田が権威あるとされる研究誌での公表を行っていた頃には評価とあわせ批判をしていたものの、現在では主要...続きを読む

Q「日中戦争」は、「日中紛争」が正しい?

戦前、日本が、蒋介石軍と戦った戦争は、「日中戦争」とは、呼べないんですね?
「戦争」というのは、国家間のものです。
戦前、日本は、汪兆銘政権を、中国の正式な政府として、認めていました。
当時は、中国に、3つの政府があり、汪兆銘政権(親日政権)、蒋介石政権(親米英政権)、毛沢東政権(親ソ政権)に分かれていました。
汪兆銘政権からすると、蒋介石軍は、反乱軍にすぎません。
日本は、中国の反乱軍と戦ったわけですね?
すると、賠償金も、関係ないですね?
戦争じゃないんだから。

当時は、最も弱小だった毛沢東軍が、最終的に、中国を制覇したわけです。
”日本軍と、蒋介石軍を、戦わせろ”というスターリンの戦略が、天才的だったんです。
戦後、東欧も、ソ連の支配下に入りました。
スターリンは、ビスマルク、メッテルニヒ、チャーチルなどと並ぶ、稀代の戦略家だったんです。

Aベストアンサー

「戦前、日本が、蒋介石軍と戦った戦争は、「日中戦争」とは、呼べないんですね?」
そうですね。1941年12月9日までの時点なら、宣戦布告無き戦争ということなので「日華事変」が一番正確なのだと思います。
それ以降は第二次世界大戦の中国大陸戦線ですね。
「当時は、中国に、3つの政府があり、汪兆銘政権(親日政権)、蒋介石政権(親米英政権)、毛沢東政権(親ソ政権)に分かれていました。」これは違います。開戦後すぐに第二次国共合作が成立したため、共産党軍も蒋介石政権の隷下に置かれて「八路軍」「新四軍」と名乗っていました。国共合作によってソ連から蒋介石政権も援助を受けていました。
したがって汪兆銘政権は日本以外の国では「日本軍が作らせた傀儡政権」と見られていたため、本来なら賠償金を求められてもおかしくなかったのです。
なぜ、賠償金を支払わなくても良かったのかといいますと、戦後に台北の蒋介石政権と平和条約を結ぶ時に「台湾にあった接収した財産で充分。これ以上賠償をする必要がない」と蒋介石が考え、日本を「味方」にするため賠償権を一方的に放棄したからです。

Q今から1410年前の今日第1回遣隋使派遣と歴史にありますがこの頃言葉の

今から1410年前の今日第1回遣隋使派遣と歴史にありますがこの頃言葉の問題はどうしたのでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

遣隋使の乗員に関しては名簿が発見されており、それには外国風の名前が多数記載されています。
これから、帰化した渡来人を通訳として随行させていたと思われます。
日本書紀によると、小野妹子は中国語を話せず、鞍作福利という渡来人を通訳として同行させていたという記述があります。

「隋書東夷伝」には日本に中国人が村を作って住んでいたという記述があります。
それ以前の時代でも、卑弥呼は中国の柵封を受けおり、当時から交流はあったので、それなりに言葉のわかる人間はいたはずです。

しかし、渡来人が帰化し、一氏族を形成できる程度に重用された事はありますが、現地人を征服し支配できるほど、一時期に大量に渡来した記録はありません。DNA的な分析や、稲作の伝播経路の研究からも、日本人のルーツとしての大陸との関係は否定されつつあります。

文字と言語は違うものです。
当時の日本に独自の文字が存在したか否かは、未だはっきりしていませんが、当時の支配階級が「文字」として中国語(漢文)を「書いていた」のは確かだと思います。
しかし、「言語」は日本語を「話していた」はずです。それ以前に当時の平民は文字自体を読み書きできなかったと思いますし。

遣隋使の乗員に関しては名簿が発見されており、それには外国風の名前が多数記載されています。
これから、帰化した渡来人を通訳として随行させていたと思われます。
日本書紀によると、小野妹子は中国語を話せず、鞍作福利という渡来人を通訳として同行させていたという記述があります。

「隋書東夷伝」には日本に中国人が村を作って住んでいたという記述があります。
それ以前の時代でも、卑弥呼は中国の柵封を受けおり、当時から交流はあったので、それなりに言葉のわかる人間はいたはずです。

しかし、渡来人...続きを読む

Q遣隋使の国書

小野妹子は隋の煬帝からもらった国書を無くしてしまったと日本書紀にはあります。
しかしそれが本当なら小野妹子は何らかの処罰を受けそうなものですが、そのような事は何も書かれてありません。
そうすると実際は「無くした事になっている」というのが真相ではないかと思われます。
その場合
1.もともと国書はもらえなかったので存在していない。
2.国書はもらったが内容に問題があったか何かの理由で存在が抹消されている。
というような事が考えられます。
煬帝は「日出ずる処の天子…」という日本側の国書に激怒して、以後日本の使者は拒否すると宣言したはずなのに、返書を渡すというのは矛盾してるので1の方が可能性高い気がしますが、皆さんはどのように思われますか?

