昔読んだ半村良の小説で次のようなストーリーの題名が思い出せません。どなたかご存知の方ありましたら、教えて下さい。
代々双子の家系の従兄妹が結婚し、セックスの瞬間に落雷(?)があり生まれてきた子供が、常人ではなく人間の遺伝子を全てダブルで持つ「超人」だった。この超人が人類支配に乗り出す…。
というものです(おそらく20年以上前に読んだもので、記憶も曖昧なため細部は間違っているかもしれませんが、確か「超人」誕生の経緯は後から解明されるストーリーになっていたと思います)。
題名と、もし可能であればいつごろの作品かが分かれば大変助かります。よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

設定として雷ではないのですが



半村良「黄金伝説」では政財界の黒幕として君臨する来栖重人という人物が出てきます。

愛し合った後、原爆に被災した女性が双子を産んだのですが(その家系は双子が多い)

双子の一方だったのが彼であったのです。
ものすごく成長の早い超人であったので生まれてすぐによそに離され、住まいを点々として暮らしたと本の終盤で明かされます。

私の持っている角川文庫では昭和54年初版になっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
他の方からもご回答を頂きまして、やはり黄金伝説で間違いないと思います。仰るように、落雷ではなくて原爆が原因のようですが、本来家系的には双子が生まれるべきところ、1人児で遺伝子をダブルに持ってしまった結果、神経細胞が常人の2倍ある超人になったのではなかったかと思います。
ともあれご親切にご回答ありがとうございました。
この質問を早々に締め切ってしまって失礼したことをお詫び申し上げます。

お礼日時:2005/10/11 20:09

はじめまして。



私は、半村良さんの作品は、代表的なものしか知らないのですが・・・
↓のサイトに、作品目録が載っています。(あらすじまではないようです)

また、掲示板などもあるので、そちらの掲示板で質問してみれば、分かる可能性が高いと思います。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/2466/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
教えて頂いたサイトは「教えて!goo」に質問を出す前に全部調べてみたのですが、目的の小説に行き当たりませんでした。

お礼日時:2005/10/09 16:08

すみません。

半村良という著者を知りません。
小説はありますが、読んだのはマンガです。
しかも類似点が『代々双子の家系』『超人が人類支配に乗り出す』のみです;

『海の闇、月の影』著:篠原 千絵
確か、小説版でもあったかもしれないのですが……。
しかも、超人の誕生秘話は修学旅行で洞窟に入った、だと思うんです……嗚呼;

ハズレでしょうけれど、何か参考になればと思いお邪魔しました;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。残念ながらやはり外れでした。半村良は1970年ごろから20世紀末まで一世を風靡したSF作家で、「妖星伝」や「太陽の世界」という大作なども、若いころ夢中になって読んだものでした。
「海の闇、月の影」で登場する「超人」は、その原因が遺伝子(DNA)がダブルになっているというところも一緒ですか?もしそうだとすると、作者は半村良の小説にヒントを得たのかも知れませんね。

お礼日時:2005/10/08 17:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこんなストーリーの小説の題名は?

 藩の命令を受けて、破門された、かっての同門の士を討ちに行く・・藤沢周平の小説を松平アナウンサーが朗読してNHKラジオで二回放送されました。最後まで聞いていなかったので、結末を知るために、原作を読むために、その題名を知りたいのです。

Aベストアンサー

今度映画化される「隠し剣鬼ノ爪」ではないでしょうか?
私も松平アナの朗読で、1回聞きました。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167192381/,http://www.kakushiken.jp/

Qストーリーしか思い出せない話の題名を教えて下さい。

小説だったと思うのですが題名が思い出せません。ご存知でしたら教えてください。
その話は、
・アーケード(商店街)の2階に住んでいる
・写真家だったか、油絵をかいでいる登場人物
・2階に住んでいる住人に会いに行く女性が主人公(だったような…。)
・送られてきた牡蠣を食べる
・最後に、2階に住んでいた人が引っ越す
本当に小説だったのかもはっきりしないですが、この話の題名を思い出せずにもやもやとしています。
もしご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

