2年、もしくは3年前にオートバイで交通事故に遭いました。
その時、怪我をしてしばらく通院していましたが、加害者側の保険会社にこれ以上通院しても、完治することも無いそうなので、示談を済ませてくれと促され、その時は言われるままに終わらせましたが、それからもずっと、右膝の痛みはとれず、
それどころか、最近ではあまりの苦痛に、週に1~2回はマッサージに通っている状態です。もちろん実費で。
先生には、腰が歪んでいる。といわれます。
事故のとき、外傷以外では腰、右膝、首の痛みで、整形外科に通っていたのですが、3ヶ月以上通院して、少しも良くなりませんでした。そんな状態で、保険会社に保証を打ち切られ、その後しばらくは我慢していたのですが、もう痛みに耐えられない日々が続いているので、本当に苦しいです。一応会社には出勤しています。
こういった場合、どうすれば良いのでしょうか?
なにか良いアドバイスありましたら、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 示談書に、後遺症についてどのように記載してあるかですね。

通常は、「この交通事故による後遺症が発生した場合は、その時に双方誠意を持って解決する」というような文章を記載して示談書を作成します。

 そのような文章が記載されているのでしたら、相手のと相手の保険会社の担当者に連絡をし、医師の診断書により後遺症であることを確認して、支払いの交渉となります。

 後遺症について何も記載がない場合も、同様に処理をして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやいアドバイスありがとうございます。
実は、相手の連絡先&保険会社の名前などの資料を捨ててしまっている可能性があるのですが、この場合もう、どうすることも出来ないのでしょうか?
あと、医師の診断書は、整骨医院や、整形外科の先生でなくてはいけませんか?
治療にあたって、一番効くと感じているのが、マッサージ専門のお店なのですが・・・
よろしければアドバイスお願いします。

お礼日時:2001/11/17 01:27

 どうすればいいのか? と言う事は やはり 後遺症に対する保証の事を言っているのでしょうか !?


 そうであるなら、それはもう無理です !!
 あとは、自費で治療を続けるしかありません !!
 その相手保険会社と示談書をちゃんとその時に書いたと思います !!
 その時点で、もはや 相手方にそれ以降のあなたの後遺症に関して支払う義務は法的に言ってありません !!

 だから、よく言う様に "示談をする時には慎重に !!"

 と言う事です。

 Lalahさんと相手保険会社との間で ちゃんと示談書が交わされていればの話ですけどね。
 もし、交わされていなければ 話は違います !
                   ・・・けど。
    • good
    • 0

>医師の診断書は、整骨医院や、整形外科の先生でなくてはいけませんか?


治療にあたって、一番効くと感じているのが、マッサージ専門のお店なのですが・・・

医師でないと診断書は交付できませんので、この選択肢からだと整形外科医のみが可能です。

加害者の連絡先、保険会社などは、場合によっては、自分が通院していたところのカルテ(5年は保存されています)か交通事故の事故届から検索することも可能だと思いますので、病院または警察署に事情をお話になって閲覧させていただくのがよいと考えます。
    • good
    • 0

苦しんでいる人に追い打ちをかける気はないんやけど、先生!えらい事してしまいましたね。

加害者側の保険会社
にまんまとやられましたね。
示談は絶対完治してからやないと絶対したらアカンで!!
せやさかい、こういう結果になりまんねん。
これはしゃーないわ。自分でした事やしあきらめるしかないで。
わしも単車で事故して完治するのに1年半掛かったしな。
もちろん示談は完治してからしたで!これ当たり前よ!
先生のミスやな。
    • good
    • 0

事故当時の診断書でどのようなことが書かれていたかわかりませんので、断言出来ませんが、なぜ、痛みがあるのに示談を結ばれたのでしょうか。



まず、整形外科の治療を受け、診断書をもらってください。加えて、交通事故が原因で後遺障害が発生したという内容が必要です。マッサージでは、診断書を作成してくれないと思いますし、保険会社は、医師の資格のある人が診断し証明をしたことを条件にします。ましてマッサージ師では、レントゲン等で証明はできないと思います。
    • good
    • 0

