陳述書を作成するにあたって、日付は裁判の日付にするのでしょうか。それとも陳述書を作成した日になるのでしょうか。ちなみに裁判は少額訴訟で、この陳述書内容は裁判当日に提出する予定です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

陳述書」に関するQ&A: 陳述書について

A 回答 (4件)

1 陳述書のサイズ


 A4版用紙を縦置きにし、横書きで、文字サイズは12ポイント、左側の余白を30ミリ程度取り、裏面は白紙にする(=1枚の用紙に記載するのは1ページのみ)と、裁判所は喜びます(記録整理に便利ですので。)。もちろん、そうしたから必ず勝訴できるというものではありませんが。

2 準備書面と陳述書の違い
 事実関係を説明した書面を、主張として提出するのなら「準備書面」、証拠として提出するのなら「陳述書」というタイトルになさってください。
 実際に提出するのが口頭弁論期日であっても、「陳述書」の作成日付は、現実の作成日にするのが一般的です。

 「準備書面」か「陳述書」かどちらのタイトルで出せば有利なの?とお考えになるかもしれませんが、結論的には、陳述書(証拠)としてお出しになり、口頭弁論期日で「陳述書記載のとおり主張を補充します。」と述べておかれるとよいでしょう。

 以上、お役に立てば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しいご回答ありがとうございます。少しわからないところがあったのですが、

>口頭弁論期日で「陳述書記載のとおり主張を補充します。」と述べておかれるとよいでしょう。

ということは、陳述書の最後らへんに↑を付け加えて準備書面も用意しておくということなのでしょうか?お手数ですがご回答おねがいいたします。

お礼日時:2001/11/17 02:49

タイトルとして「陳述書」と云うのは、例えば「私は、年月日の夕方雨の日に○○さんの家に行きました。

でも、○○さんは不在でしたが奥さんがいました。その奥さんに渡したのです。・・・」など書くことで、その内容は訴状の請求原因を立証するために書いた書類を云います。従って、陳述書を書いた日付けです。
準備書面と云うのは訴状の請求原因を補充するもので、例えば「原告は年月日被告○○に金○○円貸し付けた。」と云うものを云います。これも作成日でも結構ですが口頭弁論期日が普通です。
以上のように陳述書と準備書面は違いますので、justinianiさんの云う「口頭弁論期日で「陳述書記載のとおり主張を補充します。」と述べておかれるとよいでしょう。」と云うのは、準備書面で陳述書の内容を説明することを省き、口頭で、陳述書を提出したことを伝え、その内容は請求原因に添うものであることを話せばよいのではないかと云うことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。すごく詳しくわかりました。裁判の結果はどうなるかわかりませんが、がんばります。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/18 01:16

 「陳述書記載のとおり主張を補充します。

」というのは、口頭弁論期日に裁判官から「訴状を陳述しますね?」と尋ねられた際に口頭で述べていただければ結構です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。口頭弁論の時までに、準備書面を用意しておきます。本当にありがとうございました!

お礼日時:2001/11/18 01:13

 陳述書の作成日付は、一般に、現実の作成日付にします。


 他方、準備書面の作成日付は、その準備書面を陳述することになる口頭弁論期日の日付にするのが一般的です。

 以上、お役に立てば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。裁判当日に提出ということになると準備書面として口頭弁論当日の日付にするのが一般的ということですね。わかりました。陳述書の大きさはサイズはあまり関係ないのでしょうか?

お礼日時:2001/11/17 02:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q裁判に提出する証人の陳述書の書き方

私が被告側で、本人訴訟で離婚裁判中です。
夫の嘘を暴くための友人の証言を集めたいと思っているのですが、
その友人に頼む陳述書の書き方が分かりません。
何か書き方に決まりなどあるのでしょうか?
できるだけ詳しく教えていただけますと助かります。

それともう1つ質問なのですが、
裁判で嘘をついても良いものなのですか?

Aベストアンサー

二つ目の質問だけ回答してみます。

>裁判で嘘をついても良いものなのですか?

良くはありません。

法廷の証言台で、当事者(本人)が証言する場合と、第三者(証人)が証言する場合とでは、違います。
第三者が嘘の証言をすれば、偽証といって偽証罪に問われる可能性があります。
本人の場合は、正確には、証言ではなく供述と言い、そもそも、偽証とはなりません。
偽証であるからといって、相手方がそれを刑事事件として証明(告発)するためには、また、別個の一つの事件となるくらい、大きな労力が必要となるでしょう。

裁判では、第三者の嘘の証言も、「その証言は措信できない」から採用しない、ということだけで、余程明らかに偽証が認められなければ、その民事事件限りで終ってしまうのが実情のようです。

相手側としては、反対事実を主張し、反証(弾劾証拠)を挙げて、対抗することになるでしょう。

Q民亊訴訟の被告原告に、陳述書の提出回数に制限あり?

