こんばんわ。っていうかおはようございます。
ふと思いついて気になってしまったので教えてください。

「大腸菌」っていますよね。水質検査とかで基準になるやつです。
あとO-157とか。「大腸」菌ってことは大腸にいるんでしょうか?
それとも最初に発見されたときに大腸から発見されたとか。
それなら「小腸菌」とか「十二指腸菌」とか、はたまた「盲腸菌」なんていうのがいたりして。

くだらない質問ですが、よろしかったらどなたか教えてください。
なかなかに気になります。

ちなみに「大腸菌」で検索したら、菌そのものに関するページや大腸菌が原因となる病気に関してはあったのですが、名前の由来までは書いてありませんでした。
誰もそんなことまで気にしないですよね普通は(笑)

では。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大腸菌(Escherichia coli)は好んで大腸に住むことから名付けられたのですネ。



命名法には色々とあり、分野によって異なるルールが定められています。基本的にはその対象となる生物の特徴を示すものですネ(国際的には学名(ラテン名)が用いられ、他の名称は各国が独自に付けているだけのものです)。
現在、昆虫類の学名については自由に付けても良いのですが,他の学名については特徴を示すものにすることが一般的になっています(昆虫学者達は互いの名前を学名に入れてプレゼントしあったりしていますネ。でも、新種のゴキブリに自分の名前をつけてもらっても、複雑な気分でしょうネ)。

水質検査で大腸菌(群)が汚染基準となるのは、通常の大腸菌自体に毒性があるからではありません。大腸菌が検出される水というのは、糞便汚染の可能性があるために、規制されるのです。これは、通常の食品等でも同じですネ。糞便によって汚染されているかも知れない食品は清潔ではないということが言えるということなんですネ。

大腸の中には他に腸中菌(これもわかり易い命名ですネ)や乳酸菌類(乳酸を作り出すので、こういう名前です)などの菌が住み着いていますネ。
大腸菌群は他の菌類と同様に分類されています。そして、O-1から通し番号が付けられていますネ。O-157は157番目のものということです。
小腸菌、十二指腸菌、尿道菌‥確かに大腸菌がいるならば、こういった菌類もいてもおかしくないのですが‥残念ながら‥
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
小腸菌とか盲腸菌とかはやっぱりいないんですね。

ゴキブリに自分の名前が付くっていうのはなかなかに複雑な気分でしょうねぇ。
新しい星とかにつけてもらえるとロマンチックでいいですけど。

お礼日時:2001/11/17 13:44

命名法には次のようなものが考えられます。



発見者の名前
発見した場所
シリーズで番号を付ける(整理番号)
発見物の機能(働き)から
以上のミックス、等

大腸菌は人間や動物の大腸を好んで常住する菌のひとつで無害だといわれますが、O-157のような悪い菌も大腸菌の仲間ですね。O-157は大腸菌の働き、性格等によって分類した整理番号だそうです。詳しくは下記URLを見て下さい。

参考URL:http://www.umin.u-tokyo.ac.jp/chudoku/o157/index …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
やっぱり大腸にいるんですね。

お礼日時:2001/11/17 13:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大腸菌について。

とても初歩的なことをお尋ねさせていただきます。

・大腸菌は、もともと人間の大腸内で増殖・生存している菌なのに、それを食べてどうして病気になるのでしょうか?

・大腸菌の中で、ガスを発生するのが病原菌と聞いたことがあるのですが、ガスとは何なのでしょうか?

・一般的な菌検査では、大腸菌群(大腸菌とは関係ない??)、ガスを発生する菌か否かで検査するのでしょうか?具体的な菌名で検査しないのは、コストがかかるからでしょうか?

・食品で病原性大腸菌が発生する要因としてどんなことがあるのでしょうか?

