友人はアマチュアのミュージシャンでオリジナルのバンドをしています。
あるプロデューサーに才能をかわれて、レコード会社に売り込む為の
デモテープを作成するために、そのプロデューサーの事務所が所有している
スタジオでレコーディングをやりました、事務所とは契約を交わしているわけではないので、その間ギャラはしはらわれませんでしたので、拘束されている間は
アルバイトを休んで行われました、レコーディングの費用は事務所がもちました
3が月間行われました、もちろん作詞作曲はバンドがやっています

その間プロデューサーがかなり横暴になり、音楽的にも意見がすれ違ってきたので
耐えられなくなり、プロデューサーの横暴な態度や意見の食い違いに
かなり悩み傷ついている旨を伝えました、
すると、あっけなく「それなら、もうやりません」と首を切られてしまいました。

まだレコーディングは途中だったのでそのレコーディングデータを貸してもらいたいと、お願いしましたが、そのデータは今使っているのでかせません、と
言われてしまいました、

こういった場合ミュージシャンにはそのデータを借りたり
コピーしてもらう権利はないのでしょうか?

一応ラフなコピー(CDに焼いてもらった)はもらいましたが、
それはまだ未完成な状態の物なので、自分達で完成させたいので
データ(音をいじる事ができるモトのレコーディングデータ)を
コピーしてもらいたいのです。

法律なのかモラルなのか微妙かもしれませんが、この事でかなりガックリ
きているのです、どなたか是非教えてください、
お願いします・・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちわ。


aiko8080さん、大丈夫ですか~?気を落としてらっしゃるかもしれませんが、この現実をなんとか乗り越えて下さい。

まず、そのデータが保存されているのはスタジオのDigiDriveというハードディスクだと思われますので、コピーをもらえない理由は、スタジオ側のデータ整理をする都合上というふうにも考えられます。ProToolsスタジオなどですと、つくったデータをそのままDigiDrive内に残して行かれることが多々あります。ただし、これが続くとハードディスクの容量も足りなくなり、スタジオ機材としての運用能力が低下しますので、いずれは整理して他のハードディスクなどにコピーして制作者に渡すようにしています。本当ならば、セッションを始める時点でハードディスクを制作者側が持ち込み、終了時にそのまま持ち帰ってもらえるといいのですが、なかなかそこまで気を利かせてくれる人は少ないのが現状です。
ですから、少し待たされてしまうかもしれませんが、「今使っているので渡せない」という言い方ならば、いずれデータをもらえる可能性もありますよ。ただし個人的な意見ですが、それなりの制作活動の環境を提供してもらったおかげで作られたデータですので、それを他の事務所やレコード会社に売り込むことには賛成できません。

レコーディングに入る前に、そのプロデューサーがちゃんと自分たちの音楽性を理解してくれるか、後に方向性が狂ってしまうような誤解はないかを事前によく話し合いしておくことが必要だったかと思います。また同時に、その制作活動をすることで発生する権利関係が制作者(プロデューサー側)に帰属するのか・そうでないのかについても、契約または覚書をかわしておいたほうがよかったかと思います。

今回はショックな結果になってしまったかもしれませんが、この業界ではうまくいかないことのほうがたくさんあります。痛いけどいい経験になったと思って、今後もいい音楽活動を続けていただければと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分の事ではないのでその辺わかりませんが
多分今後また音楽をやめてしまうわけではないと思います
ですので、又このようなケースに出くわさないとも言い切れないのでとてもよいアドバイスをしていただいたと思います
彼等にはがんばってほしいので、今度はもっとしっかり話し会うように
言ってみます、ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/20 00:13

ミュージシャン側は制作者側(プロデューサー側)にデータを貸りる権利はありません。



おっしゃっている通り

>せっかくレコーディングしてやったのに、そのデータを勝手に書き換えて、>レコード会社に売り込みをされる事は ただ利用されてしまうような気がする>からなのでしょう、

