中小企業の働き方改革をサポート>>

今まで入っていた郵便局の養老保険が来年で終了するので、次の保険を考えています。
養老保険では6年前に子宮筋腫になったときに、手術して2週間入院しても全部で5万円くらいしかもらえませんでした。それでもだいぶ助かりましたが。

保険に関しては今までかなり無頓着でした。今になって何社からかパンフレットを取り寄せているのですが、保険会社が多すぎて迷っています。
自分の収入が少なくこれからも安定していないのですが、満期で戻ってくる分を最初の数年は当てようと思っています。

希望としては、以下になります。
・月額3000円台から、多くても4000円台くらいで、できればボーナスなどの給付金がある。
・がん家系なので特に女性のがんが心配。がんの保障がある物を。
・自分の生きている間だけ医療に関してしっかり保証してもらいたいので、死亡時以降は不要。
・充実した保障額に越したことはないが、低くても月々の負担が少ない方がいい。
・10年か15年くらいごとに更新できる方が、見直せてお得?かもしれないと考えている。

女性42才・独身・一人暮らし。他に保険は未加入。職業は勤めプラス自由業。大病は子宮筋腫以降は健康。
来月頭が誕生日なので、その前に入りたいと考えています。
勉強不足の私でも理解できるアドバイスをよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#2の方と同じく、国民共済や県民共済がおすすめです。


私は国民共済の医療タイプに加入しており、月1600円ですが、毎年払い戻し金があり、実質月1000円前後で済んでいます。医療大型とか、終身タイプもあるようなので検討してみてください。死亡時も葬式代くらいはでます(派手な葬式はできませんが)。

大手生命保険のように充実したオマケはありませんが、なんといってもすばやい対応がありがたいです。一度入院なされたので経験されたとは思いますが、給付金請求ってとっても大変ですからね(^_^; 親が簡保に入っていたのですが、資料がぜんぶ揃っているにもかかわらず、窓口担当が不慣れなせいで(でも「主任」なんだよね、郵便局っておかしい!)2時間もかかったし、大手生命保険はなしのつぶてだったし。

4年前とはいえ子宮筋腫をやっていると、女性特約をつける・ガン特約をつけるときは要注意です。その点はしっかり加入前に確認をとっておいた方が無難でしょう。

更新ありの保険は、今現在の年齢を考えるとおすすめできません。40台後半になると、保険料はぐーんとあがりますからね。52歳になったとき、57歳になったときの保険料を考えると、少々割高でも今無理しておいたほうがいいかな?と思います。60歳で寿命がくるというのがわかっていると設計しやすいのですが、こればかりは誰もわかりませんからね。。。。

というわけで、私のおすすめは、こくみん共済の「医療タイプ」×2、もしくは「医療タイプ」+「終身医療タイプ」です。

網ちょっと費用がだせるのであれば、アフラックの医療保険がおすすめなのですが。。。。

いちおうこくみん共済のURLを貼っておきます。

参考URL:http://www.zenrosai.or.jp/kyousai/kokumin/type_i …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お勧めの「医療タイプ」×2というのは、総合二倍タイプの事でいいのでしょうか。
「医療タイプ」+「終身医療タイプ」はがんに関して保障されていれば、こちらもいいですね。それと女性特有の疾病というのがどの範囲なのか、資料やサイトを見てもよくわからなかったので疑問なのですが。
保険は終身の方がこの年齢だといいということですね・・・。
こくみん共済は子宮筋腫に関しては2年以内の確認になっているので、問題はなさそうなので考えてみます。

お礼日時:2005/10/09 23:50

ご質問と自分の回答が違いますが、参考までに下記URL「契約年齢と責任開始期」。


「死亡保障がいらない、という身勝手な考えですね?」とは思いません。
自分もそうですが、40代独身一人暮らしで扶養家族もいない場合、重視するは死亡保障より医療保障または老後保障であるはずです。人それぞれです。

参考URL:http://blog.goo.ne.jp/live-alive/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
誕生日前にと思っていたのですが、契約年齢は満年齢の所が多いようなのであせらずに考えています。

私も人生設計は人それぞれと思います。「身勝手な考え云々」には少しショックを受けましたが、きっと書いた人はポイント稼ぎのために、細かいことを考えないで書き込んでいるんでしょう。
こういったところのアドバイスは有効なものと不必要なものを選別して受け取らないとだめですね。

お礼日時:2005/10/19 03:32

子宮筋腫で手術をしているとなると、契約以前に審査が重要になると思います。



郵便局のかんぽに入られているそうですが、養老ですと100万~1000万、保障は1500円~15000円の5日目から給付(プラス手術)の単純な保障ですね。

金額はどうであれ、かんぽに引き続き契約しようとすると、おそらく審査の段階で入院前歴、また疾病内容で契約できない、もしくは一定期間経過後再度契約可能と判断され、最初に払った一回分の掛け金が戻ってくるはずです。

本人が今現在健康体であっても、以前に子宮筋腫の病歴は思った以上に審査は厳しく狭き門になります。

保険は結局「出してみないとわからないもの」なのです。

その審査を通したくて黙っているのも良くありません。郵便局には病歴が残っていますが、他の保険会社には何もありません。

もし仮に他の保険会社の無審査で簡単に契約できたとします、万が一また、子宮に病気を持ち入院をしたとします(その他の疾病でも)。病院にはカルテや術後記録が残っていますから、前回の病気の続きではないかと診断されるのが一般的ではないでしょうか?

