中小企業の働き方改革をサポート>>

能力開発に興味があり、速読、速聴、自己暗示、右脳開発などいろいろ聞きますが、どうも万人うけしないというか挫折者がとても多いと聞きます。また速聴なども速読みたいに何文字読めたなどという判断基準がなくレベルアップしているのかわからなかったりしないんですか?(自分がよくわかってないだけかもしれませんが)達成感、挫折、社会に役立つ度の兼ね合いがとれてるモノってありませんか?そんなのずうずうしすぎですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

小学生の子供が速読を受講中です。



毎回何分で何文字読めたかを実際に計って記録帳に記入していくので
どのくらい早く読めるようになったか分かります。

息子が受けているのは通信教育で有名なユー〇ャンが取り入れているBTRメソッドですが、ある大学受験塾が塾生にやらせていると聞いたので読書だけでなく学習にも効果的なんだと考え受講させました。

55回のプログラム中49回は約一時間かかりますから、普段の学習や仕事の合間にやるとすると根気が必要かとは思います。

まだ終了はしていませんが効果はかなりあったので達成感は感じられると思いますが
社会に役立つか・・・は、得た能力を各々が何にどう活かすか次第ではないでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング