いよいよ公開!ア・ゴースト・ストーリーのみどころ紹介!

兄(3●歳)と私(2●歳)と兄嫁(3●歳)と3人で町の小さな不動産屋(賃貸・売買・管理)を開業する予定です。

3人とも不動産業未経験です。

開業時の事務的な事はある程度わかっているのですが、運営方法など技術的(実務的)な事がモヤモヤとしています。

ゼロからのスタートなのですが、不動産屋を立上げの時の物件情報等はどうしているのでしょうか?

アパート、マンションなど賃貸業をしている親戚が数人いて、「空物件あるからお願いね。」と言われていますが、10戸~20戸くらいです。

さすがにこれだけでは食べていけません。。。

1.物件情報の収集方法
2.大家様の情報の収集方法
3.他社が仲介(広告)している物件の大家様への営業方法
4.同業他社との上手な付き合い方
5.管理物件の増やし方
6.集客方法
7.不動産業界のタブー等、注意しなければいけない事
8.不動産会社の経営のコツ等

上記8項目を教えて下さい。

上記以外にもアドバイス等ございましたらよろしくお願い致します。

未経験では無謀な業種かもしれませんが、なんとか成功したいと思っております。

先輩の方々よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 どうも#7で回答させていただいた者です。



 私が昨年の12月から勤めている会社はちょうど質問者さんと似たような状
況で一昨年の12月から不動産部門を始めた会社です。

 宅建の資格者と不動産業の経験者がいなかった為、売買専門でしたがベテラ
ンの経験者を雇い入れ始めたようです。

 会社は所謂同族会社と呼ばれる種類の会社で、創業者である会長、その夫人
が常務、長男が社長、次男が専務、そして兄弟の夫人がそれぞれパートと言っ
た感じで勤めています。

 不動産部門を始めるにあたり長男である社長は、これからはインターネット
の時代と考え、情報通信関係に力を入れている大手建材メーカーを親会社とす
る不動産のフランチャイズに加盟しました。

 フランチャイズ本部発行の研修マニュアルを見ると、世界規模のネットワー
クで社員研修・教育にも万全のサポート体制を謳ってはいますが、加盟店の売
上げ向上、実績上昇の具体的手法については、何等目新しい事は書いていませ
ん。

 ただ、グループ会社全体の社員数を数えると数万人になるので、その社員の
転勤なのどの際、加盟店を利用するよう働きかける事は可能とうっすらオブ
ラートに包まれたような表現はあります。

 しかし、そのフランチャイズに加盟してからフランチャイズの担当が始めた
ことは、そのベテラン社員を追い詰め・叱咤激励することのみです。

 とにかくポータルサイトに物件情報を多数登録するよう指示とノルマを押し
付けるだけで、具体的な物件情報の収集ノウハウについて教えることは一切あ
りませんでした。

 業界のベテラン営業マンだった社員は、自分の付き合いのある業者からいく
らか物件情報は集めましたが、情報を貰うだけでこちらから提供する情報がな
い業者に果たして情報をどんどん提供してくれるでしょうか?

 情報を持っている業者だって苦労して不動産オーナーから委託を受けた物件
です。
 自分で直接客を見つけて売れば、売主・買主双方から仲介料が貰えます。
 自分らで直接売れそうな物件情報を他社に渡すかどうかはちょっと考えれば
分かることです。
 従って、渡される情報はどうにも売れ難い、屑物件がほとんどです。

 話が長くなりましたが、物件情報は開業してから集めるのではなく、開業前
にある程度確保しておくべきだと思います。

 又これは、あまり一般的に知られていない話ですが不動産業開業者の特徴と
して、前職が銀行員という人は意外と多いです。
 これは職業柄資産家と接触する機会が多い職業ですから、客の資産状況にも
精通しているということで、独立して開業しても物件情報の収集に比較的苦労
しないという傾向があります。

 売る商品が無いというのではもともと商売は成り立ちませんから、不動産仲
介業でも仲介する物件の数量が少ないのは致命的です。
    • good
    • 4

n3y53様と同じような状況で始めた者ですが、


その後、どのような状況でしょうか?
    • good
    • 9

 ご質問の8項目。


 このような事をダイレクトに質問するとは、なかなかユニークな人だと思い
ました。

 何故なら、何の利害関係もない人に、商売の肝を簡単に教える人がいるので
しょうか?