その通りです。

その制作物の(データ)の所有権はお金を出した(レコーディング費用)制作者(プロデューサー側)にあり、それを『原盤権』と呼びます。アーティスト側はそれを自由に使う権利はありません。

aiko8080さんのこれからの人生においてたびたびでてくる言葉なので覚えておくと便利です。

ただし、イイヒトなら頼めばデータを貸してくれるかも知れません、その際は自由に使っても良いかどうか聞いてみましょう、とてもイイヒトなら許可してくれるかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とりあえずデータを借りる権利はないと言う事なので
データを借りられるようにもう一度頼む事を薦めてみます
喧嘩別れと言うほどでもなかったみたいなので
何とかそのように仕向けてみます
ありがとうございました

お礼日時:2001/11/20 00:07

著作権の話だけでいえば確かに複製権はあるものの、それは、他人に対して複製を要求できる権利ではありませんから、この場合は著作権の話の範囲外になります。


データの収録されたハードディスクに対する所有権(又は占有権)はプロデューサー側にありますから、貸すか貸さないかということはプロデューサーの一存で決めることができます。
データの帰属について最初から契約してあれば問題にもならないのでしょうが、この場合は借りたりコピーしてもらったりという「権利」はないように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか、著作権範囲外と言うわけですね
わかりました、ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/20 00:00

事態が少し複雑で難しいような気がしますが…結論から言うと貸してもらえる、と思います。


上の経緯を見ている限りでは、楽曲の作詞作曲をバンドが行っているようなので、著作権はこのバンドにあると考えられます。いくら相手(プロデューサー)が、自分の用意した機材を使用していたとはいえ、著作権者は著作物を複製する権利を専有する(著作権法第21条)ので、プロデューサーにはこのバンドの請求を拒絶することはできないと思います。
※ひとつ気になったのですが、本文中で『借りる』という表現を使用されてますが、それはこのレコーディングデータが非常に高価なものだからでしょうか?また、相手方の「そのデータは今使っているのでかせません」とは具体的にはどういう行為なのでしょうか?

この回答への補足

答えていただき、ありがとうございます、
そうなのです、レコーディングのデータと言うのは、ハードディスクの中に
記録されている書き換え買え可能なデータの事で、音楽に使うハードディスクは普通のコンピューターのハードディスクより高いらしいのです、

今使っていると言うのは、そのハードディスクの空きの部分を他のレコーディング
で使っていると言う事らしいのです、

そのレコーディングの際音楽的に、もっとこうしたいと言うのが聞き入れて
もらえずその時にできなかったので、ハードディスクをコピーしてもらえば
もっと好きなようにミックスし直したり、歌詞を変えてみたりできるのです

複製すると言う単純な事ではないので、ハードディスクをコピーするにも
その後どういう環境で操作するかによって、コピーの仕方が違うそうです、
操作環境がまだ整ってないので、コピーの仕方が決まっていないので
ひとまず借りる事を望んでいます

プロデューサーがなぜ嫌がるかと言えば、せっかくレコーディングしてやったのに、そのデータを勝手に書き換えて、レコード会社に売り込みをされる事は
ただ利用されてしまうような気がするからなのでしょう、
でもこちらも、自分でやめたわけではないので、悩んでいます。

補足日時:2001/11/18 11:52
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q慰謝料受け取りに領収書は?

相手側に慰謝料を請求するのですが、それの領収書を書いてくれと言われましたが…これは要求されてしかるべきものなのですか?その領収書を確定申告の時に使われそうで(支払った慰謝料を~~代として利用されそう…)なんかしゃくな気分です?!
慰謝料の領収書は書く必要はないものですか?領収書の要求は違法なことではないのですか?…但書は慰謝料として、とは違うもので要求されています…

Aベストアンサー

慰謝料を受け取った場合、相手としては支払った事実を立証するために領収書の発行を求めることは当然です。
(2重に請求されないためも有ります)
但し書きについては、事実を記入するべきで、他の名目を記入しない方がよろしいでしょう。