主治医の書き方にも偏りますが、前の病気と繋がりがあると診断された場合、給付は受けられないものがほとんどでしょう。
それどころか、告知義務違反として保険契約事態が無効になってしまうこともあります。何年も掛け続けた保険料も戻ってくる保障はありません。戻ってこないことのほうが多いかもしれません。

セールスの方も営業ですから「6年前の病気なら大丈夫ですよ~」などと軽く流す人もいるでしょう。でも、告知しなかった自分に責任転化される恐れがあります。告知については十分気をつけてください。

知らなかったでは、自分が負けます。

保険にも「クーリングオフ制度」があります。まずは、どの保険が自分は加入できるのか試しに契約してみるのも、ひとつの手段だと思いますよ。
うまく契約できればいったんクーリングオフをしてじっくり自分に合った保険を探すこともできるでしょう。


パンフレットを集めるより、セールスの方に聞いたほうがいいですよ。

長くなってすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
郵便局の保険は更新の際に新しいタイプの保険の見積もりをしてもらったのですが、養老保険で月二万円以上、他のタイプでも月8千円以上かかると言われ無理でした。
過去の病歴に関しては正確に申請するつもりですが、6年前でもそんなに厳しい所もあるのですか!筋腫などは、逆に全部取ってしまったので二度目はあまり無いと思うのに・・・(^^;)
本当はセールスに聞くとよくわかると思うのですが(実際郵便局はよく理解できました)、時間的余裕がないのとお手軽なので資料集めで現在検討しています。

お礼日時:2005/10/09 23:59

あなたの希望に合う商品はありません。



強いて言えばアフラックの21世紀がん保険+特約MAX21ですが、それでも5000円を超える金額でしょう。
死亡時以降に保障が無くなるのは当然です。死亡保障がいらない、という身勝手な考えですね?葬儀は誰が費用負担するのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私はアドバイスが欲しいんですが・・・。

掲げたすべての条件をを満たした保険を教えてくれと言っているのではありません。そんなものあるはずないですから。
これをかなえるためにはこの条件は無理とか、一番近くてこれ、というような話を聞いて決定の参考にしたいと思っています。

お礼日時:2005/10/08 21:12

#2です、すみませんこっちのURLの方がいいかも。



参考URL:http://www.jccu.coop/kyosai/index.html
    • good
    • 1

安い掛け金と充実した保障でコープ共済がお勧めです。



42歳の女性なら2,520円の掛け金で死亡300万、入院5,000円

あと長期入院保障と手術の保障も付いている「あいぷらす」

とか、また、女性なら「たすけあい」の女性コースも優れた

内容になっています。

#1さんがおっしゃるように、保障と貯蓄は別にした方がお金

は貯まると思いますよ。

参考URL:http://www.coop-kobe.net/kyosai/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
共済はこくみん共済と都民共済しか知らなかったのですが、いろいろあるのですね。ここは女性向けが細かいようなので、資料を請求してみました。

お礼日時:2005/10/08 20:49

医療保証が目的ならアフラックがコストパフォーマンスが一番いいんじゃないかと思います。



給付金のあるものよりも、できるだけ保険は安く抑えて、浮いた分を貯金に回す方が得になることが多いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
アフラックは資料取り寄せ中なので、検討してみます。

お礼日時:2005/10/08 20:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q収入が不安定な独身中年女性向けの医療保険

医療保険への加入を検討しています。

40歳の独身女性、一人暮らし、非正規雇用ですので、収入が不安定なため、月々の保険料は3000円台に抑えたいと考えています。以前、20代の頃に生命保険(死亡保障あり)に加入していましたが、ここ15年ほどは無保険です。

これまで、特に疾病や怪我もなく過ごしてきましたが、さすがに年齢的にも必要かと思い、現在、資料を取り寄せて、以下の3種類を検討中です。
カスタマーサービスに問い合わせもしましたが、医療保険の知識が少なく、差が分かりません。
万が一、入院したときに「自腹で立替」が発生しないのが理想です。

月額を安く抑えるために、「定額」も検討しましたが、非正規雇用ですし、年金生活に入って保険料の負担があるのは厳しいような気がして、60歳から保険料半額タイプにしようかと考えています。
今後、人生プランが変わることもあるわけですが(結婚など)今のところ、どうなるか分からない状態ですので、60歳で完済するタイプよりは、月々の負担が軽い60歳半額タイプがよいかと。。。

1.アフラック新EVER(終身)
スタンダードプラン・保険料が60歳で半額になるタイプ・入院給付金日額5000円
これに、総合先進医療特約、女性疾病特約・三大疾病増額特約をつける

2.ソニー損保SURE(終身)
スマートフィットプラン・保険料が60歳で半額になるタイプ・入院給付金日額5000円

以上は保険料も3500円程度でガンもカバーしているようです。

3.全労災
内容がイマイチ分かりづらく、見る限り、上記の2つよりも割高感があります。

アドバイスをよろしくお願いいたします。

医療保険への加入を検討しています。

40歳の独身女性、一人暮らし、非正規雇用ですので、収入が不安定なため、月々の保険料は3000円台に抑えたいと考えています。以前、20代の頃に生命保険(死亡保障あり)に加入していましたが、ここ15年ほどは無保険です。

これまで、特に疾病や怪我もなく過ごしてきましたが、さすがに年齢的にも必要かと思い、現在、資料を取り寄せて、以下の3種類を検討中です。
カスタマーサービスに問い合わせもしましたが、医療保険の知識が少なく、差が分かりません。
万が一、入院した...続きを読む

Aベストアンサー

全労済のこくみん共済は案外見た目以上に割安です。病気入院に弱いが、怪我の保障を厚めに組んでいます。ただ、死亡保障もそこそこあるので割高感があるかも。そこで類似の県民共済・医療コースをお勧めします。こちらは死亡保障を僅か(50万円)に抑えて医療保障を厚く組んでいます。生協を利用しているならばコープ共済連の共済もあります。
これらは終身保障では無いので、終身保障が必要ならば民間生保になります。ただ、後期高齢者医療制度も自己負担の上限がかなり低いので、敢えて終身保障にこだわらなくても。とにかく貯蓄を増やして生活の安定を図るべきです。平均稼働年収の半分程度は定期預金や国債等換金がやや容易で円建て元利保証の商品にします(国債は個人向けを敢えて勧めます)。総合口座にする事で雇用保険が出る迄のつなぎ資金に使う事も可能です。これ以上積んだら運用を考えて行き、老後の不安に備えます。国民年金基金も検討対象にしても良いでしょう。