 例えば、見ず知らずの美容室に入って、美容院を始めたいから稼ぎ方を教え
ろと言っているのと大差がないように感じます。

 ただ、あなたのこうしたやり方にも、評価出来る点はあります。

 多分、もうご存知でしょうが、あなたが開業を予定されている地域には、既
存の不動産業者が多数いると思います。

 すると、後発が伸びるには、既存の業者にはないユニークな特色がないと集
客は難しいと思います。

 そういう意味で、業界の常識にとらわれないユニークな発想が必要と思われ、
このユニークな質問をされるあなたに、その可能性があるのかもしれないと思
うからです。

 他は、知りませんが、今、地方の不動産業者の多くは、出来れば廃業若しく
は転業したいと思っているというのが本音です。

 賃貸の仲介だって、年から年中仕事があるわけではなく、引越しシーズンに
あわせて、より多くの物件を確保しようと考えているというのが実態ではない
でしょうか?
 しかし、先程も書いたように、先行の不動産業者も賃貸物件のオーナーに逃
げられないように、長年の信頼関係に磨きをかけているでしょうし、不動産業
者と賃貸物件のオーナーとの関係は、はたで見ている程、単純なものではあり
ません。

 ベテランの不動産業者になると、オーナー自身とその家族についての膨大な
個人的情報を持っています。

 もちろん、それはオーナーに関することだけではなく、入居者確保の情報の
元となる、定期的に転勤のある会社の総務担当もきちんと押さえています。

 何か賃貸物件を探しているという情報が自動的に入ってくるようになってい
るのです。

 長々と書きましたが、いずれ不動産業を軌道に乗せる為には、並大抵発想で
は難しいということだけは確かだと思います。
    • good
    • 3

みなさんお詳しい方のようですので、別角度からお話します。



不動産会社に入って4ヶ月目の事務員です。賃貸物件の案内もしております。先日初めて賃貸契約を結ぶことができました。
私の場合、まったくの未経験ですが会社自体がすでに不動産業を確立しており、以前ここに勤めていた賃貸業に詳しい人が会社で下地を作っておりましたので、経験のない私でも、なんとか営業らしきことができております。

正直言って、これだけ下地ができていても毎日わからないことばかりです。書類の雛形はあっても、書く内容が難しいし、手順もさっぱりわかりません。私の仕事は案内して、申し込みを受け付け、契約書を用意するところまでですが、何もかも初めてでしたので(自分自身は県営住宅に住んでいたので、賃貸契約の経験がありません)、用意する書類がどれだけあるのか、審査にはどのくらいかかるのか、本当にすべて「多分こうだと思う」てな感じでした。
それでも、売買の書類を作成したり、過去の契約書を開いたり、またこのサイトなどで勉強したりして知識だけはありましたので、なんとかやっていけております。(売買が主な会社なので、賃貸希望の申し込みが少ないことも幸いです)売買専門のうちの営業が詳しい人を紹介してくれたり、専門用語を教えてくれたりしますし。

わかる範囲でお話します。
1.の物件情報収集ですが、どこの業者も基本的にはインターネットと住宅情報誌だと言っておりました。ただ、これはこの地域(広島県)だけかもしれません。
業者同士の付き合いもあります。地域を限定してこられた場合、自分の知っている物件が少なければ、「紹介させていただける物件はありますか」と電話でお願いします。でもこちらがあまりに何にも知らないと「そんなことも知らないの?」と馬鹿にしたような口調で責められたことがあります。

4.大手でしたらいくらかお金を払って常に情報提供するようなシステムがありますし、「紹介させてください」と申し出て「駄目」とは言いません。
地元の小さい業者ですと「分かれはやってないんです」とか、「あんたの会社の社長と挨拶して仕事の約束ができてから」とか、「仲介が入ると面倒だからイヤ」とか、断られることも多いです。

6.一番いいのは住宅情報誌に会社名を載せること、インターネットに名前を載せること、電話帳に宣伝広告を出すことでしょう。当然ですがどれもお金がかかります。

7.8.については、もうすでに業界でバリバリやっている営業マンと仲良くなるしかないと思います。
不動産業はギブ・アンド・テイクですから、こっちが助ければ困ったとき手を貸してくれますし、助けてもらえばお返しするのが基本です。これが経営のすべてであり、下記の方々が「経験が必要」とおっしゃる所以だと思います。

なんかおしゃべりが過ぎましたね。
「そこまでしゃべらくても・・・」ってお叱りを受けそうです。
失礼いたしました。
    • good
    • 7

みなさんがおっしゃってる様に、経験がないと厳しいと思います。


賃貸の仲介手数料だけでは厳しいでしょうから、当然売買にも手を出さないといけないと思いますが、賃貸と売買は全然違います。
例えば、土地でも何でも良いのですが、n3y53様に専属専任で任せてくれるような不動産の人脈はおありでしょうか?不動産業は、つきあいのある銀行がある、情報をくれる人がいる、などの人脈・情報収集によって成り立ちます。よって、ご質問はどのくらい人脈・情報があるか、で決まって来ると思います。ただ、最近私が携わってるもので、ビルオーナーさんが物件を銀行や都などに差し押さえられた案件があるのですが、これもどこからかぎつけたか分かりませんが、いろんな不動産屋が出てきますし、私たちの方も、知り合いの債権回収業者や、外資系証券会社など、タッグを組んで取り組んでます。それでも、勝てるか分かりません。不動産は知り合いがいないと勝てる業界ではありません。
宅建主任者はn3y53様ですか?
不動産はいろんな法律が絡み合った複雑な業種ですので、「勉強しながら」ではいささか厳しいかと思われますが・・・。
    • good
    • 6