Lalahさんには酷な内容になりますが、現実的な状況を説明します。


示談書は原則的にはその内容を無効にしたり取り消したり変更したりできません。(そうでないと示談書を作成する意味がない。)ただし、一切示談の取り消しや示談内容の無効が認められないという訳ではありません。過去の判例から見ると、
・示談内容が公序良俗に反する場合
・事実と異なる説明を受けて示談書に署名押印をした場合
・脅迫等の手段により示談書を作成させられた場合
等の状況では取り消しや無効となる可能性もあります。
また、示談成立時には予期し得ないような後遺症が発生した場合で、その症状がその事故に起因するものだと確認されれば、示談書に後遺症に対する特段の取り決めが記載されていなくても、損害賠償を認めたといった判例もあります。
Lalahさんの示談書の内容がわからない以上は断言できませんが、質問内容を見る限りでは上記のどのケースにも当てはまらないため、損害賠償を改めて請求するのは非常に困難だと思います。苦しんでいる人に追い打ちをかける気はないのですが、自費での通院を続けるより他にはないかと思われます。時間的金銭的負担は大きいでしょうが、通院を続けて1日も早く完治(又は症状の軽減)に努めて下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故慰謝料と弁護士の関係をおしえてください

交通事故に弁護士を入れたら、慰謝料2~3倍!というサイトを良く見ます。

何故、弁護士が入ると2~3倍になるのか?理屈がわかりません。
保険会社は、弁護士が出てくるまで安く慰謝料を提示して、弁護士を立てられたら高くだすのでしょうか?

何故、はじめから保険会社は、高い慰謝料を提示しないのでしょうか?ずるいです。

この理屈だと、弁護士を雇う余裕のあるお金持ちは、高い交通事故慰謝料をもらえて、貧乏人の私みたいな人が交通事故にあっても、安い交通事故慰謝料しかもらえない。つまり、貧乏人の慰謝料は安くしておけっていうことなんでしょうか?保険会社は、所得で交通事故被害者を差別しているように感じたので質問いたしました。どなたか、わかりやすく、弁護士が入ると保険会社が提示する交通事故慰謝料が変動する、この不公平な制度を解説してくださると助かります。

Aベストアンサー

保険会社は被害にあった人より、保険会社が好きだからですよ!保険会社は慰謝料の金を牛耳る手先だったのです!もうびっくりですよ!わたしもやられました!
http://xn--3kq2bx53h4sgtw3bx1h.jp/isharyo

Q先週、土曜10時頃スノボ同士で接触事故があり私の背骨の腰辺りへ相手の膝

先週、土曜10時頃スノボ同士で接触事故があり私の背骨の腰辺りへ相手の膝が当たり骨折しました
当日は打撲なら我慢と思い携帯番号と名前だけの交換で終わらせましたが痛みが増してきたので夕方に地元の病院で診察受け骨折がわかりました
相手にそれを告げるとゲレンデの事故ということでお互いさまとして払いたくないと言われました。こちらが一般的な事例を示すと弁護士立てるからと言う始末
住所を聞いても言わないしどうしたら良いのか困っています。また当日の状況を聞いてみるとどちらが上から滑走してきたかについては私の主張とは逆のことを言われるし、また合理的に納得行くような主張でもないし。今後の対策はどうしたら良いのか教えてください!ちなみに私は横切るよう滑走し彼は谷へ降りる直進でクロスしました

Aベストアンサー

損害賠償というのは、お金を支払わせる、ということです。
お金を支払わせるということは、個々の事情によります。

その人がお金持ちであれば支払わないかもしれませんし、
貧乏な方であれば、支払わないかもしれません。
お金を支払わせる、というのは、言うは簡単ですが、実際
には非常に難しいのです。

だから弁護士がいるのです。だから法律があるのです。
素人が簡単にできることではないのです。

少なくとも現場で一筆、とっておくべきでしたね。

いまとなっては後の祭りですが。

結論としては、相手が支払わなくなるということもありま
すし、ある日、相手が突然電話番号を変えてドロンという
こともありえます。

Q交通事故の慰謝料について

交通事故の慰謝料は、通院に対する手当て(日当)の他に精神的な慰謝料のようなものは出ないのでしょうか?

