自分はネイルアートをやっています。
最近は写真をネイルに貼り付けたりもできます。
が・・・たとえば有名人やキャラクターなどの写真を撮り、それをネイルに貼り売ったら違法でしょうか?
しかし、ネイルの雑誌などではミッキーマウスやキティーちゃんの絵を描いて売っています。
絵はOKで写真はダメなのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

前の回答、一部タイプミスがありました。

下記の通り訂正致します。スミマセンでした。

 「なお、著作権を侵害する・しないは、営利・非営利を問いません。」
               ↓
 「なお、著作権の侵害は、営利・非営利を問いません。」

 それと、参考までに著作権法を掲載したHPのURLを貼っておきます。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S45/048.HTM#s320
    • good
    • 0

 有名人の写真を無断使用することは、肖像権の侵害行為になります。


 また、キャラクターに関しては、無断使用は著作権の侵害行為に相当します。著作権法第21条には、「著作者は、その著作物を複製する権利を専有する。」と規定されており、また、第2条第1項第15号には、「複製とは、印刷、写真、複写、録音、録画その他の方法により有形的に再製することをいう」と定義されています。つまり、写真であろうと自分で描いた絵であろうと、それは著作権法でいう「複製行為」であり、それを著作権者以外の者が勝手に行うことは法律上できません。判例としては、昭和46年(ワ)第151号、いわゆる「サザエさん事件」が挙げられます。
 なお、著作権を侵害する・しないは、営利・非営利を問いません。意匠権の場合は、非営利であれば侵害にはなりませんが。

 例外は、著作権法第30条に定められている「私的使用のための複製」です。つまり、キャラクターを無断使用する場合でも、「個人的または家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用する」ことは構いません。例えば、「練習のためにやってみた」という程度ならOKでしょう。

 雑誌に関しては、実状を知らないので何とも言えませんが、著作権者の許諾を予め取っているのではないでしょうか? ○の中にCが入ったマークとか、Copyrihgt・・・とかの表示がどこかに掲載されていませんか? 
 もし許諾が取られておらず、雑誌社側が勝手にやっているのであれば、著作権者がまだ発見していないだけであると思われます。また、著作権者側が発見したとしても、「宣伝になっているから放置しておこう」と考えているのであれば、警告はしません。著作権を侵害している・していないを判断し、その後どういう行動に出るかは著作権者側が決めることですので。しかし、uhee morihiko さんがいわれているように、ディズニーは行動に出ないことはまずありません。

 それから、知的財産権侵害の場合、ほとんどは民事訴訟で終わりますが、刑事罰もしっかりあります。親告罪ですが。著作権法であれば、第119条~第124条に罰則が規定されてありますので、お間違えなきよう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
(雑誌に関しては、実状を知らないので何とも言えませんが、著作権者の許諾を予め取っているのではないでしょうか?)
>たぶん雑誌に載っていたネイルサロンは無許可です。
キャラクターをネイルに描いているネイルサロンは日本中に多数あるでしょうね。
自分は気をつけます。

お礼日時:2001/11/20 09:44

私も著作権には疎く、この「教えてgoo」にお世話になっている者です。


なのでキチンとした回答とまではいかないのですが、かなり前にこんな事があったのでお教えします。
今から15、6年ぐらいも前にテレビでやっていたのですが、幼稚園のプールの底に白抜きの模様があり、よく見ればそれはミッキーの輪郭でありました。
で、幼稚園側に話を聞くと、園児たちと一緒にプールの底にミッキーの顔を描いたのだそうです。するとこのことを知ったディズニーから「勝手に使用されてはこまる」と言われ、止む無く白で塗りつぶしたとの事でした。
当事、「おいおい、子供のアイドル、ミッキーマウスとディズニーともあろう者が?」と思ったのですが、やはり決まりは決まり、守ってなんぼでありますね。
このプールは個人の物でなく、公共性の強い物なので、さらに厳しかったのかもしれません。
しかし、用心に越した事はありませんので、後で「しまった!」と言うことが無いよう、慎重にされたほうが宜しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/20 09:41

 「ネイルアートをやっています」ということですが、これはtatuya03さんが商売としてあるいは無償で複数の他人に施してあげているのでしょうか。

それとも、あくまで自分で自分に施すのみなのでしょうか。

 前者であれば、これは著作権法(あるいは意匠法等)に抵触する可能性があります。有名人の写真はもちろん、キャラクターの絵も複製権の保護の対象になります(自分で描いたものであっても)。無断で使用すれば権利侵害とみなされます。