不動産賃貸業を営む者です。


自分も他の回答者様と同じくあまりにも無謀ではないかと思います。勿論一般常識内での話ですから、それでもやりたい!!資本はいっぱいある!!失敗しても悔いはない!!と思われているなら別ですが....
>勉強しながら独立....
貴方が受け持った事項で依頼主が損失を出したとしたら貴方は「勉強中だから」と言い訳できますか。
仮に貴方がが不動産屋を介入するとき、未経験の方を使いますか。
商売(小売業や飲食業など)は勉強(失敗)しながら経験を積んでいくことも可能ですが、如何せん不動産は莫大な資産・資金が関わってくるため、「失敗しちゃった!!」では済まされないです。法的要素も加わってきますし...
自分も借地権(旧借地)付の土地を利権者に売るときに、不動産屋さんに介入してもらいましたが、法律事項,経験,自分が有利に事を持ってくるテクニック等...素人目にでも難しいなと思いました。

>上記8項目を教えて下さい。
すべて飯の種になるこれらの情報をそう易々とは教えてもらえないでしょう。皆さんコツコツと経験を積み培ってきたものですから...

>賃貸業をしている親戚が数人いて、「空物件あるからお願いね。」
ある程度社交辞令と思った方が良いです。
また血縁関係の仕事は気を付けた方がよいです。もしうまくいかない場合は、その後の付き合い方までもが変わってくる事があります。血は水より濃いですから。

またアパート等の賃貸・管理は全国チェーンの会社が沢山あります。借りる方も貸す方も、街の一不動産屋にお願いすることもあまり無いのでは(自分の住んでいる地域はそうですか....)

以上厳しい意見かもしれませんが、どうしても経験・法的要素が強いため未経験者が最初からやれる商売ではないように思います。「急がば回れ」どこか不動産会社である程度従事した方が良いと思いますが如何ですか。
    • good
    • 6

NO.1です。


当然、誰かが「宅建」の資格を持っているという前提で、もし、私があなたなら・・・ということで話しますと、

親戚の不動産の管理というビジネスのネタがせっかくあるのであれば、いったん不動産事業を起こして、親戚の物件だけを扱います。
その際に、3人とも開業した事業に従事せずに、当面はお義姉さん一人だけがその仕事に関わるようにします。

そして、あなたとお兄さんは、どこか他の不動産会社に勤める方が良いと思います。そうすれば、実践の中でノウハウが習得され、質問の回答は殆ど自分で見つけることができます。
そして、何よりも、業界に勤めることで、ビジネスに必要な人脈や情報取得源を見つけることができます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

jyamamoto様、度々ご回答ありがとうございます。
お礼が遅れ大変申し訳ございませんでした。

>その際に、3人とも開業した事業に従事せずに、当面はお義姉さん一人だけが・・・
●会議でこの様な話も出たのですが、最終的に3人でやることに決定しました。

a.不動産会社で修行→独立
b.不動産業を勉強→勉強しながら独立

多くの人がaの道をすすめるのですが、
私はbの道をすすみたいのです。

■入会予定の協会に相談しに行ったら勉強会などもあるらしく、色々とサポートしてくれるみたいなので「慣れるまでは何でも聞いてください」との事でした。
協会だけのサポートでは足りないですかね。

jyamamoto様、本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/10/09 12:21

めちゃくちゃ無謀です・・・


まずどこかの不動産業者に勤められた方が良いのではないですか。

宅建の免許は収得されているのでしょうが、勉強したことと実際の業務に差があります。そのあたりのことが仕事をせずに知ることが出来ないと思うのですが・・・。

また、法律で縛られている部分も多いですし、契約書は重要事項の説明書等を作るときに物件毎に作成の内容は変わります。
雛形は不動産協会などで売られていますが、実際その書類で契約書を作成する業者はとても少ないです。
不動産は人間と同じで、一つずつにとても個性があります。物件毎に臨機応変に対応していかなければいけません。やはり経験が必要です。

