人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

こんにちは。現在高校三年です。
私は将来、動物学者になり、生態系保護や、それらを伝えるメディア活動、または動物園勤務など、動物にかかわる仕事をしたいと思っています。

そこで、動物学者の学位をとるには、どのような学部に行けばいいのでしょうか。
また、米国のほうが動物行動学の研究は日本より深いと聞きました。本当ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 僕は酪農学園大学の生命環境学科にあなたと同じ目的で行きました。

生命環境学科に入って正解でした。主に生態系保護について学ぶ学科です。あなたの将来の希望の中で動物園勤務とありましたが、大卒で飼育係になるには学芸員の資格がなければ動物園に勤められないそうです。学芸員の試験は在学中に受けられます。
 それと米国の大学ですが、米国のほうが日本よりも動物関係の学科が多いです。就職も動物関係の仕事は日本よりも多いです。本当に動物について深く学びたいのであれば米国の方がいいでしょう。
    • good
    • 8

#3です。

北大は不思議な大学で、いろいろなところで野生動物関係の仕事をしています。たしか(=不確か)文学部でもKさん(アライグマとか)やTさん(ヌートリアとか)が野生動物の仕事をしています。前回獣医を薦めておきながらなんですが、選択肢は他にも多いと思います。北大歯学出身のOさんは、シカの齢査定等の権威です。獣医が王道を行っている(Sポさんとか)のは間違いないですが。

京都大学農学部で野生動物を目指すのであれば林学系のTさんの部屋でしょうか(私のでた研究室でもあるのですが、在学中の接触はありません。今はもちろん面識がありますが)。理学部は、成果の出にくい哺乳類を卒論テーマに据えることを避ける傾向があると、今は北大、かつて京大の前出ヌートリアのTさんから聞いたことがあります。

伏せ字にすることもないのかもしれませんが、まあすぐに判りますのでお調べ下さい。
    • good
    • 2

私は哺乳類の調査研究等を仕事としていて、哺乳類学会、生態学会、応用動物昆虫学会、森林学会の学会員ですが、これらの学会の大会に出席して思うことは、学生の比率が高い、ということです。

これはとりもなおさず、大学を出て、将来仕事としてこの分野に関わる人間が少ないことを意味しています。この分野で働くためには、何が何でもこの分野で働くという意思、気力と、運が必要です。生き物を愛する人は多いですが、研究職というものはさほど必要とされていません(この分野、カネになりにくいですからね、やはり)。強い意志を持って頑張ってください。

また、脊椎動物と直接ふれあう仕事をお考えでしたら、獣医師免許を取られることを検討なさってはどうでしょう? 野生動物に直接関わる仕事に就けなくても、動物園や動物病院、家畜衛生保健所、JRAなどに就職可能で、言葉は悪いですが「つぶしがきき」ます。後に転職を考えることがあっても、資格を持っていると有利ですしね。

京都大学の名前がこれまで挙がっていますが、それ以外では、北海道大学、帯広畜産大学、東京農工大学、岐阜大学、酪農学園大学、名古屋大学、麻布大学、日本獣医畜産大学など(順不同)ご検討下さい。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

明確で刺激的な回答をありがとうございます。面白そうな学会ですね。
そこまでの覚悟は無いのかもしれない。やっぱりお金が無きゃ困るし。
現在、京大の農学部か北大の獣医学部を目指して勉強中です。偏差値は足りないのですが。まぁがんばります

お礼日時:2005/10/11 01:30

動物学者というのは、No.1の方もおっしゃっているように、どちらかといえば自称で使われるものです。

ただ、世間的に動物学者であると認められるには、やはり業績云々が問題になってくると思います。
動物学といってしまうと、非常に範疇の大きい学問領域です。例えば、朝日新聞社出版AERAMookシリーズの「動物学がわかる。」という雑誌を見ても、動物行動学から進化学まで幅広い専門領域があることがわかると思います。一般的に、動物学を修めようと思えば、理学部ないし農学部に進学するのが妥当なところでしょう。今現在、動物学者あるいは生態学者と認められている方々は、たいていの方が博士課程まで修められ、理学博士、農学博士の肩書きを持つ方が多いですね。学士、修士では、学界では学者であると認められにくいのが現状です。
アメリカは生命科学の分野で、確かに先進的ではありますが、全般的に生物学のレベルで比較すると、日本と大差はありません。日本にも生命科学研究拠点の総本山である理化学研究所がありますし、生態学で言えば、京都大学霊長類研究所などが有名です。特に、あなたがおっしゃる生態学関係では京都大学が非常に優れた研究を多く出しています。
なので、将来のビジョンと、志望する大学にある学部で自分の興味ある研究を行っているかということを、あらかじめ調べておくことがいいと思います。今時分はオープンキャンパスも終わっているかと思いますが、直接大学の教授にメールで研究内容などについてお尋ねするのもいいかもしれません。いずれにしろ、動物学者に成りたいという気持ちが、研究を続けていく上でも大いに励みになるはずです。あまり時間がないとは思いますが、将来のことをじっくり考えてみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
色々選択肢や不安はありますが、将来大学で勉強するのがとても楽しみになりました。
博士号はとりたいです。
大学院で動物の研究をした人々は、どのような職につくことが多いのでしょうか。