 後者であった場合、ネイルアートの性質を考えると、これは個人使用の範囲内として認められると思われます。爪に貼る程度であればさほど目立ちませんので、不特定多数の目に触れるということはなく、無断で使用しても問題ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
自分は商売でネイルをしています。
もし写真を使うなら著作権フリーの物を使いたいと思います。
キャラクターの絵については、違反しているネイルサロンがかなりあるでしょうね。
自分は気をつけます。

お礼日時:2001/11/20 09:40

専門家でありませんが、法と言うのは時代に即応していません。

ナイルアートの分野は想定していないでしょう。
刑事罰では有りませんから、周知の前例が無ければ又、告発されなければ逃げれるとの考え方もあります。
唯写真は、NO1の回答のよにダメです。
絵の場合サイズを考えればまずOKでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
もし写真を使うなら著作権フリーの物を使いたいと思います。

お礼日時:2001/11/20 09:38

回答ではないのですが…



キティやスヌーピー、ムーミンをグッズにしている「サンリオ」でも、会報誌の付録であるシール特集で「キティ、スヌーピー、ムーミンはサンリオのキャラではないのでシールに出来ませんでした」と書いてある事がわりとあります。

一般が思っているよりも著作権や肖像権は厳しいです。外国のものだと更に…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/20 09:37

絵も写真もダメです。


有名人は肖像権、キャラクターは著作権の侵害になります。
雑誌上で売っているとすればそれも違法です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
もし写真を使うなら著作権フリーの物を使いたいと思います。
絵もダメですか?
かなりのネイルサロンが違反していることになりますね。
自分は気をつけます。

お礼日時:2001/11/20 09:36

 写真を貼る方法は、違法でしようね。

絵を描くのは、問題がないでしょう。写真は、著作権や肖像権を管理している側から許可を取ったものですので、それを無断で営利目的に使用することは、法に抵触すると思います。
 絵は、自分で書いた場合は、著作物とは同一とはなりませんので、問題はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
もし写真を使うなら著作権フリーの物を使いたいと思います。

お礼日時:2001/11/20 09:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q共謀罪が成立するとどうなる

共謀罪が成立すると以下の人達は何らかの影響受けますか。
共謀罪が成立すると以下の人達はどうなりますか。

1)広域組織暴力団
2)街宣右翼
3)在特会

Aベストアンサー

共謀罪がどの様な法律かどの様な運用の仕方をされるのか、国民のほとんどの皆さんわかっていません。
単にテロを未然に防ぐ為の法案ではありません。
大切なのは国会でまだまだこの法案を深める話し合いを充分に行う事です。
他の国にはあるが、日本にはない、などという単純なものではありません。まして、その事で他の国はテロが起こらない状況になってますか?現にテロは頻繁におこっています。この法案はテロ阻止が本当の目的とは言えないのです。過去この共謀罪が2度廃案になっている背景をもう少し考えて欲しいと思います、

Q写真集の写真を絵に描いて売ったら著作権侵害ですか。

アフリカについてのサイトを作りたいと考えています。
そこに動物たちの絵を載せたいのですが、何も見ずには描けないので写真集を見て絵を描きました(手書きで色等のアレンジあり)。
これをサイトに載せることは写真家の著作権を侵害しますか。
また、いずれ(時期は未定)この絵をTシャツなどにして販売したい(小規模で)と考えていますが、この場合も同様の質問です。

Aベストアンサー

微妙な問題ですね!写真をそのままなぞる様な構図で、色を付けただけの様な場合には問題に成ると思います。
ですが、プロの方でも全く何も見ないで・何も見た経験も無いままで動物を書くのは無理なのでは・・・?
写真を参考として、それを記憶に止めて、自分の作風で書かれるのが良いと思います。
それが一番難しいのですが・・・!それが故にプロの方が存在している訳で!
他の人が書かれた絵を見て、見本の写真と同じだと思わないくらいにアレンジされれば良いかと・・・?
それが無理なら、写真集の撮影者に自分の作品を照会して、許可を頂ければ安心ですが?案外、快諾して頂けるかも知れません。
相手からのクレームが無い様にしておく事が、商売上は安心です。

Qテロ準備罪が衆議院で成立しました。このいわゆる共謀罪を世界で法律制定してる国はありますか。 また、共

テロ準備罪が衆議院で成立しました。このいわゆる共謀罪を世界で法律制定してる国はありますか。
また、共謀罪を制定してない国で類似法律はありますか?

