プログラムソフトをバーションアップした費用は固定資産ですか?
それとも費用計上できますか?金額は二〇万円くらいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 参考URLにあるように平成12年4月1日以降に取得したソフトウェアは無形固定資産となります。

それと一時で経費(損金)計上できるのは、同じく12年4月1日以降は10万円未満となります。
それ以外は20011さんがおっしゃる通りかとおもいます。

http://www.taxanser.nta.go.jp/FAQ/5434-08.HTM
には、ソフトを開発する場合、他の業者などに外注に出した費用などが繰延資産にあたり、プリインストールのソフトはパソコンと一緒に考えると書いてあるようです。

参考URL:http://www.otasuke.ne.jp/jp/kihon/keiri_soft.html
    • good
    • 0

プログラムソフトをバーションアップした費用は、固定資産の中の「繰延資産」に該当し、5年で均等償却します。


ただし、20万円未満の場合は、少額繰延資産とし、一時で費用計上(損金処理)ができます。
    • good
    • 0

参考URLによると、繰延資産になるように思われます。



参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/FAQ/5434-08.HTM
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過去に固定資産として計上したものを一括資産へ計上しなおすことについて

どうも、はじめまして。
3年前から簿記の勉強を始め、今年の4月から経理に転職してきました。
経理の仕事は初めてなので、理論と実務の違いがまだよくわかりません。
で、新しい会社に来て、一つ気になった点があります。
表題の件ですが、H14年4月以降に取得された工具器具備品で、一括償却資産に属するものが、
固定資産として計上され、定率法4年で償却されています。(前期決算にて)
本来これは、一括償却資産になるはずのものですよね?
このときは資産総額が150万円以下だったのですが、
今年度になり、その金額を超えることが見込まれるので、
できる事ならば訂正したいと考えています。
ただ、それがどのようなものか良く分かりません。
もし、ご存知の方がいたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そもそも、一括償却資産とは、強制適用ではなく、原則としての今回のケースで行けば定率法4年償却のものに対して、特例として、取得価額10万円以上20万円未満のものについては3年均等償却を「選択する事ができる」、というものですので、取得事業年度に一括償却資産で処理されていなければ、残念ながら遡ってそれを訂正する事はできず、当初の方法により償却していくしかありません。

Q固定資産税7000万円だと資産はどのくらい?

知り合いが固定資産税を毎年7000万円くらい納めていると言っていました。
ただの野次馬根性なのですが、固定資産税を毎年7000万円って、
いったいどのくらいの資産を持っていると課されるものなのでしょうか。
首都圏にかなりの土地を持っているらしいのですが。

Aベストアンサー

固定資産税の税率は、地方税法では通常の税率(標準税率)と越えてはならない税率(制限税率)が決められています。(地方税法350条1)税率については各市町村、条例によって定められています。

固定資産税は、固定資産を所有している方にかかる市町村税で、東京都の場合、多摩地区や、島嶼地域にある固定資産については各市町村が課税しますが、23区内にある固定資産については、都が都税として課税しています。

納める金額は、土地なら「課税標準額」家屋、償却資産なら、「課税台帳に登録されている価格」に対し、東京23区の場合、税率1.4% を乗じた金額になります。

ですから毎年7000万円くらい納めているとすると、単純計算では7000万円割る1.4%で、50億円程度の課税価格の固定資産ということになりますね。
ただし、課税価格と時価はまた別物ですので、正しい時価額についてはわかりませんが、少なくとも50億に近い金額だと思います。すごいですねえ~!!

Q固定資産を除却時の固定資産価額について

こんにちは、はじめて質問します。
固定資産システムを導入中のものです。
(背景)
これまで、固定資産を期中に除却した場合には、期首の簿価にて除却損を計上してきております。
システム化にあたり、除却までに発生した償却費についての取り扱いについて検討しています。
(質問)
期中に固定資産を除却した場合、当期発生分の償却費を戻さずに、その時点の簿価にて除却損を計上してもよろしいのでしょうか?
よろしくご教授お願いします。

Aベストアンサー

システム導入中ということはまださほど固定資産がなく、総合償却などをせずに個別で把握されているのでしょうか?であればいたってシンプルです。

税務上は期中除却までの月割り減価償却費を計上してその時点の簿価を除却損としても、
その固定資産の除却までの減価償却費を計上せずに期首簿価を全額除却損としても税額は変わりませんからどっちでやっても問題ありません。
たいていどのソフトにもこれらの選択できる機能がついてます。

