ある雑誌の記事を読んでから気になっていることがあります。
それは市販MR車の第一世代はどんなクルマなのか?ということです。
第二世代の代表車は横置きエンジンのランボルギーニ・ミウラ
第三世代の代表車は縦置きエンジン+ショートホイールベースのカウンタック
という風に雑誌に記載されていました。

MR車乗りの私としては気になるところです。
是非教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 前回の回答は記憶頼みに打っただけでしたので、御質問に関しましてザックリ調べ直してみました。

すると・・・・申し訳ありません。かなり思い違いがあった様で、何方かにツッコまれる前に訂正させて頂きます。(ここのところワタシの自動車史の回答は根本的な部分の訂正が多く、最近仲間内から悪評が立つ様になってしまいました・・・・コレ読んだヤツから、またイヤミ言われるんだろなぁぁぁ~ -_-;)

1.もっと年代が新しい。
 ルネ・ボネ・ジェットが発表されたのは、その前身であるDB社が解散した後なので‘62年以降とゆぅ事になります。恐らく、‘62~‘63年頃ではないか?と思われます。

2.リヤミドシップはジェットだけ。
 『ミシル』はフロントミドシップのスポーツカーで、マトラによる買収前にルネ・ボネから発表されていた様です。よって、マトラが最初に量産したのは『ミシル』ではなく『ジェット』そのもの、と考えられます。

 ・・・・以上です。御質問に対しましては、『史上初の量産ミドシップカーはルネ・ボネ・ジェット』とゆぅ事で間違いはなかったワケですが・・・・。

 さてついでに。

 この『ジェット』なるクルマの詳細がある程度分かりましたので、ついでにご紹介致します。

1.設計はエッフェル研究所のDr.ユベール。
 マルセル・ユベールなる人物がナニモノかは判りませんが、エッフェル研究所とゆぅと、今日でも風洞実験施設の形式の一つ『オープン・エッフェル型』としてその名を残す、流体力学の研究所です(あのエッフェル塔を設計したエッフェルさんが風洞実験室も設計した、とゆぅワケです)。
 よって、Dr.ユベールとは流体力学(空力学)の博士だったと思われます。ちょうど、馬小屋を改装した工場しか持たなかったロータス社がデ・ハビラント社(←モスキートなどの軍用機で有名な飛行機屋)のコスティン兄弟を雇用して異様な低抵抗ボディと軽量アルミモノコックを開発し、小さいエンジンしか持たないまま飛躍的に高性能になったいきさつと似ていますね。

2.エンジンを含むパワートレインは、リヤエンジンのルノーR8がベースです(このパワトレは、歴史上ポルシェと互角に戦った唯一のリヤエンジンスポーツカー、アルピーヌA110の元ネタでもあります)。
 R8のパワトレはリヤの縦置きで、ギヤを一枚増設したかデフを左右反対に入れたか、或いはエンジンを反転させパワトレ全体を前後逆に車載してタテ置きミドシップカーを作ったと考えられます。
 史上初の量産ミドシップカーは、車両前方からエンジン~デフ~トランスミッションが一列に並ぶ、F1並み(当時の)の縦置きレイアウトだったワケです。
 重量配分と操縦安定性を考慮しますと、リヤミドシップレイアウトではタテ置きエンジン以外考えられません(ヨコ置きでもホイールベースが極端に短ければ成立しますが・・・・しかしヨコ置きでは、ミドシップレイアウトが持つ致命的な欠点を強調してしまう傾向にあるのも事実です)。
 R8のパワトレを使ってしまった為に偶然このレイアウトを手に入れたジェットですが、横置きの4シーターミドシップでは、後のフェラーリやランボルギーニの4シーターミドシップの様な末路を辿ったかもしれません・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座いました。
とても勉強になりました。