Aベストアンサー

出ますが
事故それぞれに違う為に、一概にいくらとは言えません
後過失割合などもかかってくるために、一概に言えません
相手の保険会社と、良く話し合ってください
又怪我の状況によっては、ほとんど出ない事も有りますが、
保険会社の方から、支払いの明細が送られてきますので、そちらを参考にして、
納得行かない場合には、示談をせずに話し合ってください
示談書を交わした後ですと、よほどひどい示談でなければ、裁判でも覆りません
保険会社の方も、判例を参考にして査定して居ますので

Q接骨院に通院した場合の任意保険での通院期間の認定方法は?

昨年の12月に、信号待ちで停止中のところを後ろから追突されました。
最初に整形外科にて診察・通院後、仕事の都合で職場近くの接骨院へ転院して、今年の9月末までのおおよそ10ヶ月間通院をしていました。
加害者の保険会社からの連絡があり、接骨院の先生と相談の結果、症状固定で治療を中断することになり、第1回示談交渉の際に提示額に納得がいかないということを伝えたところ、それでは窓口を弁護士に移しますとの回答があり、その数日後に弁護士より受任書なるものが送付されてきました。 その中に、接骨院では医学的根拠がない為、長期通院の必要性が判断できない為、3ヶ月しか認定できないと記述されてました。 これは、なにに基づいた判断なのでしょうか、法的根拠等があるのでしょうか? ご存じの方がいらっしゃいましたら、良い対処方法等を教えていただければと思います。

Aベストアンサー

私が別の病院の診察を受けたらということを申し上げたかったことは、以下の意味合いです。
10ヶ月以上も通院して症状が改善しないとすれば、単なる頚椎ねんざ(むちうち)ではない恐れがあります。当初あるいは現在診察中の医療機関が誤診を行っている可能性があるということがポイントです。私であれば、3ヶ月間通い、効果的な治療方法を提示できない場合は別の病院の診察を受けます。医療機関は全て同じ能力を持っているならば別ですが、他の業種に比べてもこの温度差は相当大きいと考えられます。
法律的にも新たな要治療個所が発見されれば交渉もできますし、何よりもご自身の体のことですから、痛みに対する原因追求を行うことは当然のことと考えました。
脊椎損傷などはないとは思いますが、念のため調べることは法律的にはともかく医学的には意義のあることと考えます。

>治療中止から2ヶ月弱経つのですが、ご回答に記述されているように、
>再度別の病院にて診察を受けるというのは可能なのでしょうか?

治療中止されていることから、当該診察の負担がご自身に降りかかる可能性のことだと思いますが、負担となる可能性は高いです。また、事故から12ヶ月経過していることを考慮すると仮に他の要治療個所が発見したされたとしても、事故以降の別の要因の可能性を排除しなければならず、認められるかどうかは裁判に委ねられると思います。但し、裁判に対する損害保険会社側の不安要素とはなりますから、条件交渉の材料としては利用できると思います。示談のあとに他の症状がでたとしても追加の補償を求めることができなくなることが大きいからです。

2点気になっています
1.当初の整形外科とは、個人病院(所謂、町医者)で総合病院ではない?
2.接骨院ではなく、症状の改善がないならば総合病院で精密検査を受けるような助言が損害保険会社からはなかったか?

