こんにちは、お世話になります。

今年は事故続きだったのも有り
無性に楽しくなれる映画が見たい気分になって色々と物色しています。

そこで皆さんが
「これは下らないけど(バカバカしいけど)面白かったよ!」
という映画がございましたら私にお薦め頂けますでしょうか。
もう、バカバカしい程良いかも・・・という気分です。。

ちなみに私が見て面白いと思ったのは
(今パッと思い出せる物だけなのでここ何年かの物に集中しますが・・・)
◆「マテリアル・ウーマン」
◆「ギャラクシー・クエスト」
◆「アンダーカバー・ブラザー」
◆「バーバーショップ」
等々・・・で

反対にちょっと笑いのツボが合わなかったというか微妙だったのが
◆「スクール・オブ・ロック」
◆「隣のリッチマン」
◆「TAXY NY」
◆「ミート・ザ・ペアレンツ」
等々・・・で

全くダメだったのが(何処が面白いのか解らなかった・・・)
◆「変身パワーズ」
です。。

でも「ちょっと合わなかったかなぁ・・」と思った作品でも
自分なりにポイントを見つけて楽しむ方なので
この辺はあまり気にせず、
個人的に面白かったと印象に残っている作品が有りましたら
ご紹介頂けると嬉しいです。

コメディ以外のジャンルでも
妙に笑える(クスクス系の)ズレ加減を持った作品や
「ここの場面に妙に笑えた」みたいなワンポイント的な面白さ
(作品としてはお薦め出来ないけど、この場面はお薦めみたいな物)
が含まれた作品でも結構ですので
どうか宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (27件中11~20件)

#16です。

他の方の回答を拝見していたら、また思い出してしまいました。

「原始のマン」
「ハードロック・ハイジャック」
「モンキーボーン」 (ブレンダン・フレイザー3連発。この作品にはチョイ役でスティーヴン・キング御大登場)
「ビルとテッド」シリーズ (キアヌも昔はこんなんやってました)
「ジャッジ・ドレッド」 (締めの台詞に大笑い。吹き替え版を見ましょう)
「処刑アーチスト」 (内容は普通だけど、ショーウィンドウでマネキンを演じるジーナ・ガーションがすごい)
「レア 魔性の肉体」 (ウディ・ハレルソンが馬鹿すぎ)
「親指スター・ウォーズ」 (ハン・ソロの口元だけ笑えます)
「親指タイタニック」 (親指ゴッドファーザーもあるようで・・・もう結構です)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度回答有り難うございます。
お礼が遅れて申し訳ございません。。

ブレンダン3連発ですね~。
「原始のマン」は1ヶ月くらい前にスカパーで放送されていて
バッカバッカしい~と言いながら最後まで見てしまいました(笑)。

「ハードロック・ハイジャック」
はブシェミ見たさで前に見たのですけど
これが似合わなかったですよねブシェミあの格好。。
ブレンダンがよく似合っていただけに余計に・・・。

未見の「モンキーボーン」は
スティーヴン・キングが出ているんですか!?
内容の方は、かなりファンタジー色が強そうですよね。

ブレンダンと言えば「悪いことしましョ!」も好きなのですけど
コカイン王とか夕日を見て泣く男等々に変身した時の表情を思い出すと
今でも笑っちゃいます(笑)。
ただ、彼が憧れるヒロインを演じた女性が
萎びたマライア・キャリーみたいだったのが残念でしたが。。
悪魔役のエリザベス・ハーレーが素敵だっただけに余計に・・・

「ビルとテッド」シリーズ
思いっ切りコメディみたいですけど、
こんなのにも出ていた時代が有ったのですね。
今でも時々「?」となってしまう役選びをされる事が有りますが(笑)
これは本当に意外な感じがしますよね。

「ジャッジ・ドレッド」
これも見ていないですね。
たまに吹き替え版で観た方が面白い物って有りますよね。
「ダーティーハリー」シリーズとかは
やっぱりあのTV版の吹き替えが良かったですし
特に1作目は「漕げ漕げ漕げよ~ボート漕げよ~♪」
ってのを聞かないと見た気がしません(笑)。

「処刑アーチスト」
内容は普通なんですか?
タイトルだけ見ると思いっ切りB級感漂ってますよね。
マネキンを演じるジーナ・ガーション楽しみです。

「レア 魔性の肉体」
なんかエロっぽいタイトルですが、
ストーリーを見た所そういった作品でも無さそうですね。
何気にジーナ・ガーション連発ですけど(笑)
クロエちゃんも出てるんだぁと驚きました。

「親指スター・ウォーズ」「親指タイタニック」
これは後者の方だけ観た事が有るのですが
「ゴッドファーザー」までやってるとは思いませんでした(笑)。
確か「ブレアサム」も有ったと思うのですけど
一体全部で幾つ作られたのでしょうか・・。

沢山の作品ご紹介有り難うございました。
また機会がございましたら宜しくお願い致します。

お礼日時:2005/10/10 17:00

では・・・



コメディ
「奇人たちの晩餐会」 (ニヤニヤしてしまいます)
「メルシィ! 人生」 (前者と同監督)
「ミスター・ビーン」(TV版)
「シリアル・ママ」 (コメディかどうかは疑わしいが)

アクション
「スコーピオン・キング」 (全編馬鹿)
「デスマシーン」 (最初の30分はつまらない)

ホラー
「キャプテン・スーパーマーケット 死霊のはらわた3」 (1はわりとシリアスなのに)
「チャイルド・プレイ」シリーズ (これもシリーズを重ねる毎に馬鹿になっているような)
「バタリアン」 (「~リターンズ」はけっこう怖い)
「フレディVSジェイソン」 (ホラー界の馬場対猪木←私が言ったんじゃないですよ!)


「ビューティフル・ピープル」 (途中からとんでもない展開に)
「バッファロー'66」 (オシャレ映画っぽくもあるけど、やっぱり馬鹿)
「ゴーストワールド」 (内容は非常にシリアスだが、踊りが馬鹿)
「マッシュルーム」 (やってることは猟奇的なのに、妙にのんびりした雰囲気)
「ロッタちゃん」シリーズ (とにかく何も起こらない映画)

なぞいかがでしょう。
でも、なんだか変なラインナップになってしまいました。

この回答への補足

お礼の文字数制限を超えてしまったので^^;
こちらの補足欄で続きを書かせて頂きます。
前後して読み辛かったら申し訳有りません。

「キャプテン・スーパーマーケット 死霊のはらわた3」
これも以前に教えて頂いた事が有るのですが
なかなか近所のレンタル店では入荷して来ないのですよ。。
リクエストコーナーが無くなってしまったのも辛い・・・

1も結構、所々笑える部分が有ったと思うのですが(笑)
また違った可笑しさになっているのでしょうね。
主演のブルース・キャンベルは最近の「スパイダーマン」シリーズでも
チョコチョコ顔出していましたよね。

「チャイルド・プレイ」
最近も何か有りましたよね、タイトルすら忘れてしまいましたが・・・
もうこれって1の頃から怖がらせようとする気が有るのか?
という感じがして仕方が無かったです(笑)。
黒焦げになった姿はちょっとウウ・・・とは思ったのですけど

「バタリアン」
これももっと怖い物かと思っていたので
最初観た時には「ええぇ・・・こんな映画だったのぉ・・・」
とちょっと引いてしまう物が有りました。脳みそ食べたいってねぇ・・・^^;
でも「リターンズ」の方は怖かったのですね。
1は引いてしまう物が有ったものの嫌いでは無かったので
その続編には興味が有ります。

同じ頃に流行った「デモンズ」も結構好きだったのですけど
こちらも続編の方は観ていないのです。
もしかしたらこれも続編の方が怖いのかな・・・

「フレディVSジェイソン」
公開前に劇場でこの作品の予告編が流れる度に
爆笑が起きていたのを思い出します(笑)。
私自身は、未だ手が出ていない状態なのですけど
色々とレビューを読んでみると
意外と見た人の評判が良いみたいなので気になって来ました。

あと今公開中(?)の
「エイリアンVSヴァネッサ・パラディ」ってのも
どうなんだ??と内容が全く想像出来ないですね^^;
只単に、この所の「○○VS○○」映画のヒットに便乗して
付けられた邦題なのか?(サスペリア2の様に・・・)
それとも本当に戦うのか?(笑)
こちらも気になって仕方が有りません。。

「ビューティフル・ピープル」
これは知りませんでした。
解説なんかを読んでいると、とてもシリアスな作品に思えたのですが
とんでもない展開が待っているのですね。
結構見応えが有りそうな作品にも思えるので楽しみです。

「バッファロー'66」
そうですよね、これってどちらかというとオバカだと思うので
あまりお洒落映画として紹介されるのには私も抵抗を持っていたのです。

クリスティーナ・リッチって大人になってからも
とても微妙なバランスの体型をした女優さんで(笑)
「大丈夫なのか?」なんて心配していたのですけど
結構、独特な雰囲気を持っていて思ったよりも活躍していますよね。

「ゴーストワールド」
これは私ブシェミが大好きなのでチェックしてます^^
レッチリの「By The Way」のPVに出て来る馬鹿運転手が出ていたのも
嬉しい発見でした(笑)。

ご指摘の踊りもかなり馬鹿でしたけど
全体的に妙にツボに来るクスクス感が漂っていませんでしたか?
何だか「ウェルカム・ドールハウス」の主人公の何年後かを思わせる様な
イーニドの格好を見ただけで私は引き込まれてしまいました(笑)。

「マッシュルーム」
これは初めて聞きました。
あらすじを読みましたが、かなりハチャメチャっぽいですね。
もう、夫と死別してから万引きをして生計を立てている2人の老婦人・・・
というのを読んだだけでも(笑)。

それでも妙にのんびりした雰囲気が感じられるというのは
やはりお婆さん達が主役になっているからなのでしょうか?
この2人をどういうキャラの女優さん達が演じているのかも気になります。

「ロッタちゃん」シリーズ
へ?何も起こらないのに面白いのですか?(笑)
これは世間的には「可愛い」と評判の作品ですよね。
もしかしたら、その「可愛い」の部分にツボが隠されているのでしょうか?

子供が主役になっている作品だと
イタリア映画の「ぼくは怖くない」みたいな
出てる子は可愛いけどとんでも無い展開の作品だとか
反対にシリアスだけど出てる子供が役者然としていなくて
(悪く言えばブサイクでブランド臭がしない素人臭い子供)
妙な生々しさが感じられるイラン系やイギリス系の作品が好きで
どうも一般的に感動作と呼ばれている様な
「ポネット」とかは受け付けなかったりするのですけど
こんな私でも「ロッタちゃん」は馴染めるものなのでしょうか・・・

色々なジャンルからのご紹介有り難うございました。
また何か機会がございましたら宜しくお願い致します。

補足日時:2005/10/10 09:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。回答ありがとうございます。
質問当日に回答下さっていたのに
お礼が遅くなってしまって申し訳ございません。。

「奇人たちの晩餐会」「メルシィ! 人生」
これは後者だけ見ていて
同じ監督の前者の物も面白かったよ~と教えて貰った事が有るのですが
なかなか近所のお店では見つからないのですよね。。

後者の方ですけど
隣の初老の男性に入れ知恵されてゲイに成り済まして・・・
という設定も面白いのですけど
あのゲイパレードを見て父親の事を見直しちゃう
息子の感覚(価値観?)ってどうなんだ??とか
ジェラール・ドパルデューの段々と錯覚に陥って行く姿も笑えました。
隣の猫ちゃんも可愛かったですね。

「ミスター・ビーン」(TV版)
そうですよね、この手のノリの物を
スクリーンで豪華にやっちゃぁダメですよね。
あのTVの少しチープな画面で見るからこそ良かったのかなと思いました。

「シリアル・ママ」
これは大好きです。実話って所が更にビックリですよね(本当か!?)
「白いドレスの女」であんなにイイ女だったキャスリン・ターナーの
ドスコイ母ちゃんぶりにも圧倒させられましたが(笑)。
何かこれと似たシチュエーションのフランス映画(?)
も有った気がするのですがタイトルが思い出せなくて
そちらは未だに見られていない状況です。。

同じ様に実話でビックリ物では
ニコール・キッドマン主演の「誘う女」等のノリも好きなんですけど
作品自体の出来から言えばこの「シリアル・ママ」には
到底及ぶ物では無いと思います。最強(笑)。

「スコーピオン・キング」
これはTVでチラっと見かけただけなので気づかなかったのですけど
バカ映画だったんですか?(笑)
これって確かハムナプトラに出て来たキャラクターのお話ですよね?
馬鹿映画だと聞くと、今度はシッカリ見なくては~。

「デスマシーン」
これは初めて目にするタイトルかも知れません。
一応近未来のお話なんですね。
最初の30分がつまらないというのがチョッとキツいかも知れませんが
途中から「エエっ!!」とかって引き込まれちゃう作品てたまに有りますよね。
これは、良い意味でのなのか
あまりに・・・という意味でなのかは不明ですが(笑)
どっちの「エエッ!!」になるのか楽しみです。

少し長くなってしまったので補足欄へと続きます。

お礼日時:2005/10/10 09:10

思い出したので追加で。



キャメロン・ディアスがおバカな女を演じていた
「ベリー・バッド・ウェディング」
も、私はけっこう面白いと思った。
ブラックユーモアと言うか、ちょっと微妙なところもあるから、まさしくお探しの映画かもね。
個性派のクリスチャン・スレーターがどんぴしゃのはまり役だったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、再度回答頂き有り難うございます。
お礼が少し遅くなってしまって申し訳ございません。。

「ベリー・バッド・ウェディング」
これは気になっている作品だったのですけど未だ見ていないんです。
観た人の評価が結構割れている所からみて
かなりブラック入ってそうな事は予感出来ますね(笑)。

バチェラー・パーティーの晩に起こった事故って何なのだろう・・・?
この辺の事をあまり詳しく書いていないページが多かったので
これが全ての鍵を握っているのでしょうかね?よく解らないですけど(笑)。

パッケージを見ると
キャメロン・ディアスとクリスチャン・スレーターが
デカデカと2人で並んでいる写真が出ていたので、この2人が主人公なのかと思ったら
主役は別の人?なんですね(笑)
えっと、主役の俳優さんの名前を見ると
ジョン・ファヴロー?? し、知らない・・・^^;
一体どんな人なんでしょうかね、見た事の有る人なのだろうか。。
作品を見て確かめたいと思います(笑)。