御礼を投稿するのが遅れて申し訳有りませんでした。

お礼日時:2002/03/21 23:58

 専門家としましたが、仕事の一環で自動車史を研究しているエンジニアです。



 御質問にあります分類の方法にはかなり疑問が、と申しますか根本的にムリがある様に思いますが・・・・。

 よって、第一世代とくくってよいのかどぅかは判りませんが、史上最初のリヤミドシップロードカーは、ルネ・ボネ・ジェットとゆぅフランス車です。
 現在詳しい資料が手元にないので詳細を断言する事は出来ませんが・・・・このクルマは‘57~‘58年頃の発表で、発表時既にリヤシート的な空間が用意され、しかもエンジンはタテ置きだったと思います。
 ただ残念な事に、セールスは1年半ほどしか続かなかったと言われており、現存数は極めて少数であると考えられます。
 ルネ・ボネは今日で言うところの英国・ジネッタ社よりも更に小規模なバックヤードビルダーで、その点ではセールスが不利なのは否めませんが、しかし決して失敗したワケではありません。その当時スポーツカー産業に乗りだして来た国営軍事産業企業のマトラ(本来はミサイル屋です)に、買収されたのです。
 マトラは、ジェットの図面を下敷きに、早速ミドシップカー『ミシル』(英語読みだとミサイル!)の量産に乗りだします。
 このクルマは、中身がほとんどジェットと言えるシロモノで、当然+2のリヤシートも備えていました(時代から考えますと、ポルシェ356がターゲットになっていた為に+2が必要だったと推察されます)。
 ジェットがバックヤードビルダーの少量生産の手作り品としますと世界最初の量産ミドシップカーはこのミシルとゆぅ事になりますが、それは、後にフェラーリもランボルギーニもマセラティもチャレンジして失敗した、ミドシップの4シーターでもあったワケです。

 尚、このミシルはその後マイナーチェンジを受けM600シリーズになり、そしてその後横掛け3人乗りのミドシップカー、マトラ・シムカ・パゲーラやマトラ・ムレーナに続いていきます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q将来ランボルギーニ・ミウラに乗りたいんですが・・・

将来ランボルギーニ・ミウラに乗りたいんですが・・・

僕はミウラが好きでプロフィール画像もミウラにしています。それでいま中学生ですけど、大人になったらミウラに乗りたいと思っています。手に入れるにはどうしたらいいと思いますか、すこし教えてください。

Aベストアンサー

別にお金持ちにならなくても、借金するだけして、他に何の趣味も持たず彼女も作らず家も買わず飯も切り詰めれば、ビンボーでもなんとか買えるよ。俺の知り合いでフェラーリ512BBを、そういう所有の仕方、してたけどね。会うとしょっちゅう腹減ったっつってんの。で、必ず晩飯奢らされるっつー。。。

何よりね、18にならないと日本国内での自動車免許所有は許されてないから。今中学生でしょ?13?14?15?その辺でしょ?おじさんになると3年かそこらの誤差、どうでもよくなってるからね?

じゃあ18までポカンと口開けて待ってる?それじゃミウラどころか三浦大根だって買えやしない…三浦大根でも、買える人がうらやましいわよね。。。悲しいダジャレです。
今できる事っつったら、本物のミウラの特徴と見分け方を調べる事っすよ。純正色は何種類あってどんな色で、メーカー指定のカラー番号は何番、とか。シャーシ番号は何番から何番、とか。エンジンはどういう形状でどこにどういう特徴があるのか、とか。そういうのを自分で調べていくのがやるべき仕事の筆頭っすよ。

で、同時にやっときたいのが英語の習得だよね。っつーのもミウラの製造台数はオッソロシク少ない。少ないスタートで日本国内で探すとなるともっと少なくなる。さらにスポーツカーってのは何でもそうだけど、おとなしく乗るバカなんて早々いない。結果事故して壊しちゃったりしてんのがいるからさらに少ない。日本国内だと相当不利なのはわかります?だったらイタリアやイギリスやアメリカ辺りも探したいよね。中東ドバイ辺りも狙い目なんだよね今は。ってなるとイタリア語イギリス語フランス語アラビア語を全部マスターできればマスターしたほうがイイけど、まずは英語をマスターできればなんとかなるよね。とりあえずどこでも通じるから。
今はスマホなんかでも簡単に世界とアクセスできるネットがあるから情報はそこら辺にゴロゴロしてるんっすよ。ツールはしっかり確立されてるから、そこで世界を相手に情報誌入れる手段として英語は、せめて掲示板の内容を読めるようになるくらいの学力を身に付けないと先に進めないっすよね。