又、相手が事業などに関連した慰謝料であれば、事業の経費として処理することは認められます。
これについては、やむを得ないことですから、冷静に判断しましょう。

Q教師の横暴

高校2年生の息子がいます。
先日、教師への暴言で帰宅処分にさせられました。
女性教師受け持ちの生物の授業中、他の女子生徒が騒いで授業が進行していませんでした。
女性教師が「静かにしないと当てますよ!!」と言ったタイミングでうちの子が後ろを向いていました。
特に騒ぎに加わっていた訳ではなく、目が見えにくかった為後ろの友達にノートを写させてもらおうとしていたそうです。
このタイミングで当てられた息子は質問に答えられず「わかりません。」と答えました。
教師は「なぜわからないの?」、「こうこうこうでしょ(息子が理解していないので内容が分りません)。」
それでも息子が「わかりません。」を繰り返すと、「授業が進まないでしょ。」と言われたそうです。
こんなやりとりが続き息子は怒りで暴言を吐きました。

学年主任からは「授業中後ろを向いてしゃべっており、担当教師が当てて質問していたところ教師に暴言をはいたので帰宅処分にしました。」との説明でした。

暴言を吐いたことは反省しますが、原因はこの女教師にある気がしてなりません。

因みにこの女教師相手に暴言を吐いて処分された生徒は今年赴任して一年足らずで6人、回数的には7回ほどあるそうです。

息子の処分は撤回できるでしょうか?

高校2年生の息子がいます。
先日、教師への暴言で帰宅処分にさせられました。
女性教師受け持ちの生物の授業中、他の女子生徒が騒いで授業が進行していませんでした。
女性教師が「静かにしないと当てますよ!!」と言ったタイミングでうちの子が後ろを向いていました。
特に騒ぎに加わっていた訳ではなく、目が見えにくかった為後ろの友達にノートを写させてもらおうとしていたそうです。
このタイミングで当てられた息子は質問に答えられず「わかりません。」と答えました。
教師は「なぜわからないの?」、「こう...続きを読む

Aベストアンサー

ご子息の今回の処分撤回を求めるというより、その女性教師の
「今年赴任して一年足らずで6人、回数的には7回ほどあるそうです。」
の部分で学校に調査依頼を申し出た方が得策です。
他の教師に比べどうなのか、問答の中で暴言を誘発するような言動が
存在しないのか。
生徒へのアンケートも公開を前提に行い、積極的に親が調査に関与し
てください。
気になるのは、PTAは何と言っているのでしょか?

Q自賠責慰謝料受け取りについて

教えていただきたい事がありまして質問させて頂きました
追突事故に遭いましたが、幸い軽いむちうち程度ですみまして、
治療も1ヶ月程で終了しました

治療終了後、保険会社の方に自賠責慰謝料などについての用紙を
送りましたが、音沙汰無しでしたので、保険会社の方に連絡しましたところ、「事故の加害者に連絡がとれなくて困っている」という事でした。
相手方は、何度電話しても出ないようなのですが、治療終了から半年程経っているのに、こういう状況だと自賠責慰謝料?は受け取れないのでしょうか?
何か方法がありましたら、教えていただけると幸いです
よろしくお願い致します

Aベストアンサー

相手保険会社は任意保険一括払いでの対応ですか?

それとも相手加入自賠責に直接被害者請求したのでしょうか?

前者なら契約者の意向確認が必要なのかもしれませんが、後者なら、通常は加害者に問い合わせ書類を回答期限付きで郵送 電話回答とか回答書類返送がなければ、特別問題はないということで自賠責定額賠償補償金額を振り込むはずです。

半年もかかることはないはずで、担当者が放置していたか??
任意保険での処理ではなく、その担当者にあなたが直接請求できる、自賠責被害者請求に切り替えることを提案されてみては・・・・?