Q生命保険に加入した事がないのですが・・・

30代前半独身女性です。
さっき会社にかんぽ生命の方が来ました。
恥ずかしいのですが、この年になるまで生命保険に加入したことがなく生命保険に関して全くの無知なので教えて下さい。
かんぽ生命の方の説明によると60歳まで月々3500円の保険料を支払えば、もし途中で亡くなっても150万円の保障があるし、60歳迄払い込めば掛け金以上のお金が戻ってくるというのですが本当ですか?
保障付きの貯金という認識で良いのでしょうか?
話を聞いてるうちに私もいい年だし加入してもいいかなぁ・・・と思ってきたのですが。

Aベストアンサー

>保険金額150万円」「死亡保険金150万円」「保険料額3420円」と書かれていますが、単純に60歳までの保険料を計算して320ヶ月×3420円=1,094,400円・・・・・・よく見ると「60歳払込済定額型終身保険」・・・

終身保険みたいでしたね。
それならより良いものを選びましょう。

1.老後の貯金目的で将来解約(保険をやめる)して終身保険を利用するケースもありますし
2.葬祭費用で途中で保険をやめることは考えず必ず残しておきたいという考えで終身保険を備える方・・・それぞれです。

また、3.やめるつもりはないけれど死亡保障として残しても受け取る人が居ないケースもあります。(ほぼ1ですね・・・)
このようなケースであれば将来の年金の足しに使いたいという考えがありますよね?

1と3のようなケースであればある一定期間で保険料を払込み終えた後
保険を解約したら払った以上にお金が戻ってくる終身保険(低解約返戻金タイプの終身保険を利用するのが好ましいかもしれません。
2のケースであれば、解約返戻金(保険を止めたら戻ってくるお金)が運用次第で解約返戻金が増えてるのか減ってるのかその時でないと分からない変額終身保険が
宜しいのではないでしょうか?(設定した保険金額は最低保証されます)

あくまで私は
終身保険は「生活する資金には問題がない」というのが条件で
今の生活がままならないのにコストの高い終身保険(もしくは終身医療保険)を備えるのはどうなのかなぁ?
必ずしもそうでない野ではないでしょうかという意見の持ち主です。
場合によっては長期にわたる定期保険(掛捨てのもの)を利用したりします。

医療保険も保険料が変わらない終身医療保険が大変人気ありますが
あまり知られていない実費補償タイプの医療保険もあります。(ある損害保険会社で出してます)
保険料が更新型というだけで敬遠されるかたが多いですが
まず内容をキチンと知ってから敬遠された方が良いです。
色々お話していて、最初は終身医療保険といっていたのが
契約になるとき「実費補償にします」という方もいらっしゃいますから。
知ることは大事です!

まあ、いろんな方のお考えがありますので
ご自身のお考えに照らし合わせてお考えくださいね♪

>保険金額150万円」「死亡保険金150万円」「保険料額3420円」と書かれていますが、単純に60歳までの保険料を計算して320ヶ月×3420円=1,094,400円・・・・・・よく見ると「60歳払込済定額型終身保険」・・・

終身保険みたいでしたね。
それならより良いものを選びましょう。

1.老後の貯金目的で将来解約(保険をやめる)して終身保険を利用するケースもありますし
2.葬祭費用で途中で保険をやめることは考えず必ず残しておきたいという考えで終身保険を備える方・・・それぞれです。

また、3.や...続きを読む

Q医療保険は民間・共済・かんぽどれが良いですか?

30歳前の夫婦です。
現在、保険に加入していないのですが、二人とも健康に自信がないので、結婚を機に医療保険へ加入しようと思っています。
※主人は生命保険も検討しております。
まだ子供はいませんが、2~3年以内のうちにと思っております。

調べた中で、下記の4つで悩んでおります。
もちろん、子供ができたとか目的で保険のオススメ、加入の有無は変わってくるとは思いますが

アドバイスいただけないでしょうか?

(1)都民共済
(2)国民共済
(3)オリックス(CURE)
(4)かんぽ

(1)(2)共済は総合保障で考えていますが、老後の保障が一気に薄くなるのがネックです。
共済に入られた方は、老後入り直すか、もう一本入っているのでしょうか。

(3)民間のオリックスは終身なので、良いかなと思っています。65歳満了にして一生涯保障という点に惹かれています。
こちらに入る場合は、死亡保障などもオリックスのブリッジで考えています。
もしくは、リリーフダブルの総合保障型を検討しています。

(4)義母と義祖母に掛け捨ては勿体ないからと、郵便局のものを勧められています。
医療保険は掛け捨てるものなのかなと思っていたのですが、勿体ないと言われると確かにと思ってしまいます。
あと、1日入院からでも出るから良いと言われています。
ただ、保険料が他の3つに比べて少し高いのがネックです。


今から老後の保険まで考えても、一生涯同じ保険というのは無理なのでしょうか。
※子供が生まれたら、子供が自立するまでは別途旦那への死亡保障を定期でつける予定ではいます。

どのみち、どこかで保険の入り直しを考えるものですか?
その場合は、65歳払い込み終了にするのではなく、終身払いにした方が良いのかなどと考えてしまいます。
そもそも、共済の総合保障型の保険と、オリックスなどの医療保険を並べてる時点で間違っているのでしょうか。
その場合は、そちらに対するアドバイスもいただけたら本当に助かります。

本当に苦手な分野で、保険のお店へ相談に行っても、代理店の紹介金利が良い保険を勧められたりするので頭がこんがらがってしまいました。

みなさまにアドバイスいただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

30歳前の夫婦です。
現在、保険に加入していないのですが、二人とも健康に自信がないので、結婚を機に医療保険へ加入しようと思っています。
※主人は生命保険も検討しております。
まだ子供はいませんが、2~3年以内のうちにと思っております。

調べた中で、下記の4つで悩んでおります。
もちろん、子供ができたとか目的で保険のオススメ、加入の有無は変わってくるとは思いますが

アドバイスいただけないでしょうか?

