最新閲覧日:

エアブラシに関するホームページや書籍がありましたら
教えていただけませんでしょうか、お願いいたします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (3件)

avantiさん、今日は!


その後、プラモ作りは捗っておりますでしょうか?

さて、お礼の所に書かれていた「Mr.カラー」のグンゼ製とタカラ製についてですが、全く同じ物です。(ビンの蓋の部分の形状が若干違うだけ)当時、グンゼとタカラは提携しており、”Mr.カラー”と言う名称で発売されていました。(一時、レベルカラーと言う名称もありましたが、これはグンゼとレベルが提携関係にあったからです。レベルからの輸入品ではありません。全て国産品です。)
その後、両者の提携契約が終わったあと、グンゼもタカラも同じ「Mr.カラー」と言う名称をそのまま引継ぎ、暫くの期間、両方の「Mr.カラー」が存在しました。今は、タカラは撤退していますので、グンゼの方だけです。(グンゼ産業は11月1日付けで「(株)GSIクレオス」と言う社名に変更になっています。)溶剤等はそのまま使用出来ます。

先に紹介させて頂いた本は、大きな書店でも在庫としては多分持っていないと思いますので、発行元に直接問い合わせた方が手っ取り早いと思いますよ。お礼から察する所、名古屋近辺に在住かとお見受けいたしました。名古屋には大きな模型店もありますので、もし必要でしたら、数店は紹介出来ると思います。(レオナルド4と言う店が大きいようです。本店のHP URLを記入しておきますので、一度ご覧下さい。)

私も塗料はあれこれ使っていますが、90%以上はMr.カラーです。タミヤエナメルはウェザリングや墨入れ等に使っています。他にソリッドカラーと言うのも使いますが、これは一般的には少し入手が難しいかもしれません。隠ぺい力が強いのが気に入って、白はこればかり使っています。あなたもどこかで見かけられたら、是非、購入(1本400円と少々高価です。薄め液はMr.カラー用が使えます。)して使って見られる事をお勧め致します。

それでは、これで失礼します。模型ライフを楽しんで下さい。

参考URL:http://www.leonardo.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
模型制作はボチボチと進めております。
書籍の方はやはり在庫を持っている書店がなく、注文と言うことになりました。
先日、紹介していただいたレオナルドに行ってみました。
店の中に入りきらないのか、ビルの階段、踊り場まで、プラモでいっぱいでしたね。
狭い通路を探索しながら、「ああ、今東海大地震が来たら、プラモに埋まって死んでしまうんだろうなぁ…」
などとつぶやきながら、気が付くと3時間以上も店の中にいました。
しばらくハマッてしまいそうです。

お礼日時:2001/12/05 12:43

モデルアートから、飛行機モデル・エアブラシ塗装テクニック


もありますね。
自分は、あまり、プラモは作りませんが、本だけは、買いまくっています。No.1の人、の紹介の本は、すべて持ってますし、ガンプラ関係もあります。いまは、マクロスのVF-1シリーズにはまっています。飛行機モデラーにとってあの、モデルは、どうですか。
サイトの方は、見当たらなかったので、過去の質問を見てください。
http://oshiet1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=143703

=82555

=72373


=86475

=97089
最後の部部のみ数字を変えてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私は、つい最近プラモ作りを再開した出戻りモデラーで、
ガンダムとか、マクロスとかは、ちょうどプラモから離れていた時期の物ですね。
テレビの番組から出た模型を作った記憶は…サンダーバードシリーズか?
ウルトラセブンのウルトラホーク(1)・(2)号や、「謎の円盤UFO」のスカイ・ワンやインターセプターあたりでしょうか。
どっちにしても昔から飛ぶ物作ってましたね、今にして思うと…

お礼日時:2001/11/25 10:28

avantiさん、これが2度目の登場ですね。

前回は良回答を頂き有難うございました。

さて、質問の「エアブラシに関するホームページや書籍がありましたら…」ですが、私がいつも愛読している雑誌(モデルアート)の増刊号にいくつかエアブラシに関する物が発刊されていますので、紹介させて頂きます。

飛行機モデル・エアブラシ徹底理解(モデルアートNo.551)定価2,000円(税込)
飛行機モデル・エアブラシ徹底理解2(モデルアートNo.575)定価2,000円(税込)

以上、2冊の増刊号が出ています。(私は2は持っていません。)

他に、「飛行機モデル塗装と仕上げ・テクニックガイド1~3」とか、「イラスト版飛行機模型基礎テクニックガイド」なんて言う増刊も出ています。(飛行機モデルを作られると言う事で、飛行機モノに限定させて頂きました。上記以外にもAFVやカーモデルの増刊もあります。)

モデルアート社の連絡先は…
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-3-11 飯田橋ばんらいビル7F
(有)モデルアート社 電話03-3262-6450 ファックス03-3262-7932

となっています。残念ながらHPはありません。一度、問い合わせてみられたら如何でしょうか? (私も何度か電話した事がありますが、可愛い女性が対応してくれます。たまたにオッサンが出る時もあります。その時は運が悪かったとあきらめましょう!)

所で、貴殿も飛行機好きと言う事で、なんだか私も嬉しく思います。私は専ら大戦機しか作りませんが、この前、子供にせがまれてポケモン・ジャンボを完成させました。今はタミヤ1/35・8トンハーフトラック高射砲搭載型を製作中で、AFV物を作っています。
私のプラモ歴はかれこれ30年以上になると思います。一時、仕事の関係で6年程日本を離れていた時期があり、その時は全く作れませんでした。昔は塗料その物の入手が難しく、イサム塗料やパクトラ、ハンブロールなんかを探し廻った思い出があります。そんな時代の事を思えば今は贅沢な時代になったものだと思います。

前回の回答時に書き忘れましたが、前回の塗料はあくまでもMr.カラーを対象とした物ですので、他の塗料の時は薄め方も変わってきます。(エナメル塗料や水性アクリル塗料なんかでも吹付け出来ますが、薄め方が変わります。)
それから、白い下地塗料はMr.ベースホワイト1000(缶スプレーで600円)と言う商品名で販売されています。
最後に、グンゼ産業のURLを紹介して置きますので、一度アクセスして見て下さい。塗装の方法も載ってたように思います。
それでは、また…! See you

参考URL:http://www.mr-hobby.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。書籍に関しては、近くの割と大きなブックセンターに行ってみたのですが、ありませんでした。
もっと大きな本屋というと、名古屋駅の○省堂か、栄の紀伊○屋って所でしょうか…、こんど行ってみようと思います。
ところで、グンゼの、Mr.COLORは、レベル・カラー(タカラが輸入していた?)と同じなのでしょうか?
(中身そのものが、)色番号も。それとも、同じ色名でも、溶剤とか、配合が違うのでしょうか?
当時使っていた塗料が(ほとんどレベルとハンブロ)中身固まっていて使えなくなっていて、(当たり前ですよね20年以上たってるんだから…)
でも、ガラスビンに入った溶剤だけが、まだしっかり残っているんですよ。
使っていいもんかどうか…
最近買い集めたのはタミヤカラーが多いのですが、Mr.COLORと併用しているので、色名や番号が違っていてとまどっていますし。
ま、これからぼちぼちとやって行くつもりです。またよろしくお願いします。

お礼日時:2001/11/25 10:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