1年程前に交通事故に遭って、事故の治療で何度が相談させてもらいましたlots125です。
今現在、治療費の事で保険会社と交渉中です。
交渉中の内容は救急車で運ばれて行った病院で歯の治療を行っていました。
しかし、一応さし歯にして治療完了・・・と言うわけだったのですがどうも歯の様子がおかしい。病院の歯科医は「時間が経てば治ってくる」と言ってはや4ヶ月が過ぎました。学校があり、行けなかったりもしました。しかし、一向に治る気配がなく、我慢できなくて他の歯科医院に行きました。
そしたら歯が折れているからもう一度治療をしなおしたほうがいいと言われ、最初の病院と再治療の交渉をし、保険会社の診断書だどの手続きを訂正すると言ってくれました。今通っている歯科医院は歯はそう簡単に折れないし、もともと歯は折れていたのだろうといいました。

保険会社にいって再治療分の治療費を請求したところ、事故との因果関係がないので支払いは無理と言われてしまいました。
 地域の無料弁護士に相談したら、因果関係を証明するのは被害者だからやるしかないねと言われました。
 そこで一番最初にかかった病院(歯科)レントゲンを借りて証拠にして裁判までいかずに交渉をしたいのです。 
 前、ここの法律のところで相談したところ、手続きをすれば借りられると言われました。

詳しい手続き内容とか知っている方教えてもらえないでしょうか?

後日、保険会社の人たちと交渉をするのでそれまでに知りたいのです。

どうかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 本来、患者様のレントゲン写真は、患者様ご本人のもので、病院の所有物ではありません。

しかし、レントゲン写真を自分で持っていても、使い道があまりないので、病院に預けている場合がほとんどです。
 ですから、病院は、患者様から「レントゲン写真が必要。」と申し出があれば断ることはできません。
 通常、1年前ですと、すぐに取り出せる場所に保管されていると思いますが、大きな病院ですと、全科一緒に保管されていたりして、探すのに時間がかかるかもしれませんし、探す日をきめている病院もありますので、病院によっては1~2週間くらいかかるところもあります。
 手続きも、電話で、住所・氏名・年齢・撮影日・受診科等を伝えるだけで、用意しておいてくれる病院がおおいですが、中には、本人が直接行って申込書をかかなければいけない病院もあります。
 いずれにしても、受け取るときには、本人の証明となるもの、または、本人が行けないときは、委任状が必要となります。これは、第三者が悪用しないためにです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
レントゲンは自分の所有物なんですね。初めて知りました。では早速明日、電話して手続き内容など詳しい方法を聞いてみます。本当に助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/19 00:12

 前もって電話などで貸し出しをしてくれることを確認し、手続き方法を聞きます。

通常は、受診科、受診年月、生年月日、氏名、使用目的、病院の受診カードがあればその番号などを伝えるか、それらを指定の様式に記入することになります。病院の規模にもよりますが、すぐに対応してくれる場合もありますし、後日指定された日に取りに行く場合もあります。免許証等の顔写真入りの、身分証明が出来るものを持参して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答本当に助かりました。明日、すぐに電話して手続き内容を聞いてみます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/19 00:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレントゲン写真のコピーが欲しいのですが・・・

先日、軽い腰痛が数日続いた為、大事をとって整形外科で受診しました。
後々、整体院などへ行く可能性も有るのでその時に撮影した腰部のレントゲン写真を欲しいとお願いしたところ外注の業者に出さなければならないので日数がかなり掛かり費用も一枚3千円位掛かると言われました。
一般的には院内でコピーの作成は可能で費用も一枚5~600円と聞きましたが本当なのでしょうか?
今回受診した病院はチョット金儲けの臭いが漂っていたので不審に思いました。
軽い腰痛で初診時にレントゲン8枚、骨密度検査、尿検査、血液検査、コルセット購入、鎮痛剤、湿布、リハビリー(腰の牽引・腰の電気治療・ウォーターベッドの様な物に寝て機械での全身マッサージ)を行い治療費は10,000円を超えました。MRIの検査も予約を入れてする様に言われましたが、とりあえず予約は入れないで帰ってきました。
もう一度レントゲン写真を見せてもらいに行って、その場で自分のデジカメでレントゲン写真を撮影する事は不可能でしょうか?可能だとすれば何らかの料金は発生するのでしょうか?又、不可能だとすれば法的に不可能という事なのでしょうか?