Aベストアンサー

韓国にも「国民保護と公共の安全のためのテロ防止法」というものが有り、
日本と同じく実際に犯罪を犯す前の謀議の段階で逮捕できるようです。

独裁政権の場合は、国際テロというより、自政府への反抗活動をしようと
する者を密告する事が求められたりします。

Qカフェを自分でオープンしようと考えてます。店に飾る絵や写真への肖像権や著作権

カフェを自分でオープンしようと考えてます。

その際、店に飾る絵や写真への著作権や肖像権はどうなっているのでしょうか?
ピカソやモネ、マティスなど、もう亡くなった作家達の絵などはよく飾ってあるのを眼にしますが、
存命中の作家の作品を飾る場合、何かしらの手続きが必要なのでしょうか?
また絵画と写真作品で著作権としての扱いに違いがあるのでしょうか?

何かしらわかる事があればと思い質問致しました。
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

美術の著作物(絵画等)及び写真の著作物の原作品を公に展示する場合は、著作権法により著作権者(展示権)に許諾を得る必要がありますが、著作権の制限規定に次のような条文があります。

第45条1項
美術の著作物もしくは写真の著作物の原作品の所有者またはその同意を得たものは、著作物をその原作品により公に展示することができる。
同条2項
この規定は、美術の著作物の原作品を街路、公園その他一般公衆に解放されている屋外の場所または建造物の外壁その他一般公衆の見やすい屋外の場所に恒常的に設置する場合には、適用しない

また、展示権が問題となるのは原作品についてのみであり、複製品については問題となりません。

というわけで、自己所有あるいは、所有者に同意を得ているのであれば、お店に飾る場合は著作権者に許諾を得なくても大丈夫です。

Q共謀罪について

ちょっと前に共謀罪について騒がれ始め、最近聞かなくなったので調べてみたところまだ話題になってるんですね。

どのサイトも共謀罪について悪く書かれすぎなような気がするのですが、与党はどんなメリットがあるとして共謀罪を採択しようとしているのですか?又本当にこういう解釈(http://kyobo.syuriken.jp/case.htm)になるのでしょうか?自分はただ単に左翼連中が騒いでいるように見えるのですが・・・。

Aベストアンサー

犯罪を共謀して計画したり、犯罪を行うために集合する等の行為をしない善良な市民であれば、共謀罪が成立しても何ら不利益があるとは思われません。
しかし、共謀罪が施行されると都合の悪い人達(山口の母子強姦殺人事件の弁護を担当し犯人の死刑に反対した安田弁護士,日弁連等)や、組織(日本人拉致事件に共謀して加担した在日、朝鮮総連、共謀して国家の転覆を図る組織等)、団体(団体で押しかけ、しつこく析伏を強要する新興宗教団体等)が行動を規制される恐れがあるので反対しているのです。

国際連合総会で採択された、国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約(国際組織犯罪防止条約)により、重大な犯罪の共謀、資金洗浄(マネー・ロンダリング)、司法妨害などの罪を防止することを、締結国に義務付けたため、日本としても国際連合加盟国の一員として、また独立国として、国内に在住する善良な国民をこれらの犯罪者から生命・財産の保護をするためにも共謀罪の成立が必要と思われます。

オーム真理教による松本サリン事件、地下鉄サリン事件、坂本弁護士殺害事件についても、警察は事前情報だけでは動けず、結局事件が起こってしまってから、やっと検挙を行っています。
また、北朝鮮や総連の共謀による、拉致事件も工作員やスパイが国内にうようよ活動していても、警察がこれを取りします法律もなく、たとえ、工作員を別件で逮捕しても旅券方違反など軽微な罰金刑で釈放されており、結果として25年間も放置されていたのです。
このように日本だけがこの法律を認めず、国内においてテロリストやスパイを放置しておけば、ダッカ・ハイジャック事件の時のように、テロリストに600万ドルの大金と凶悪犯人6名、それに未使用のパスポートまでつけて、アルジェリアまで送り届けたときと同じように国際非難をあびる結果となるのではないでしょうか。

参考URL:http://blog.yoshiko-sakurai.jp/archives/2006/05/post_439.html

犯罪を共謀して計画したり、犯罪を行うために集合する等の行為をしない善良な市民であれば、共謀罪が成立しても何ら不利益があるとは思われません。
しかし、共謀罪が施行されると都合の悪い人達(山口の母子強姦殺人事件の弁護を担当し犯人の死刑に反対した安田弁護士,日弁連等)や、組織(日本人拉致事件に共謀して加担した在日、朝鮮総連、共謀して国家の転覆を図る組織等)、団体(団体で押しかけ、しつこく析伏を強要する新興宗教団体等)が行動を規制される恐れがあるので反対しているのです。

国際連合...続きを読む

Q昔の絵や写真の著作権

江戸時代とか昔の絵画、印刷物とかには著作権はあるのでしょうか。
音楽などは作曲者の没後50年だか70年は著作権があると聞きましたが、絵や写真は?