どうしても開業したいということであれば、どなたかどんなつまらない内容でもきちん教えてくれる人をまず見つける事です。
但し、「きちんと教える」といっても解釈は様々です(いずれわかると思いますが)。従って最終責任は自分であると自覚を持って教えて貰わなければいけないと思いますが・・・。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

lemonbarm様、ご回答ありがとうございます。
お礼が遅れ大変申し訳ございませんでした。

>めちゃくちゃ無謀です・・・まずどこかの不動産業者に勤められた方が良いのではないですか。
●友達など色々な人に同じ事を言われました。しかし、私は即実行したいのです。

>宅建の免許は収得されているのでしょうが、勉強したことと実際の業務に差があります。そのあたり・・・
●仕事をしながら覚えようと思っています。

>また、法律で縛られている部分も多いですし、契約書は重要事項の説明書等を作るときに物件毎に作成の内容は・・・
●色々な不動産会社の契約書など書類を見せてもらいましたが・・・でした。自分は書類作成には自信があります。

>どうしても開業したいということであれば、どなたかどんなつまらない内容でも・・・
●はい。教えてくれる人を見つけます。
また、その解っている人にはつまらない事を教えてくれるのが、この場だと思っています。

a.不動産会社で修行→独立
b.不動産業を勉強→勉強しながら独立

多くの人がaの道をすすめるのですが、
私はbの道をすすみたいのです。

■入会予定の協会に相談しに行ったら勉強会などもあるらしく、色々とサポートしてくれるみたいなので「慣れるまでは何でも聞いてください」との事でした。
協会だけのサポートでは足りないですかね。

lemonbarm様、本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/10/09 11:49

「事業」は「思いついたからやる」というものではありません。


起業するには、最低限必要なことがあります。
問い合わせされているような事項すらわからない状態での起業は、考えられません。
もっと、地道に、ステップを踏んでからチャレンジしましょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

jyamamoto様、ご回答ありがとうございます。

>もっと、地道に、ステップを踏んでからチャレンジしましょう。
●もしよろしければ、そのステップを教えていただきたいのですが。。。

jyamamoto様、本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/10/08 14:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未経験 不動産 開業について

 私の父(53歳)が、不動産開業を目指しています。

 約9年間、「ロバート・キヨサキの金持ち父さん貧乏父さん」、「不動産・アパート経営関係」等の本を読んだりして勉強しているみたいですが・・・。
 それがきっかけで、アパート経営を始めました。
 昨年、宅建の資格も取得しました。

 不動産に務めた経験の無い父ですが、開業できると思いますか?

 皆さんは、どのようにして成功しましたか?

 すみません、私は何の知識も無くて・・・
 学校を卒業して、私はまだ社会経験が全く無いので、一度働いた方がいいのかと思い、職場を探しています。
 しかし、否定はしていませんが、父はそっちより開業の方を手伝って欲しいそうです。自信満々の父ですが・・・失敗しそうで怖いです。

 宜しくお願い致します。

 

Aベストアンサー

自分で開業して成功するには、

1 コネや人脈があり、客が向こうから来てくれて、値段に関しては文句は言われない。
2 営業力があり、どんなものでも客を丸め込んで売ってしまう事が出来る
3 技術力があり、同業他社が、まねのできないサービスを提供できる。

上記三点のうちどれかに当てはまれば大丈夫でしょう。

しかし、ずっと会社勤めで、一般客相手の営業をした事がまったく、コネも無い上に、技術力も無いと言う様な人は、失敗します。というか起業した人の9割以上は、失敗してますよ。

特に開業前に自信満々の人は、高確率で失敗します。開業に当たっては、失敗したときの対策や、仕事をしていく上での不安定要素など考えれば、恐ろしい事が沢山あります。

それらを事前に見つけ出して、対策を取れる人が成功します。自信満々の人は、それらのリスクが見えていないので、結果失敗になるわけです。

Q不動産仲介業は?

宅建の資格は持っているのですが、実務経験はありません。
そんな私が、不動産仲介業をいきなり開業して(コネなど一切ありません)やっていく事はできるでしょうか?
また賃貸仲介をする場合に貸主さんを探すのはどういう風にするのですか
 まったく知らないため恥ずかしい質問をしているかもしれませんが、どうかよろしくお願いします

Aベストアンサー

開業する為に・・・
宅地建物取引主任資格者であられると思います。
2年以上の実務経験またはこれと同等の能力を有すると認められた場合真の「宅地建物取引主任者」として登録が出来ます。
不動産近代化センター(確かそんな名前だったと思います)によって毎年行われている、2年以上の実務経験と同等の能力を有するという公認がいただける試験(事前に通信教育あり)をパスすれば、晴れて登録できます。

そしてまた別に「業者」としての登録を行うのですが、受付の書類をそろえ提出したあと、審査があります。この審査に合格して、更に更に「保証協会」への加入が義務付けられていますので(または管轄法務局へ1000万円の供託、金額が金額なのであまりこの供託の方法は採用されていません)面接を受け、認められて初めて、業者としての登録番号が入った免状を受け取れます。