再度思い出して下さって有り難うございます。
また機会がございましたら宜しくお願い致します。

お礼日時:2005/10/09 18:35

キャメロン・ディアスの「メリーに首ったけ」



http://www.foxjapan.com/movies/mary/


トム・ハンクスの「マネー・ピット」

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0009EP …

この二つは大好きな作品です。
笑えますよ^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、回答ありがとうございます。
早くに回答頂いていたのに
お礼が遅くなってしまって申し訳ございません。。

「メリーに首ったけ」
ファレリー兄弟の作品はよく見ていますよ^^
「ふたりにクギづけ」とか「愛しのローズマリー」とか好きですね。
この作品も楽しかったですよね。
キャメロン・ディアスって作品によって
エラくくすんで見えちゃう時も有りますけど
この作品は彼女の良さが生かされていたのではないでしょうか。

彼等の作品って障害者や何か弱い部分を持った人の事を
ネタにしちゃう事が多いので賛否両論有りますけど
少し下品では有るけど私はあの前向き?(笑)な描き方は好きですけどね。

というのも、
うちの父親も早くに病気で倒れて
結局それ以来ずっと療養生活に入ってしまっている身で
一応「障害者」にあたるので
この自分の欠点さえも笑って吹き飛ばせる前向きな考え方っていうのを
実は常に目の当たりにしているものですから(笑)
何となく共感出来る部分が有るのですよね。

確かに、そういう状態になれるまでっていうのは長い道程で
本人だけでは無く周りで支える者にとっても大変だったりするので
今現在未だそういった状況に置かれている方にとっては
見るのが辛い部分も有るのでしょうけどね。。

「マネー・ピット」
これは懐かしいですね(笑)。
まだちょっとスマートだったトム・ハンクスが良かったですよね。
未だこの作品を初めて見た時は(かなり前だったと思います・・・)
欠陥住宅とかってあまり話題にはなっていなかった頃だったので
「そんなアホなぁ・・・」なんて思って見ていましたけど
今になってみると、また違った見方が出来るかも知れないですね。
久しぶりにスマートなトム・ハンクスも見てみたいと思います。

大好きな作品から教えて下さって有り難うございました。
また機会がございましたら宜しくお願いします。

お礼日時:2005/10/09 17:52

オースティンパワーズ


が、くだらないけどお洒落で好きです☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、回答ありがとうございます。
早くに回答下さっていたのに
お礼が遅くなってしまって申し訳ございません。。

「オースティン・パワーズ」
私が面白かった映画に挙げている「アンダーカバー・ブラザー」は
黒人版オースティン・パワーズなんて呼ばれているのですけど^^
こちらの「オースティン・パワーズ」も
何だか懐かしいギラついた
良い意味での悪趣味なファッション(笑)が印象的でしたよね。

ただ、結構見た目派手な割には
クスッと系の笑いだった様な気もします。
でもそのネタの内容は・・・・なんですよね(笑)。

色々と見逃してる小ネタも有りそうな気がするので
もう一度見直してみたいと思います。

面白いだけじゃ無くてファッションにも見所の有る映画からのご紹介
どうも有り難うございました。
また機会がございましたら宜しくお願い致します。

お礼日時:2005/10/09 17:15

●ジャングルジョージ : ブレンダンフレイザーがターザンの役で見事なバディを披露してます。

言葉を話せるゴリラ(めがねかけてて読書したりする)に育てたれたターザンが人間の女性をライオンから助けて恋に落ちる。とてもバカバカしくて、でも笑えます。暖かい映画です。

●アニマルマン : これも動物ものですが、くだらないですよ。

●タイムトラベラー :オススメですね。これもまた ブレンダンフレイザー出演。ある夫婦の住む家の庭に飛行機が落ちて、それを核爆弾が落ちたと勘違いした夫婦が、夫の造った地下核シェルターに逃げ込み、そこで何十年も過ごす。そのうち、夫婦には子供も産まれ、何不自由なく地下で過ごすが 地上は普段どおりの生活が続いている。それを気づかずに親子3人で暮らす・・・ありえない話ですが ラストもよく、シュールだけど暖かい話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、回答ありがとうございます。
早くに回答を頂いていたのに
お礼が少々遅れまして申し訳ございません。。

「ジャングル・ジョージ」
これは何年前だったのか思い出せないのですけど
何処かへ向かう機内で上映されていたのを観た覚えが有ります。
結構外国の方が多く乗っていたのですが
かなりウケていて終わった後も拍手の数が多かったですね(笑)。
それにしても、この時のブレンダンってヤケに素敵に見えましたよね^^
また観たくなって来ちゃったので
今度は安定した場所でシッカリと鑑賞したいと思います。

「アニマルマン」
ロブ・シュナイダー主演の作品って未だ観た事が無いので
気になっていた所だったんです。
アダム・サンドラー系?の作品でチョコチョコ見る人ですよね?
「ホット・チック」も結構面白いらしいですよね。