Q横暴な上司を転属させる嘆願書の書き方

正規雇用20名、非正規30名の職場です。

現場を無視した突然の配置替えに始まり、上司の好き嫌いによっても差別(昇格や給与面)があります。

業務に関する伝達事項に関しては、連絡がまったくといっていいほど無く(あっても当日、酷いときは数時間前)、当然ミスであったりロスが生じるですが、そういった事を厳しく責任追及されます。

正規・非正規を含め半数以上の社員が上司の転属を希望(叶わぬ場合は社員たちが退職)しておる状況で嘆願書を作成したいのですが、注意点などのアドバイスを頂けたらと思いますので
、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

一般論からいえば、「上司の転属(異動)」を嘆願はしない方がいいでしょう。

あくまでも事実としての、伝達が悪いことやそれを原因とするミスやロスとそれに対する責任の追及などの報告と改善の要望に留めるべきでしょう。

人事権は経営の専権事項であり、従業員には一切の権利を持ちません。
従業員の嘆願により人事が行われた前例は経営としては作りたくないので、逆に異動がしずらくなります。

あくまでも人事には触れずに改善を要望することが賢明でしょう。

Q不倫の慰謝料請求

父親の不倫相手の女性に母が内容証明で慰謝料請求をしました。
音沙汰がないので弁護士さんから内容証明で慰謝料請求をしてもらいましたが、受け取り拒否をされて戻ってきたのでもう1度トライしたらまた受け取り拒否で戻ってきました。
相手の女性が働いて収入があるかどうか、はっきりとはわからなかったのですが、ちゃんとした職場で働いているという情報が今日入ってきました。
その女性はもともとうちの会社で働いていたので、母も私もその女性のことを知っています。

その女性はその新しい職場でうちの父と不倫して母に慰謝料請求されたことを言いふらして鼻で笑ってたとのこと。
確かな情報です。

この女性から慰謝料をとることは出来ますでしょうか。
父は自業自得ですが、母のことを馬鹿にされて、はらわたが煮え繰り返る思いです。
どうかお知恵をお貸し下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 慰謝料の「請求をする」ことは可能ですが,「とることができるかどうか」は個々の事例次第なのでやってみなければ分からないということになります。
 内容証明郵便などの請求に任意に応じなければ,裁判や調停を起こすことになりますが,裁判所に慰謝料請求そのもの或いは望む金額が認められるかどうかは分かりません。
 また,認められたとしても相手に支払能力が無ければ,現実的に取りようが無いということもあります(#1のとおり給与から取れそうではありますが)。

 お母様が裁判を起こしたりすると,相手の女性が「誘惑されて貞操の侵害を受けた」などとしてお父様へ慰謝料請求を起こしてくることも考えられます。だからどうだということはありませんが,泥沼化することもあり得るということになります。
 既に依頼を行っている弁護士と打ち合わせをして方針を決めるべきでしょう。

参考URL:http://www.gyoseisyoshi.com/wakareno/tyuuiten.htm#souba

Q借家人の横暴に、撤去請求の訴訟を行います。

 
 賃貸マンションを経営しております。ある借家人が1年半前から、共用廊下、共用廊下踊り場に、廃品廃棄物を無断で置きだしました。近所から非難ごうごう。消防署からも改善命令が出ています。
 
 この1年半前位、毎月撤去の交渉をしております。しかし、来月になれば撤去するのでとノラリクラリです。どうも会社を失業したので、近所から廃品を回収して、廃品回収をはじめるつもりみたいです。ふざけた話です。

 そこで、仮定的な併合訴訟を行いたいと考えました。
1項は、廃品を撤去し処分せよ。2項は、廃品を処分しなければ、原告が処分しその費用を被告が負担せよ という訴訟を行いたいと思ってます。

 そこで、悩んだのは、管轄と訴額です。
 撤去処分費用は、仮に20万円とすると、訴額は20万円なのか、撤去処分をしろと1項に入れているので、訴額が不明なので、95万円と見て、95万円なんか、20万円プラス95万円で、115万円なのか?です。
 管轄は、最大見積もって、合計115万円なので140万円以下なので、簡易裁判所なのか?それとも物を撤去処分ということで、事案が複雑なので地裁で行うのかです。