以上ご回答のほどよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

ご職業は何でしょうか。質問者様の立場がわかるとより状況に即した回答ができると思います。
私は医師です。
・人間側の防御機構との釣り合いの問題です。細菌が優勢になると病気になります。O-157など人間にとって強烈な毒素を産生する一部の大腸菌は人間の大腸内にいません。
・その場合のガスとはCO2やH2がメインです。ガスを出さない病原性大腸菌も多くいます。
・ガスを産生する菌は大腸菌以外にもいます。ガス産生能は、菌を推定する一つの目安になります。具体的な菌名まで特定しないのは、まあ、コストというか、需要の問題です。抗菌薬治療するならもっと細かく分類が必要です。大腸菌群とは大腸の中にいる菌という意味で、大腸菌やその他の腸内細菌を含みます。
・細菌を含む生物は基本的に自然発生しません。外からの混入、増殖を減らす努力をしてください。

Q人間は肉系を食べて カンピロバクターや黄色ブドウ球菌、大腸菌とか色々に

人間は肉系を食べて カンピロバクターや黄色ブドウ球菌、大腸菌とか色々に負けて食中毒になりますが
肉食獣や爬虫類や昆虫とかが腐敗肉を食べてますがこの手の菌に耐性があるという事なんでしょうか?

Aベストアンサー

野生動物については詳しくないですが、家畜はカンピロバクターや病原性の大腸菌によって食中毒性の腸炎にかかることはありますね。

肉食性の動物については胃酸がかなり強力で人間に比べれば食品中の病原菌の殺菌能力は高いようです。
ただし、全く食中毒にかからないわけではないようです。
獣医の話では肉食の犬やネコが食中毒にかかることはよくあることのようです。
野生の場合ですが、食中毒はだいたいは体力がなかったり、幼児や老齢などの個体でかかりやすくなりますが、野生では病気にかかるほど体力がなくなれば高確率で殺され、幼児の場合は親が吐き戻した食べ物など安全性が高いものを食べるために食中毒にかかりにくく、老齢の場合は野生なら高確率で死ぬので食中毒が目立たないだけど考えられます。


これは私個人の推測ですが、そういう食性で長い間生きてきた種ですから、抵抗力の弱い個体は淘汰され、抵抗性が高まる方向で進化した可能性は高いと思います。
人間でも食中毒にかかりはしてもそれですぐ死んでしまうほど強力な食中毒は少ないですし、生命力の強い野生動物であればある程度は抵抗できるとも考えられます。



虫については、雑食や肉食の昆虫は体液に非常に強力な抗菌物質を保有している種が多く、これによって病原菌に抵抗していると思われます。
しかしながら人間で言うところの後天性免疫(T細胞やB細胞による獲得免疫)はあまり発達していないとのことです。ちなみに天然の抗菌物質は人間を含め、脊椎動物も持っています。

ゴキブリなどは全身が油でテカテカしておりますが、あの油には強力な抗菌物質が含まれており、あの油のおかげでゴキブリはどんな汚い環境でも病気になることなく活動できるそうです。
ハエなどの食糞性の動物も体内で抗菌物質を豊富に生産しているほか、肉食のクモは唾液に強力な抗菌物質を分泌しているそうです。

反面、植物食性の虫は比較的細菌を殺す能力が弱く、あまり不潔な場所では生きていけないようです。

サメなんかは免疫系がほとんど発達していないにも関わらず、ほとんどの病気にかからない、ガンにもかからない(ガンの発生は免疫系と関わっていたりします)と言われており、どのようなメカニズムで病気を防いでいるのか注目されています。
イカやタコも肉食ですが、彼らのスミには強力な抗菌物質が含まれており、スミを食べ物の腐り止めにする文化もあったりしますから、やはり体内に強力な抗菌能力があると思われます。