お礼日時:2005/10/13 22:23

まず最初に、「〇〇学者」というのは誰かに与えられるものではない、単なる自称ですので、「オレは〇〇学者だ!」と名乗りさえすればいつでもなれます。

他人に「〇〇学者」と呼んでもらえるかどうかは努力次第です。

さて、大学(学部)を卒業して得られるのは「学士」の学位(称号)です。例えば動物行動学を専攻して(と言っても、実際にはもっと細かく分かれた分野の1つということになるでしょうけど)「理学学士(動物行動学)」のようなものを得ることになります。

動物学を修められるのであれば、まず学部は理学部か農学部でしょうね。ごくおおまかな傾向して、理学部は学究的・基礎的(端的に言えば「経済から離れている」)なのに対して、農学部は産業的・実践的です。

米国のほうが深いと一概には言えませんね。日本にも動物行動学研究の最先端はたくさんありますから。有名どころでは、たとえば京都大学・霊長類研究所(仲間内では「サル研」なんて呼んでますが(笑))などが世界的な最先端を走っていますね。

学部の決め方にしても、どの国・地域で研究が進んでいるかにしても、「動物行動学」という括りでは大雑把すぎてとても絞れません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご丁寧な回答をありがとうございます。
そうですね、範囲が広いですよね。
ちなみに霊長類研究所では、猿のみを研究しているのですか?

お礼日時:2005/10/13 22:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q野生動物の勉強(研究)がしたい。

大学で野生動物の勉強(研究)をしたいんですが、そういうことができる学校を教えてほしいです。

自分で調べたんですが、日本大学・生物資源化学部・動物資源科学科と、帝京科学大学・アニマルサイエンス学部・アニマルサイエンス学科で野生動物の勉強(研究)が出きるみたいなんです。

それ意外にそういう勉強の出きる大学を知っていたら教えてください。(国公立大、関東近辺だと嬉しいです)

Aベストアンサー

 私は野生動物医学も研究していますが、単純に野生動物学という学問領域は存在しないと思います。大学にいって座って学べるような分野じゃありません。日大にしろ、京大にしろ、非常に限られた分野で「学べる」という事ではありません。基本は、動物学であり、生物学であり、生命科学です。

 その上で、どういった側面で野生動物を勉強したいかという事が非常に重要です。遺伝子の研究を大学でやってそれを生かして野生動物の分野に来る人もいるし、ウイルスや寄生虫を専門にして、動物学をする人もいる。歴史資料をひもといて人と動物の関係をあらっていく人もいるし、心理学専門の人、解剖学の人など様々。そういった様々な分野が総合して哺乳類学や動物学を作っています。ですから、野生動物学という直線的な講座は無いと思った方が良いと思います。そういった事を謳っている大学や学科は、人気のある分野なのでそういう小手先で学生を集めようとしたり、偏差値を上げようとしています。そういった罠に引っかからないように。

 一番良いのは、日本哺乳類学会、生態学会、野生動物医学会など興味ある学会の学会誌を最寄りの理系大学図書館で探して、どういった大学であなたの興味ある研究があるか?それはどこの大学で行われているのか?それをみて、直接、そこの大学、学科を目指すことが良いと思います。僕がおすすめするのは以下の通りです。

1)東大、農工大などの獣医大学
2)私大の獣医大学
3)東大農学部の応用動物・生圏システム、生物系
4)私大の畜産系、生物学科系

いずれにしても、大学院で東大に進学するなど、常に高い目標が必要ですし、その分野だけをやっていれば良い分野じゃありません。それでも就職先は非常に少なく、森林総合研究所はなかなか募集しないし、環境庁も同様。後はアセスメント系の就職。動物園とか、飼育関係にしても皆無です。獣医なら、獣医師をしながら継続している先生も多いですから、一番良いと思います。
 

 私は野生動物医学も研究していますが、単純に野生動物学という学問領域は存在しないと思います。大学にいって座って学べるような分野じゃありません。日大にしろ、京大にしろ、非常に限られた分野で「学べる」という事ではありません。基本は、動物学であり、生物学であり、生命科学です。

 その上で、どういった側面で野生動物を勉強したいかという事が非常に重要です。遺伝子の研究を大学でやってそれを生かして野生動物の分野に来る人もいるし、ウイルスや寄生虫を専門にして、動物学をする人もいる。歴...続きを読む

Q大好きな《生物》をいかせる職業は?