 もちろん、費用対効果で、家主の私が行う本人訴訟です。簡裁に持ち込んで聞けばいいと思われるでしょうが、書記官に聞く前にある程度、見込みというか、理論武装をしていきたいと思いますので、お知恵を拝借したく投稿いたしました。よろしくお願い申し上げます。

 
 賃貸マンションを経営しております。ある借家人が1年半前から、共用廊下、共用廊下踊り場に、廃品廃棄物を無断で置きだしました。近所から非難ごうごう。消防署からも改善命令が出ています。
 
 この1年半前位、毎月撤去の交渉をしております。しかし、来月になれば撤去するのでとノラリクラリです。どうも会社を失業したので、近所から廃品を回収して、廃品回収をはじめるつもりみたいです。ふざけた話です。

 そこで、仮定的な併合訴訟を行いたいと考えました。
1項は、廃品を撤去し処分せよ。2...続きを読む

Aベストアンサー

>1項は、「被告は何々を収去せよ」

 投稿してから思ったのですが、「被告は、建物の何処何処(廊下)の部分を明け渡せ。」の方がいいのかもしれません。そうすると強制執行は、代替執行ではなく、不動産の明け渡しの執行ですね。
 部屋明け渡しの強制執行の経験があるからお分かりだと思いますが、留置物は相談者の所有物ではありませんから(所有物でしたら、留置物の引渡し訴訟になります。)、執行債権者が引き取るまで執行官が保管(実際に相談者が保管しても、法的には執行官が保管していることになります。)する必要があります。(民事執行法第168条第6項)その保管費用は、執行費用になります。(同条第7項)従って、執行費用確定の手付きを経れば、それが債務名義になりますから(第42条、第22条第4の2号参照)、請求の趣旨の第2項は不要です。
 ところで執行官は、その留置物を競売にかけて、執行費用、保管費用にあてることも可能です。(同条第6項、第5項後段、第8項)しかし、がらくた同然の動産では買い手がつかないでしょう。一方、保管料は執行費用として債務者の財産に強制執行することができますが、財産がなければ執行不能に終わります。
 ですから、保管料を立て替えるのはばかばかしいので、留置物の競売の時に相談者が買って(執行費用から引いて)、あとは自分で処分するしかないでしょう。この際の処分費用は、債権者に請求できません。なぜなら、自分の物を処分するからです。(処分費用がかかる物を買うのもばかばかしいですが、保管するよりはましと言うことです。)

>家賃滞納以外では、なかなかできないのですが・・・

 家賃の不払いも用法・使用違反も債務不履行ですから、民法第541条により契約の解除ができるはずです。しかしながら、売買契約と違って賃貸借契約は、継続的な契約であり、当事者の信頼関係を基礎とするものです。そこで判例は、賃借人の債務不履行が信頼関係を破壊するに至る程度のものではない限り、解除権の行使を制限しています。
 賃料の長期間の不払いは、信頼関係の破壊の典型的なものなので、比較的に認められやすいのだと思います。
 一方、用法違反については、その違反の態様が信頼関係を破壊する程度に至っているかどうかが問題になります。具体的な事実関係が分かりませんので断定できませんが、次のような理由から信頼関係を破壊する程度の違反と思われます。
1、共用のスペースである廊下に物が置いてあり、他の住人の日常生活に著しい支障がある。
2、万一火災が発生した場合、住人の避難の障害になり、生命、身体に危険が及ぶ可能性がある。
3、再三、撤去の要請をしているにもかかわらず、それに全く応じていない。