(1)都民共済
(2)国民共済
(3)オリックス(CURE)
(4)かんぽ

(1)(2)共済は総合保障で考え...続きを読む

Aベストアンサー

私は、県民共済+民間医療保険(終身&掛捨て)に加入しています。
毎月2000円(割戻前)+3400円(30代前半加入)の支払です。

(4)は考えていません。
掛け捨てで無いといっても(払った額)-(戻ってくる額)を保険期間で割って、
月々の保険料に換算すると、自分の保険の掛け捨てより高くなるからです。

生命保険も、医療保障も定年前の働き盛りで経済的に家族を支える立場の人が
万が一に備えるものだと思うので、共済のコンセプトは良いと思っています。
だからと言って、60歳以降は無保険で良い・・・とは私は思えなくて、
実際に医療費が掛かるのは定年後なので、終身の医療保険に入っているという感じです。

私の加入している保険は若い内に保険を使わなければ、
60歳以降、保険金の支払日額が倍額になるタイプなので、
60歳までは共済+終身医療で保障を手厚くし、
60歳以降の病気は終身医療で同じ保障レベルをカバーできる感じです。

一応、他の方が言われるように、
長期入院に対応できる保険の加入も考えたのですが、
保険期間を1入院、120日間、支払日額を1万円以上にしておいても
どうにもならないような病気の時には、就労不能保険の出番かなと思いますし。
ガン保険なので、ガンになった場合は診断金が出たり、入院が無制限になったりと手厚い保障になります。(私の家系は殆ど親戚が老衰orガンで亡くなっているので)


>65歳満了にして一生涯保障

これは特に魅力だと思えないです。
払込み満了ということは要は保険料を前払いしているだけなので、
健康に自信が無い≒平均寿命より長生きできる自信が無いのであれば、
終身払いでも良いんじゃないでしょうか?

私は、県民共済+民間医療保険(終身&掛捨て)に加入しています。
毎月2000円(割戻前)+3400円(30代前半加入)の支払です。

(4)は考えていません。
掛け捨てで無いといっても(払った額)-(戻ってくる額)を保険期間で割って、
月々の保険料に換算すると、自分の保険の掛け捨てより高くなるからです。

生命保険も、医療保障も定年前の働き盛りで経済的に家族を支える立場の人が
万が一に備えるものだと思うので、共済のコンセプトは良いと思っています。
だからと言って、60歳以降は無保険で良い・・...続きを読む

Qかんぽ生命保険!解約した方が良いでしょうか?

先日も、自分が契約している「郵便局」での「かんぽ生命保険」
詳しくは、保険種類として「普通養老保険」です。
今日、珍しく「郵便局」に行く時間がほんの少しできたので、詳細を聞いて来ました!
是非、アドバイスなどお願い致します!!!

平成17年に加入しました。
契約内容は 
※「入院時」→1日 4500円支払われる(ただし、5日以上の入院に限る)
※「手術時」→1日 4500円支払われるのだが
10倍~40倍までの金額が、手術の内容に応じて異なる。
(盲腸などでは10倍だそうです、その他色々な病気の種類で40倍まで、様々だそうです)
※「死亡時」
 これに関しては、変な書き方かも知れませんが、自分がいなくなってしまうので、あまり気にしてはいません。
(お金に関して、せこい意味ではなく、家族構成の問題からです)

★毎月 18420円支払っています。
★満期が「平成33年 3月」です
(自分の年齢から計算すると・・あと151ヶ月支払います)
★つまり、来月からの合計の「支払額」は
18420円×151ヶ月= 278万1420円です。
★満了時(積み立てなので300万返って来るそうです)
★ちなみに・・今、解約した場合は・・59万1808円戻るそうです。
★つまり・・満了まで支払う合計額と、今現在解約して戻る額を比べてきた場合「21万8580円」少ないのです。
この先、入院、手術をしたとしても、上記の金額しか保障が無いのであれば、また、がん保険は無いとの事なので、
自分としては「解約」して、自分に合った「保険」の自分に必要だと思われる「契約内容」「支払う金額」「保障される金額」を今一度考え、新たな保険に加入した方が良いと思うのですが・・。
どう思われますか?
ちなみに「三井生命」の保険にも入っているため、そちらの方の「契約内容」を今一度確認した上でのことなのですが・・。

どう思われますか?
是非、ご意見、アドバイスを頂ければ・・と思っています!
どうぞ、宜しくお願い致します!!

先日も、自分が契約している「郵便局」での「かんぽ生命保険」
詳しくは、保険種類として「普通養老保険」です。
今日、珍しく「郵便局」に行く時間がほんの少しできたので、詳細を聞いて来ました!
是非、アドバイスなどお願い致します!!!

平成17年に加入しました。
契約内容は 
※「入院時」→1日 4500円支払われる(ただし、5日以上の入院に限る)
※「手術時」→1日 4500円支払われるのだが
10倍~40倍までの金額が、手術の内容に応じて異なる。
(盲腸などでは10倍だそうです...続きを読む

Aベストアンサー

解約したほうが良いかは、それぞれ保険の特徴がありますので
差し控えますが、内容的には一般的な養老保険ですね。
17年からとの事ですが、養老保険とは生死混合保険といいまして
死亡したときにも、満期のときにも同じ金額を受け取ることが出来る
保険で、死亡の場合に払う可能性のある金額を準備する死亡保険料部分と満期に備える生存保険料部分に分かれ運用されていますが、年齢が若いうち、つまり入りたてのうちは生存保険料の割合が大きいので、今回のような差が生じます。また、医療保障部分ですが、死亡保障などの特約としてつける場合は、基本的に5日目からしか支給されません。
そのため、医療保障がご不安でしたら、医療保険単体の一日目から保障される保険のほうが安心ですし、死亡保険金を気にされていないなら
必ずしも養老保険という形態をとらずに、個人年金でも貯金でも良いと思います。現在では、解約返戻率が100%を超える終身保険も登場していますが、一定の時期までは低解約返戻期間として逆に通常の保険より損をすることもあります。貯蓄の流動性(すぐに現金として手元に戻せる)を考えれば貯蓄と保険を別個に考えられることも大切かもしれません。ただし、掛けかえるのであれば新しい保険が成立してから解約しましょう。