高校2年の息子は理科系・特に生物が得意。それが活かせる職業を探しています。パソコンで調べるも、なかなか見つけられません。その道に進むには、具体的な進学先(学科)もできれば教えてほしいのですが。

Aベストアンサー

生物が得意でしたらやはり生物学系をお勧めいたします。

現在、生物学は革新期を迎えており、急展開をみせております。アメリカでは、一流大学なら生物学が必修となっております。これは生物学がこれからの時代、核となる学問になるとの配慮からであり、これからは生物学に時代になるとも言われており、ありとあらゆる分野への応用が期待されて可能性は無限と言えます。研究施設が指数関数的に増えており、会社の関心も高いです。しかしその期待と人気の半面、今や生物系の学部は偏差値が飛びあがっています。名の通った大学に行こうと思ったらかなり勉強しなくてはいけないでしょう。(エリートは昔はみんな鉄鋼に流れ、次にITに流れ、現在バイオに流れていると言われています。)

しかし、やはりまだまだ現実社会から考えると発展途上であります。やはり日本は工業国であるので、(そして日本は他の国々に比べて進出が遅れたため)現在生物学は世の中の経済の本流からはずれてしまっており、まだなんともいえません。当の僕もバイオでビジネスをしようと思って大学に入りましたが、本当に生物学の時代が来るのか毎日非常に不安に暮らしています。人生を賭け事に例えるのなら、他の工学部に進むのは安全牌で、生物学は大穴といったところでしょうか。しかし、道さえ選ばず企業の歯車になってもいいというのなら、就職率は100%です。

 製薬会社(三共とか)、食品会社(グリコ等)また、MSという新薬専門のセールスマンもあり、年収1000万とかいう人もごろごろいます(ヤクルトの坑ガン剤など)研究の道では、分からないことだらけなので、最も困ることがない分野でしょう。僕自身は化学生命工を目指しており、とりあえずは一流工業の企業に入り、新しい生物を利用した工業を開拓したいなぁ、と思っております。(日立とか)野望です。

 進学先としては、国立大の理学部の生物学科がまず上げられます。あと僕が個人的におもしろいのは従来の生物学科にとらわれない、理工学部の学科、東京工業大学生命理工学部、横浜国立大学物質工学科、東京理科大学応用生物科学科、同生物工学科、立命館大学化学生命工学科、関西学院大学、慶応大学生命情報学部、特にカリキュラムが面白いのは(欧米並みなのは)早稲田大学電気情報生命、東京工科大学バイオニクス学科が斬新です。生物学は近年急に発展し変化した分野なので、一般に私大の方が動き出しが速くて資金が多く、研究施設がととのっていると思います。しかし極めるのならば、やはり日本に留まっていてはダメだと思います、やはり生物学の中心はアメリカなので。あくまで個人的な考えですが。

生物が得意でしたらやはり生物学系をお勧めいたします。

現在、生物学は革新期を迎えており、急展開をみせております。アメリカでは、一流大学なら生物学が必修となっております。これは生物学がこれからの時代、核となる学問になるとの配慮からであり、これからは生物学に時代になるとも言われており、ありとあらゆる分野への応用が期待されて可能性は無限と言えます。研究施設が指数関数的に増えており、会社の関心も高いです。しかしその期待と人気の半面、今や生物系の学部は偏差値が飛びあがっています。...続きを読む

Q生物学者の収入

将来幹細胞関係の研究をして働くために情報を集めている高校生です。ご存知のとおり、研究者という職は限られた優秀な方々にしか門が開かれていない、大変な難関です。しかしながら、平均年収はそれほど高くなく、任期のない安定した地位に至るまでに何人もの人々がその道から脱落していきます。このような背景から、たいていの人はロマンのためだけに学者になるものなのでしょうか?大学の助教授になれるほどの頭脳を持った人々でさえ、もし彼らが医者として働くことを決めていたらその何倍もの収入を得られたのではないかと思います。私が目指している分野の生物学者の平均年収は600から700万だそうです。もちろんのこと、大学の教授などの地位においては年収1000万もありえます。しかしながら、その地位に達しているころには、同様の努力で開業医になって倍の年収を稼ぐことも可能です。私の家系において、殆どの男子は医者だったため、生活水準も金銭感覚も彼らの感覚と同様なまま育ってきました。もし私が生物学者になることを果たしたら、結局はロマンのために生活水準を下げることになるのですよね?やはり学者というのは医者などの安定した地位を選ぶことを放棄してあえて自らのロマンのために突っ走るタイプの人たちなのでしょうか?

将来幹細胞関係の研究をして働くために情報を集めている高校生です。ご存知のとおり、研究者という職は限られた優秀な方々にしか門が開かれていない、大変な難関です。しかしながら、平均年収はそれほど高くなく、任期のない安定した地位に至るまでに何人もの人々がその道から脱落していきます。このような背景から、たいていの人はロマンのためだけに学者になるものなのでしょうか?大学の助教授になれるほどの頭脳を持った人々でさえ、もし彼らが医者として働くことを決めていたらその何倍もの収入を得られたの...続きを読む

Aベストアンサー

 
 人それぞれだし、生物学者といっても医者を長年やってきて基礎研究をやっている人もいれば様々です。

 まあ、色々考えるのは悪くないですから結局どのような道に進むのが正解とか簡単とかそういうのは一概に言えないのが人生ですよ。お医者さんだって誰もが楽して稼いでいるワケでもないですし、逆に田舎の方のすごく暇なことろの方が給料は多いそうですけど、それでもじゃあ毎日高齢者(差別的意味はない)の検診ばかりしていて無難な薬をあげるだけという人生なら1000万とか平均サラリーマンより”小”金持ちだったからといって満足行かなでしょうに。逆に、本当に最先端の治療を都会に学びに行こうと思えばそれなりに給料も安くてしかも倍率が高いでしょう。仮に、大手企業のサラリーマンになったところで、周りとの出世争いや企業のコマとして時にはサービス残業をしながら自分のやりたくないかもしれない仕事を日夜やり続ける必要があるでしょう。結局言いたいのは、「どんな世界でもそれなりに色々な面で充実感を満たすことを目標とすれば努力しなくてはいけない。」のです。楽して全てを手に入れられる道があったとしてもそれは「運」というコントロールが難しいものに頼る必要があったり、逆にお金持ちの家に生まれたならそれなりの精神的プレッシャーとかもあるでしょうし、開業医たって経営者ですから本来の医者というより金のために働いているという不満があるかもしれません。もちろん自分の能力相応でなければ、周りからの評価もかなり低いものになるでしょう。


あなたが高校生で判断しているのは多分ごく一部の限られた世界だけでしかないわけで、それは多分いい面をあれば悪い面もあるのです。一つの基準は「お金」ですが、それが第一目標だったら多分医者の世界にはいることはあまり得策ではないかもしれないという人だっています。一生遊んで暮らせるほど金があったとしても、多分一生あそんでくらして満足できるとおもっている人は世の中に少なく、それなりに何かをしたくなるのが人間の性です。歴史的な大富豪(とくにアメリカ)が、財団とかをつくったりして社会貢献しようとするのとか、お金もちがわざわざいうほど給料の高くない政治家になりたがるのはなぜか?それがわかるでしょうか?結局、「お金」がなければそれが重要な課題になりますが、お金はあくまで一つの基準でしかないのです。この場合年収700万と1000万を天秤にかけたとしてその差をどう思うか、そしてそもそも700万という値は決して低くないというのも一つの基準にはなり得るでしょう。


研究ってのは確かに辛いです。失敗と成功どちらが多いかといえば多分失敗の方が多いでしょう。上の立場になれば雑用や研究費をとることが目標になってしまっているような感さえあるとおもいます。ただ、それでも結局は利益で動く企業とは違った研究の魅力があるのです。どんなにデメリットが大きかろうが努力の割似合わないかもしれなかろうが、それがいいとおもうなら努力するのは当然でしょう。何でもかんでも損得、努力の割似合うか合わないかでものごとを考えるというのは多分世の中人生をたやすく考えすぎています。親の仕事を次ぐんだろうがコネ入社だろうが世の中そんなに簡単に自分だけ満足した形で成功できるなんてことはありえません。

お金に固執するとか、金銭感覚うんうんというのはいい面もあれば悪い面もあるのです。お金とか金銭感覚に高校生のころからそんなに固執して、仮に研究が楽しくてもそっちに行くだけの努力ができないのならばそれはある意味不幸だとも私は思います。私はあなたが言うほどお金に縛られてはいませんが、それでももっとお金に固執しないで、心から研究だけに没頭できる、楽しめる学者はもちろんいます。かれらは、給料が低いかもしれませんが私は彼らが優れているとかすごいというよりもある意味羨ましいとさえ思います。逆に言えば、高校生のあなたはまだそういう純粋な「夢」を語ってそしてかなえるための可能性は無限にあるのに、短絡的な損得とか、努力の割に合わないとか一部の評価による毒されたような意見だけに縛られてしまうのはなんだか残念です。楽に医学部に入れるような能力があるなら、もっと柔軟に将来を考えて自分の人生楽しんでほしいです。若いのに、固くそして狭く考えすぎです。金銭感覚だってその気になればやっていけたりもするもんですし、それができない恐怖ってのがある意味貧乏人にはない不幸なのかもしれないでしょう?