経常利益の期間比較に会計の重点を置いているのであれば、期中使用分の減価償却費を計上する方法がベターでしょう。

Q固定資産税の固定資産価格等決定通知書と随時課税分

経理1年生です。
都税事務所から(1)固定資産価格等決定通知書(7/30付)と、(2)納税通知書(8/10付)が送られてきました(別の日です)。
(この2つが関連があるのかどうかもわからない)

決定通知書には、1月に申告した明細書のコピーがついています。
鉛筆でチェックしたような跡があり、いくつかの項目が抹消されています。
抹消された結果、取得価格欄の合計が、8,308,386から5,529,017に減っています。そこから右側の欄は空白です。

納税通知書(8/10付)は、課税基準額5,280,000の固定資産税73,900を8/31までに納付するように、とのことです。
「随時課税分なので口座振り替えできない」という文言のほか、「償過」「随過」というマークがついています。

以前、納税通知書(6/1付)で、課税基準額5,126,000の固定資産税71,700を納付するように、とのことで、6/30に一括で納付しました。平成15年度分はこれで払い終わったものと思っていました。

ここで質問なのですが・・。
(1)決定通知書でいくつかの資産が抹消されていますが、なぜでしょうか。
(2)抹消された資産は、当方の資産管理台帳からも抹消する必要があるのでしょうか。

(3)今回送られてきた8/10付の納税通知書は何者なのでしょうか。
(4)7/30付種類別明細書の金額(5,529,017)はなにを意味すると考えたらいいのでしょうか。
8/10付通知書の課税基準額(5,280,000)とは一致しませんが、これは関係ないのですよね。

どうぞよろしくお願いします。

経理1年生です。
都税事務所から(1)固定資産価格等決定通知書(7/30付)と、(2)納税通知書(8/10付)が送られてきました(別の日です)。
(この2つが関連があるのかどうかもわからない)

決定通知書には、1月に申告した明細書のコピーがついています。
鉛筆でチェックしたような跡があり、いくつかの項目が抹消されています。
抹消された結果、取得価格欄の合計が、8,308,386から5,529,017に減っています。そこから右側の欄は空白です。

納税通知書(8/10付)は、課税基準額5,280,000の固定資産税73,900を8/31ま...続きを読む

Aベストアンサー

課税基準額×1.4/100=年税額(百円未満切捨)

>計上してはいけないものを計上した不備が理由で抹消されたのではないかと思いましたが、そういうことはあるのでしょうか。

償却資産申告書控及び資産明細書控と照合しても腑に落ちなければ都税事務所へ問合せたほうが確実だと思います。

Q固定資産税についてです。会社で所有する2物件について固定資産税の滞納が

固定資産税についてです。会社で所有する2物件について固定資産税の滞納があります。市から差押られています。それで1物件を売却する場合の差押解除について教えて下さい。

会社で所有する2物件について固定資産税の滞納があり、2物件とも市から差押られています。総額600万円です。2物件は1キロ位離れたところにあります。今回、そのうち1物件を売却するのですが、金融機関への抵当権の解除(抹消?)の為の返済や不動産会社への斡旋手数料・官民境界確定の測量代等を支払うと600万円全額は納付できません。この場合、半分の300万円の納付で差押を解除(抹消?)してくれるものでしょうか。当然、もうひとつの物件には差押がついたままと考えています。よろしく、ご指導下さい。

Aベストアンサー

一部納付では差押えは解除してもらえません。
全額納付できない場合、売却代金から売却のための費用を差し引いた残りの金額はすべて滞納税金の納付に充当されるため、手元に残る売却代金はありません。
残りの1物件を解除してもらうには、滞納税金の残額を何らかの形で納付することです。
例えば、手形や先日付小切手を差し入れて分割納付にしてもらうことも可能です。
役所の納税課などで相談してみてください。

ところで、売却予定の物件に設定されている抵当権の設定登記日は、固定資産税の法定納期限等よりも早いのでしょうか。
もし、固定資産税の法定納期限等のほうが早く、抵当権の被担保債権(貴社の借入金)が全額回収できなければ、他の担保を提供しない限り、金融機関は抵当権の抹消には応じないでしょう。

本税を滞納している期間は、日ごとに延滞税が増加しますが、一部納付でも本税さえ納付すれば、延滞税の増加はなくなりますから、早急に役所に相談に行くことをお勧めします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報