解約したほうが良いかは、それぞれ保険の特徴がありますので
差し控えますが、内容的には一般的な養老保険ですね。
17年からとの事ですが、養老保険とは生死混合保険といいまして
死亡したときにも、満期のときにも同じ金額を受け取ることが出来る
保険で、死亡の場合に払う可能性のある金額を準備する死亡保険料部分と満期に備える生存保険料部分に分かれ運用されていますが、年齢が若いうち、つまり入りたてのうちは生存保険料の割合が大きいので、今回のような差が生じます。また、医療保障部分ですが、...続きを読む

Q50代で入る医療保険

私の両親の話なんですが、来月医療保険の満期を迎えます。
現在は全労災の定期の医療保険に入っており
定期だと今後ますます値上がりするため、この機会に安くてよい保険への見直しを考えています。(死亡保障は別に契約しています)
単純に全労災の終身の医療保険へ入りなおそうと思っているみたいですが、
50代のため結構な保険料になり、私は民間保険会社のほうがもっと安くてよいものがあるのでは?と感じています。
両親の希望は以下のとおりです。
50代で入るおすすめの医療保険があれば是非教えていただけないでしょうか?
昔は某大手生命保険会社で契約していたみたいですが、教育費のため解約してしまったそうで…
親孝行と思い私も一緒に保険を検討中です。
県民共済も考えましたが60歳以降は保障がガクンと下がるので…
年金生活に備えてなるべく安い保険料(2人で1万円以下)を希望しています。安ければ安いほど助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

■父(55歳)
○終身医療保険(入院1万円程度)
#現在定期で加入している全労災のプランです
#入院1日目から180日まで、手術や先進医療その他保障もあるものですhttp://www.zenrosai.coop/kyousai/niryou/plan/teikiiryou_sougou/index.php
○できれば三大疾病追加(追加金額がわかれば助かります)
#三大疾病は県民共済を併用してもいいかなと考えています

■母(54歳)
○終身医療保険(入院5千円程度)
#専業主婦なので父より低く見積もっています

私の両親の話なんですが、来月医療保険の満期を迎えます。
現在は全労災の定期の医療保険に入っており
定期だと今後ますます値上がりするため、この機会に安くてよい保険への見直しを考えています。(死亡保障は別に契約しています)
単純に全労災の終身の医療保険へ入りなおそうと思っているみたいですが、
50代のため結構な保険料になり、私は民間保険会社のほうがもっと安くてよいものがあるのでは?と感じています。
両親の希望は以下のとおりです。
50代で入るおすすめの医療保険があれば是非教えていた...続きを読む

Aベストアンサー

終身の医療保険の保険料の仕組みは……
どのように決めているかと言うと、人の一生を一つの期間として考えているので、若い時に契約しても、高齢になってから契約しても、支払う保険料の総額が同じになるように設定されています。
これが、原則です。
例えば、生涯で100万円と設定されている保険があるとします。
これを60歳払込済みだとすると……
20歳で契約すれば、40年間、480ヶ月で払えば良く、
50歳で契約すれば、10年間、120ヶ月で払うことになります。
単純に計算しても、ざっと4倍の保険料となります。
20歳だと、2083円、50歳だと8333円です。
実際には、保険料を運用するなど、多様な要素が絡んでくるので、単純ではないのですが、基本は、上記の通りです。

終身ではなく、定期保険の場合には、その期間に病気になる確率で計算されています。
高齢なると入院する確率、長期入院となる確率が高くなるので、保険料も上がります。
つまり、定期保険で高齢になると保険料が上がるのと、終身保険で高齢になると保険料が上がるのでは、根本的な意味が異なるのです。

では、55歳で医療保険に契約する意味があるのか?
それが分かるのならば、誰も苦労をしません。
そもそも、これからの人生で、何回入院するのか、何日入院するのか、誰にもわからないのです。
生涯健康で、亡くなるときも自宅で老衰で亡くなれば、それこそ、生涯一度も入院しないということもあります。
一方、毎年のように入院される方もいらっしゃいます。
前者ならば、医療保険は不要だったでしょうが、後者ならばとても役に立つということになります。
でも、それを予想することは、誰にもできないのです。
生涯で1回しか入院しないとわかっていれば、こんなに楽なことはありません。

ちなみに、厚生労働省には、「病院報告」という調査があります。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/07/kekka03.html
平成19年の一日当たりの新規入院患者数は、約39000人です。
年間だと、約1423万人。
平成19年の日本人の人口は1億2800万人。
1423÷12800=約0.11
人生80年と仮定すると、0.11×80=8.8
つまり、人生80年とすれば、8.8回入院する……これが、平均です。

さて、医療保険に契約するとすれば、どのような保険が良いか……
それは、医療費をどのように払うかということと関係があります。
(1)主として貯蓄から支払うので、医療保険は気休めで良い
(2)主として医療保険でカバーしておきたい
どちらの考え方に近いですか?
(1)ならば、医療保険は一回の入院限度日数60日型、入院給付金日額5000円でも十分でしょう。何しろ、気休めなので……
(2)ならば、一回の入院限度日数は少なくとも120日、できれば180日以上が欲しいところです。入院は長期になると、経済的リスクも高くなるので、それに備えたいです。
60日型と120日型の両方ある保険で比べてみれば分かることですが、60日型を120日型にするには、それほどコストがかかりません。なので、ぜひとも検討するべきです。
入院給付金日額も高い方が良いに決まっていますが、こちらは金額に比例して保険料もあがりますから、バランスを考える必要があります。

全労済で、新総合医療共済の80歳までの定期医療プラン、日額1万円、三大疾病プラスの月払保険料は、24,310円です。
全労済の保険料は、
http://www.zenrosai.coop/kyousai/niryou/plan/teikiiryou_sougou/index.php
の中ほど、「掛金計算」をクリックして、計算できます。
お二人で1万円という予算とはかけ離れているようです。