長文になって済みません。つまり質問の結論をのべますと「人によるし、後悔している人も沢山いるでしょう。だけど逆に無難な道を行った多くの会社員、臨床医からすれば自分の研究で楽しく無難に食っていけるなんて羨ましいし、自分の生活はつまらないなあ。という人も沢山いる。」というのが答えでしょうか。

 
 人それぞれだし、生物学者といっても医者を長年やってきて基礎研究をやっている人もいれば様々です。

 まあ、色々考えるのは悪くないですから結局どのような道に進むのが正解とか簡単とかそういうのは一概に言えないのが人生ですよ。お医者さんだって誰もが楽して稼いでいるワケでもないですし、逆に田舎の方のすごく暇なことろの方が給料は多いそうですけど、それでもじゃあ毎日高齢者(差別的意味はない)の検診ばかりしていて無難な薬をあげるだけという人生なら1000万とか平均サラリーマンより”小”金持...続きを読む

Q動物学を学べる海外の大学を探してます

今年の春から大学生になる者です。

日本の大学は動物学とは全く関係のない学部ですが、小さなころから動物が大好きで動物福祉にとても興味がありました。
日本はあまり動物福祉が発達してませんし、出来るならより発達している海外の大学に留学したいと考えています。留学と言っても、2年次か3年次に休学して1年~2年程行きたいと思っています。

英語も勉強したいので、出来ればイギリスかアメリカでその様な大学はないでしょうか。
回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

動物福祉の大学連合(UFAW:Universities Federation for Animal Wlfare)のサイトに、英米を中心に加盟大学:http://www.ufaw.org.uk/links-news-events.php が載っています。

動物福祉と言っても、獣医学や動物看護学から動物行動科学や動物園学等まで幅があるので、あなたが目指す科目が取れる大学を上記サイトを参照して調べて見たら如何ですか。

ざっと見た所では、動物に関する学科は、当然の事かも知れませんが、理科系の学科のようですので、「>2年次か3年次に休学して1年~2年程。。。」の留学ですと、勉強が難儀かも知れませんね。

今から、英語と共に、関連科目の基礎を勉強して置くと良いのではないでしょうか。

Q動物行動学を学ぶには・・・

私はいま高校2年生です。
大学では動物行動学を学びたいと考えています。
しかし、どの大学のどういう学科学部に入ればいいのでしょうか?
全くわかりません。
獣医学部で学べると聞いたことがありますが私には獣医学部に入れるような頭がありません。
動物行動学だけ学べる学科学部はないのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

動物行動学は生物関係の学科なら高確率で学ぶ学問ですのでまずはどんな生物の行動学がやりたいかを考えるべきです。たとえば哺乳類なら獣医学科・生物学科、魚類なら水産学科という具合です。そして大学の教授リストを探し、そのような研究をやっている先生がいることを確かめることですね。授業リストでもいいですよ。大学のホームページで調べてください。それと注意点がひとつ、動物行動学は恐ろしいぐらい難解な学問です。生物が得意というだけでは到底理解することはできません。必ず、数学を勉強しておいてください。教科書は行列・微分・積分のオンパレードです。

Q獣医学科卒者の就職って...

私は小学生の頃からずっと動物病院で働く獣医師になりたくて、今年東京農工大学の獣医学科を受験しました。結果は失敗でしたが、やっぱり獣医師になりたいので、来年も獣医学科を受験しようと考えています。しかし、親や親戚は「獣医はもう世間に飽和状態だから、来年は医学部に行きなよ。」と言ってきます。確かに獣医学科は定員が少ない割りに倍率がものすごく高く、医学部に興味がないわけでもないので最近ゆれ始めてしまいました。そこで質問です!獣医学科を卒業しても動物病院などの就職口はそんなに少ないものなのでしょうか?ちなみに私は経済的な事情から、開業するつもりはなく、勤務医(?)志望です。

Aベストアンサー

約5年前に北大獣医学部を卒業したものです。
現在民間企業(動物用ワクチン製造)で研究開発に携わっています。

jyuuiさんがおたずねになっている動物病院の就職口は少ないどころではないですよ。

大学にくる求人案内をみてると動物病院の多さに驚きます。


ご両親の方がおっしゃるのは将来開業するということを考えてのことですね。

勤務医として続けていくのなら就職口はたくさんあると思いますよ。
知り合いの獣医師はベテラン勤務医がこれからは要求されるといっていました。
(ある程度経験をつむとみんな開業してしまうため)

以下のサイトに求人の掲示板がありますので一度ご覧になっては?

乱文でわかりにくかったらすみません。

参考URL:http://www.vets.ne.jp/

Q動物を救える職業てなんですか?

私は動物が好きで
テレビなんかで動物の虐待事件なんかを聞いたりすると許せません。
また動物の殺処分なんかもとても悲しくおもいます

私は今年の4月で高3になるので進路などを決めなければいけません。

そこで思ったのは、こうした動物たちを救う仕事につけたらいいなと思いました。

そういうような仕事はあるのでしょうか?
あるとしたらなんでしょうか

Aベストアンサー

 質問者さまの素晴らしい意志に感動しました。テレビで見たのですが、イギリス、ドイツ、アメリカなどには、動物を救済するための公的機関があって、動物が虐待されているようなところはないかパトロールしたり、市民から通報を受けて虐待をしている人のところに行って注意、警告をしているようです。そこに勤務している専門の職員もいるらしいです。日本の保健所でもそういうことはやっていると思うけど、たくさんある仕事の中のほんの一部という感じで、虐待されている動物を助けるのが専門という公的機関は日本にはないと思います。虐待されている動物を助けるためにがんばっているのは、動物愛護団体の人たちだと思うのですが、そういう団体の人たちは、それが専門の仕事というわけではなく、ほかに仕事を持っていて、仕事の合間にボランティア活動をしているのだと思います。ただ、よほど大きな団体であれば、専門の職員もいて給料ももらえるかもしれません。たとえば、WWFジャパとかは、専門の職員がいるかもしれません。
 さて、愛護団体の人たちが、虐待をしている人から動物を助けるときに頼りにするのが、法律にくわしい弁護士だと思います。なので、弁護士の資格をとって、動物愛護団体のところに行き、なにか手伝えることがあれば協力します、というふうに売り込みに行くというのが一つの方法としてあるでしょう。
 質問者さまのように、動物を助ける仕事がしたいと思っている人に対して、必ず「どうせ、人間は動物を食べているのだから、動物を助けたいと思うのはばかげている。」というような反対意見を言う人がいます。
しかし、そのような反対意見はおかしいと思います。それは、「テストで百点をとれないなら、0点でいい。」と言っているようなものです。助けられる動物は助けたい、と思うのは人間社会に必要なやさしさだと思います。
 動物を助ける職業にどんなものがあるか、ということについては、下記に問い合わせるとよいでしょう。
http://www.arkbark.net/?q=ja/
http://www.wwf.or.jp/

 質問者さまの素晴らしい意志に感動しました。テレビで見たのですが、イギリス、ドイツ、アメリカなどには、動物を救済するための公的機関があって、動物が虐待されているようなところはないかパトロールしたり、市民から通報を受けて虐待をしている人のところに行って注意、警告をしているようです。そこに勤務している専門の職員もいるらしいです。日本の保健所でもそういうことはやっていると思うけど、たくさんある仕事の中のほんの一部という感じで、虐待されている動物を助けるのが専門という公的機関は日...続きを読む

Q海の生物にかかわりながら仕事がしたい

子供の進路についてですが、中学3年になる息子がいます。
海の生物を飼育、研究にかかわりながら仕事がしたい。
そのような企業等に就職するには、
どのような大学の?学部に進んだら良いのでしょうか?
また、大学以外にも進路はあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

農学部学生です。
私も生き物が大好きで(陸・海かかわらず)関われる仕事をしたいと思い、現在の大学・学部にいます。
いろいろ就職考えてますが、生物にかかわりながらお仕事するというのはけっこう難しいです。

まず研究する仕事ということになると大学で助手・助教授・教授になることがひとつ方法ですがこれは狭き門です。大学院で博士号をとることが必要ですが、博士課程を卒業しても毎年1割程度の人しか助手になれません。教授になってしまえばけっこう好き勝手に研究できます。
こちらの道に関してですが、殺す覚悟が必要になることもあります。生態学なら大丈夫ですが生理学的な内容だと年間かなりの数を殺すことになったりします。

保護関係の施設や企業は日本ではかなり少ないです。挙げるとすれば主に水族館(私営)・動物園(大半が公営)ですがこれも募集が少なく、就職は難しいですよ。関連する大学に行っても特に有利ということはなかったりします。他にもウミガメやクジラ等の飼育施設はいくつかありますが就職状況は多分水族館と変わりないと思います。大学でても就職しにくいというか、動物園ではむしろ嫌われることもあるようです。この場合学校云々よりコネが一番強力みたいです。

一番就職等に関しリスクが少ないのは獣医だと思いますが、まず大学に入るのがとっても難しいです。センター試験は得点は8割以上必要です。大学入って卒業できればかなり高い確率で動物にさわりながら働けます。学校で学ぶ間にちょこちょこ動物を殺しますのでこちらも覚悟が必要です。
  
かなり現実的でないレベルで難しいですが、海外だと保護関係の活動に企業がお金を出してくれるところがあるようです。こちらは私もあまり調べてないので詳しくないですが、一応可能性としてこちらの道もなくはないです。

学部は水産学部、農学部、獣医学部、一部の理学部(顕微鏡レベルかそれより小さい単位の大きさでの研究が多いです)。
学科は水産(水産環境)学科やその他動物系の学科の一部ではウミガメやクジラ類を扱っていますし、ヒトデやホヤでよければ発生学ではよく使われていますよ。環境系の学科でも海草やってるところがあります。
学科はいろんな大学に点在しているので国立大学だけでも探すとかなりありますよ。教授職につきたいのであればやはりレベルの高いところ(有名大学)をお勧めします。