保険会社は早期に治療を解決したいので、総合病院などの診察を薦めることが多いと思いますが、その意に反していたとすると、今更ということになるかもしれません。

>保険会社側での不行き届けがあったので、6ヶ月を認定
文面上の『不行き届け』とは具体的にどういうことかご質問なされましたか?
嫌がらせみたいですが、お聞きになられてそれが重大なこと(単なる言葉のあやだと思いますが)であれば追求できるかもしれませんね。ご実行されていないかもしれませんが、保険会社との交渉内容は全て書面または録音することです。相手の会社は行っているはずですから。

頚椎ねんざだけではなく手足の痺れを訴えていた場合は、治療停止時に日常生活に不自由さを強いられることとなり、その慰謝料部分と治療継続を計りにかけると治療継続を選択されました。
尚、実際は症状がないのに手足が痺れてということを行うと詐欺的行為です。今更、急に症状が出たとおっしゃられたとしてもそのような疑いをかけられるでしょう。このことを証明する医学的事実が必要となります。
私の知る例では、今回同様の車同士の事故(前側面衝突ですから状況が少し違いますが)で、頚椎捻挫と手足の打撲との当初診察に対して、12ヶ月の治療を認めたものがあります。勿論この場合は、保険会社側との直接交渉が大きかったのでしょう。事故のショックで不眠症となったなどの症状も訴えていましたから今回にまるっきり適用できるものではないと思います。

同じような事故でも人により発生する症状も違いますし、生活の不自由さも異なります。ご自身に当てはめて相手が知らないと思われることは通知することは交渉においては重要だと思います。ただ、弁護士が入った交渉では判例などにより画一的なものとなり、これを覆すことはより困難なものになると思います。既にご回答なされているなされている方のご意見の通り、妥協なされることのメリット(訴訟による費用や時間負担を負わなくて済む)もご考慮いただいた上ご判断なされた方が良いと思います。

ご質問者さんにとって余り有意義な回答ではないと思いますが、今後も同様の疑問を持った方がこの欄をご覧になられるかもしれないと思い記載いたしました。
もう少し早い段階であれば、私の申し上げた対処も少しはお役に立ったのではないかと思うことが残念です。

私が軽い気持ちで記載したことでご期待なされたようで、申し訳ありませんでした。お体、早く治るといいですね。

私が別の病院の診察を受けたらということを申し上げたかったことは、以下の意味合いです。
10ヶ月以上も通院して症状が改善しないとすれば、単なる頚椎ねんざ(むちうち)ではない恐れがあります。当初あるいは現在診察中の医療機関が誤診を行っている可能性があるということがポイントです。私であれば、3ヶ月間通い、効果的な治療方法を提示できない場合は別の病院の診察を受けます。医療機関は全て同じ能力を持っているならば別ですが、他の業種に比べてもこの温度差は相当大きいと考えられます。
法律的にも...続きを読む

Q交通事故の慰謝料についての質問です。昨年交通事故に合い、6ケ月ほど通院

交通事故の慰謝料についての質問です。昨年交通事故に合い、6ケ月ほど通院しました。後遺障害などの認定はありません。100対0の私が被害者です。保険会社のほうから慰謝料額の提示があったのですが、自賠責基準で計算されています。私としては弁護士基準での慰謝料を希望したいと思っています。そこでなのですが、私が保険会社と交渉するより交通事故紛争センターに交渉をまかせようと思うのですが、結構時間がかかったりするのでしょうか?教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>私が保険会社と交渉するより交通事故紛争センターに交渉をまかせようと思うのですが

交通事故紛争処理センターについて、誤解があるようです。センターは、質問者様に代わって相手保険会社と交渉はしません。
センターの役割は、(1)被害者からの相談、(2)和解の斡旋、(3)審査会による審査と裁定です。

利用者は、まず電話で相談日時を予約をします。初回の相談日に事故状況及び損害内容を立証する書類等を持参し、センターで弁護士に相談・質問をし、必要な助言を受けますが、弁護士は中立な第三者の立場で相談・助言を行います。
このとき、次回以降の手続き・相談日の打ち合わせも行われますが、事案によっては弁護士会等を照会し、相談のみで終了する場合もあります。