先に述べたように、リスクとは何かを考えてから、どのような保障を選択するのか(貯蓄、保険……)を考えてください。

最後に……
保険を考えるときには、保険会社も考えてください。
高い商品ですから、ご自分か契約しようとする会社がどのような会社なのか、知っておくべきだと思います。
決算報告は、
http://www.seiho.or.jp/data/account/index.html
で、見ることができます。

ご参考になれば、幸いです。

終身の医療保険の保険料の仕組みは……
どのように決めているかと言うと、人の一生を一つの期間として考えているので、若い時に契約しても、高齢になってから契約しても、支払う保険料の総額が同じになるように設定されています。
これが、原則です。
例えば、生涯で100万円と設定されている保険があるとします。
これを60歳払込済みだとすると……
20歳で契約すれば、40年間、480ヶ月で払えば良く、
50歳で契約すれば、10年間、120ヶ月で払うことになります。
単純に計算しても、ざっと4...続きを読む

Q独身女性の場合、県民(こくみん)共済かcoop共済どちらに加入すれば良いのか困っております・・・

当方25歳独身女性なのですが
両親に、後々慌てる事になると心配なので医療保険に入っておけと言われました。
予算2-3000円の範囲で色々調べた結果

・coop共済 たすけあいの医療コースhttp://jccu.coop/kyosai/lineup/iryou/guarantee.shtml
・coop共済 たすけあいの女性コース
http://jccu.coop/kyosai/lineup/josei/guarantee.shtml
・県民共済の総合保障2型
http://www.kyosai-cc.or.jp/randing/images/hosyohyo/hosyo_total_c.html
(・県民共済の医療1型特約
http://www.kyosai-cc.or.jp/randing/images/hosyohyo/hosyo_total_toku_b.html)

・こくみん共済


この5つ(4つ?)で迷っているのですが

・県民共済に加入する場合、総合保障2型のみ加入するよりも、医療1型特約にも加入しておいた方が安心なのでしょうか?
総合保障2型の詳細を見ると手術保障の欄がないので・・・

また、県民共済の場合は重度後遺障害を負った場合最高1000万出ると書いてありましたがたすけあいの方は最高100万程しか支払われないらしいのです。
保険については全くの初心者で周りに相談する人もいないので独学で色々調べているうちに頭がこんがらがってしまいました・・・
また、同じ程度の金額なので2つの保障を見比べている内にどちらがいいのか分からなくなってしまいました。

あと、非常に恐縮なのですが県民共済とこくみん共済の違い(メリット・デメリット)を教えて下さい…


長文になりましたが、どなたかアドバイス頂けると有難いです


また、おすすめの保険がありましたら教えていただけると有難いです…(予算は2~3000円の範囲でお願いします)

どうぞ宜しくお願い致します

当方25歳独身女性なのですが
両親に、後々慌てる事になると心配なので医療保険に入っておけと言われました。
予算2-3000円の範囲で色々調べた結果

・coop共済 たすけあいの医療コースhttp://jccu.coop/kyosai/lineup/iryou/guarantee.shtml
・coop共済 たすけあいの女性コース
http://jccu.coop/kyosai/lineup/josei/guarantee.shtml
・県民共済の総合保障2型
http://www.kyosai-cc.or.jp/randing/images/hosyohyo/hosyo_total_c.html
(・県民共済の医療1型特約
http://www.kyosai-cc.or.j...続きを読む

Aベストアンサー

>県民共済とこくみん共済の違い(メリット・デメリット)
・割戻し率が県民共済は3割強、こくみん共済(総合型)2割強
・病気入院が県民共済は日額4300円、こくみん共済(総合型)1500円
病気死亡で360万円はどちらも変わらないので、パフォーマンス的には県民共済の方が上かな?と思います。
こくみん共済は宣伝で経費がかかり過ぎているように思えます。

現在よく出回っている医療保険は、長期入院のときには途中で給付を打ち切られて困って、短期入院のときには貯蓄で何とかなるのに貰えて「ラッキー」と思えるような、需要と供給があっていないものばかりです。
入る意味が薄いかと思います。
独身は自分の葬式代だけあれば十分です。
「保険に入っておけばとにかく安心」する親御さんは結構いますので、とりあえず県民共済に入っておけばよいのではないでしょうか。

No.1さんの勧めている内藤 眞弓さんの著書「医療保険は入ってはいけない」はおススメです。
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?isbn=4-478-60051-1
わかりやすい本なので、こちらを一読されてからでも遅くはないかと思います。
保険は一度決めると後で見直すのが結構面倒なので、初めが肝心です。

>県民共済とこくみん共済の違い(メリット・デメリット)
・割戻し率が県民共済は3割強、こくみん共済(総合型)2割強
・病気入院が県民共済は日額4300円、こくみん共済(総合型)1500円
病気死亡で360万円はどちらも変わらないので、パフォーマンス的には県民共済の方が上かな?と思います。
こくみん共済は宣伝で経費がかかり過ぎているように思えます。

現在よく出回っている医療保険は、長期入院のときには途中で給付を打ち切られて困って、短期入院のときには貯蓄で何とかなるのに貰えて...続きを読む

Qながいきくん(ばらんす型5倍)保険金額300万円に2006年10月に加

ながいきくん(ばらんす型5倍)保険金額300万円に2006年10月に加入しました。現在49才、65才満期ですので、月払い保険料12600円を16年払い続けなければなりません。問い合わせましたところ、今解約すれば払い込み金額に対して約11万円のマイナスがでるそうです。よく考えずに郵便局員のいうがまま加入してしまいました。メリット、デメリットもよくわかりません。このくらいのマイナスで済むなら、さっさと解約してしまった方がよろしいでしょうか?それとも続ける価値のある保険なのでしょうか?漠然とした質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

加入目的はなんでしょう?

