OSはWindowsNT、Excel97です。
見積書を作成していますが、数量記入欄の所でつまづいています。
数量欄には、「127.65」とか「12」とか小数点以下の数字があるものを記入したり、小数点以下の数字がないものを入力したりします。で、画面上ではなんら問題ないのですが、プリントすると「127.65」→「127.7」になってしまいます。そこで表示形式を小数点以下第2位まで入力できるように設定し直すと、「12」と入力すると「12.00」と入力されてしまい困ります。
そこで画面上に入力した数字通りにプリントする方法はありますでしょうか?
宜しくお願い致します。

A 回答 (1件)

画面表示と印刷ではセルサイズと文字サイズのバランスが微妙に違います。


127.65が印刷ではセルに入りきっていないのでは?
レイアウトが変わっちゃいますが、列幅をちょっと大きくするか、フォントを小さくするしかないのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございました。
そんな簡単なことだったとは恥ずかしいです・・・。
ありがとうございました!!

お礼日時:2001/11/17 10:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q入力した数字に紐づく数字1、数字2を出力する。

どなたかご存じでしたら回答をお願いします。
下記のような第1~第5数字に任意で0~14迄
の数字を入力した場合、あらかじめ用意しておいた
第1数字テーブル~第5数字テーブルのKEYと同じ数字の場合、
そのKEYの数字1、数字2を入力値の下に出力する方法が知りたいです。

【入力例】
第1数字 第2数字 第3数字 第4数字  第5数字
  5      4     0      7      14

【第1数字テーブル】
  KEY  数字1  数字2
   0     4     1
   1     4     2
   2     2     1
   3     7     3
   4     7     3
   5     2     1
   6     4     2
   7     6     1
   8     5     1
   9     5     1
  10     8     7
  11     2     7
  12     7     0
  13     6     1
  14     8     1
 
【第2数字テーブル】
  ※第1テーブルと同じKEY(0~14迄)のテーブルを用意。
【第3数字テーブル】 
  ※第1テーブルと同じKEY(0~14迄)のテーブルを用意。
【第4数字テーブル】
  ※第1テーブルと同じKEY(0~14迄)のテーブルを用意。
【第5数字テーブル】 
  ※第1テーブルと同じKEY(0~14迄)のテーブルを用意。

【出力結果】
第1数字 第2数字 第3数字 第4数字 第5数字
  5      4     0      7     14   <---- 入力値
  2      7     4      6      8   <---- 数字1を出力
  1      3     1      1      1   <---- 数字2を出力

●注意事項
    1)第1テーブル~第5テーブルのKEYは0~14迄ありますが、
      中身である数字1、数字2の値はそれぞれ異なります。
    2)第1数字で参照するのは、第1テーブルのみです。
      以下、第2数字は第2テーブル、第3数字は第3テーブル、
      第4数字は第4テーブル、第5数字は第5テーブルを参照します。
    3)使用しているエクセルは2010です。

以上、ご回答よろしくお願いします。
  
   

どなたかご存じでしたら回答をお願いします。
下記のような第1~第5数字に任意で0~14迄
の数字を入力した場合、あらかじめ用意しておいた
第1数字テーブル~第5数字テーブルのKEYと同じ数字の場合、
そのKEYの数字1、数字2を入力値の下に出力する方法が知りたいです。

【入力例】
第1数字 第2数字 第3数字 第4数字  第5数字
  5      4     0      7      14

【第1数字テーブル】
  KEY  数字1  数字2
   0     4     1
   1...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!
こういうコトですかね?

↓の画像のようにSheet2に第1~第5テーブルの表を作成しておきます。

Sheet1のA3セルに
=INDEX(Sheet2!$B$3:$K$17,MATCH(A$2,Sheet2!$A$3:$A$17,0),2*COLUMN(A1)+ROW(A1)-2)
という数式を入れ、A4までオートフィルでコピー!
そのまま列方向にオートフィルでコピーすると
画像のような感じになります。

外していたらごめんなさいね。m(_ _)m

Qアクセスで小数点以下1桁までをインポートしたい

アクセスのインポートで小数点1桁までをインポートしたいです。
インポートするデータはCSVファイルです。
インポート定義をつける為に、エクセルのデータをCSVにし、CSVをアクセスにインポートしています。
エクセルの時点では、小数点下1桁まで表示されているのですが、CSVに加工した時に小数点以下1桁が0のものは整数表示になってしまいます。
(例)
 エクセル → CSV
  38.5  → 38.5
  35.0  → 35

アクセスでインポートした後に、全部のレコードを小数点下1桁にするのはどうしたらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