長々とすいません。
結論を言いますと、

(1)食中毒にはかからないわけではない。恐らく老齢の個体などはそれで死ぬものもいる。

(2)様々な抵抗能力を持っている

(3)その対抗能力は、胃酸、抗菌物質、免疫系など種ごとに様々

と言ったところでしょうか

ちなみに(3)でいうところの各種抵抗能力は人間も持っています。
なので、腐った食べ物でも、体力に優れ、雑菌が多数いる環境に慣れている人間が、よく噛んで少しずつ食べれば、なかなか食中毒にはかからないそうです。例えばアフリカやニューギニアの現地人などですね。
雑菌が豊富な環境に生きていれば細菌への免疫系が発達する上に、よく噛むと唾液や胃液が豊富に分泌されます。胃液はもちろん、唾液にも抗菌作用があるのでここでほとんどの菌を防ぐことができるわけですね。

サメだけはなぜ病気にかからないのかよく分からないらしいですが。

野生動物については詳しくないですが、家畜はカンピロバクターや病原性の大腸菌によって食中毒性の腸炎にかかることはありますね。

肉食性の動物については胃酸がかなり強力で人間に比べれば食品中の病原菌の殺菌能力は高いようです。
ただし、全く食中毒にかからないわけではないようです。
獣医の話では肉食の犬やネコが食中毒にかかることはよくあることのようです。
野生の場合ですが、食中毒はだいたいは体力がなかったり、幼児や老齢などの個体でかかりやすくなりますが、野生では病気にかかるほど体力がな...続きを読む

Q大腸菌operon(オペロン)について

あるウィルスのDNAに大腸菌オペロンのDNAが400bpぐらいマッチングしました。こういう場合、このウィルスは大腸菌と関係していると考えられますか。GC%が大腸菌と一致していたら大腸菌をもとにしたものと考えてもいいでしょうか。

Aベストアンサー

大腸菌の配列とウイルスの配列を比べて見ましたが、
少なくとも、現時点でNCBIからダウンロードしたデータでは
そのように100%一致する領域は見当たりませんでした。
(SARSの配列にヒットしたのは、類縁のウイルスのみでした。)

ただし、大腸菌のご指摘の領域には、ISという、移動性因子が
含まれていることが分かりました。
そこで、この領域に一致する配列をデータベースで検索
したところ、大腸菌以外に、ヒトやイネなどの配列と
されているもののいくつかにもヒットしました。
これは、おそらく、ヒトやイネなどの塩基配列を決定する操作において、
一旦大腸菌でそのDNAを増やす過程において、ISが大腸菌の
ゲノムから飛び出して、ヒトやイネのDNAを載せたプラスミドに
飛び込んでしまったためであると思われます。

したがって、これらの現象は、あくまで、配列決定操作上の
誤りであり、ヒトやイネがそのような配列のDNAを持っているという
ことではないでしょう。

>それで仮説ですが、大腸菌にバイオ操作でウィルスを感染させて利用するような技術はありますか?そうすれば大腸菌のDNAや部分的な機能が含まれたりするのではないでしょうか。

つまり、上記の様に、大腸菌にウイルスを感染させたという
わけではなく、ウイルスのゲノムDNA配列を決定するにあたり、
その一部分ごとにしたウイルスゲノムDNAを大腸菌内で
増幅させた際に生じた混入と見るのが妥当でしょう。
(もし、どこかの時点で取得して来たウイルスの配列に
大腸菌の配列が含まれていたとした場合)

ちなみに、動物に感染するウイルスを大腸菌に感染させることはできません。
大腸菌に感染するウイルスの仲間もいますが、それは、
バクテリオファージと言われるものであり、ヒトなどの
動物に感染するものとは全く違うものです。
鳥にしか感染しないはずのウイルスがヒトに感染するように
なってしまうという様なレベルの違いではないのです。

大腸菌の配列とウイルスの配列を比べて見ましたが、
少なくとも、現時点でNCBIからダウンロードしたデータでは
そのように100%一致する領域は見当たりませんでした。
(SARSの配列にヒットしたのは、類縁のウイルスのみでした。)

ただし、大腸菌のご指摘の領域には、ISという、移動性因子が
含まれていることが分かりました。
そこで、この領域に一致する配列をデータベースで検索
したところ、大腸菌以外に、ヒトやイネなどの配列と
されているもののいくつかにもヒットしました。
これは、おそら...続きを読む

Qビフィズス菌や大腸菌は生きているの?