最後にお仕事ではないですが、ボランティアで保護に携わっていくことも可能ですよ。

農学部学生です。
私も生き物が大好きで(陸・海かかわらず)関われる仕事をしたいと思い、現在の大学・学部にいます。
いろいろ就職考えてますが、生物にかかわりながらお仕事するというのはけっこう難しいです。

まず研究する仕事ということになると大学で助手・助教授・教授になることがひとつ方法ですがこれは狭き門です。大学院で博士号をとることが必要ですが、博士課程を卒業しても毎年1割程度の人しか助手になれません。教授になってしまえばけっこう好き勝手に研究できます。
こちらの道に関してで...続きを読む

Q獣医学科での動物実験について

獣医学科の動物実験についてお伺いしたいことがあります。

私は獣医学科を目指す受験生なのですが、動物実験について詳しく知りたいです。
・動物実験とは具体的にどのようなことをするのか
・動物実験はだいたい何年次からやるのか
・動物実験はどのくらいの頻度で行われるのか
(箇条書きでスミマセン)

それと、獣医学科に限らず実際に動物実験をやられた方は、やってみて
どのように感じたかも教えていただけると幸いです。
また、動物実験によって挫折する学生は実際にいるのか、
慣れてしまうものなのか、乗り越えられるものなのかも教えて下さい。

あと、解剖は死んだ動物を使うとネットで聞いたのですが本当ですか?
死んだというのは、安楽死などの方法で殺した動物のことなのでしょうか。
または、実験に使った動物を最終的に安楽死させ・・・なのでしょうか。

最後に。
動物実験について思うこと(意見)をぜひ書いていただけたらと思います。
私は、今の日本ですぐに獣医学を学ぶとしたら避けられないと分かっているので
仕方がないと思うしかないと思っているのですが・・・。

どの質問も大学によって違いがあると思いますが、だいたいでお願いします。
ちなみに、私は関東の私立大を志望する予定です。
よろしくお願い致します。

獣医学科の動物実験についてお伺いしたいことがあります。

私は獣医学科を目指す受験生なのですが、動物実験について詳しく知りたいです。
・動物実験とは具体的にどのようなことをするのか
・動物実験はだいたい何年次からやるのか
・動物実験はどのくらいの頻度で行われるのか
(箇条書きでスミマセン)

それと、獣医学科に限らず実際に動物実験をやられた方は、やってみて
どのように感じたかも教えていただけると幸いです。
また、動物実験によって挫折する学生は実際にいるのか、
慣れてしまう...続きを読む

Aベストアンサー

関東の私立大の獣医学生です。
動物実験といっても安楽死させて解剖するような場合と、投薬実験など生かしたまま行う実験(こちらでも最終的には安楽死させることがほとんどですが)とがありますが、ここでは“動物の命を奪う”実験をメインに、私が知っている範囲で書きます。

■まず授業での動物実験ですが、
一年次:「生物学実習」で魚とカエルとマウスの解剖、マウスの大腿骨の骨髄液の観察。
二年次:「獣医解剖学実習」で犬体解剖、牛体解剖と馬体解剖(こちらは先生が解剖しているのを見学するだけ)
三年次:生理学実習でカエルを使った心機能の実験、ラットを使った神経系の実験
・・・このくらいだったと思います。

一年でやった解剖は、高校でも行うようなレベルのものです。
動物実験の一番のヤマは二年の犬体解剖でしょう。1グループ6人くらいで一頭のビーグルを2週間かけて解剖し、筋や内臓を見ていきます。犬はすでに解剖の研究室の人が落として(安楽死させて)くれているので、学生は剥皮から行います。
初めはこんな実習やり通せるのかと不安でしたが、悲しいかな意外に「普通」で・・・しっかり目を見開いてやり通しました。臭いで気持ち悪くなる人や立ちっぱなしで貧血になった人(←私)はいましたが、みんな獣医学科に入る時点である程度は覚悟できているようでした。
でもお隣の動物応用科学科で行ったヤギ解剖のときは、泣いてしまって実習に最後まで参加できない人もいたようです。

犬体解剖のときは、毎日まず初めに班のみんなで黙祷しました。2週間も同じイヌを使うので、「うちのコ」とか呼んでました。終わってみて、写真満載の教科書を見たけど、これは本じゃわからないな、と思いました。

■動物実験が主として行われる場は、授業ではなく研究室です。動物実験の内容と頻度は、どの研究室に所属するか、どんな研究テーマで卒論を書くかによって大きく変わってきます。
例えば解剖や外科の研究室に入ればそういった機会も多くなるでしょう。栄養の研究室などは動物を殺すことは少ないでしょうし、動物実験の代替法を研究している研究室もあります。どうしても動物実験をしたくない場合は基礎教育系(英語や数学など)や動物行動学の研究室もあります。

慣れるかといえば、まぁ多少は慣れます。やはり初めて自分の手でラットを落としたときが一番ショックでしたから。ただやはり、今でも落とすのはつらいです。“これは安楽死なんだ”って自分に言い聞かせたり。その後しばらくブルーな気持ちになります・・・。でもそれで挫折するような人は獣医学科にはいないと思います。完全に慣れるということは絶対にないけど、乗り越えることはできます。
また前にも書きましたが授業中に使う動物はたいていあらかじめ落としておいてくれた動物なので、入る研究室によっては在学中に一度も自分の手で動物を殺すことはない、と言う人もいるかもしれません。

* * *
だいぶ長くなってしまってごめんなさい(^-^;)
高学年になってからのことはわかりませんが、何かあったらまた質問してくださいね!