保険は、保障が優先順位の1番に来るのが理想です。

ざっくりと言うと、60万円の終身保険に、払い込み終了まで240万円の定期保険が上乗せされている感じです。
65歳までに亡くなったら、保険金300万円 65歳以降なら 保険金60万円になります。
医療保険は基本保険金額の1.5/1000ですから、日額4500円です。

また、ベースは終身保険なので、“満期”はありません。

この保障が必要かどうか、ということです。

Q県民共済かコープ共済女性コースか

20代半ばの主婦で、子供はおりません。
お恥ずかしながら、主人ともども今まで生命保険に入っておりませんでした。
年齢を重ねるにつれ、やはり将来の不安を考え、加入を検討しています。
相談にのっていただけますとありがたいです。

ただ、経済的にかなり苦しいため、県民共済かコープ共済にしようと思っております。
どちらも早速資料を取り寄せ見比べました。

主人は県民共済2000円コースと決めているのですが、
私はコープ共済の女性コース2000円と迷っています。

■県民共済 
例えば。。
病気死亡400万 交通事故1000万 
交通事故入院5,000円 病気入金4,500円 等

■コープ共済 女性コース
病気死亡100万 交通事故(病気死亡)+100万
病気・事故入院3,000円 女性特定病気入院3,000円+5,000円 等

私が見た感じ、県民共済のほうが断然保障額がいいと思っているのですが、
気になっているのが”女性コース”という言葉。
友人が帝王切開をして出産したときに、女性コースの保険に入っていて良かったと勧められました。
それが頭に残っていて。。。

そこで疑問に思ったのですが、
・県民共済では、帝王切開などの女性特有の病気は保障されないのでしょうか?
・同じ掛け金なのに、こんなにも県民共済のほうが保障が良く見えるのですが、
私が見方を何か勘違いしているところとかあるのでしょうか?
・女性特約のほうがいいという理由は?
・結論、私はどちらがいいと思いますか?

今月中には申し込みたいと思っております。
無知な質問者ですが、どうぞ宜しくお願いします。

20代半ばの主婦で、子供はおりません。
お恥ずかしながら、主人ともども今まで生命保険に入っておりませんでした。
年齢を重ねるにつれ、やはり将来の不安を考え、加入を検討しています。
相談にのっていただけますとありがたいです。

ただ、経済的にかなり苦しいため、県民共済かコープ共済にしようと思っております。
どちらも早速資料を取り寄せ見比べました。

主人は県民共済2000円コースと決めているのですが、
私はコープ共済の女性コース2000円と迷っています。

■県民共済 
例え...続きを読む

Aベストアンサー

(Q)県民共済では、帝王切開などの女性特有の病気は保障されないのでしょうか?
(A)帝王切開は、保障されます。

(Q)同じ掛け金なのに、こんなにも県民共済のほうが保障が良く見えるのですが、
私が見方を何か勘違いしているところとかあるのでしょうか?
(A)どちらが良いとは単純に言えません。
そもそも、保険とは、リスクをカバーする商品です。
例えば、同じ保険料ならば……
死亡した時のリスクが高い人に、入院保障の厚い保障をしても、役に立ちません。
まずは、死亡した時の保障を厚くするべきです。
逆に、死亡した時のリスクが低いならば、入院保障を厚くすれば良いです。

(Q)女性特約のほうがいいという理由は?
(A)理論的な根拠なし。
子宮筋腫ならば1万円必要だけど、新型インフルエンザで入院したときは5千円で十分という根拠はないと思います。
初診料も入院基本料も、疾病によって料金が違うわけではありません。
ならば、他にお金の使い道があるのでは?

(Q)結論、私はどちらがいいと思いますか?
(A)共稼ぎならば、今でも生活が厳しいのなら、片方の稼ぎ手がいなくなるだけで、生活はかなり厳しくなります。
つまり、リスクが何かによって、選ぶ保険も違ってきます。

●最大のリスクは死亡、でも……
配偶者の方が亡くなられた場合、どのような経済的なリスクがあるでしょうか。
保険(共済も含めて)とは、そのリスクをカバーする商品です。
葬儀代程度で良いのか、将来の生活費も必要なのか……
などなど、考えてください。
独身時代に戻れば良いと割り切れるならば、リスクは低いです。
お子様が誕生されれば、とたんにリスクは高くなります。

●保険はリスクをカバーする商品であって、ペイするかどうかで選ぶ商品ではない。
20歳から60歳までに死亡する率は8%です。
つまり、解約払戻金ゼロの死亡保険に契約すれば、92%の人がペイしません。
でも、多くの人が死亡保険に契約します。
なぜなら、その8%のことが起きたら、生活が破綻するなど重大な影響があるからです。
医療保険も同様です。
万一、長期入院となったら……という医療リスクを保障するのが医療保険です。
なので、「主として貯蓄でカバーできるから、保障は気休めで良い」という人は、医療保険に契約しない、60日型5000円コースでも十分でしょう。
しかし、リスクをカバーしたいと考えるならば、一回の入院限度日数120日、180日以上の長期保障型を選ぶべきです。
65歳以上で脳卒中になれば、平均の入院日数が110日を超えています。

ご参考になれば、幸いです。

(Q)県民共済では、帝王切開などの女性特有の病気は保障されないのでしょうか?
(A)帝王切開は、保障されます。

(Q)同じ掛け金なのに、こんなにも県民共済のほうが保障が良く見えるのですが、
私が見方を何か勘違いしているところとかあるのでしょうか?
(A)どちらが良いとは単純に言えません。
そもそも、保険とは、リスクをカバーする商品です。
例えば、同じ保険料ならば……
死亡した時のリスクが高い人に、入院保障の厚い保障をしても、役に立ちません。
まずは、死亡した時の保障を厚く...続きを読む

Q郵便局の新ながいきくん or 民間の生命保険?

郵便局の新ながいきくん(おたのしみ型) 特別終身保険の800万円くらいのに加入しようと思ってたら、掛け捨て部分が多いとの事なので、考え直しています。
入院の特約8000円と災害の特約を付与する予定でした。
一括払いで800万円ちょっと支払って、最低800万円戻ってくるから、掛け捨てが少ないって事だと思っていたら、違うんですね。
郵便局の保険で、お勧めのってありますか?
訳があって郵便局の保険に入りたいと思っています、しかし郵便局の保険は、なんだか、無駄が多いって言う話を最近聞くようになりました。
郵便局の保険の魅力とセールスポイントって何なのでしょうか?