利用者が、和解の斡旋を要請した場合で、弁護士も和解の斡旋が必要と判断した場合(要は、利用者が歩み寄りを見せ、中立の立場で和解による解決が図れる可能性が高いと判断されるケース)は、センターから相手方へ和解の斡旋に応じるかどうかの打診を行います。
相手が保険会社の場合は、和解の斡旋に応じることになっていますので、和解の斡旋手続きに入ります。
和解の斡旋は、1回あたり1時間程度で、人身事故の場合は3回程度で和解が成立することが多いようです。原則として、利用者本人とその親族、相手保険会社または代理人弁護士が出席できます。

和解の斡旋が不調に終わった場合は、審査会による審査を申し立てることができます。
審査が受理されると、審査会の日時が通知されます。審査は審査員が争点や事故の内容について当事者それぞれに説明を求め、双方の意見を聞く場であって、相手方と交渉する場ではありません。よって、原則として当事者(利用者と相手保険会社または代理人弁護士)だけが出席できます。

審査会で審査の結果出された裁定について、利用者はその告知から14日以内に同意・不同意の回答を行います。(期限内に回答がない場合は、不同意とされる)
利用者は、裁定に拘束されません(不同意と回答してもOK)ですが、保険会社は利用者が同意した場合には裁定に従うことになっていますので、和解が成立することになります。

利用者が不同意とした場合は、訴訟を提起するなど別の手段に移行せざるを得ません。

>結構時間がかかったりするのでしょうか?

前記のような流れになりますので、事案によって必要な日数はまちまちです。

極端な場合、初回の相談で終了してしまうこともあります。(相談担当弁護士が、双方の主張が激しくかい離して和解が困難と判断したケースなど)

「私としては弁護士基準での慰謝料を希望したいと思っています。」という考えであれば、司法手続きの説明を受けたり、弁護士会を紹介されて、終了となる可能性が高いです。
センターは、中立の立場から利用者に助言を行ったうえで、双方の歩み寄りによる和解を斡旋するもので、利用者の味方ではないし、相談担当弁護士も利用者の代理人ではありません。

>私が保険会社と交渉するより交通事故紛争センターに交渉をまかせようと思うのですが

交通事故紛争処理センターについて、誤解があるようです。センターは、質問者様に代わって相手保険会社と交渉はしません。
センターの役割は、(1)被害者からの相談、(2)和解の斡旋、(3)審査会による審査と裁定です。

利用者は、まず電話で相談日時を予約をします。初回の相談日に事故状況及び損害内容を立証する書類等を持参し、センターで弁護士に相談・質問をし、必要な助言を受けますが、弁護士は中立な第三者の立場で相...続きを読む

Q結婚してしばらくは別居です

9月に結婚します。
そこで法的手続きに付いて分からない事があるので、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

9月に結婚と同時に家を建てています。
割とゆっくり準備をしているので12月に完成予定です。
それまでは、お互い今までの家に住もうと思います。
彼は1Kのアパート。
私は実家です。
彼の名前を名乗るので、婚姻届を出した後は彼の住まいが私の住所となるが、住所変更は家が出来てから行えばいいと、ここの過去ログで学びました。
又郵便局の転送届けで私宛の郵便を彼の家に転送してもらえるとも。。。
そこでふと疑問に思ったのですが、1Kの彼のアパートは基本的には一人で住む事が条件になっています。
もちろん、家が出来るまではお互いそれぞれの家に住みほとんど彼の家に住む事はないのですが、アパートの契約上一人しか住めないところに私の本籍を移してしまっていいのでしょうか?
彼の本籍は他県になっています。