柚木麻子の短編集『終点のあの子』に収録されている「オイスターベイビー」のような気がします。

柚木麻子『終点のあの子』
http://honto.jp/ebook/pd_25422656.html

Q昔読んだ少年向けの小説の題名を

こんにちは。
昔読んだ小説のタイトルを知りたくて、質問を登校させていただきます。
どうか、皆様方の知識を貸していただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

読んだのは、おそらく90年代であったと思います。
少年向けで漫画っぽい挿絵がある、今で言うライトノベルであったと思います。一冊だけではなく、何巻かのシリーズになっていました。
現代を舞台に忍者が活躍する話だったと思います。


舞台は現代。主人公は女子高生の女の子と、忍者の少年だったと思います。
忍者たちはそれぞれことなる流派に所属していて、それぞれ得意分野があります。
忍者たちは何らかの目的があって、都会(東京か?)へとやってきて、家族を演じることになります。
主人公の女の子は、彼らの正体を知ってしまいます。そして、家族を演じる彼らと行動をともにします。
忍者の少年は主人公の女の子と同じ学校に行っていたような。(ひょっとすると違う学校かもしれませんが、学校に行っていたことは間違いないと思います。)

母親役をしている忍者は、料理が下手で、女の子に「ちょっと下ごしらえを手伝って」と家へ呼び、最終的に料理をすべて女の子に作ってもらっていました。
兄を演じている忍者は、東大生でした。確か、催眠術が得意だったような…。

途中で主人公たちと目的を別にする忍者たちが出てきたような…。

ストーリーの後半で、天海上人が出てきました。実は明智光秀で、生き続けていた彼は、江戸時代以降の有名人…(田中角栄も入っていました)と会談し、日本を自分が望む姿に変えようとしていました。
たしか、織田信長が大きな関係あったと思うのですが、詳しくは覚えていません。

覚えているのはこんなところです。あいまいな質問で申し訳ありません。ただ、胸に何かが引っかかったような気分ですので、御知識を貸していただけると、幸いです。

こんにちは。
昔読んだ小説のタイトルを知りたくて、質問を登校させていただきます。
どうか、皆様方の知識を貸していただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

読んだのは、おそらく90年代であったと思います。
少年向けで漫画っぽい挿絵がある、今で言うライトノベルであったと思います。一冊だけではなく、何巻かのシリーズになっていました。
現代を舞台に忍者が活躍する話だったと思います。


舞台は現代。主人公は女子高生の女の子と、忍者の少年だったと思います。
忍者たちはそれぞ...続きを読む

Aベストアンサー

松枝蔵人さん作・池田恵さん挿絵
『瑠璃丸伝』(メディアワークス 電撃文庫)ではないでしょうか?

Q題名も著者も忘れてしまった本をまた読みたいと思い探しています! 内容は確か廃校の中学校に同級生で集

題名も著者も忘れてしまった本をまた読みたいと思い探しています!

内容は確か廃校の中学校に同級生で集まることになり、そこで不可解な現象が起きるという内容です。舞台は雪山の中学校で主人公は女性でした。うろ覚えですいません。誰かわかる方お願いします。

Aベストアンサー

森晶麿『そして、何も残らない』ではないでしょうか? バンド名も同じのようですし、多分間違いないのではないかと。
http://www.gentosha.jp/articles/-/4400

Q細部しか覚えていない小説を探しています。

細部しか覚えていない小説を探しています。
タイトル、作者をご存じの方がいらっしゃいましたら、ご協力お願いします。
以下、記憶にある内容を箇条書きにさせて頂きます。

・多分、短編
・二人の兵隊が登場人物
・片方は老人の兵隊、片方は若者の兵隊。二人は敵対する国の人間で、辺境の国境か何かを守っている
・年月を経て、二人は次第に親しくなる
・若者は、戦争を終結させるため、戦地(前線?)へ向かう
・戦争は終わるが、若者は亡くなる
・物語の最後のほうで、若者の亡霊が、老人に会いに来たような……

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

小川未明の「野バラ」では?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報