あとは社会情勢を知る、って事。実際他の回答者様も触れてたけど中東特にドバイはこないだまではものすごく潤っててランボルギーニやフェラーリなんかのクラシックカーなんかも山ほどあるんっすよ。
ただここんトコの中東情勢が不安定になってて。。。ほら、アメリカとフランスがシリアに爆弾落とすぞ、っつって大人が騒いでるでしょ?それにイラクは相変わらず不安定な情勢でドバイもその煽りを食らって景気が低迷し始めてるんっすよ。実際外国籍労働者が中東から逃げるっつってフェラーリやランボや70年代のムスタングやメルセデスやあれやこれやって高級車を乗り捨ててるんっすよ。ガソリンがタダ同然のドバイだから維持できた、って。
蛇足だけど今探すならまずはこの乗り捨てられた高級車を狙うべきだけど、国が管理してて国営のオークションで売るのを待つしか手はないんっすよ。。。ホラ、ココで英語力がモノを言うでしょ?
コレがあなたが実際にクルマを探す時になったらどういう社会情勢になってるか分かんないよね。それこそ中国が経済破綻して難民が続出してるかもしれないしカンボジアが急成長遂げて日本と経済競争で熾烈な争いを繰り広げてるかもしれないし、下手すりゃアメリカが信頼を失墜してイギリス辺りが再び世界をリードするような感じになってるかも。先の事は分かんないからね、とにかくニュース見て新聞読んどくとイイね。

あとはフリーマーケットを活用して儲けを出す価格設定、っつー経済を知らないといけないし、値切るための度胸ってのも身につけないといけない。フェアな取引って、相手を見て決まるからね?

実はね、学校で勉強してる事ってあなたが考えてる以上に大事だよ?
例えば円周率だって、3.14から始まって延々続く。その続きの中で同じ組み合わせはひとつとして存在しないしひとつでも欠けたら滑らかな曲線を描く真の円は成立しない。。。その数字の羅列の中から自分に身近な数字と合致する箇所が沢山見つかる。例えば自分の誕生日、初恋の相手と出会った年月日、初めて手にした給料の額、人生の方向性を決めた年月日あるいは自分が死ぬ年月日。。。数字をアルファベットに置き換えてみたら自分の結婚相手の名前、親の名前、就職した会社の名前、好きなミュージシャンの名前、自分で買った家の住所。。。単なる数字の羅列に見えても見方を替えれば何かのメッセージが潜んでいる。それをどう読み取ってどう解釈して、どう活かすかは、あなた次第なんです。

っつー事でね、今のあなたの社会は学校中心なんだから、その中から活かせると信じる事の出来るメッセージを探すのが、今のあなたが最大限やるべき事なんっすよ。


夢ってね、そうやって掴んでいくもんなんっすよ。

そう言えばね、フェラーリ512BBを露天駐車場で維持してたそいつはね、今じゃそこそこ儲かってる社長さんだよ。そろそろ飯奢ったツケ、返してもらおっかな。

別にお金持ちにならなくても、借金するだけして、他に何の趣味も持たず彼女も作らず家も買わず飯も切り詰めれば、ビンボーでもなんとか買えるよ。俺の知り合いでフェラーリ512BBを、そういう所有の仕方、してたけどね。会うとしょっちゅう腹減ったっつってんの。で、必ず晩飯奢らされるっつー。。。

何よりね、18にならないと日本国内での自動車免許所有は許されてないから。今中学生でしょ?13?14?15?その辺でしょ?おじさんになると3年かそこらの誤差、どうでもよくなってるからね?

じゃあ18までポカンと...続きを読む

Qランボルギーニ カウンタック

カウンタックとは、どういう意味でしょうか?
何か、この言葉に意味があるんですか?

例えば、アルファロメオ、スパイダーは、
クモですよね?

Aベストアンサー

Countach
イタリアのピエモンテ州の方言 「驚き」を表す 感動詞だそうです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF

QフェラーリF355からランボルギーニ・カウンタックまでの道のり

フェラーリF355からランボルギーニ・カウンタックまでの道のり

カウンタックオーナーになるのが夢の、第一次スーパーカ世代の独身男44歳です。

少年時代のスーパーカー熱が数年前に再発し、それなりの収入もあることから、来年の夏頃にフェラーリF355を購入します。最終的な目標はランボルギーニ・カウンタックLP5000Sです。

そこで質問ですが、F355からカウンタックにまでステップアップしてゆくには、どういう道のり(車遍歴)が好ましいでしょうか。F355を数年乗って、次にカウンタックにいきなり乗り換えても、問題はないでしょうか。8気筒F355から12気筒の512TR等を経て12気筒を経験してからの方がよいでしょうか。それとも、これは遠回りでしょうか。

