卒論で不良債権についてやっています。
経営支援先債権の基準があいまいとなっていて、不良債権の本に載っていたりいなかったりと、それ自体があいまいで困っています。これは、不良債権なんですよね?基準があいまいとありますが、この基準を比べたいのですが、どんなものから調べることができるのでしょうか。参考文献、サイトなんでもいいので教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「経営支援先債権が不良債権かどうか」があいまい、という事ですが、理由としては、いわゆる「不良債権」の範囲が、ここ数年のうちにだいぶ広がってきた事と、法的な根拠のある「不良債権」の基準が現在2通りあるという事の2点が考えられます。


経営支援先債権が開示対象となったのは96年3月期からです。(都銀等)
また、現在、銀行法に基づく「リスク管理債権」という区分と、金融再生法に基づく「開示債権」の2通りが、法的根拠に基づいて開示される対象となっています。で、経営支援先債権は、金融庁の事務ガイドラインの1‐8‐3にある「貸出条件緩和債権」に入っています。
「貸出条件緩和債権」の定義と、金融再生法での分類と銀行法での分類の違いについては、下の参考URLをご覧下さい。(定義に付いては、既に回答された方の説明と変わりはありませんが。)
「経営支援先債権」という概念は、金融再生法での分類には無い、と理解していますが、確信は無いのでご自身でご確認下さい。(因みに、全銀協の統一開示基準と言うのは、今は銀行法に基づく「リスク管理債権」に置き換わった、と私は理解しています。)
ひょっとしたら、ここらへんが経営支援先債権が不良債権に入るのかどうかで悩んでいる原因になっていませんか?

で、「基準があいまい」との事ですが、基準そのものは事務ガイドラインにある通りなんでしょうが、「実際には銀行側のさじ加減で、支援先債権になったりならなかったりできるらしい」という意味なのであれば、そうかも知れませんが、残念ながら私のような外部の人間の知るところではありません。あまりお役に立てませんが…。

参考URL:http://www.fsa.go.jp/p_fsa/news/newsj/f-19990723 … http://www.fsa.go.jp/guide/guide.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変、参考になりました。教えていただいた資料、さっそく調べたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/22 18:52

全銀協統一開示基準では、不良債権はつぎのように示されています。



破綻先債権:会社更正法、破産、和議、整理等の手続きや、手形交換所の取引停止処分が行われたもの
延滞債権:利払いが6か月以上延滞した債権(破綻先債権や金利減免等債権該当分は除く)
金利減免等債権:約定改定時の公定歩合以下の水準まで金利を引下げた貸出金、金利棚上げ債権として当局申請し認められたもの等
経営支援先債権:再建・支援のため、税務当局の認定を受けて債権放棄等を行い、経営支援している先への債権

この不良債権の定義に全面的に同意する事はできかねますが、いちおう金融再生法ではこのように開示するように求めているようです。金融庁のHPあたりにくわしい資料があると思ったのですが、すぐに見つからなかったのでとりあえず全銀協のHPを紹介しておきます。

参考URL:http://www.zenginkyo.or.jp/stat/kes.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただき、ありがとうございました。
金利減免債権についても、より詳しく調べたいと思います。

お礼日時:2001/11/22 18:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不良債権処理は進んでいるはずなのになぜ景気は悪化するのですか(新たな不良債権が発生するのはなぜですか)

不慮債権処理により市場の金まわりは良くなるはずだと思うのですが、
なぜ景気は良くならないのでしょうか?
また新たな不良債権が新たに発生しているとも聞きます。
それはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

 前段に関しては,不良債権処理後の金まわりとしての稼働率がGDP等に占める割合としてさほど大きくないことや間接融資が企業の資金調達一定割合に止まっていることが挙げられます(下記URL参照)。

 後段に関しては,いわゆるデフレの進行により企業の体力が低下し,企業の破綻や信用力の低下(特に建設業や小売業などに顕著)が生じ,これらの企業への貸付が不良債権化していくことにあります。
 また,当初の不良債権か否かの査定の甘さに問題があり,新たな査定の結果,顕在化し膨大化しているように見えるということも挙げられます。

参考URL:http://jmm.cogen.co.jp/jmmarchive/m142004.html

Q不良債権

不良債権って何ですか?
あと経済に詳しくなるにはどうすればいいですか?