>1項は、「被告は何々を収去せよ」

 投稿してから思ったのですが、「被告は、建物の何処何処(廊下)の部分を明け渡せ。」の方がいいのかもしれません。そうすると強制執行は、代替執行ではなく、不動産の明け渡しの執行ですね。
 部屋明け渡しの強制執行の経験があるからお分かりだと思いますが、留置物は相談者の所有物ではありませんから(所有物でしたら、留置物の引渡し訴訟になります。)、執行債権者が引き取るまで執行官が保管(実際に相談者が保管しても、法的には執行官が保管していることになり...続きを読む

Q夫の不倫相手に慰謝料請求することについて

夫の不貞行為が原因で離婚します。
夫と不倫相手、双方に慰謝料請求しようと考えています。
ところが夫は「俺が慰謝料払うから相手女性には一切請求しないでくれ。もし相手女性に慰謝料請求するならば俺は払わないぞ。」と言ってきました。
なので私は夫に「あなたが慰謝料払ってくれるなら女性にはしない。」と言いました。そうとでも言わないと夫は慰謝料払ってくれないと思ったからです。
でもやはり女性に対しても慰謝料請求は必ずしようと思っています。
私が相手女性に慰謝料請求したら夫は大変怒ると思います。
私が「女性には慰謝料請求しない」と嘘を付いたわけですから。
それでも相手女性に慰謝料請求することは法的に問題はありますか?
最初から夫に嘘はつかずに正直に「女性にも慰謝料請求はする。」と言っておいた方が良いでしょうか?
ちなみに私は夫と女性に600万円の慰謝料を請求する予定です。
協議離婚の場合は双方で合意すれば慰謝料の金額は幾らでもかまわないのですよね?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 ご主人から慰謝料を受け取った後、ご主人の不倫相手女性に慰謝料を請求し、受け取ることに何の問題もありません。法律的にも何ら問題ありません。

不倫は共同不法行為だから、ご主人から慰謝料を受け取れば、ご主人の不倫相手女性に慰謝料は請求できない。と、いう間違った情報がネットなどで散見されます。

共同不法行為を理由に2人に慰謝料を請求し、受け取ることは出来ない。と、いわれている原因はたぶん、夫と不倫相手女性の両方を「共同不法行為者」として訴えた場合のことをいわれているのだと思います。これだと当然請求できません。

しかし、あなたのケースは、ご主人と、ご主人の不倫相手女性を分けて慰謝料を請求されるのですから何ら問題ありません。少し問題有りなのは、ご主人の方に先に請求された。と、いうことです。本当はどの様な事があろうとご主人の不倫相手女性に先に請求すべきなのです。

慰謝料の金額は、おっしゃる通りいくら請求してもいいのです。例え裁判になってもいくら請求しても良いのです。ただし、請求の根拠に合理性がなければ請求そのものに説得力を欠きますので無駄になる可能性は高いでしょう。慰謝料請求の根拠を一つひとつ具体的に明らかにすればかなりの確率で請求者の希望に添う結果が得られます。

あなたのご質問文書の書き出しにありますように「夫の不貞行為が原因で離婚します。」この離婚原因をゆずらずに、色々な慰謝料請求の根拠を主張して行けば良いでしょう。自信を持って事に当たってください。

 ご主人から慰謝料を受け取った後、ご主人の不倫相手女性に慰謝料を請求し、受け取ることに何の問題もありません。法律的にも何ら問題ありません。

不倫は共同不法行為だから、ご主人から慰謝料を受け取れば、ご主人の不倫相手女性に慰謝料は請求できない。と、いう間違った情報がネットなどで散見されます。

共同不法行為を理由に2人に慰謝料を請求し、受け取ることは出来ない。と、いわれている原因はたぶん、夫と不倫相手女性の両方を「共同不法行為者」として訴えた場合のことをいわれているのだと思います...続きを読む

Q婿にもらって籍を入れた場合、私の姓を名乗るので、戸籍の筆頭者は私になっ

婿にもらって籍を入れた場合、私の姓を名乗るので、戸籍の筆頭者は私になってるはずですよね?
それで離婚してから子どもを産んだ場合、私の姓で私の籍に入りますか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

離婚後生まれた嫡出子は、結婚していた時の氏を名乗る。
民法 790

質問の答えは、そのとおりです。

もし、親権者を元夫とする場合には、子供の氏を変更する許可を得て、夫の戸籍に入籍させます。
もちろん、子供の氏も戸籍もそのままで、親権者となることはできます。
ただ、世間から見て、親子の名字が異なると、いろいろ弊害が発生します。

Q交通事故の慰謝料の内訳について

慰謝料の内訳について質問です。合計慰謝料の中から治療費を払うのでしょうか?