あなたが、主任資格者から主任者となり、業者の免状が取れたとして、やっていけるかどうかはわかりません。
本当にあなたの戦略次第です。

始めは誰でも「まったく知らない」時がありますが、その状態で開業するという人であるからには特別な戦略を持っておられるものとご推察します。

不動産賃貸仲介業界は他業者との縦横の連携がとても大切です。他の業者さんでたくさん物件を管理されていたり、専属元付けとしてられる会社があれば、その物件をjunpanさんが営業し、入居するお客さまをご紹介する。(客付け)そして仲介手数料を頂く。

客付けとして業がなりたつには、かなりの集客力を維持しなければなりません。

どうやって集客するかが大切ですよ。
業界の慣習、常識、市場の動向など踏まえ、各社とも必死で模索しているテーマでもあります。
また、業者はコンサル的な色合いも強い立場ですので、経験や知識は「人並み」程度では話にならないと思います。

長くなりましたが、本当に開業される意志があるのなら、実務経験を積まれたほうがいいです。
私は強くそう思い、お尋ねのものとは若干的が違うかもしれませんが、あえてここに書き込みました。

開業する為に・・・
宅地建物取引主任資格者であられると思います。
2年以上の実務経験またはこれと同等の能力を有すると認められた場合真の「宅地建物取引主任者」として登録が出来ます。
不動産近代化センター(確かそんな名前だったと思います)によって毎年行われている、2年以上の実務経験と同等の能力を有するという公認がいただける試験(事前に通信教育あり)をパスすれば、晴れて登録できます。

そしてまた別に「業者」としての登録を行うのですが、受付の書類をそろえ提出したあと、審査があり...続きを読む

Q宅建業の独立開業について

宅建の資格を取って登録実務講習を受講して独立開業した場合、
実務経験無しでもやっていけるでしょうか?
宅建業界にお詳しい方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

不動産業の独立開業は簡単ですが、事業としてやっていけるかといえば
かなり難しい問題です。
売り物件の情報をどのように集めるか、買い情報の顧客をどのように見つけるかは、非常に難しい作業です。

まず、信頼できる同業者との交流、これにより売り物件情報を入手することができます。買い情報は地元の「住宅情報誌」や「新聞広告」そして無料配布されている「生活情報誌」などに広告を出すという手段で顧客を確保しています。

開業される多くの方は、まず不動産会社に勤務し、経験をつみ同業者とも親しくなって、独立開業します。いきなり開業しても、まず経営が成り立てないでしょう。

この業界は未だに旧態然とした営業をし、宅建業法違反をやっている業者もいます。無責任な業者と付き合えば、大きな火傷をします。
扱う金額が大きく、一度トラブルに巻き込まれると、賠償金額も半端ではありません。

貴方が目指している収益物権は金額も高価であり、そうそう簡単に買い手は見つかりません。私の町でも賃貸ビルは空きが多く、オーナーは家賃が減少し、四苦八苦しています。

学生相手の賃貸ビルも、学生の減少と新しいビルができると、当然設備もよく、そちらに人気が集中し、古いビルは空きが多くなります。

この業界は同業者も多く、競合も激しいのです。不動産に対する知識は無論、税務知識、金融関連知識(住宅ローンの手続きなどの知識)、登記実務、損保の知識など、身につけなければならない知識はたくさんあります。

十分に計画を練って、「宅地建物取引主任者」や「FP」などを取得し
営業能力を身につけて開業を実行してください。

結論をいえば、実務経験なしでは無理だと思います。

不動産業の独立開業は簡単ですが、事業としてやっていけるかといえば
かなり難しい問題です。
売り物件の情報をどのように集めるか、買い情報の顧客をどのように見つけるかは、非常に難しい作業です。

まず、信頼できる同業者との交流、これにより売り物件情報を入手することができます。買い情報は地元の「住宅情報誌」や「新聞広告」そして無料配布されている「生活情報誌」などに広告を出すという手段で顧客を確保しています。

開業される多くの方は、まず不動産会社に勤務し、経験をつみ同業者とも親...続きを読む

Q不動産賃貸物件仲介業を始めるためには

こんにちは。
私自身、割と近い業種に従事しているものの、不動産業界のことについては右も左も全く存じておりません。しかしながらこの度、ある事情から賃貸アパートやマンションの入居を斡旋する仕事を自分で始めたいと考えております。そこでこの業界に精通されている方や実際に従事されていられる方々に以下の質問をさせていただきたいと思います。
もしお答えいただけるのであれば、アドバイスでも叱咤でも何でもかまいませんので、よろしくお願い致します。

1.業界未経験の私が営業力だけでなんとかなる可能性はありますか?
2.賃貸の仲介だけをする場合でも、何らかの資格が必要なのでしょうか?
3.一般的に、不動産屋さんが大量に所有している物件の(FAX?)情報を得るためにはどこかに登録をする必要があるのでしょうか?
4.この仕事をする上で表面に現れない特殊な事情とかはありますか?