先日、軽い腰痛が数日続いた為、大事をとって整形外科で受診しました。
後々、整体院などへ行く可能性も有るのでその時に撮影した腰部のレントゲン写真を欲しいとお願いしたところ外注の業者に出さなければならないので日数がかなり掛かり費用も一枚3千円位掛かると言われました。
一般的には院内でコピーの作成は可能で費用も一枚5~600円と聞きましたが本当なのでしょうか?
今回受診した病院はチョット金儲けの臭いが漂っていたので不審に思いました。
軽い腰痛で初診時にレントゲン8枚、骨密度検査、尿...続きを読む

Aベストアンサー

レントゲンのコピーですが、大病院ですと設備があって出来ますが、一般の病院では必要ないのでコピー機はありません。
業者も極めて少なく、レントゲンフィルムを納品してる業者も外注するか、納品先の大学病院などで機器を借りてやっているのが現状です。
手元に私が利用してる東京の業者(地元業者は高いので)の料金表がありますが、値段的には4つ切りサイズで3千円程度になりますから、高いとはいえないと思います。
レントゲンの複写は透過光で行い、病院などでもサーカステンと呼ばれるライトボックスがあると思います。
あれに乗せて写すのですが、時間がかかるので診察の邪魔になり、院内では断られると思います。
自分のレントゲンは基本的には借りる事が可能ですから、簡単な方法なら窓ガラスに半透明の紙を張って写す事も出来ます。
貸し出しを渋る病院も多いですが、基本的には資料は患者の物ですから。
ただ自分で撮ると軟骨などはっきりしませんから、医療的な資料とするなら写真屋さんで複写していただき、2L位の紙焼きにして貰ったらいかがでしょうか。
普通の写真屋はできませんが、大学病院の近くには病院出入りの写真屋があり、大体500~1000円程度と思います。
当然診察を受けてる先生は学生時代に利用してますから、業者は知っていると思いますから、紹介してもらってもよいでしょう。

レントゲンのコピーですが、大病院ですと設備があって出来ますが、一般の病院では必要ないのでコピー機はありません。
業者も極めて少なく、レントゲンフィルムを納品してる業者も外注するか、納品先の大学病院などで機器を借りてやっているのが現状です。
手元に私が利用してる東京の業者(地元業者は高いので)の料金表がありますが、値段的には4つ切りサイズで3千円程度になりますから、高いとはいえないと思います。
レントゲンの複写は透過光で行い、病院などでもサーカステンと呼ばれるライトボックスが...続きを読む

Q後遺障害について

会社の業務中に怪我をして労災にて治療を続けてきて、先日病院の先生に後遺症の診断書を書いて頂き、先週の月曜日に監督署に提出しています。
その際、会社より後日監督署より呼び出しがあって後遺症の認定の面談があるのでレントゲンが必要になるかも、と言われました。
 
そこでお聞きしたいのですが、後遺症の認定というのは医師の診断書だけでは決まらないのでしょうか?
何の為に面談をするのでしょうか?診断書は意味無い?
会社の担当者の方から聞いてこのサイトやネットで色々調べたのですがよく分かりません。
今は監督署からの連絡待ちなのですが、いちよネットで調べて自分は9級に当てはまるのではないかと思うのですが、色々言われて認定されないのでは無いか不安です。
面談というのは誰がするんでしょうか?
また、監督署からの連絡はどれくらいでくるのでしょうか?

詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1で書いた者です。

時間が掛かる理由は、簡単です。
たった一人のために全てをやれるほど気前が良くない為です。

労災の認定を行なっている医師は、専属でいつも居るわけでは有りません。
そんなに労災の後遺障害認定を受ける人が沢山居たら、そもそも問題なわけですからね。

ですから、地区によっても変わりますが、一ヶ月に1度程度。まとめて面接を行なうわけです。
地区で複数の労働基準監督署がまとまってやりますので、電話して日程確認をした後、予定表に加えて面接をやる事になるので、大抵は連絡を取った翌月程度になります。
混んでいれば当然ですが翌々月にずれる事もありえます。

よく考えてくださいね。
後遺障害を負ったとしても、9級で有れば35/100の労働能力損失となります。
全く働けないわけではなく、後遺障害認定を受ける時にはすでにこの投球であれば働いているケースの人もいるわけです。
そうすると、労働基準監督署が押し付けで日程を決める訳にも行かないんです。
ですから融通が効く様に1ヶ月程度猶予を持った日程で組むのが現実なんです。

元々後遺障害は、それ以上良くならない物なのですから、時間が多少遅れても診断内容は変わりません。
もし回復してしまう事を考えられて入るなら、それは良い事なのですから。

また、9級では、年金支給対象では有りませんので、年金受給額が減ると言う事にもなりません。
ですので、遅いからどうのと言う事はありません。

>等級というのは面談の日に決まらないんでしょうか?

