シアヌーク国王の外遊中に起きたロンノル将軍のクーデターは米国の黙認によって成功したようですが、何故米国はシアヌークを追い落とそうとしたのでしょうか?このクーデターが発生する以前から共産勢力と接触していたのでしょうか?

A 回答 (2件)

 建国の中心政策であった中立政策とサンクム(人民社会主義共同体)は,シアヌークが指導する中国寄りの紅色中立政策と急進的なサンクムの自力更生策に変わり、サンクム内部の左右両派の確執が表面化した。

対外的には、中国などと共にアメリカのベトナム政策には、反対し、非同盟の旗頭でもありました。このため、ベトナム戦を有利に戦うために、後顧の患いを断つため、クーデターを実行しました。右派のロンノル政権は70年3月にシアヌーク元首を解任し,アメリカ,南ベトナムと手を握りました。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~fwgh8263/newsconte …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答大変ありがとうございました。どうやって調べていいか分からず困っていました。もし何か参考になる書物があればお教えいただけるとありがたいのですが。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

 少し大きな図書館に行きますと時事年鑑とか新聞社の年鑑があります。

それらの該当年度版には、各国の現勢などの名前で1年間に、その国で起こった内容が詳しくかかれています。それ以後2、3年分見れば、かなり詳しく知ることができます。もっと、詳しく知るのは、日付をあらかじめ調べ、その後2、3ヶ月の著名新聞の縮刷版を見れば、解説記事がきっと載っています。

この回答への補足

shoyosiさんへポイントを発行したいのですが、やり方が分からないのですが、良回答にチェックをして、締め切りボタンを押すだけではだめなのでしょうか?

補足日時:2000/12/08 06:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。今度図書館へ行ってみます。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q徳川歴代将軍で名君だった将軍、いまひとつだった将軍を教えてください

家光や吉宗は比較的有名ですが他の将軍の評判や実績などを教えてください。

Aベストアンサー

徳川綱吉ですかね。名君、とはいきませんが、世間的な評判は実は誤りであるとする説の方が有力です。
犬公方というあだ名で有名ですが、少なくともそのように揶揄される程の暴君ではなかったと思われます。

詳しくはwikiでもなんでも調べた方が詳細です。
全角800字までしか、この回答は作れませんので。

Q英仏百年戦争はもともとイギリス国王がフランス国王の臣下で、フランスのノ

英仏百年戦争はもともとイギリス国王がフランス国王の臣下で、フランスのノルマンディなどに領土を持っていたことが原因といわれています。しかし1453年に百年戦争が終ったあと、英仏の国境が確定したと歴史の本で読んだことがあり、イギリスはフランスにある領土を失ったと思うのですが、その後イギリスはフランスのかつての領土奪還をあきらめたのでしょうか

Aベストアンサー

ノルマンジー周辺に領地を持っていたノルマンジー公が、イギリスに渡ってイングランドを造り、その後スコットランド・ウエールズ・アイルランドを併合して行きました。
ノルマンジー公はフランス王権についても継承順位を持っており、王権争いが英仏戦争の理由にもなりましたが、結果的にフランスでは反逆者となってしまったので、領地を没収された形になりました。

その後領地奪還を諦めた理由としては、海峡を挟んで進出したとしても陸からの攻勢に守り難い地形であり、そのリスクを負って軍事力を行使する程豊穣な土地では無く、それ以外に進出する地域が沢山あったと言う事でしょう。
欧州においても、フランスから奪取したジブラルタルについては、その地域的戦略性の高さから未だに権利を譲りませんし、マルタ島についても同様にフランスから取り上げかなり最近まで領有していました。

Q昭和20年8月15日のクーデターが成功し、本土決戦に突入していた場合、

昭和20年8月15日のクーデターが成功し、本土決戦に突入していた場合、
関東軍75万が全軍玉砕するまでソ連軍と戦うことになりますが、昭和20年夏から昭和21年末頃と想定される終戦にかけて満州の戦闘はどのように展開されていたでしょうか?

Aベストアンサー

恐らく、昭和21年どころか昭和20年の末まで持たずに、
一方的な展開で朝鮮まで占領されていたかも知れません。

当時の関東軍は、南方に戦力を抽出されていたうえに、
戦力の質・量ともにソ連軍が圧倒的でした。
(特に戦車は絶望的な差です。)

南方では島やジャングルでの戦いが多かったので、
地の利を生かした戦い方で何とかなりましたが、
満洲の戦場では、機甲戦力や火力の差は誤魔化しようも
ありません。

Q神道勢力と比べ仏教勢力は

神道勢力と比べ仏教勢力は

何故近世初頭まで仏教勢力の一部は国家の中枢(まつりごと)に係わる事が出来て
神道勢力は係わる事が出来なかったのでしょうか?