Aベストアンサー

悪徳不動産屋です。
1、難しいように思います。営業は、物を売るのと一緒なので営業経験があれば問題ありません。しかし、契約書の作成、重要事項説明書の作成、賃貸の管理契約書等、この業種は、書面に似よる知識が必要です。また、建築基準法民法、宅建業法等特殊な法律がかかわってきます。せめて勉強、もしくは経験を積んでください。
2、宅地建物取引主任者免許が必要です。また、不特定多数の人に営業する場合は、各都道府県知事より、宅地建物取引業免許の認可を受ける必要があります。
3、各都道府県の不動産取引業協会(社団法人)に入会する必要があります。そうすると他の不動産屋が所有する物件も、検索する事が出来ます。
4、特殊な事情は金がかかります。宅建業の許可を知事より受ける為に、事務所の開設が必要です。自宅で問題なければよいのですが、事務所を借りるだけで保証金等最低100万円事務所の改装費に200万円コピー、応接セット机当で150万円これらは、実際ちゃんとそろっているか調査員が調査にきます。また、宅建業には、専任主任者が最低1名必要です。貴殿が主任者免許を持っているのであればいいが、なければ雇う必要があります。許可を受けるために必須事項です。知事より宅建業の許可を受ける事が出来れば、不動産協会、及び不動産保証協会に入会です。不動産協会入会費約100万円と保証協会入会費+保証金で100万円合計200万円ぐらいかかります。あと予備費(広告宣伝費等)100万円ぐらいは用意しといたほうが良いでしょう。と言うわけで、一から不動産屋を立ち上げる場合、800万~900万円は必要です。雑貨屋さんを立ち上げるのと訳が違います。どうですか問題なくいけそうでしょうか?

悪徳不動産屋です。
1、難しいように思います。営業は、物を売るのと一緒なので営業経験があれば問題ありません。しかし、契約書の作成、重要事項説明書の作成、賃貸の管理契約書等、この業種は、書面に似よる知識が必要です。また、建築基準法民法、宅建業法等特殊な法律がかかわってきます。せめて勉強、もしくは経験を積んでください。
2、宅地建物取引主任者免許が必要です。また、不特定多数の人に営業する場合は、各都道府県知事より、宅地建物取引業免許の認可を受ける必要があります。
3、各都道府...続きを読む

Qこういう小さな不動産屋ってどうやって儲けてるの?

自分、尼崎市に引っ越す予定なんですが、こないだ町を散策していたら町の不動産屋って感じのお店を見つけました。普段なら全然気にならなかったんですが・・・。

こんな小さな所でもちゃんとホームページがあるし、見ると物件自体はそんなにない。
賃貸マンションばっかりやってたり、新築戸建ばっかりやってたりするけど大抵物件数が少ないです。
例えば
http://www.ienohashira.co.jp/
とか
http://www.estate-waizu.co.jp/
とか・・・

入ろうかと思ったんですが、一体どうやって儲けているのか不安になってやめました。結局大手の方が安心なのかも知れませんけど、なんとなく町を歩いて、見つけたお店に入って知りあいになってってのも憧れるんですけど。

質問としてはこういう小さな不動産屋ってどうやって儲けているのでしょう?

正直、少ない物件では成り立たない気がするんです。もし、問題がなければ地元の小さなお店を活用したいと思います。とりあえず尼崎市で賃貸マンションか、賃貸アパートを考えています。得意分野によっても違うのでしょうか? よろしくお願いいたします。

自分、尼崎市に引っ越す予定なんですが、こないだ町を散策していたら町の不動産屋って感じのお店を見つけました。普段なら全然気にならなかったんですが・・・。

こんな小さな所でもちゃんとホームページがあるし、見ると物件自体はそんなにない。
賃貸マンションばっかりやってたり、新築戸建ばっかりやってたりするけど大抵物件数が少ないです。
例えば
http://www.ienohashira.co.jp/
とか
http://www.estate-waizu.co.jp/
とか・・・

入ろうかと思ったんですが、一体どうやって儲けているのか不安になってや...続きを読む

Aベストアンサー

たいてい社長だけで回してるかパートのおばちゃんだけでやれる範囲しか取り扱いません。

収益は自社管理物件か他人の管理物件から徴収することで成り立ちます。
古い、小さな不動産屋が長く存続できるのはそのためです。

その証拠に店を覗いてみましょう。
その不動産屋に談笑しにくるおばあさん、おじいさんいるでしょ?
事務員もせっせと仕事しています。
新規の若い客が来なくても物件の管理を任されているのです。