決まりません。
決定権は面談した医師にはありませんし、労働基準監督署の彼方の担当官の様な下っ端が出来る物ではありません。
お役所なのですから、認定は労働基準監督署の所長が行ないます。
面接の場所にわざわざ出向いてその場で決定する事はありません。


>大体の資料(診断書含)は監督署も把握してあると思うのですが???

前に書いた内容をもう一度読まれてください。
どれに当てはまるのかを書かれて居るのであれば、どう見てもすぐに分かると言う物もありますがそうでない物もあります。
医師の診断書だって、偽造と言うのがありえる訳です。
そう言う事がないのでしょうから、何も恐れる必要もない訳ですよ。

また、診断書に何が書かれて居なければならないのかと言うことは、大学の医学部では教えて居ません。ですから、判らないのです。
指が動かないといっても、労災の認定基準の中には、
稼動域の制限無し、稼動域の制限あり、著しく稼動域に制限を受ける物、用廃した物。
この基準がその場で居える医師なんてまず居ません。
患者本人から「今までより稼動域が狭くなった。」と言われても、
基準の稼動域が確保できれば制限無しになります。
医師によっては稼動域制限があると書くかもしれません。
また悪い方では、ぴくりとでも動けば、用廃とはなりませんが、これじゃ動いてないのと一緒だねと。「動かない。」と書かれても、労災の基準は用廃に成らないのです。
だから面接でハッキリした基準に照らし合わせるのです。


>また、認定医というのは普通の病院の医師ですか?

医師免許を持っている医師です。
労働局と契約を結んでおり、認定をする為の基準なども理解して居る医師です。
勤務医の場合も有りますし、個人開業医の場合もあります。

認定医になるには、医師免許があれば良いのですから何処に勤務して居るなどは何も関係ありません。
もし勤務していたとして、診断書を書いたとすれば、面接は別の医師に替えられる物と思いますよ。


私の場合ですが、労働基準監督署に書類を提出してから、認定が降りるまでの期間は、約6ヶ月ほど掛かりました。
4~6ヶ月位は掛かると思われた方が良いと思いますよ。

1で書いた者です。

時間が掛かる理由は、簡単です。
たった一人のために全てをやれるほど気前が良くない為です。

労災の認定を行なっている医師は、専属でいつも居るわけでは有りません。
そんなに労災の後遺障害認定を受ける人が沢山居たら、そもそも問題なわけですからね。

ですから、地区によっても変わりますが、一ヶ月に1度程度。まとめて面接を行なうわけです。
地区で複数の労働基準監督署がまとまってやりますので、電話して日程確認をした後、予定表に加えて面接をやる事になるので、大抵...続きを読む

Q病院の検査画像をCDでもらう料金とは?

病院で血液検査をすると検査結果の控えをくれるのは普通(当然)ですが、
X線、CT、MRIなどの画像をCD-Rで下さいと言うと、対応がさまざまです。
・無料でくれるところもあります
・手数料として1000~3000円といわれるところもあります
・「買い取ってくれ」という医院もありました・・・?

しかしながら、
・正規の検査報酬(保険点数)を支払っているのは患者本人【健保組合を含めて】である。
・検査画像は、患者本人の個人情報=肖像権? ではないのか。
・本人が個人情報を求めているのに、それを拒否(別途費用を求める)のは不法行為ではないのか。
という、釈然としないところもあります。

ある大病院で、押し問答をしたところ、最初3000円と言っていたのが無料になった場合もありました。
(笑)
任意扱いの診断書と同じように、病院の胸算用で決めているようです。


法的にはどうなのでしょうか?
検査画像の所有権(副本でもいい)は患者にあるのでしょうか?
CD-Rへのコピーはワンクリックで出来ますので、対価としてもせいぜい数百円が妥当ではないかと?

保険診療(検査)を受けた結果について、このような不服がある場合は、どこか第三者機関に申し立てする窓口とかはありますか?