Aベストアンサー

 ご結婚おめでとうございます。

 本籍はアパートの賃貸契約とは関係がありません。
1人しか住めなくても、お2人の本籍地として届け出ることが出来ます。

 新居が完成したら、そちらに本籍地を移されるのもいいと思います。

 お幸せに。

Q至急です。交通事故による慰謝料について

お世話になります。
交通事故の慰謝料についての質問です。
9月8日に交通事故に遭いました。
私(バイク過失2割)相手(乗用車過失8割)です。
それから毎日整形外科でリハビリ通院しています。
そこで慰謝料の支払われる期間ですが、
事故日より何日まで慰謝料が支払われるのか知りたいのです。
このサイトで以前、3ヶ月以上になると
1日4200円の慰謝料が減額されるというのを
見たことがある様な気がします?
実際はどのくらいまでOKなのでしょうか。
ご教授ください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1.自賠責保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html

2.任意保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#02

3.弁護士会基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#03

>私(バイク過失2割)相手(乗用車過失8割)です。
>事故日より何日まで慰謝料が支払われるのか知りたいのです。

今、事故対応(治療費の負担等)は誰がしていますか?
相手が任意保険を使う場合と使わない場合では金額が違います。

表を参照していただければわかると思いますが、

自賠責のみなら、6ヶ月までは1日当り一律4200円で、
それを超えると2100円で計算されます。
しかし、全ての補償額の合計が120万円までと制限があります。
(相手が1台の場合)
また、自身の過失が70%未満の場合は減額されません。
(過失割合分の相殺はないと考えて下さい。)


任意保険の場合、それぞれの会社の規定がありそれに沿って損害額が算定されます。
たとえば、
・慰謝料の全体に対して過失割合分の相殺をする。
・3ヶ月目から、1日当りの慰謝料を減額(2100円等)する。
任意保険の担当者は自賠責より少ない金額で示談を行なうことが成績となるのです。

担当者と交渉して、補償額を多少上げてもらうことは可能ですが
自賠責よりも多く貰うことは余程の専門知識と交渉力がなければまず無理です。

また、治療費の合計が120万円を超えた時点で、慰謝料の過失相殺は絶対に行なわれます。

現在、治療を続けておりまだ治癒する見込みがないのなら、
「第三者行為の届出」を出し健康保険扱いで治療をすると
治療費が約半分に下がり、慰謝料としてもらえる枠が大きくなります。
(健康保険は1点当り10円、自由診療は一点当り最高20円)
任意保険の担当者と示談交渉するときも補償額アップの要因となります。)


また、社会保険が負担した70%の治療費は最終的には自賠責から
回収されるのですが、治療が全て終わってからの請求(被害者の優先)となり、
120万円を超えた部分は事故の加害者に請求され、
20%の過失分は貴方の健康保険が負担してくれることになります。


また、治療の終わるときに貰う診断書に
『治癒』と書かれてあればその日までが治療期間となり
『中止』と書かれてあれば7日加算される
という点についても注意してください。

あとは、平均して半分以上(2週間あたり、7日以上など)
通院していれば、紹介した基準表どうりの額を貰えます。

2割の過失分を引かれない為には、常に
治療費がいくらかかっているか気を配っておく必要があります。

1.自賠責保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html

2.任意保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#02

3.弁護士会基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#03

>私(バイク過失2割)相手(乗用車過失8割)です。
>事故日より何日まで慰謝料が支払われるのか知りたいのです。

今、事故対応(治療費の負担等)は誰がしていますか?
相手が任意保険を使う場合と使わない場合では金額が違います。

表を参照してい...続きを読む

Q診断書の実費請求について

先日病気を患い入院、手術をいたしました。退院し、会社へ出社する際に医師から出勤許可証を書いてもらうようにとの指示がありました。
出勤許可証というものはありませんので、診断書にその旨を記載してもらったのですが、この際に書類の作成料がかかりました。
会社からの要請で作成してもらった診断書は会社に実費を請求できるのでしょうか?

