こんにちは。
トヨタが富士重工と業務提携をし、筆頭株主になりましたね。
以前好きだった人に、スバルで整備士として働いている人がいます。
もうその人とは連絡をとれないのですが、何を思っているのかな、と気になりました。
20代前半です。
あまり気にとめていないのかな、それとも危機を感じている・・・?
何でも良いのであなたのご意見を教えてもらえないでしょうか?
よろしく御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

 こんにちわ。


スバルは今のままではこれからの自動車業界では生き残れないので、将来を
見据えた今回の提携は致し方無い事だと思います。
 これからは間違いなくハイブリットと電気自動車の時代がやってきますが、
スバルには独自でこれらの技術を開発して行くだけの資金力はありませんので、
世界最高水準の技術力を持ったトヨタと組むのは、考えようによっては最善の
選択なのかもしれません。
 トヨタの力を借りればコスト削減に技術協力による車の質の向上と、
プラスの面が沢山あるので会社としてみれば将来は安泰だと思います。
 スバルの独自性が多少奪われるかもしれませんが、ダイハツと同じ様に
今以上にスバルが元気になるのだけは間違い無いでしょう。
 ちなみに私はスバル大好きトヨタ最低と思っているスバリストなので、
今回の提携はショックでした(^^)
    • good
    • 0

経営・財政面では、トヨタとの提携はGM傘下にいるよりもメリットがあるのではと考えます。


すでに報道されているように、販売の伸び悩みで稼働率の低い北米のスバル工場でトヨタ車の生産が行われる見込みのようです。
GMとの提携では、サーブに9-2xの準OEM供給くらいしかまともな事業がなかったので、
そういう意味ではメリットのほうが良いように感じます。

もうすこし趣味的な話をしますと、期待と不安が半々といったところでしょうか。

まず期待を言えば、現在スバルでは独自のハイブリッド技術の研究をしていますが、
これがトヨタの技術と融合することで、画期的なハイブリッドシステムが生まれるかもしれないということ。

不安を言えば、スバル360以来連綿と続いてきた軽自動車事業にトヨタが介入してくるのでは?ということです。
現在スバルが主力軽としているR2およびR1は売り上げが芳しくなく、
個人的な考えですが、同じトヨタグループであるダイハツと共同開発などに格下げされてしまうのでは?と危惧しています。
スバルはこれまで個性の強い軽自動車を作ってきただけに、そうなってしまわないことを祈っていますね。
    • good
    • 0

今回の場合、危機を感じるってことは無いと考えます。


もともとアメリカのゼネラルモータースと業務提携していたのを解消して、トヨタと提携するということです。GMと提携しているよりは、遥かに得るものが大きいと思います。
スバルが力を入れて来たところは、トヨタにとっては、苦手?(どちらかと言うと苦戦)として来た分野で、提携によって住み分けがうまく行くような気がします。

どちらかというと喜んでいる人の方が多いような気がしますがどうなんでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング