柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

カテ違いだったらすいません。(>_<)

化学Iを習った時期を覚えている方いらっしゃいますか?
大学になってから少し必要だったためどうしても知りたいです。

また、数学のこの表記→   10-6    1000000
はいつ習いましたか?
 
分かる方いらっしゃったらよろしくお願いします。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

覚え方 化学」に関するQ&A: 化学覚え方

A 回答 (2件)

累乗の計算は中学3年生で習います。


中学3年生の学習指導要領によると、因数分解、2次方程式、根号を習いますので、累乗がわかっていないとできません。
マイナスの累乗となると、高校で習ったと記憶してます。

ちなみに累乗の表記は、PC上では
10-6 ではなく 10^6 と書きます。

この回答への補足

マイナスの累乗は高校で習う範囲なのですね。
表記の仕方があったとは知りませんでした。
10^6   ちょと知って得した感じです。

累乗の計算が中学校の学習範囲だということは知ってます。
学習指導要領...教師の方ですか?

補足日時:2005/10/08 13:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な回答、ありがとうございました。
参考になりました。(質問締め切ります。)

お礼日時:2005/10/09 14:09

高校によって違うはずです。


私は高2でやりました。

10-6?10の6乗という意味ですか?
それは中学だったと思うけど、、、

この回答への補足

回答ありがとうございます。
高校が普通科のいわゆるふつうの高校だったのですが
教科選択制を採用していました。
(自分で履修する教科を選べる感じです。)
わたしは 化学I は全く習わなかったです。
また、理数系でなくとも、文系でも通常では習いますか?

数学についてですが数字の右上に小さい数字がつくのはその数字を
~乗(二乗とか)するということですよね。

その小さい数字の手前に「小さいマイナス」がつくという表記の場合も
同じ意味になるらしいのですが、これはいつ習うのですか?
見たことがなかったので。でもあるんです。

補足日時:2005/10/08 11:58
    • good
    • 0
この回答へのお礼

化学の履修年度は高校によって違ったんですね。
参考になりました。(質問締め切ります)

お礼日時:2005/10/09 14:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q表面張力について

自由研究で表面張力をやっているのですが、表面張力が起こる液体と起こらない液体の違いは、界面活性剤が、入っているか入っていないかの違いだけですか?温度などは、関係ないのでしょうか?他のサイトを少し見たのですが、中1の私には難しくて分かりませんでした。簡単に教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

表面張力は水滴が丸く玉のような状態になることですね。

温度との関係は実際に実験してみましょう。
氷水(0℃)、室温(25℃くらい)、オフロの水(45℃くらい)、熱いお湯(80℃くらい)

スポイトなどで1滴、ガラスみたいなつるつるした面にたらせば確認できますね。
温度計があると便利です。
実験結果を考察しましょう。

界面活性剤の入った洗剤を薄めてスポイトに取り、
水滴に加えて観察しましょう。

周りにある液体で「水滴」のようになるか確認してみましょう。
酢、牛乳、ジュース、しょうゆ、塩水、砂糖水・・・・

いろいろ実験すれば、良い自由研究が完成すると思います。


※あまり詳しく回答すると削除されますのでアドバイス程度しかできません。

Q液体の表面張力の測定方法

はじめまして。
物理学の実験で、Jollyのゼンマイ秤を用いて、液体の表面張力の測定を行いました。

液体の表面張力というものは、Jollyのゼンマイ秤を用いる他に、どのような方法で測定できるのでしょうか?いくつもあるものなのでしょうか?

表面張力が関係する現象といえば、毛細管現象が思い浮かびますが、これから表面張力が測定でるものなのでしょうか?他の方法など思いつくものがあれば教えていただきたいです。
どうか、よろしくお願いします。。

Aベストアンサー

表面自由エネルギーをどのように求めるのかによりますが、基本的な原理はやはり、毛細管現象です。元来、表面張力は毛細管現象から測定されたのです。表面張力の測定には、接触角をいかに精密に測定するかがポイントになります。他の測定法として、WilhelmyのPlane法なども有名ですね。


http://takahara.ifoc.kyushu-u.ac.jp/kougi/tyou/tyou2-1.pdf


人気Q&Aランキング

おすすめ情報