Aベストアンサー

会社に対する請求根拠がありませんので、自己負担と考えます。
また、疾病の責任の所在について、労働災害など会社側に責任があるものなら、質問者の側が費用負担をする筋はなく、会社側に負担を求める余地はありますが、私病の場合は会社側に責任がなく、かつ診断書は質問者が会社に休職扱いを求めたり、詐病の欠勤でないと証明するべく、自らのために提出する書類であると思われます。敢えて申せば、慣例として私病についても過去に払われた実績があるなら、交渉の余地が残っているという程度です。

 心情は理解できますが、経営者の立場からも考えて見てください。

Q交通事故の慰謝料の控除

交通事故の慰謝料の控除について
昨年末 交通事故にあい1ヶ月 休業補償を受け
職場復帰しましたが その後 体調不良により
パートになり現在 主人の扶養に入っています
保険会社と示談は成立しました
交通事故による慰謝料 通院費 休業補償など
個人年収に入るのでしょうか?
また 相手の保険会社からの口座への振込通知など
今後 必要になってくるのでしょうか?
よろしく お願いいたします

Aベストアンサー

慰謝料は、原則として収入の枠外ですから、所得税の対象となりません。
ただし、その慰謝料の根拠となる、発生原因により、課税される場合もあります。
休業補償についても原則課税対象外です。
医療費なども非課税となります。立て替えた交通費も医療控除競れますが、自家用車でお出でになった交通費は認められません。
領収書は全て保管してください。

不審点は、URLから検索してみましょう。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shotoku.htm

Q相手の保険を実費で負担?

母の話なのですが、左側にある駐車場に停めようと1~2分待っていたが空きそうにないので、後方の右側にある駐車場にしようと思い、ソロソロ進んだところで後ろから来た車にガツンされたそうです。その際右にウィンカーを出したかどうかが定かではないが、車は来ていなかったので出したとのこと。その話が本当なら、その駐車場は私も知っていますが、相手の車は相当のスピードを出していたことになります。相手は若い女性で、新車なのにとワンワン泣かれたことに母は動揺し「100%私が悪かった」と思わず言ってしまったとのこと。相手車のバンパー等に傷が付き、板金でトンカンやるよりはと「前部分は全面取り替えになりますね」といったのを、相手側は「修理費用全額負担する」といったものと勘違いし「保険会社に任せていいですか」というと相手は了承、お互い時間がなかったので、警察にも届けずに連絡先だけ交換して別れたそうです。それはどちらかというと相手の前方不注意&スピード違反ということになるのではと私は思っています。その道路の法定速度は30キロですが、非常に歩行者が多い道路なので、通常みんな20キロくらいで走っています。相手は「避けきれなかった」といっているそうですが、それがまず信じられない。…という状況下で、相手は母の「自分が悪かった」という言葉に図に乗り(笑)「全面取替え≠全額負担」の勘違いについて説明しても「ていうか保険会社通したらあたしも何割かお金出すってことですよね?じゃあ2:8とかになったらその2割実費で払ってくださいよ。新車を傷つけられたあたしの精神的負担はどうなるんですか?」とか無茶苦茶なことを言ってきてまして、母はもう面倒だから払ってもいいとか言っているのですが、な~んかムカつきます。そんな必要はないと思うのですが…どなたか教えてください。

母の話なのですが、左側にある駐車場に停めようと1~2分待っていたが空きそうにないので、後方の右側にある駐車場にしようと思い、ソロソロ進んだところで後ろから来た車にガツンされたそうです。その際右にウィンカーを出したかどうかが定かではないが、車は来ていなかったので出したとのこと。その話が本当なら、その駐車場は私も知っていますが、相手の車は相当のスピードを出していたことになります。相手は若い女性で、新車なのにとワンワン泣かれたことに母は動揺し「100%私が悪かった」と思わず言ってしま...続きを読む

Aベストアンサー

支払い保険会社に任せていますので、保険会社に言って下さいと言って取り合わないこと。
納得できないなら裁判でもなんでも好きにして下さい。で放置して下さい。

ここのカテゴリーに何度も出てきますが、警察に届け出がなくても、事故の証明ができれば保険は使えます。

ですが、事故を届け出しないのは道交法違反なので、できれば今からでも警察に届け出しましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報