Aベストアンサー

すごくいい質問です。マスコミでも定義がしっかり説明されないまま情報がひとり歩きしていて、たいへん問題だと思います。
さて、ご質問に対する回答です。
一般に「不良債権」と言うと、「貸したけど返って来ない金」というイメージがありますが、正確にはそうではありません。
銀行の貸付金は、金融庁のマニュアルに沿って返済の確かさの度合いにより、(1)から(4)の4種類に区別されます。(銀行用語で「分類」と言います。)
大ざっぱに言うと、(1)は返済に何ら心配ない債権(正常債権)、(2)はやや心配な債券、(3)は破綻懸念先に対する債権、(4)は実質破綻先や民事再生法など法的に破綻した先に対する債権です。不良債権とは上記(2)、(3)、(4)に分類された債権のことを言います。
ただ、同じ不良債権と言っても、(2)と(4)では全く意味が違います。(4)はほとんど返ってこない債権ですが、(2)は実際にはほとんど返ってくる債権です。
例えば、借り手の企業が2期連続で赤字決算をした場合、基本的には要注意債権として(2)に分類されます。(←預金担保など確実な担保がないかぎり)
毎月の返済が1回も遅れていなくても、銀行に一切迷惑をかけていないつもりでも正真正銘の「不良債権」です。しかもこの種の(2)分類債権が不良債権の大半を占めているのが現状です。
「不良債権を処理する」と言う時、一体どの不良債権を「処理」するのか、しっかり確認する必要があります。(2)分類債権も全て「処理」するのであれば、大変なことです。連続赤字企業には一切金を貸すな、潰してしまえ、ということになるからです。今のご時世、健全な(?)、頑張っている赤字企業を助けるのが銀行の大切な役割だと思います。某大臣が必要以上に銀行の貸出資産の査定を厳格にして、それを阻害するのは悲しいことだと思います。(某大臣は一方で貸し渋りはいかんと言っているのですから、全く矛盾します。まるで、無責任な上司が相反する指示を部下に出し、自身の保身をしているのと似ている気がします。)

すごくいい質問です。マスコミでも定義がしっかり説明されないまま情報がひとり歩きしていて、たいへん問題だと思います。
さて、ご質問に対する回答です。
一般に「不良債権」と言うと、「貸したけど返って来ない金」というイメージがありますが、正確にはそうではありません。
銀行の貸付金は、金融庁のマニュアルに沿って返済の確かさの度合いにより、(1)から(4)の4種類に区別されます。(銀行用語で「分類」と言います。)
大ざっぱに言うと、(1)は返済に何ら心配ない債権(正常債権)、(2)はやや心配な...続きを読む

Q日本銀行の不良債権

民間銀行の不良債権額は新聞などで見かけます。銀行の銀行たる日本銀行にも不良債権は存在するのでしょうか?不良債権が存在する場合、損失確定時にどのように穴埋めするのでしょうか?日銀内で準備金を取り崩したり給与カットしたりなどで穴埋めするのでしょうか?それとも税金で穴埋めする仕組みがすでにあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 日銀特融と呼ばれる最終手段を行使れば、不良債権が発生する可能性があります。(ただ、これは本当に日本を守る為の最終手段なので、税金で補填もやむなしだと思います。)
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%8A%80%E7%89%B9%E8%9E%8D

 あと、政府や自治体および金融機関に対しては国債やそれに準じる金融資産を担保に、貸付を行っています。(23兆円ほど)
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%8A%80%E8%A1%8C

 まあ、総資産(112兆)に対して貸出残高は、それ程多くなく(20%)、しかも国債等でないと担保として認めませんから、貸倒はちょっと考えられません。
 (みずほ銀行だと、資産68兆円に対して貸出は34兆円(50%))

 税金投入だと、他の銀行の様に増資 or 融資と言った形で行われると思います。
 なお、日銀は株式会社の株に相当する「出資証券」という物が有り、個人でも買えたりします。(株ではないので経営に口を出せませんが…。)
   http://quote.yahoo.co.jp/q?d=t&s=8301.q

 日銀特融と呼ばれる最終手段を行使れば、不良債権が発生する可能性があります。(ただ、これは本当に日本を守る為の最終手段なので、税金で補填もやむなしだと思います。)
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%8A%80%E7%89%B9%E8%9E%8D

 あと、政府や自治体および金融機関に対しては国債やそれに準じる金融資産を担保に、貸付を行っています。(23兆円ほど)
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%8A%80%E8%A1%8C

 まあ、総資産(112兆)に対して貸出残高は、それ程多く...続きを読む

Q2003年9月時点の不良債権額

仕事で日本と中国の不良債権を比較しています。
新聞に「日本の2003年9月時点の不良債権額は28.3兆円」と書いてあります。でも、金融庁のホームページでは31.6兆円となっています。どちらが正しいのですか?

Aベストアンサー

♯1です。
金融庁発表の数字が「誤り」であるとも思えませんが、気になったので「28.3兆円」というのを調べてみましたが、積算の根拠が全くわかりませんねぇ・・・・。
どうも、中国との比較の際に使われている数字のようです。中国のベースに合わせた数字なのでしょうかねえ?

Q不良債権について

不良債権が銀行に多く滞留すると、なぜ経済活動が停滞するのか教えて下さい。お願いします!

Aベストアンサー

そのものズバリの良書が出ています。

■小林・加藤『日本経済の罠』日経(↓URL)
http://www.nikkei.co.jp/pub/newbooks01-03/14856/14856.html

要約を参考URLに投稿してあります。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=96312


人気Q&Aランキング

おすすめ情報