私の知り合いの不動産屋社長は表向き廃れた小さな不動産屋(8坪)ですが、芦屋に豪邸をもち、ある駅前一帯の地主です。

資産数十億なので税金対策が大変と恨み節を唱えてました。
儲かってないようで裏ではちゃんと儲かってるんですよ。
それでも朝ボーリングでちゃんと割引してもらうんですよ。
金持ちはそういうものです。

Q町の不動産屋。

宅建とFP2級で持って、何の地盤も無い人間が、賃貸を中心に、街の不動産屋を自営して居る方がいらっしゃいます。
場所は、広島市の衛星都市、呉市です。
彼が言うには、
「わしは、医者並みに稼いで居る!」
と、仰ってますが、宅建レベルの資格で、医師並みの年収を叩き出すのは難しいと思うのですが、彼の言って居る事は本当なのでしょうか?はたまた、強がってるだけなのでしょうか?

Aベストアンサー

 補足がありましたので再度回答させていただきます。
 仕事柄、不動産屋さんをたくさん知っています。
私の知り合いは、銀行の退職者といっても幹部経験者ではなく、毎年たくさんの退職者が出ている中でいつまでもコネが使えるわけではありません。
私の知り合いは、大口の売買物件を年に2件程度まとめるのが収入の多くを占めていて賃貸などの仕事は、宣伝と割り切って収入をあてにしていないそうです。
 不動産屋さんに関わらず、自営業者の収入は青天井です。
地盤があるなしに関わらず不動産屋さんは営業力がすべてです。
具体的なことは、営業機密ですから何も話されませんが、私は、この営業力で一番大事なのは口コミだと思います。
最初の1人のお客様に気に入られた結果次々とお客様が舞い込むこともあります。
 医者の収入がどれくらいか知りませんが、他業種のトップセールスが不動産屋さんを開業したらプロ野球選手並みの収入も無理ではないと思います。

Qなぜ宅建に従事してる従業員は独立しないの??

どうして不動産業界で働く人は独立しようとしない人が多いのでしょうか??給料がいいから??楽しいから??お金に困ってないし、ぎゃくにそんな独立するようなお金はない??どんな理由があるのかを是非おしえていただきたいです!!

Aベストアンサー

不動産業界で働く人とは、どのような会社をイメージしているのでしょうか?賃貸仲介業(アパマン業者)?売買仲介業?マンションデベロッパー、総合デベロッパーでしょうか?不動産ファンド系?仲介業であれば比較的独立しやすいでしょうね。ただし、会社設立、運転資金として相当な費用はかかりますよ。私自身は若い頃に会社設立しましたが今はまた、サラリーマンに戻りました。資金的にやりたいことできなかったことと、リスクを負い切れなかったからです。会社にいれば資金は潤沢なので、大規模な商業開発や住宅開発も可能ですが、独立するとなると現実的には資金及びリスクが最小限な仲介等(賃貸仲介・ブローカー)が現実的なところでしょうか。。

Qフルコミッションの不動産仲介をしようと思ってますが、どうでしょうか?

フルコミッションの不動産仲介をしようと思ってますが、どうでしょうか・・?

不動産売買の仲介会社に勤めて3年程たちます。もっと給料が良い不動産会社に勤めようかと思ってるのですが、なかなかありません。
フルコミッションの不動産仲介の仕事に応募しようと思ってます。
仲介会社に働いていても固定給+歩合なので、もっと稼ぎたいところです。今の会社は歩合も少ないので。

チラシや広告・オープンルームなど自由にできるのであれば、チャレンジしてみたいところです。
フルコミ経験者の方、どうですか? フルコミを経験して、良かったこと悪かったことはありますか?
もちろん、人それぞれだと思いますが、、自分のモチベーション管理次第では稼げそうな気がします。

Aベストアンサー

私はフルコミ営業しています。ただ、私の場合は独立してる不動産会社の知人が多く売主物件を販売活動しています。仲介手数料に対する歩合でなく物件価格のマージンを業務委託料としてもらってるので稼げてます。物件によりますが。横のつながりは大事ですよ。コネクションを活用できるのであれば稼げるでしょう。やり方次第です。
不動産業で稼ぐには仲介手数料だけだと稼げません。物件情報の仕入れやリフォームや保険など色々なところに稼ぐアンテナをはっておくことが大事ですよ。
稼げる人は稼げます。稼げない人は稼げないです。

参考までに、下記サイトのように歩合率重視してる不動産会社もあるようです

http://matome.naver.jp/odai/2144180845992498901

http://www.home-way.jp/Recruit2.html

Qネットだけで不動産屋開業って出来るのでしょうか?