整腸剤などに入っているビフィズス菌は薬の状態でも生きているのですか?薬の中にいるときと、腸の中にいるときではそれぞれどんな状態なんですか?

Aベストアンサー

乳酸菌などは膜の構造がしっかりしているので結構丈夫です。
上手に乾燥させてあげると、そのままの状態でかなりの間保存可能です。
復活させるには、栄養と水と温度だけで大丈夫です。

薬の中のビフィズス菌も同じようなイメージでよいと思います。
仮死状態からおなかの中で復活するという感じでとらえてはいかがですか?

個人的には大腸菌のなにを気にしているのかがよくわかりませんが

Q大腸菌の遺伝子操作について・・・

大腸菌にプラスミドを加え形質転換させました。
最終的にLB/ampプレートに溶液をまき一日待ちました。

amp→アンピシリン(抗生物質)

大腸菌は紫外線に当てて発見できましたがこの大腸菌は最初の大腸菌と同じのができあがったと考えていいもですか?それとも違う物質なのですか?

Aベストアンサー

大腸菌をプラスミドを用いて形質転換したとき、LB/amp培地を使用したということは、そのプラスミドにはamp耐性の遺伝子が組み込まれているためです。プラスミドがうまく導入された大腸菌は(つまり、形質転換成功)amp耐性がつきますので、LB/amp培地上でも生育でき、コロニーが現れますが、プラスミドが導入されなかった大腸菌はamp耐性を持っていないため、LB/amp培地では生育できずコロニーとしては現れません。

一般的にプラスミドには抗生物質耐性の遺伝子がコードされているので、これを利用して形質転換したものとしてないものを選抜しています。最初の方のように大腸菌がもともとamp耐性を持っているとすれば、話は変わってきますが・・・。

質問の内容を見るとおそらく研究している方ではなく、大学の授業の課題のように思えます。だとすると、紫外線を当てたのは形質転換体とそうでないものを選抜する目的ではなく、形質転換後の大腸菌がどのように変わったのか(この場合、紫外線に反応する大腸菌を作出したのでは?かなり有名な遺伝子です)を見るためだと思います。

分子生物学を専攻に研究されている方にとっては、この問題はかなり基本の部分になりますが、実際に自分で体験しないと本で読むだけでは理解するのに時間がかかるのかもしれないです。今後分子生物学の分野の授業をとるとか、そちらのほうに興味があるのでしたら、本格的なものでなくても載っていると思うので、生化学の教科書等でプラスミドや形質転換について勉強されると良いですよ。

大腸菌をプラスミドを用いて形質転換したとき、LB/amp培地を使用したということは、そのプラスミドにはamp耐性の遺伝子が組み込まれているためです。プラスミドがうまく導入された大腸菌は(つまり、形質転換成功)amp耐性がつきますので、LB/amp培地上でも生育でき、コロニーが現れますが、プラスミドが導入されなかった大腸菌はamp耐性を持っていないため、LB/amp培地では生育できずコロニーとしては現れません。

一般的にプラスミドには抗生物質耐性の遺伝子がコードされているので...続きを読む

Q大腸菌の検出

CFU、メンブランフィルター法について簡単に説明していただけないでしょうか??

Aベストアンサー

CFU:Colony Forming Unit
微生物の数を表す単位のひとつです。
ただし、1CFU=1個とは限りませんので、気をつけてください。

メンブランフィルター法:ある試料の微生物を定量する方法の一つで、試料溶液をメンブランフィルターでろ過し、そのメンブランを寒天培地の上に貼り付けて培養する方法です。大量の試料の処理が可能ですが、ろ過残渣が多く出たり、菌数が多い試料には向きません。

Q「大腸菌群」のある食品はなぜ不衛生?