皇室は広義の意味では神道と捉えられるかもしれませんが
何故その他の神社神道勢力は(まつりごと)に係わる事が出来なかったのでしょうか?

僧侶は出家さえすれば誰でもなる事が出来、宮司は主に世襲制だったからというのが
理由の一つにもなるのでしょうか。

Aベストアンサー

6世紀に仏教派である蘇我氏と反仏教派の物部氏の対立による内戦がありましたよね。もう教科書から消えるといわれる聖徳太子が厩戸皇子と呼ばれていたときに蘇我氏に与して戦ったってのは有名です。
んで、あのときに仏教派である蘇我氏が勝利し、蘇我氏が実権を奪いました。

やっぱりそれによる影響が大きかったと思いますよ。

そしてもうひとつ。神道というのはですね、統一された宗教じゃないんですよ。分かりやすくいうと、土着の宗教なんです。明治維新でね、無理やり「神道」なる統一宗教ぽいことにしたんですが、それまでは各地土着の神様としてやっていたのです。
「神宮」「大社」「明神」など、神社には様々な呼び方がありますね。例えば「大社」は「大和政権と対立した大手土着の神様」を指すものです。出雲大社、諏訪大社、みんなそうですよね。だから、神道の中に入ってくる理由が無理くりです。「国譲りをした」ということになっていますが、「なぜ国を譲ったか」の理由は明らかではありません。地域住民の懐柔のために信仰の自由を認めたのでしょうね。
東京御茶ノ水の神田明神に至っては、主神は今はアマテラスになっていますけど、本当は平将門です。まさか天皇家に弓引いた大悪人を皇居の目と鼻の先で神様として認めるわけにいきませんから、明治になってアマテラスにしました。
ですから、神道勢力というのは「一つの党」ではなく「中小政党の集団」であったのです。そりゃ主流派にゃあなれんわけですね。社民党や共産党や公明党が集まっても、ね。

また、6世紀当時の僧侶(高僧)というのは外国人です。そして近代国家になるまでは、どこの国のどんな文明でも僧侶というのは「知識人」であったのです。文字が読めるのはエリートの証し、そしてどこでも宗教の聖典は文字で記録されていたからです。
当時の外国人僧侶というのは、当時最新の知識を持ったエリートだったのです。中国、朝鮮の優れた技術や知識を持っていたのですね。だから、仏教を信仰するというのは単なる信仰だけの問題ではなく、国語算数理科社会全ての教育と文明に関わる問題であったのですよ。

6世紀に仏教派である蘇我氏と反仏教派の物部氏の対立による内戦がありましたよね。もう教科書から消えるといわれる聖徳太子が厩戸皇子と呼ばれていたときに蘇我氏に与して戦ったってのは有名です。
んで、あのときに仏教派である蘇我氏が勝利し、蘇我氏が実権を奪いました。

やっぱりそれによる影響が大きかったと思いますよ。

そしてもうひとつ。神道というのはですね、統一された宗教じゃないんですよ。分かりやすくいうと、土着の宗教なんです。明治維新でね、無理やり「神道」なる統一宗教ぽいことにしたん...続きを読む

Q何故将軍家ではない者が、将軍家の御留流を習えたのか?

毎度お世話になります。

高杉晋作は長州藩士の子として生まれました。
将軍家とはおそらく所縁(ゆかり)は有りません。
それなのにどのようにして、将軍家の御留流である、新陰流を
習得出来たのでしょうか?

これは新陰流のみならず、小野派一刀流にも言えます。
小野派一刀流も将軍家の御留流だったと記憶しております。
ですが、幕末には山南敬助や大石鍬次郎が小野派を習得出来ております。

これは何故でしょうか?ご存知の方何卒ご教授願います。

Aベストアンサー

> 将軍家の御留流である、新陰流を

> 小野派一刀流も将軍家の御留流だったと記憶しております。

「柳生新陰流宗家」「小野派一刀流宗家」のどちらも将軍家に指南
したとは言っていますが、御留流というような主張は一切していま
せん。自らの格式を上げるような主張をしない場合、そのような事
実はないからだと考えてよいと思います。それどころか「将軍の外
多数の門人を有し」といった表現をするし、柳生では江戸で将軍家
に教えていたのは傍流の扱いだし、小野派は津軽の藩主に一子相伝
を持ってかれて断絶しかかってたと認めています。

デマでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報