動物物と聞くとホンワカとしたイメージが有りますが
レビューとか読んでみた所かなりオバカっぽくて期待出来そうです(笑)。

「タイム・トラベラー」
これは未だ見ていないんです。
なかなか店頭では見かけないタイトルですよね。。
タイトルからして「タイムトラベル物」?なんて勘違いしていたので
説明を読んで驚きました。
そんな設定だったんですかぁ。。
これは有り得そうで有り得ない話ですよね、何十年もって・・・(笑)
一度くらいは様子を窺えよ!って思っちゃいますよね。

この作品は、ちょっとウチの近所には置いていなかった記憶が有るので
後でツタヤでお店検索して探してみます。

ブレンダンと言えば、ずっと前にTVで
ふと見たらどうもブレンダンにそっくりな男の子が出ていて
「こんな年の頃から出ていたんだぁ~」
なんて思った事が有ったのですけど
あれって何の映画だったのでしょうか・・・
結構真面目っぽい作品に見えました(ドラマかも?)。
もしかしたら只の他人のそら似だったのかも知れないですけどね^^;
たまに昔の作品を見ていて「あれこの子って・・・?」
とかって思う時有りますよね。

オバカだけどホッと出来そうな作品のご紹介有り難うございました。
また機会がございましたら宜しくお願い致します。

お礼日時:2005/10/09 16:01

ロメロの「ゾンビ(ドーン・オブ・ザ・デッド)」は最近リメイクもされた伝説的なゾンビ映画ですが、ソレのパロディで「ショーン・オブ・ザ・デッド」ってのが(好きな人には)笑えます。


 ゾンビの群れの中をゾンビの真似しながら通り抜けたり、LPレコードぶつけてゾンビと戦ったり、相当おバカですが意外にジ~ンとさせる展開もあって不覚にもウルウルきちゃったり。
 さりげなくオリジナルのBGMを借用したりして細かいところまで凝ってますが、やっぱりバカ映画(褒めコトバ)です。見終わった後、「あ~くだらない映画だったな~。もう一回見ようw」って気分になったりならなかったりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、回答ありがとうございます。
早くに回答頂いていたのに
お礼が少々遅くなってしまって申し訳ございません。。

「ショーン・オブ・ザ・デッド」
これ観たいと思っていたんです~。
かなり観た人の評判も良いですよね。

ホラー系の映画は恐がりな癖に結構好きだったりするので
ロメロの「ゾンビ」も勿論観た事が有ります^^
何故かアルジェント作品とか好きなんですよね
彼の作品は結構笑える要素の有るホラーだと思っています(笑)。
ゴブリンのアルバムも幾つか持ってます。

公開時だったのかどうなのか記憶が定かでは無いのですが
子供の頃に姉に連れて行って貰った映画グッズを扱っているお店で
ふと目に入ったゾンビのチラシが気に入ってしまって^^;
買って貰った思い出が有ります。
なんかあのウワァァ~~!!って手を伸ばして来ている感じが
凄く気に入ってしまったのですよねぇ。
今思うとかなり悪趣味な子供だったのかも知れません。。

回答を読んでいると
「ショーン・オブ・ザ・デッド」ってかなりオバカ系?
な作品になっているみたいですね。
もう少し真面目な作品なのかと思っていたのですが
パロディになっていると聞いて
俄然興味が沸いて来ました(笑)。

しかし、その展開でウルウルも出来ちゃうんですか??
何だかちょっと想像出来なかったりするので(笑)
これは先ず作品を見なくてはいけないですね。

とても興味深いパロディ映画からのご紹介有り難うございました。
また機会がございましたら宜しくお願い致します。

お礼日時:2005/10/09 14:47

カンフーハッスル


http://www.sonypictures.jp/movies/kungfuhustle/s …
宣伝文句の「ありえねー」を存分に楽しめます。

以下余談。#5氏の回答より
> 飛んでる飛行機が空中で止まったり
これは笑うところではありません。
劇中に登場したAV-8B ハリアーII戦闘機はVTOL(垂直離着陸)という機能を持ち、本当にああいう動きをします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、回答ありがとうございます。
早くにご紹介頂いていたのに
お礼が少々遅くなってしまい申し訳ございません。。

「カンフーハッスル」
は公開初日(正しく言うと先行上映なのですが・・・)
に観て来ましたよ~。
丁度、去年の一番最後12月31日だったので
私の昨年の締め括りになった映画とも言えますね^^

これは劇場で観て良かったと実感出来た作品でした。
後になってDVDで見て思ったのですが
やっぱりあの迫力は劇場で無いと伝わらないものが有りますよね。

「ありえね~」という宣伝文句はどうなんだ?とは思ったのですけど(笑)
(確かに映画の内容は有り得ねぇの連続でしたけど
 宣伝文句としては逆効果になっちゃったと思います・・・)
素直に楽しめる作品でしたよね。
あそこまでバカに徹していたら気持ちが良いです。

特に、あのアニメさながらの追いかけっこのシーンは
あまりにバカバカしくて大笑いしました(笑)。
あのオバちゃんがまた良い味出してましたよね。

CGがふんだんに使われているので
その部分に難癖付ける人もいらっしゃいますが
よく見るとアクション自体はキチンと基本が出来ている様に思えたので
あまり細かい事を言ってあげないで~って感じですよね。