No3です。
言葉がたりませんでしたね。
Accessのテーブルの設定で
「書式」を「0.0」としてみては?
です。

Qアクセス クエリ計算の小数点以下の四捨五入は自由にできるのですか

クエリ計算の小数点以下の四捨五入は、項目ごとに自由に切り上げにしたり、切り捨てにしたり設定できるのですか。

それともクエリではなくフォームやレポートの設定で行うのでしょうか。

Aベストアンサー

>項目ごとに自由に切り上げにしたり、切り捨てにしたり設定できるのですか
Round関数を使って桁数を指定して四捨五入が出来ます。
切上げ・切捨てはInt関数を使ってできます。これは少し記述が必要ですが切上げ・切捨てはモジュールにユーザー関数として保存すれば簡単に使うことが出来ます。
(四捨五入もIntを使って出来ますが)

>クエリではなくフォームやレポートの設定で行うのでしょうか
クエリでもフォームでもレポートでも設定できます。

ちなみにテーブルでは小数点以下表示桁数の指定でその桁で数字が丸められます。

QROUND関数と小数点以下桁上げ(桁下げ)ボタンについて

いつもお世話になっています。素朴な疑問ですが教えてください。

任意の桁数で切り上げや切り捨て、あるいは四捨五入を行なう関数としてROUNDUP関数やROUNDDOWN関数、そしてROUND関数というものが存在しますが、このうち四捨五入を行なうROUNDUP関数は、整数表示にしたい場合やそれ以下の小数第○位の表示にしたい場合に使う限りにおいては書式設定ツールバーの「小数点以下桁上げ(桁下げ)」ボタンを使えば事足りるのではないでしょうか? あるいは使い分けをしなければならないケースも存在するのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたらぜひ教えてください。宜しくお願いいたします <(__)>

Aベストアンサー

ここでも繰り返し質問がでていますが、関数と書式は全く違いま
す。書式は見た目を変えるだけで値を変えませんから、計算に使う
と想像と違う値が出て来たりするわけですよ。たとえば4.4を書式
で4と表示しておいて、3倍すると12になると思っても、実際には
13.2じゃないですか。

書式で小数点以下の桁数を指定するのは、2.5と3.0が縦に並んだと
きに3とだけ表示されて小数点の位置がずれるのがイヤだとか、そ
ういう用途に使うと考えた方がいいですね。

QAccessの小数点以下の表示について

Access2002にて、クエリの結果やフォームのテキストボックス等で
見た目では「9344」と表示されているのに、カーソルを合わせると
「9343.99979114532」という風に表示されてしまうのを
防ぎたいのですが、どうやったらいいのでしょうか?
実はこの結果の小数点を切り捨てているのですが、
そうすると「9343」となってしまいます。
(ちなみに上記例の場合、クエリの計算式としては
29200×0.32と計算されており、電卓をたたいても「9344」の
はずですが、上の様に表示されてしまいます。)

また普通に計算して小数点の出るものは切り捨てたいので
なんとかして裏側で「9343.99979114532」のように計算されて
しまっているのを防ぎたいのですが
ご存じの方教えて下さい。

Aベストアンサー

まず、次の関数の結果を見て下さい。

Public Function Kakezan_1(ByVal Q As Single, _
              ByVal P As Currency) As Currency
   Kakezan_1 = Q * P
End Function

Public Function Kakezan_2(ByVal Q As Variant, _
              ByVal P As Currency) As Currency
   Kakezan_2 = CCur(Q) * P
End Function

[イミディエイト]
? Kakezan_1(0.32, 29200)
9343.9998
? Kakezan_2(0.32, 29200)
9344

質問者は、 Kakezan_1 関数と同じ処理をさせていると推察されます。
仮に、 Kakezan_2 関数と同じ処理であれば、小数点の丸め誤差は発生しません。

Kakezan_1 関数は、 Single型とCurrency型の混合計算をしています。
この場合、小数点の丸め誤差が発生します。
Kakezan_2 関数は、 Single型をCurrency型に置換してからCurrency型同士で計算させています。

小数点以下を切り捨てるのではなく、そもそも、丸め誤差の発生を防がれたがいいです。

参考になさって下さい。

まず、次の関数の結果を見て下さい。

Public Function Kakezan_1(ByVal Q As Single, _
              ByVal P As Currency) As Currency
   Kakezan_1 = Q * P
End Function

Public Function Kakezan_2(ByVal Q As Variant, _
              ByVal P As Currency) As Currency
   Kakezan_2 = CCur(Q) * P
End Function

[イミディエイト]
? Kakezan_1(0.32, 29200)
9343.9998
? Kakezan_2(0.32, 29200)
9344

質問者は、 Kakezan_1 関数と同じ処理をさ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報