ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

今日、南北線の先頭車両に乗っていたら、「手歯止使用中」という赤い札が運転席の近くに保管されているのが見えました。手持ちの国語辞書にも載っていませんし、ネットで検索してもうまくヒットしなかったので、手歯止使用中の札は、どんな時に使う札なのか教えて下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

駅や車庫で長時間留置する場合には、保安ブレーキという車のパーキング(ハンド)ブレーキにあたるもので、車両が勝手に動き出さないようにしていますが、さらに先頭車両の車輪に車止めをかませます。




この車止めのことを「手歯止め」といいます。

手歯止めをしたまま車両を動かしますと、脱線する可能性もありますので、この札を運転台に掲げて外し忘れないようにしています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

一体いつ使うのだろう?と気になっていたのですが、長時間留置する際などによく使うものなのですね。詳細なご説明をして下さり、ありがとうございます。

お礼日時:2005/10/09 07:31

電車には、自動車にあるようなサイドブレーキがないので、パンタグラフをおろすと、基本的にはブレーキが作動しなくなるので、ブレーキを解除して、車輪に歯止をおいて留置します。

歯車が噛んでいるので普通は、その状態でも動きません。その歯止が差してあるときに次の運転士などに知らせ、動かす際には、はずしてくださいという合図に使うのだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「パンタグラフ」というまた新しい疑問がでてきましたwあとで調べようと思います。歯止めをはずしわすれないように注意!という意味の札だったのですね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/09 07:27

車輪とレールのすき間にくさび形の転がり止めを入れているということでしょう。



自動車でも坂道などに駐車する場合には用いたりしますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勝手に車輪が転がらないように止めるのですね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/09 07:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q通学定期の経路変更はどういうとき可能ですか?

今年から大学に通うのですが、最寄り駅から大学駅までいくつか経路があります。そのうちの2つまで絞ったのですが、どちらがいいのかわかりません。片方は時間がかかるのですが安い、片方は早いですが高いです。どちらも経路としては可能ということです。

そこで質問ですが、経済的理由などで年度途中に安いほうの経路に変更は可能でしょうか?

Aベストアンサー

通学定期券は自宅最寄り駅相当から学校最寄り駅相当まで「合理的な経路」に限って発売されます。(最短に限りません。)
距離的最短・時間的最短・料金最安・乗り継ぎ等の利便性などで判断されることが多いようです。

学校に許可を取る必要は爪の先もありませんよ。「通学証明」さえあれば通学定期券は買えますので、学校で「通学証明」を発行してもらえば、あとは希望の経路の定期券を(もちろん発売条件に適合していれば)買うことが出来ます。

私は鉄道会社に正社員として勤めたことがありませんから一般人として回答しています。

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報