ニュースで話題になることの多い、食品中の大腸菌群なんですが、
なぜこれがあると危険なのでしょう?

大腸菌自体は体内にもあるんだし、大学で(畜産関係です)
「一度口をつけた飲み物には、口から大腸菌が入ってる」
と聞いたこともあります。
別の種類・また数の多さが問題なのでしょうか?

また、危険な菌は他にもあるのに、いつも大腸菌が問題になる気がします。
それとも、大腸菌群の有無が何かの目安になっているのでしょうか??

Aベストアンサー

大腸菌群は糞便汚染の指標とされています。
ほかには腸球菌も指標として使われます。
検出方法が簡単なことも指標として使われる1つの要因でしょう。

ちなみに、大腸菌群は必ずしも大腸菌ではありません。
畜産関係なら知ってると思いますが、一応。

Q大腸菌ラクトースオベロン

遺伝学で大腸菌ラクトースオベロンとは何のことなのでしょうか?
あと、DNAポリメレースとはDNAの複写のことですか?

Aベストアンサー

大腸菌はグルコースを炭素源としますが、グルコースがなくラクトースがあるとき、ラクトースを分解する能力をもちます。遺伝子的にみたとき、ラクトースが存在することによってラクトースを分解する能力が発現するスイッチとなる遺伝子とその構造の設計図となる遺伝子がセットになって存在し、これをオペロンという一単位として扱うというものです。
(オベロンではなくオ「ペ」ロンです)

DNAポリメレースとはDNAポリメラーゼのことです。

簡単にはこんなとこですか。かなり曖昧な記憶なので自信なしにしとこう(笑)

Q大腸菌の生命力について。

大腸菌って、大腸から離れた場合、
どのくらいの時間生存しているのでしょうか?

よくお金は大腸菌がいっぱいついてて汚いと言いますが、
大腸菌が生きて付着しているのですか?

またネコを飼っているのですが、お尻を舐めたあと、
体も舐めています。その場合、ネコの体は「大腸菌だらけ」に
なっているのでしょうか・・・^^;)

こちらで質問するとキチンとした回答が得られると思って、
投稿させていただきました。

Aベストアンサー

O-157のような病原性大腸菌や大腸菌感染症という病気も存在しますが、一般的には大腸菌は人に悪さをする菌ではありません。

腸内細菌として糞便に含まれる事から、飲料水からは大腸菌が検出されてはいけないという決まりはあります。

ちなみに健康な人間の皮膚上から大腸菌が検出される事もあります。

お札にどの程度付着しているか、私は調べた事はありませんがお札には人間の汗、老廃物など細菌にとって栄養素となるタンパク質やアミノ酸が付着しています。

また、水分ですが人間がいう「乾いている」状態でも細菌にとっては十分生育できる湿度がある場合もあります。(カビなんかも良い例だと思います)

後は細菌が生育可能な20℃~37℃くらいの温度が有れば言い訳ですから生育は可能でしょう。

結構細菌ってあっちこっちに居ますよ。
誰もいない部屋に培地を30分くらいおいて、テストしてみるとたくさんの落下細菌が検出されたりしますから。

もし質問者さんが学生さんなら生物系の先生に頼んで実験させてもらうと良いかもしれません。

Q大腸菌の学名

専門学科(食品系)の高校に通い、現在食物栄養系の大学に通っている者です。
高校の微生物の授業で大腸菌の学名(Escherichia coli)
→「エシェリヒア・コリ」と習ったのですが、大学に入って「エシェリシア・コーライ」と教わりました。
どちらが正しいのでしょうか?
また、授業も高校の時より、はるかに大雑把なかんじでこの先生で平気なのかな?と思ってしまいます。

Aベストアンサー

ラテン語読みか英語読みかの違いだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報