病院で血液検査をすると検査結果の控えをくれるのは普通(当然)ですが、
X線、CT、MRIなどの画像をCD-Rで下さいと言うと、対応がさまざまです。
・無料でくれるところもあります
・手数料として1000~3000円といわれるところもあります
・「買い取ってくれ」という医院もありました・・・?

しかしながら、
・正規の検査報酬(保険点数)を支払っているのは患者本人【健保組合を含めて】である。
・検査画像は、患者本人の個人情報=肖像権? ではないのか。
・本人が個人情報を求めているのに、それを拒...続きを読む

Aベストアンサー

保険診療においての法律上は,依然として父権的な要素が残っています。時代錯誤に感じられるかもしれません。法的にということで,可能な限り根拠法令を出しましたが,その分長くなりました。すみません。

>正規の検査報酬(保険点数)を支払っているのは患者本人【健保組合を含めて】である。

法律上は逆で,診療報酬を支払っているのは健康保険組合です。健康保険組合へは被保険者(患者)が保険料を支払い,診療報酬の一部負担金を保険組合に代わって保険医療機関に支払っている構図になります。健康保険法第76条です。
また,健康保険法第52条でも「被保険者に係るこの法律による保険給付は、次のとおりとする。 一  療養の給付並びに入院時食事療養費、入院時生活療養費、保険外併用療養費、療養費、訪問看護療養費及び移送費の支給」とあるように,保険組合は保険医療機関を通じて被保険者(患者)に「療養」を給付している形をとります。患者本人が支払う自由診療を無視すると,保険料を払っているので診療費を払っているように思えますが,法的には異なる扱いになります。


>検査画像は、患者本人の個人情報=肖像権? ではないのか。

検査画像に関しては肖像権よりも著作権の方がしっくりくるかもしれません。人物画像をとった写真と考えると,うつっている人には肖像権があり,撮影した人に著作権があります。
検査画像はプライバシー情報なので撮影した病院には保護する義務があります。医療法施行規則20条です。権利を争うことを想定していないので,著作権を認めたものではなく,管理義務を規定したものになっています。仮に,患者が肖像権を主張すると医療機関は著作権を主張することになるでしょう。肖像権に相当するものも想定されていない制度なので,誰かが裁判を起こして判例を得ない限り,どういう権利が設定されるか,分かりません。


>本人が個人情報を求めているのに、それを拒否(別途費用を求める)のは不法行為ではないのか。

検査画像も診療情報と同様とみなされますので,各医療機関が持つカルテ開示の内規に則って請求した場合,それを拒否することはできず,厚労省の規定のガイドラインの違反となります(不法行為まではいえません)。費用負担については,そのガイドラインでも徴収可能とかいてありますので,不法行為とは言えません。
対価に関しても「実費を勘案して合理的であると認められる範囲内の額」として医療機関にゆだねられています。CD-Rの費用プラス機器の減価償却,人件費程度でしょうか。(診療情報の提供等に関する指針)


>保険診療(検査)を受けた結果について、このような不服がある場合は、どこか第三者機関に申し立てする窓口とかはありますか?
医療安全支援センターですね。(医療法第6条の11)各都道府県、保健所設置地区、二次医療圏ごとに設置することになっています。


蛇足
>病院で血液検査をすると検査結果の控えをくれるのは普通(当然)ですが、
これも実は明文化されたルールはごく限定的です。検査結果の説明を受ける権利はあるのですが,検査結果を文書で説明を受けるのは「外来迅速検体検査加算」を算定される場合のみ,医療機関に義務が課されます。すなわち「(前略)当日当該保険医療機関で行われた検体検査について、当日中に結果を説明した上で文書により情報を提供し、結果に基づく診療が行われた場合に(後略)」と規定されますので,文書で説明が必要になりますが,それ以外では検査結果を渡す法令の根拠のある義務はありません。あくまで法的にですが。

保険診療においての法律上は,依然として父権的な要素が残っています。時代錯誤に感じられるかもしれません。法的にということで,可能な限り根拠法令を出しましたが,その分長くなりました。すみません。

>正規の検査報酬(保険点数)を支払っているのは患者本人【健保組合を含めて】である。

法律上は逆で,診療報酬を支払っているのは健康保険組合です。健康保険組合へは被保険者(患者)が保険料を支払い,診療報酬の一部負担金を保険組合に代わって保険医療機関に支払っている構図になります。健康保険法第...続きを読む


人気Q&Aランキング