弁護代理人は準備書面を乱発しますが、原告被告の陳述書の提出回数に制限がありますか。
1)1度、訴訟理由などに陳述書を提出しました。
2)その後、相手原告が甲第16号として証拠資料を出してきました。それに記述されている数々に嘘が混じっています。それへの反論は、(1)弁護代理人の準備書面でされるべきか、(2)被告本人の陳述書が適切か、(3)どちらでも機会を失しないで提出可能か。
―― 如何でしょうか。

Aベストアンサー

相手の証拠が違うと云うならば、準備書面で違うことを主張します。
その違うことを立証するのが「陳述書」です。
陳述書は証拠の一種ですから制限はないです。
なお、結審するときには、裁判官から「あとはないですか」と云うようなことを聞きます。
もっとも、あとは何と云おうとこれで結審すると思えば「結審します。」と云いますが。

Q認定司法書士 少額訴訟 裁判

給料が未払いで司法書士に相談したいのですが、相手の顔もみたくないので、

認定司法書士のかたにお願いしたいのですが、こんな事で認定司法書士の方に

お願いしても大丈夫なのでしょうか?

またお願いするにあたって、いい司法書士のかた教えて下さい。

ちなみに神奈川県川崎市川崎区です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簡易裁判所の範囲でしたら司法書士で可能です

後はその人との相性ですね
話してみてどうか判断するのがいいと思います

私も懇意にしている司法書士がいますけど
人間関係が大事だと思います

Q少額訴訟.......直前の答弁書提出

少額訴訟を起こしました。公判2日前に被告側から答弁書が提出されたと裁判所から連絡がありました。普通は裁判所からこちらへ郵送するそうですが公判直前でしたので届かないかもしれないからとのことで裁判所が電話で連絡してきました。

相手は最初から弁護士が付いています。答弁書は明日受け取りに行きますのでまだ内容はわかりませんがおそらく反論してきたものと思われます。直前に答弁書を提出するというのは裁判の常套手段(答弁に対する反論を準備することを妨害する)なんでしょうか?

Aベストアンサー

特段そのようなことはないと思います。
相手がのったらしていたのかも知れないし、弁護士探すのに手間取ったのかも知れません

私の場合でも、公判日だというのに、相手側はその日、予定されていた陳述書持ってこなかったりしてますから。

Q【裁判費用】少額訴訟が拒否られて、普通訴訟になって、さらに控訴になる場合

少額訴訟を起こそうとしてます。
心配なことがあります。
相手が少額訴訟を拒否してきて、普通訴訟となったときのことです。

自分は金銭的なことを考慮して、弁護士を入れずに、低価格で解決することを望んでます。
弁護士を入れたりして費用がかかるのであれば、訴訟を起こさないでそのままにしてもいいと思ってます。
弁護士いれずに普通裁判する気になれません。

仮に、当方原告が簡易裁判所で勝訴し、被告側は地方裁判所に控訴するとします。
そして、地方裁判所で当方原告が(もうこれ以上やりたくないので出廷しなかったなどで)敗訴するとします。
この場合、裁判費用は原告の負担になりますか?

裁判ってのは、一度始めてしまったら、最後までやらなきゃ損するもんですか?
損とは、負けた場合の裁判費用などのことです。
途中で投げ出したくなったら、どうすればいいんですかね。
結局、途中でやめる場合、原告側でも、数万円は負担しなきゃいけないんすか?

あー、あと、少額訴訟を被告側に拒否られたら、「じゃあやんない!少額訴訟以外では勝負するつもりないもん」的なことはできるのですか?

少額訴訟を起こそうとしてます。
心配なことがあります。
相手が少額訴訟を拒否してきて、普通訴訟となったときのことです。

自分は金銭的なことを考慮して、弁護士を入れずに、低価格で解決することを望んでます。
弁護士を入れたりして費用がかかるのであれば、訴訟を起こさないでそのままにしてもいいと思ってます。
弁護士いれずに普通裁判する気になれません。

仮に、当方原告が簡易裁判所で勝訴し、被告側は地方裁判所に控訴するとします。
そして、地方裁判所で当方原告が(もうこれ以上やりたく...続きを読む

Aベストアンサー

訴訟費用は例え勝訴してもあなた持ちぐらいの気持ちのほうが良いです。

敗訴の場合は当然、あなた負担になります。


しかし、通常訴訟になることは意外と無いようです。
また、基本的に最初の裁判で勝訴した場合は控訴した場合も大抵は最初の裁判と同じ判決が出るようです。
それだけ第一審が重要ということです。
たしかにこれはケースバイケースですが・・・


裁判(原告)は途中で投げ出すものでは無いと思います。
確かに日常生活をしなければなりませんから、投げ出したいというのも分からなくないです。
しかし、投げ出すつもりなら最初から裁判はやらない方が良いです。

逆に、費用負担は例え敗訴しても相手の弁護士費用は負担する必要はありませんし、交通費も証人以外はあまり認められないそうです。
それに、プライスレスな経験が出来るとは思います。
(私は通常訴訟を弁護士なしでやったことがあり(勝訴しました)、いい経験をさせていただきました)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報