例えば、福澤諭吉の写真?をTシャツにして売ったら著作権法違反ですか?

Aベストアンサー

 この手の質問は過去に何度もあるようですね。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q_id=1302674

 この辺りが最も参考になるでしょうか。
 特にここで#4の方が提示している文化庁のテキストが非常に参考になります。

 さて、絵や写真の著作権について。
 古い著作権法の関係で若干の例外はありますが、著作者(絵を描いた人、写真を撮った人など)の死後50年以上経っていればほとんどの場合著作権は消滅しているので、自由に利用することができます。

 また、写真に関しては1946年以前に撮影されたものは例外なく著作権が消滅しています。したがって例に挙げられている福澤諭吉(~1901)は、本人が存命中の写真であれば著作権はすでにありませんので、Tシャツにして売っても著作権法違反に問われることはありません。

Q共謀罪と治安維持法は同じですよね?

共謀罪法案は「テロ対策」と言いながら(戦争準備の為の)国民の口封じ法案だと思うのですが。

治安維持法は違憲ですが。共謀罪法案も基本的人権を無視した憲法違反法案だと思うのですが、何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

首題の件でいえば、同じです。
両者とも、初期には「一般国民には関係が無いこと」と言われました。
しかし、国民全てが「一般国民」なので、結局は「全ての国民が対象」です。

「テロ対策等」というのは、結局は「デモ対策等」といってよいでしょう。
国策に反するデモは計画段階から監視され、実行前に束縛されるようになると思います。
治安維持法適用の最悪は、ある団体の慰労会(単なる飲み会)参加者全員逮捕投獄、です。
安倍晋三首相は中国よりもポスト金正恩(日本国掌握)を目指しているように感じます。

Q絵や写真をトレースした場合の著作権の問題

以下の場合は著作権に抵触するか教えてください。

・本の絵をトレースしてそのまま自分のウェブサイトで使用
・本の絵をトレースして加工して自分のウェブサイトで使用
・人物の写真をトレースして自分のウェブサイトで使用

個人利用と商用利用の場合では違いがあるかも教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

全て無断で、ということであれば抵触します。
トレースは二次加工になります。

個人と法人の違いならありますが、個人なら5年以下の懲役か500万円以下の罰金かまたは両方。法人なら1億5000万円以下の罰金です。
民事でも商用利用の方が当然ですが賠償額が跳ね上がります。

当然、許可を得ており、その契約を結ぶなどすれば、全て合法です。

Q今日、Twitter見ていたんですがあるものが目に入りました、共謀罪法案 調べたらあまり分からないん

今日、Twitter見ていたんですがあるものが目に入りました、共謀罪法案 調べたらあまり分からないんですが簡単に言えば上司殴るとか暴言?言ったら逮捕されるってことですか?

共謀罪法案はまだ決定ではないですよね?

Aベストアンサー

ほとんど無関係ですね、一般国民が、普通の生活をしている分には無関係な法律です。
一部のグループやマスコミが、煽っているように思います。
独立国家なので、共謀罪(テロ防止罪)やスパイ防止法があるのは当然ですよ。
外国籍(特別永住者を含む)の人の一部が、政治活動やデモを正々堂々としている国は、多くないでしょう。
母国に帰って、そのような運動をして欲しいものです。

「憲法改正」という安倍総理の発言があったので、連休明けには、話題がそちらに移るように想像します。

QHPやメルマガの絵や文章には著作権はついているのでしょうか?

HPやメルマガの絵や文章には自動的に著作権がつくのでしょうか?
それともお金を出して登録しないといけないんですか?

Aベストアンサー

 ただ登録するメリットもあります。第三者があなたと同じ物を作成して、あなたに対して著作権違反の主張をした場合、あなたの方で相手より先に公表した事実が証明できなければ理不尽にもあなたが損害額を払わさせられる可能性があります。このようなとき、登録は役に立ちます。

参考URL:http://cozylaw.com/copy/tyosakuken/tourokuc.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報