日本のアニメの影響?も多々見受けられたのですけど
前の「少林サッカー」を見た時と同様に
「この手の作品って本当は日本が先に作るべきものなんだよなぁ・・・」
なんてちょっと
日本人としては「先にやられちゃった的」なものを感じてしまいました。。

そして余談に関してですが
「トゥルー・ライズ」の飛行機の場面?
あれはそういった特徴を持った動きのする戦闘機だったワケなのですね。
結構これって知らない方が多いのではないでしょうか?
私も大変参考になりました。
話の筋だけでは無くて、そういった大道具や小道具にも
よ~く見るとさり気ない拘りが有って
解る人が見ればとても面白いらしいですね。

有り得ない作品のご紹介と小ネタ情報を有り難うございました。
また機会がございましたら宜しくお願い致します。

お礼日時:2005/10/09 13:38

メジャーな所を外して、もう何回か観ても良いと思ってるのは、


「ビバリーヒルズ・ニンジャ」
「ミステリー・メン」
「ブラボー火星人2000」
とか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。回答ありがとうございます。
早くに回答頂いていたのに
お礼が少し遅れてしまって申し訳ございません。。

「ビバリーヒルズ・ニンジャ」??
昔に有った「ビバリーヒルズ・コップ」とか「ビバリーヒルズ・バム」
なら知っていますけど、これは初めて聞くタイトルかも?(笑)
調べてみた所、私の好きな「マテリアル・ウーマン」と同じ監督さんですね^^

それにしても、忍者道場に拾われて育てられた主人公って(笑)
この設定だけでもオバカぶりが想像出来て好感が持てますね。
やはり忍者に育てられただけ有って
そこで学んだ技を駆使して活躍されるのでしょうか?
この辺も間違った日本のイメージが沢山飛び出て来そうで
期待が持てます^^

「ミステリー・メン」
これは以前に一度レンタル店で発見して手には取ってみたものの
パッケージを見ただけでは内容が想像出来なくて
借りずに置いて来ちゃった作品だったんです。
面白い物だったんですね~、あの時借りてれば良かったです。。
今でも置いてるかなぁ。。

色々なレビューを読んでみても結構評価が高いですよね。
パッケージを見た時のイメージでは
何となく近未来的な?不思議な出で立ちの人が写っていた記憶が有りますけど
どんな作品なんだろう・・・

「ブラボー火星人2000」
これは観た事が有りますよ~、好きです^^
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドクで有名なクリストファー・ロイドが
この作品では火星人になっちゃってるんですよね(笑)。
個人的には、あのよく喋って歌う宇宙服が気に入ってしまいました。

ただヒロインがダリル・ハンナだったのが
少しミスキャストだったかなぁと思いましたね。
脇に出ていたエリザベス・ハーレーおネエ様が、どう見てもイイ女なので
もう少しそれに対比させた
可憐なタイプの女性をキャスティングした方が
もっと良かったんじゃないかなぁと思いました。。
ダリル・ハンナって一時期は綺麗だったけれど
今は何の可愛気も無い只の骨太ネエさんになってしまいましたもんね・・・^^;

とてもオバカが満喫出来そうな作品のご紹介有り難うございました。
また機会がございましたら宜しくお願い致します。

お礼日時:2005/10/09 11:32

「フライングハイ」がお勧めです!



明石家さんまがやっていた『「心はロンリー、気持ちは「・・・」』シリーズの笑いがわかる方にはたまらないと思います。

ストーリー自体は至って真面目ですが、画面の脇で下らないことが起きてます。
例)主人公が操縦する旅客機が墜落の危機にさらされ、管制塔内が大騒ぎになっているシーンで、ズラッと並んだレーダーの一番奥だけが、なぜか乾燥機になっていて、中で洗濯物が回っていたり・・・。

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD7841/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。回答ありがとうございます。
早くにお答え下さっていたのに
お礼が少し遅くなってしまって申し訳ございません。。

「フライングハイ」
何だかとても懐かしい響きがする作品ですね。
これも昔に一度(?)TVで見た様な覚えが有るのですけど
何せ未だ子供だったものでハッキリと思い出せなくて・・・
でもその画面の脇でちょっとゴソゴソしていたのは
何となく記憶に残っています(笑)。

参考URL読みましたけど、この手の作品には珍しく
ストーリー自体はヤケに真面目に解説されていますよね(笑)。
ちょっとビックリしました。

子供の頃アメリカのホーム・コメディー・ドラマが大好きでよく見ていたので
この辺の時代のコメディ作品って
どれを見てもあの頃の空気が漂っている様な気がして(画面のザラ付き加減とか?)
その雰囲気が味わえるだけでも好きだったりするのですよね。

レーダーの一番奥だけが乾燥機って(笑)
その小ネタって誰にでも一目見ただけで確認出来るものなのでしょうか?
何だか楽しそうですね^^
頑張って他の小ネタも見つけてみたいと思います。