ネットで物件を見たお客さんと現地で集合をして、契約をする等の、事務所を使わない不動産業はできるのでしょうか?

Aベストアンサー

宅建業法でいう「業」として不動産業を営むには

・主たる事務所
・主たる事務所所在地の宅建業免許登録
・宅建協会などへの加入、または保証金資金引当
・事務所5人に一人の割合で宅地建物取引主任者の配置

上記が最低でも必要だと思われます。
従来は「参入しやすく撤退の多い産業」で零細企業も多かった業界ですがCMの威力などを考慮すると
個人零細では中々厳しいのが実体です。

自己所有の物件を賃貸するのは「業」に該当しないのでネットだけでの経営も可能です。

Q不動産の営業方法

突然、別けあって仕事もあまりした事のない私が、不動産の営業をする事になりました。従業員は、女1名(私)男2名です。いったいどうしたら何千万円もする物をお客さんに買ってもらえる物なのでしょうか?経営状態もあまり良くありませんのでそんなにお金をかけられません。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

 一般的な不動産営業のお話をしても、たぶん、初めて不動産営業をする方には、その実践は困難だと思われます。また、その会社の規模が小さいようですからなおさらです。
 したがって、ここではゲリラ的な販売戦略の一端をお伝えします。

 その前に、不動産販売の基本を知っておいて下さい。その基本とは「販売物件」と「購入者」との出合いの場を作り、演出することです。この両者の相性が合わなくてはなりません。まぁ、お見合いの仲人をしたり、合コンの幹事をするようなものです。このことが大前提です。
 とくに、不動産の場合に住居用としては「土地・マンション・戸建て」と分かれます。このどれを売るのか、によって戦略が変わります。
 ただし、ここにも基本があります。不動産と言うのは、その名の通り、動かない商品です。したがって、購入者を探す場合には、ある一定範囲の「購入層エリア」を設定します。別荘以外は、現在住んでいる住宅地域内で新たな物件を探す場合が多いのです。また、流れとしては、「都市部から住宅地へ、住宅地から郊外へ」という流れがあります。また、その逆もあります。この場合、鉄道や道路の沿線に沿って流れができます。そのことを覚えておいて下さい。
 しかし、多くは、現在住んでいる環境のエリアに近いところで探します。
 ここで、一旦まとめましょう。「物件に合った顧客を探すこと、物件の地域・沿線に販売エリアを定めること」が基本です。

 さて、ゲリラ戦術です。
1)ポスティング戦略
●小さいエリアを設定して、手紙のような文面のチラシを配付します。内容は、あなたが個人的に感じた物件についての紹介と感想です。私的な文章にして下さい。コピーライターが書いたような文章ではダメです。そして「お問合せやご感想を聞かせて下さい。」と閉じます。
●それを1~200枚ほどポストに投函します。投函する時、あなたの目で、売りたい物件に似つかわしいお宅を探すことです。たとえば、物件が極めて安い一戸立て物件であれば、古めのアパートが良いでしょう。高級マンションならば、戸建ての住宅が良いでしょう。闇雲にチラシを投函するのではなく、相手を選んで投函するのです。
●もし、問合せが1本でも来たら大成功です。その後、エリアを広げて1~2000枚ほどポストに投函します。そして反応を待ちます。
●なお、ポストに入れるチラシは、封書の手紙風にしても良いと思います。あなたらしさがでる、温もりと親切さが感じるように工夫して下さい。
2)友人紹介戦略
●あなたの友人をリストアップします。友人に手紙を書くか、できれば会って下さい。
●手紙、または会話の内容は「マンションなど住宅を欲している人がいれば、良い物件があり、あなたのご友人に安く販売できます。そして成約すれば、あなたにもお礼ができる」という内容です。
●当然、会社の方には、縁故販売ということで、価格や内容について便宜を計っていただきます。
●そして、ただ単にご友人を紹介していただいただけでも、あなたの友人にはお礼をします。お菓子や図書券ぐらいで良いでしょう。
●この場合、縁故販売の特典を明確にすることです。価格は当然のこと、設備や内装などについても特典を明確にしないといけません。

 以上、たったの2案ですが、今後の販売戦略を考える上で参考として下さい。

 一般的な不動産営業のお話をしても、たぶん、初めて不動産営業をする方には、その実践は困難だと思われます。また、その会社の規模が小さいようですからなおさらです。
 したがって、ここではゲリラ的な販売戦略の一端をお伝えします。

 その前に、不動産販売の基本を知っておいて下さい。その基本とは「販売物件」と「購入者」との出合いの場を作り、演出することです。この両者の相性が合わなくてはなりません。まぁ、お見合いの仲人をしたり、合コンの幹事をするようなものです。このことが大前提です...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報