関東の私立大の獣医学生です。
動物実験といっても安楽死させて解剖するような場合と、投薬実験など生かしたまま行う実験(こちらでも最終的には安楽死させることがほとんどですが)とがありますが、ここでは“動物の命を奪う”実験をメインに、私が知っている範囲で書きます。

■まず授業での動物実験ですが、
一年次:「生物学実習」で魚とカエルとマウスの解剖、マウスの大腿骨の骨髄液の観察。
二年次:「獣医解剖学実習」で犬体解剖、牛体解剖と馬体解剖(こちらは先生が解剖しているのを見学するだけ)
...続きを読む

Q動物関係の仕事につきたいのですが・・・

僕は今高校2年なんですが(4月から3年)、進路をとても迷っています;;そこで、僕は将来動物関係(獣医除く)の仕事につきたいと思っているのですが、その仕事につくには大学のどういう学部を選択すればいいのですか??下手に大学に行くよりは専門学校の方がいいでしょうか??教えてください

Aベストアンサー

こんにちは。
とりあえず、就職に有利な、といった話からしますね。
手前味噌な感じで申し訳ないですが、私の話です。
学校での勉強は、大学の農学部で畜産をやりました。
最初の仕事は、一般大型商店のペット用品担当、
次は私立の動物園、
現在は、身体障害者補助犬育成団体で研修生をしています。

最初の就職のときは、学校の専攻はほとんど関係がなかったです。一般企業の就職試験と同じでした。
私立の動物園は、私の場合は知り合いの紹介でした。
園園によって、採用方法は違うと思います。私のいたところは欠員が出たときの不定期採用で、募集の必要があったときは、知り合いの動物専門学校に声をかけて、といった具合でした。一般から飛び込みの電話があっても、そのときたまたま採用がなければ、「今ないです」で終わっていました。希望者は沢山いるので、個別に連絡を取ってあげるほどの余裕はないのだと思います。ただし、専門学校の中には、いいところもあれば悪いところもあると思いますし、たいして就職の足しにも何の勉強にもならないところも沢山あると聞きます。学校の外部研修としてあちこちの動物園や施設に研修に行って、色々経験を深めたり、考えるきっかけには成るかもしれませんが、研修だけなら専門学校に在籍していなくても受け付けている施設はあるのではないかなーと思います。また他の私立動物園では、専門学校卒は一切取らず、大卒のみ四月に定期採用を行っている、というところもあるようです。
公立の動物園は、園園によって違うようですが、公務員試験を受けることになるところがほとんどだと思います。受かっても動物園に配属になるか、実力以外の事情などがあって、かなり難しいと噂としては聞きます。

今の施設は、どうせ動物でも、人に直接役に立つことを、と志して、HPで探しました。研修生を募集していたので、その試験を受けました。うちの施設は、研修生は給料なしですけど、かなり研修内容はよいです。ただでこんな研修受けて、いいの!?という感じで、勉強になります。試験は結構な倍率でした。動物の知識はほとんど関係なく、一般教養と人間性だけでした。動物の、というより福祉の仕事をしたい、強い意志があることが必要だと思います。(施設によっては、あやしいところもあるようなので、ちゃんと調べることが必要です)

他にも、動物関係の仕事は山ほどあります。
大学に行くにしても、色々な大学の学部を調べると、思いもよらない学部に動物を勉強する学科があったりします。
年をとってからでも、収入や社会的立場を気にしなければ色々な道があるものです。あせらずに、本を読んだり、インターネットであさってみたり、色々沢山動物関係の道を探してみるといいと思います。

こんにちは。
とりあえず、就職に有利な、といった話からしますね。
手前味噌な感じで申し訳ないですが、私の話です。
学校での勉強は、大学の農学部で畜産をやりました。
最初の仕事は、一般大型商店のペット用品担当、
次は私立の動物園、
現在は、身体障害者補助犬育成団体で研修生をしています。

最初の就職のときは、学校の専攻はほとんど関係がなかったです。一般企業の就職試験と同じでした。
私立の動物園は、私の場合は知り合いの紹介でした。
園園によって、採用方法は違うと思います。私の...続きを読む


人気Q&Aランキング