さんまさんの「心はロンリー、気持ちは「・・・」って
あの毎回ヒロインが変わるシリーズでしたっけ??
さんまさんの単発ドラマって他にも幾つか有ったので
この辺も記憶がゴチャ混ぜになってるかも知れないのですけど
確かにあれも同時進行的に小ネタが飛び交う内容でしたよね(笑)。

とても懐かしい雰囲気が漂う回答有り難うございました。
また機会がございましたら宜しくお願い致します。

お礼日時:2005/10/09 09:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「昼顔」の監督について

ビデオで「昼顔」をみてショックを受けましたこの映画の監督について知っている方なんでも良いので教えていただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

 「昼顔」〔66.仏〕の監督ルイス・ブニュエルは1900年スペイン生まれのシュールリアリズム映画の巨匠です。ダリと共同で脚本を書いた「アルダルシアの犬」〔28.仏〕、メキシコの非行少年たち描いた「忘れられた人々」〔50.メキシコ〕、奇想天外なトラブルが続くうちに、悪夢のような不思議な世界が生まれてくる「昇天峠」〔51.メキシコ〕、チャップリンの「殺人狂時代」というより、ロッセリーニの「殺人カメラ」を思い出させる軽妙な雰囲気の「アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生」〔55.メキシコ〕、スペインを追放される原因となった「ビリディアナ」〔61.スペイン〕、ブルジョワへの諷刺が冴えるメキシコ時代の傑作「皆殺しの天使」〔62.メキシコ〕、現代の話なのに、キリスト・サド侯爵などが登場する奇想天外な物語「銀河」〔68.仏=伊〕、パリを舞台にしたアカデミー外国映画賞受賞作「ブルジョワジーの密かな愉しみ」〔72.仏〕、とりとめもなく悪夢のような挿話が続くとぼけた諷刺劇「自由の幻想」〔74.仏〕、遺作となった「欲望のあいまいな対象」〔77.仏=スペイン〕など数多くの代表作があり、1983年に亡くなっています。
 私が思うには、「昼顔」はブニュエル作品の中では出来の悪い方だと思います。前述のように、もっと凄いのがいっぱいありますよ。

 「昼顔」〔66.仏〕の監督ルイス・ブニュエルは1900年スペイン生まれのシュールリアリズム映画の巨匠です。ダリと共同で脚本を書いた「アルダルシアの犬」〔28.仏〕、メキシコの非行少年たち描いた「忘れられた人々」〔50.メキシコ〕、奇想天外なトラブルが続くうちに、悪夢のような不思議な世界が生まれてくる「昇天峠」〔51.メキシコ〕、チャップリンの「殺人狂時代」というより、ロッセリーニの「殺人カメラ」を思い出させる軽妙な雰囲気の「アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生」〔55.メキシコ〕、スペ...続きを読む

Q1980年代の洋画だったと思います。(アメリカ?)  お父さんだったか

1980年代の洋画だったと思います。(アメリカ?)  お父さんだったか、お母さんだったかの所へやってきたその家族‐子供たちとその親―しかしその家には、ライオンが沢山居て、ドタバタと逃げ惑う。でも、そのライオンは人を襲わず、人に飼われているライオンで、最後は笑いで終わる。みたいな内容です。基本、ドタバタコメディみたいな映画です。今考えると、よくなれたライオンだったなあと・・・。映画のタイトル、どなたかご存じの方、宜しくお願いします。(..)

Aベストアンサー

おそらく「ロアーズ」(1981)だと思います。

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD9854/story.html

Q銀魂 新釈紅桜編の映画って

銀魂 新釈紅桜編の映画って
いつまで公開してるんですか??

Aベストアンサー

銀魂に限らず映画の公開期間は各映画館が決定します。
(稀に期間限定公開の映画もあったりしますが)
観客動員や次の作品との兼ね合いもありますので一概にいつまでとは言えません。
目安としては1日の上映本数が少なくなってきたら公開終了も近いですね。

公式サイトに現在公開中の映画館が掲載されていますので参考にしてください。
http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama/theater_kanto.html

Qウォンテッドを観て(ネタバレ有り)

先日、レンタルして観たんですが、
気になる点がありました、
予告編では、
主役が「君と結ばれる・・・云々」
アンジー「それがお望み?」
というシーンがあったんですけど、
本編ではありませんでした(見落とした?)