因みに私の過去の車遍歴はシルビアS13、S15、プジョー207GT、ダイハツエッセ(現車)です。エッセは、来年フェラーリF355を購入するため足車が必要なので、プジョーを売って買いました。過去車はすべてマニュアルトランスミッションでした。

ドライブテクニックはヒール&トーができないヘタレです;;。公道をドライブするのが主ですが、ヒール&トーは必要ですか。少しはサーキットを全速で走りたいとは思いますが。

尚、非常に多額のお金がかかる趣味ではありますが、一生独身で給料は全て車に注いでお金の面は何とかなるということを前提としております。

以上、アドバイスお願いします。

フェラーリF355からランボルギーニ・カウンタックまでの道のり

カウンタックオーナーになるのが夢の、第一次スーパーカ世代の独身男44歳です。

少年時代のスーパーカー熱が数年前に再発し、それなりの収入もあることから、来年の夏頃にフェラーリF355を購入します。最終的な目標はランボルギーニ・カウンタックLP5000Sです。

そこで質問ですが、F355からカウンタックにまでステップアップしてゆくには、どういう道のり(車遍歴)が好ましいでしょうか。F355を数年乗って、次にカウンタックにいきなり乗り換えて...続きを読む

Aベストアンサー

サーキットを走るわけじゃありませんから、ステップアップの道のりなんてのは無いでしょう。

社会的地位、対外的ステータスの到達点としてご自分で選ぶのでしょうから、最初からランボルギーニだろうと誰も文句言いませんし、それもアリです。

運転は1時間もすればすぐに慣れます。
個人的には、あの閉塞感は気が狂いそうですけど…事故らないように楽しんで下さい。

Qランボルギーニ・カウンタックの排気量について。

いつもお世話になります。

「ランボルギーニ・カウンタックLP500(S?)クワトロバルボーレ」は排気量5,167ccであったような気がするのですが(自信なし)、ある輸入車系の雑誌によりますと1982年あたりの「LP500S」は、排気量:4,754ccと記載されております。しかし、この雑誌では当該モデルに搭載されているエンジンが2バルブか4バルブかの記述がありません。
そこでどなたか「ランボルギーニ・カウンタック」最初期モデルからのエンジンの変遷をご教示頂けませんでしょうか?
何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どうも今晩は!

◎1971年 カウンタック LP500(プロトタイプ)
4754cc、水冷60度V型12気筒DOHC、2バルブ

◎1974年 カウンタック LP400
3929cc、水冷60度V型12気筒DOHC、2バルブ

◎1978年 カウンタック LP400S
3929cc、水冷60度V型12気筒DOHC、2バルブ
http://www.europesports.co.jp/carinf/lamborghini/spec/lp400s.html

◎1982年 カウンタック LP500S
4754cc、水冷60度V型12気筒DOHC、2バルブ
http://catalogue.carview.co.jp/LAMBORGHINI/COUNTACH/1982/engines.asp

◎1985年 カウンタック LP5000QV(クアトロバルボーレ)
5167cc、水冷60度V型12気筒DOHC、4バルブ
http://www.europesports.co.jp/carinf/lamborghini/spec/lp5000qv.

◎1988年 カウンタック 25th Anniversary
5167cc、水冷60度V型12気筒DOHC、4バルブ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF

ご参考まで

どうも今晩は!

◎1971年 カウンタック LP500(プロトタイプ)
4754cc、水冷60度V型12気筒DOHC、2バルブ

◎1974年 カウンタック LP400
3929cc、水冷60度V型12気筒DOHC、2バルブ

◎1978年 カウンタック LP400S
3929cc、水冷60度V型12気筒DOHC、2バルブ
http://www.europesports.co.jp/carinf/lamborghini/spec/lp400s.html

◎1982年 カウンタック LP500S
4754cc、水冷60度V型12気筒DOHC、2バルブ
http://catalogue.carview.co.jp/LAMBORGHINI/COUNTACH/1982/engines.asp

◎1985年 カウンタッ...続きを読む

Qランボルギーニのコンセプトカーについてしつもんです。 ランボルギーニ社のウルスという車が公開されてい

ランボルギーニのコンセプトカーについてしつもんです。

ランボルギーニ社のウルスという車が公開されているようですが、日本で見ることはできますか?
また性能はどのようなものなのでしょうか。

Aベストアンサー

正式発表されたので、購入して納車を待てば見られます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報