Aベストアンサー

本当に小野妹子が国書を紛失したなら
何らかの処分が科せられるはずでしょうが
業績をたたえられもっとも冠位の高い「大徳」に
なり次の遣隋使にも大使として派遣されています。
また、国書はもらえなかったということもありません。
返礼として官位は高くなかったようですが裴世清という
役人を使わしてます。
その時に朝廷に書をわたしており、これが国書と思われます。
内容は遠くから海を越えて来たことに対する労いとが書かれている友好的な内容です。
激怒した文章ではありません。
また、以前の倭王ではなく倭皇になっていることが注目です。
だから次の遣隋使の国書には「東の天皇より・・・」から始まります。
このことより隋の皇帝が激怒したのは「日出ずる処の・・」ではなく
天子と名のったところだと想像できます。
だから天子と名のったところを諌め、かつ最大限尊重して皇の称号を
使ったのでしょう。
小野妹子に渡されたのは国書でなく外交上の内々の訓告書だったと
思います。
だから紛失したことにしたのでしょう。

Q小野妹子は聖徳太子の国書を持って隋に行ってどうして生きて帰ってこれたのでしょうか?

小野妹子は聖徳太子の国書を持って隋にいって、どうして生きて帰ってこれたのでしょうか?
聖徳太子の国書は「日出る処の天子,書を,日没する処の天子に致す。恙なきや。」で始まっていますが、中華思想の強い中国の王朝では非常に無礼なものと考えられたと思います。特に強大な力をもった統一王朝の隋に行って、対等な関係を示す「天子」を持った国書差し出せば無礼者としてその場で殺されてしまうような気がします。
ところが現実には裴世清を伴い帰国し、聖徳太子の対等外交政策は一応成功しました。高句麗の脅威に対抗するため倭国と手を結ぶ必要があった等の説明を聞きますが、どうもそれだけでは「天子」という言葉の記載のある対等の国書を受け取った上裴世清まで使者として送った理由としては、彼らの中華思想の強さや何百年かぶりの統一王朝の隋の登場といった背景を考えると、説得力がやや弱いと思います。
聖徳太子や小野妹子は隋王朝内部にコネがあったり、彼らの弱みを握っていたのでしょうか? あるいは朝鮮半島出身ではなく、大陸出身の渡来人がブレーンとしていたのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

598年の高句麗との戦いで大打撃を受けたことと、607年に高句麗が東突厥に同盟を持ちかけたことで、隋はかなりの緊張感を持たざるおえなかったのだと思います。

有史以来、争いの絶えない大陸で生き抜くには、かなりのリアリストでなければ無理なのであり、尊厳よりも時には実益を選ぶ柔軟さが必要なのではないでしょうか。
太子は、その絶妙なタイミングを見計らって、国書を送ったのではないのかな。


ご存知とはおもいますが、ブレーンとしては「秦河勝」が有名ですね。
まさしく大陸出身の秦氏です。

Q隋書の一部?

次の文中にでてくる「亀親経」その他の本がどのようなものか、ご存じの方がいらっしゃったらご教示ください。なにやら占い関係のようではありますが。

ちなみにこれはGoogleの検索結果のコピーで、1行目の「隋書」云々というのが出典にあたるのだと思います。URLを開いても、中国語フォントがないため文字化けしてしまって読めないのです。

隋書.志第二十九 經籍三 子
... 管郭近要決》、《龜音色》、《九宮著龜序》 各一卷;《龜卜要決》、《龜
圖五行九親》各四卷;又《龜親經》三十卷,周子曜撰。亡。 《史蘇?思
經》一卷 《龜卜五兆動搖決》一卷 《周易占》十二卷京房撰。梁《周易妖
占 ...

kimhung.heha.net/big5/war-state/suesu/hur034.htm

どなたかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 隋の時代に発行された經籍を羅列したものです。この隋書では内容によりグループ化されており、これらは272部1022巻とともに、「五行」に関するものとされています。「五行」の意味については
五行者,金、木、水、火、土,五常之形氣者也。在天為五星,在人為五藏,在目為五色,在耳為五音,在口為五味,在鼻為五臭。在上則出氣施變,在下則養人不倦。故《傳》曰:「天生五材,廢一不可。」是以聖人推其終始,以通神明之變,為卜筮以考其吉兇,占百事以觀於來物,觀形法以辨其貴賤。《周官》則分在保章、馮相、卜師、筮人、占夢、〇(糸偏に悖の右部),而太史之職,實司總之。小數者才得其十〇(牛偏に角),便以細事相亂,以惑於世。
 となっています


人気Q&Aランキング

おすすめ情報