2年ほど前に事故に合い、先日慰謝料計算書が保険会社から送付されてきました。
内訳は
支払われる金額合計が約160万で
治療費(支払い済)が約70万でした。
で慰謝料がいわばその残りである約90万円だったのですが

ネットで色々調べていると慰謝料についての記述が多く、よくわかりません。
よく言われている赤い本、青い本の慰謝料表は
治療費を含む慰謝料の合計なのでしょうか。
それとも別途慰謝料として表の金額だけ上限として認められるのでしょうか。

また後遺障害12級13号が認められたのですが
その場合の後遺障害慰謝料も別に請求が可能なのでしょうか。
それとも逸失利益の中に後遺障害慰謝料も含まれているのでしょうか。

教えてください。お願いいたします。


詳しい内訳は下のとおりです。

治療期間 入院40日 通院554日(実日数41日) 計554日

治療費(雑費等込み)で728.525円(既払い)

慰謝料 897.600円(任意基準)→ここが表にある慰謝料の部分なのか?

計 1.626.125円→もしくはこちらなのか?

後遺障害12級13号 2.240.000円(自賠責基準)→ここに後遺障害慰謝料が含まれているのか?

過失相殺 325.225円(20%)

合計慰謝料 2.812.375円

ちなみに無職なので休業損害や逸失利益の大きな差が出ないと思っていますが
紛争処理センターには行こうと思っています。

よろしくお願いします。

慰謝料の内訳について質問です。合計慰謝料の中から治療費を払うのでしょうか?

2年ほど前に事故に合い、先日慰謝料計算書が保険会社から送付されてきました。
内訳は
支払われる金額合計が約160万で
治療費(支払い済)が約70万でした。
で慰謝料がいわばその残りである約90万円だったのですが

ネットで色々調べていると慰謝料についての記述が多く、よくわかりません。
よく言われている赤い本、青い本の慰謝料表は
治療費を含む慰謝料の合計なのでしょうか。
それとも別途慰謝料として表の金額だけ...続きを読む

Aベストアンサー

傷害部分は治療関係費、休業損害、慰謝料の3つに大別されます。また、後遺障害部分は逸失利益と慰謝料です。
これらの合計が、質問者様の人的損害で、自賠責限度額を越えると、質問者様の過失分(20%)を相殺(減額)した金額が加害者の賠償責任額です。自賠責限度額内に収まれば過失相殺(減額)はありません。
自賠責限度額は、傷害部分と後遺障害部分は別枠ですから、それを越えるかどうかは別々に判定します。

いわゆる赤い本、青い本の慰謝料は、訴訟時の慰謝料額ですから、示談段階で提示されるはずがありません。紛センへ持ち込んでも赤い本の慰謝料額を要求するのであれば、和解の斡旋は無理です。
また、訴訟の場合は、個々の事情が考慮された上で慰謝料額が決定されるため、赤い本や青い本のように一定の基準はあるというものの、訴訟すれば赤い本の慰謝料が認定されると考えるのは早計です。

>慰謝料 897.600円(任意基準)→ここが表にある慰謝料の部分なのか?

そうです。赤い本等の慰謝料表はこの部分です。質問者様だと160万円余りになると思います。

>後遺障害12級13号 2.240.000円(自賠責基準)→ここに後遺障害慰謝料が含まれているのか?