それと、結局はスローンを始め、殆どのメンバーが殺害ターゲットだった訳ですが、
指令の暗号を捏造し続けていた組織(スローン)に対して、指令を出す側が粛正に動くはずだろ?
何普通に活動してんの?
という疑問が最後まで残ってしまったのですが、
これには触れるべきではないんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私も去年映画館へ見に行き、ウェスリーとフォックスのロマンスがあるのかと期待していたのですが、予告編のようなやりとりはなかったですよね。あの予告編は「ちょっと、どーいうこと?」と思います。
一度見ただけですのでうろ覚えですが、指令を出していたのは紡績工場にあった「運命の機織気」で、スローンが暗号を解読、フォックス達の部下が暗殺実行という感じでしたよね。機織気はしょせん機械、スローンに手出しはできず、それをいいことにスローンは組織をより強力にするという名目で、邪魔な人間を暗殺していた、という感じではなかったでしょうか。
ちなみに「ウォンテッド」は3部作、というウワサもあるようですので、今後、謎が解き明かされていくのかもしれません。

ああいった「ありえねぇ~」って内容の映画は、突っ込みどころがいっぱいで、全部突っ込んでいたら物語の整合性が無くなってしまいますので、頭を空っぽにして見て、凝った映像とか俳優さんたちのかっこよさを楽しむことに重点をおいたほうがいいのかもしれませんネ。

Q元気が出る映画。

純粋に馬鹿笑いができたり、元気が出るような映画がありましたら教えてください。
自分はディズニー映画やアクション映画が好きです。

Aベストアンサー

ディズニーでもアクションでもないのですが…

【フライド・グリーン・トマト】
【フォー・ザ・ボーイズ】

辛くても苦しくても、最後に笑顔で終わる映画が好き。
いつも元気をもらいます。

純粋に馬鹿笑いと言えば、有名過ぎますが

【永遠に美しく…】
【ふたりにクギづけ】
【愛しのローズマリー】

Qオーシャンズ12の使用曲タイトル(少しネタバレ有り)

オーシャンズ12の後半でナイトフォックスが赤外線の中を踊りながら通過していく場面で流れている曲を知りたいです。

amazon.comの視聴を聞いてみたのですがサントラには入っていないようでした...

Aベストアンサー

今晩は
調べてみたろ、そのシーンで使われた曲はフランスのhip-hopグループLa Caution(Nikkfurie)の
「The a La Menthe」という曲のようです。
この曲が収録されたCDは見つからなかったのですが、
参考URLで試聴できますのでご確認下さい。(hereという部分をクリックして下さい)
もし違っていましたらすみません。

参考URL:http://etudiant.univ-mlv.fr/~mchaarir/index.php

Qタイトル教えて 30年ぐらい前の映画です

西部劇映画で、ラスト1時間ぐらいはインディアンと戦うシーンですが
10人位の騎兵隊のまわりに弓矢を放って目印にして殺す。最後は騎兵隊全員
死にます。インディアンに1人仲間がいたような。

Aベストアンサー

騎兵隊とインディアンとが闘って、最後に騎兵隊が全滅する、というストーリーで思い出すのは、『壮烈第七騎兵隊』です。
下に参考URLを書きますが、“壮烈第七騎兵隊”という単語でYahooを検索してみると結構ヒットします。
ご参考までにお試しください。

参考URL:http://www.iris.ne.jp/apache/western/v&m/vm005.htm

Qナルニア国物語について(ネタバレ有り)

映画が終わってエンディングが流れてから
すぐに席を立ってしまいました。
エンディングが流れた後も少しセリフが
あったんですよね??
教えてください!(>_<)

Aベストアンサー

ルーシーが例のタンスをまた覗こうとすると、教授が声をかけます。
教授「いつでも行けるものではないよ」
ルーシー「いついけるの?」
教授「忘れたころに・・・・」
二人で手をつないで部屋を出て行く。かすかに開いたタンスの扉から光が漏れ終わり。
セリフなどは正確ではないと思いますが、こんな感じでしたよ。
おもしろかったですよね^^

Q映画のありえないシーン教えて!

「ローマの休日」では広場の時計の時間がコロコロ変わるとか、「ダイハード」では着ているシャツが変わるなど、演出とは違うありえない映画シーンを知っている方、教えてください! 新作・旧作問わず知りたいです! でも昔の映画だとこういう間違いってよくあったと思うんですが、最近の映画でもあるんでしょうかねぇ?

Aベストアンサー

まさにそういう編集のミスを集めたページがあります。
英語ですが、よくこれだけ見つけるもんだと思います。

http://www.moviemistakes.com/

参考URL:http://www.moviemistakes.com/film294

Q面白くて短くてアクション有りでオススメのDVDの映画

今夜、女の子と一緒にレンタルDVDを観ようと思っています。
僕はどうしてもアクション映画を観たいのですが、
相手との妥協点も見いださなくてはいけない気がします。
そこで質問です。オススメの映画(DVD化されてて、レンタルできる)を教えてください。

条件は四つ
1 面白い。
2 短い (2時間未満)。
3 アクションシーンがある。
4 DVDとしてレンタルできる。

知恵を貸してください!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

1~4の条件すべてに合致すると思われる映画を最近見ました。それは・・

「セルラー」
2004年製作でけっこう新しいし、題名とおり携帯電話を題材にした映画です。ジャンルはサスペンスなんですが、意外にPOPな展開と粋な会話は女の子と見るのであれば抜群だと思います。

・・・とあまり書きすぎると期待しすぎてしまうかもしれないのでこのくらいにしておきます。

参考URL:http://www2.pado.co.jp/movie/2005/0128a.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報