12/11までのレポートで困っています。
外部生殖器についてで
(1)雌に多い疾患で、卵巣嚢腫、卵巣腫瘍、乳腺腫瘍というのがあることは、わかりましたが、その内容がわかりません。
(2)去勢または避妊によって防げる疾患、というので普通の外部生殖器の疾患との区別がつきません。

参考文献でもなんでもかまわないので、教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

卵巣嚢腫、卵巣腫瘍はメスにしか有り得ない


病気ですね。卵巣が何らかの原因で腫れたり
異常機能を引き起こす病気ですね。
乳腺はオス、メス共に有りますが、機能上
メスの方が発達してて病気になり易いという事でしょう。
腫瘍は良性と悪性が有ります、良性は死なないけど
大きくなる様だったら切除しましょうと言われる程度
ですが、悪性は命に関わるガン化細胞の可能性が有る
という事じゃないですか。
外部生殖器の病気で去勢や避妊で防げるのは
性交行為によってウィルスが伝播して起こる病気の
場合です。 単純に土壌やその他の原因で起きる
病気とは違うという事ですね。
人間でいえば性病と呼ばれる病気は性交行為をしなければ
殆どの場合移りませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
とても参考になりました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 卵巣腫瘍<女性の病気と妊娠・出産>の症状や原因・診断と治療方法

    卵巣腫瘍とはどんな病気か  卵巣は子宮の左右両側にひとつずつあり、通常は直径2〜3cm程度の大きさです。卵巣と子宮をつなぐ役割をしているのが卵管です。この卵巣にはれが生じた状態を卵巣腫瘍といいます。多くは卵巣の片側に発生しますが、両側に発生することもあります。  卵巣腫瘍は、ほかの臓器に発症する腫瘍に比べて非常にたくさんの種類がありますが、臨床経過からは、良性、悪性、境界悪性(良性と悪性の中間的なもの)の3群に分類されます。一般的に、内部に液体を含んだ嚢胞性(のうほうせい)腫瘍は臨床経過としては良性のことが多く、充実性(じゅうじつせい)腫瘍は約75〜80%程度が悪性もしくは境界悪性腫瘍です。 ●卵巣嚢腫(...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報