内訳は慰謝料93万円、逸失利益131万円です。自賠責限度額一杯ですから過失相殺されていません。
赤い本では慰謝料290万円です。また、逸失利益は事故時及び症状固定時に無職であっても、将来就労の蓋然性が高い場合は、年齢別平均賃金を収入額とみなして認定が可能であり、計算方法は
 年収×労働能力喪失率×就労可能期間にかかるライプニッツ係数
です。

例)50歳男性で生涯、労働喪失率14%が認められたとすると、年齢別給与(月額)500,700円、就労可能期間17年、17年のライプニッツ係数11.274なので、逸失利益は500,700×12×0.14×11.274=9,483,418円となります。
※後遺障害12級といっても必ずしも労働喪失率が14%と認定されるとは限りませんし、期間も10年程度に限定されることもよくあります。

赤い本の慰謝料までは無理としても、紛センで和解の斡旋を受けると現状の提示額よりは多くなるでしょう。後遺障害の内容によっては、弁護士委任をして訴訟をする方が有利かもしれません。この辺りは、詳しい資料を弁護士に提示して相談される方がよいでしょう。

傷害部分は治療関係費、休業損害、慰謝料の3つに大別されます。また、後遺障害部分は逸失利益と慰謝料です。
これらの合計が、質問者様の人的損害で、自賠責限度額を越えると、質問者様の過失分(20%)を相殺(減額)した金額が加害者の賠償責任額です。自賠責限度額内に収まれば過失相殺(減額)はありません。
自賠責限度額は、傷害部分と後遺障害部分は別枠ですから、それを越えるかどうかは別々に判定します。

いわゆる赤い本、青い本の慰謝料は、訴訟時の慰謝料額ですから、示談段階で提示されるはずがあり...続きを読む

Q横暴な弁護士への対応

交通事故で100対0なんですが、相手側弁護士は、最初から話し合いではなく「裁判!裁判!」の一点張りで調停も「治療費」すらちゃんと払ってくれません。最初は、損保担当者だったのですが途中から弁護士となり「今までの事は白紙撤回」となりました。最初は、相手側損保の直接支払いから白紙撤回でこちらの実費(当然保険証使用)で支払ってきました。
1 弁護士から言葉でかなりきつい言動を受けた。
2 裁判官の認めた治療費しか支払わない。
等から弁護士を換えてくれるよう、相手本人、損保に頼みました。でも、受け入れてもらえませんでした。
そこで、
1.弁護士を換えてもらうことは可能でしょうか?
2.この弁護士を相手の代理人として認めないことは可能でしょうか?
3.相談室、損害保険トラブルや弁護士とのトラブルの時に利用できる公的機関はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

自賠責で、病院の治療費と、慰謝料4,200円、休業損害一日につき 5,700円、その他。
支払い限度:被害者一名につき120万

普通、自賠責の出し渋りというのはないはずです。
あとは、交通事故紛争処理センターへ相談を。

http://www.jcstad.or.jp/
待たされるけれど、泣き寝入りするよりはずっとマシ。

金額が大きいなら、やはり弁護士に依頼すべきです。

http://www.kamo-law.com/index.htm

あと、知識を仕入れて理論武装するのも大切。

http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31835155

http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31821915&pg_from=rcmd_detail_2

・・・保険会社の出し渋りは多いですよ。
保険会社は、慈善事業でなく営利企業です。
示談金は、もらうものじゃなくて、自分で戦って勝ち取るものです。
頑張ってください。

自賠責で、病院の治療費と、慰謝料4,200円、休業損害一日につき 5,700円、その他。
支払い限度:被害者一名につき120万

普通、自賠責の出し渋りというのはないはずです。
あとは、交通事故紛争処理センターへ相談を。

http://www.jcstad.or.jp/
待たされるけれど、泣き寝入りするよりはずっとマシ。

金額が大きいなら、やはり弁護士に依頼すべきです。

http://www.kamo-law.com/index.htm

あと、知識を仕入れて理論武装するのも大切。

http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31835155
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報