それと民間の保険にも入りたいと思っていて、入院保障と三大疾病の保険をオプションで付けたいと思っております。

郵便局と二つあわせて、医療保険(入院?)&三大疾病(がん)&1500万円の死亡保険 に入っていれば将来安心かなと思っています。
医療保険=入院保険  でよろしいのでしょうか?

現在38歳独身ですが、そろそろ結婚して将来は子供を2名育てるつもりです。
貯金は800万円くらいあります。
家と土地はあります。
年収は税込で500万の法人職員です。

郵便局の新ながいきくん(おたのしみ型) 特別終身保険の800万円くらいのに加入しようと思ってたら、掛け捨て部分が多いとの事なので、考え直しています。
入院の特約8000円と災害の特約を付与する予定でした。
一括払いで800万円ちょっと支払って、最低800万円戻ってくるから、掛け捨てが少ないって事だと思っていたら、違うんですね。
郵便局の保険で、お勧めのってありますか?
訳があって郵便局の保険に入りたいと思っています、しかし郵便局の保険は、なんだか、無駄が多いって言う話を最近聞く...続きを読む

Aベストアンサー

郵便局ではなく契約相手は「かんぽ生命」です。立派な民間保険会社です。
かんぽ生命の保険にこだわるのであればここで質問するのではなく「かんぽ生命」の営業職員にたずねるべきですね。
唯一のセールスポイントは、簡易保険では死亡保険金の支払いが数百万円単位であっても最寄の郵便局で現金払いできるってことでしたが今はどうだかわかりません。
あとは商品が少ないので迷う必要がないってことです。
他社にあってかんぽ生命にないものはたくさんありますけど、かんぽ生命にあって他社にないものは見当たりませんので魅力を挙げるのは難しいですね。
なにしろ薬を飲んでいるだけで申込みすらできない保険会社など今時かんぽ生命ぐらいのものじゃないでしょうか。

Qこくみん共済、独身女性におすすめは?

30代後半、独身、結婚の予定の無い女です。

大きな病気や怪我もなく今ままできましたが、医療保険の加入を
悩んでいます。
死亡保険は必要無しで、入院だけの保証が欲しいです。

こくみん共済の

■医療安心Hタイプ(満60歳まで掛け捨て)
・月額1,150円
・先進医療300万
・入院日額3,000円
・手術一回10,000円
・事故通院日額1,000円
・死亡、重度障害25万
http://www.zenrosai.coop/kyousai/kokumin/campaign/iryoanshin.html

以上の保証内容で、60歳以降は「医療安心タイプ」の月額2,300円
(70歳までしか保証はありません、保証内容は以上の各半額)に
移行しようか、
以下の

■終身医療5000
・月額2,780円
・入院日額5,000円
・手術一回50,000円
http://www.zenrosai.coop/kyousai/kokumin/campaign/shushiniryo.html

にしようか悩んでいます。

なるべく毎月の出費を抑えたいのですが、先々の不安もあって・・・

それか思い切って医療保険に入らず、毎月貯金しようか?
とも思ってみたりもします。

ズバリ、独身女性にお勧めな保険を教えてください。

よろしくお願いします!!

.

30代後半、独身、結婚の予定の無い女です。

大きな病気や怪我もなく今ままできましたが、医療保険の加入を
悩んでいます。
死亡保険は必要無しで、入院だけの保証が欲しいです。

こくみん共済の

■医療安心Hタイプ(満60歳まで掛け捨て)
・月額1,150円
・先進医療300万
・入院日額3,000円
・手術一回10,000円
・事故通院日額1,000円
・死亡、重度障害25万
http://www.zenrosai.coop/kyousai/kokumin/campaign/iryoanshin.html

以上の保証内容で、60歳以降は「医療安心タイプ」の月額2,300円
(70歳までしか保...続きを読む

Aベストアンサー

何が必要かは、「独身、30代」では、わからないのですよ。

職業、収入、家族構成、持ち家かどうか、貯蓄額(借金)などなど
様々な要素によって、異なってくるのです。

例えば、正社員とパートでは、病気になったときの状況が全く違います。
正社員ならば、1、2週間休んでも収入にはそれほど響きませんが、
パートのような時給ならば、2週間も休んだら、それこそ収入が
激減してしまいます。
公務員か民間企業か、ということでも違います。
などなど、様々な要素によって異なるのです。

このような掲示板で、そのようなプライベートな情報を開示する
わけにもいかないでしょう。
となれば、良い担当者(良い相談相手)を探すしかないです。

良い相談相手とは、相談したときに、上記のようなことを
聞こうとする担当者のことです。
プライベートなことを聞かれて……
「えー、やだなあ」
と、思うかもしれません。
でも、質問者様がHIVなど人には知られたくない病気で
入院したとき、担当者には知られたくないから、請求しない
ということがありますか?
そう、保険の担当者とは、そのような人には知られたくない情報を
扱う人なのです。
その意味からも、信頼できるということが第一条件です。

パンフレット出して、理由も言わずに、日額1万円は欲しいですねとか、
予算はいくらぐらいですか、という担当者はNGですね。

月に2000円でも、年間24000円。
20年で、48万円にもなる商品です。
じっくりと相談できる人を探す価値があると思います。

何が必要かは、「独身、30代」では、わからないのですよ。

職業、収入、家族構成、持ち家かどうか、貯蓄額(借金)などなど
様々な要素によって、異なってくるのです。

例えば、正社員とパートでは、病気になったときの状況が全く違います。
正社員ならば、1、2週間休んでも収入にはそれほど響きませんが、
パートのような時給ならば、2週間も休んだら、それこそ収入が
激減してしまいます。
公務員か民間企業か、ということでも違います。
などなど、様々な要素によって異なるのです。

このような掲示板...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報