三天書房から出版されている「格闘ナイフ」という本を読みました。
はっきりいってスゲーの一言でした。ナイフ格闘の熟練者には格闘技経験者なんて
手も足も出ないな・・って感じです。この本に登場する格闘ナイフの第一人者、
アーネスト・エマーソン氏がナイフファイティングのクラスを開いているそうなんですが、どなたかアメリカの何処でクラスがあるのかご存知の方はいませんか?
一度覗きに行ってみたいです。アーネスト氏のホームページとかもあると助かります!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

その本は読んだことがありませんが、ナイフの格闘はプロと素人の差が歴然と出るものです。


ボクシングのプロと素人と同じ位の差が出ると考えればよいでしょうネ。
エマーソンナイフは数本持っています。
反射消しの厚手のブレードに、ノコ歯と組み合わせ、先の方は両刃仕立てになっていて、なかなかのものだと思いますヨ。実用性を美しく形にしたナイフだと思っています。ボウイやプーマとは一味違ったいいナイフですよネ。
Ernest R. Emerson さんは今は有名なナイフデザイナーですが、カリフォルニアに住んでおられるはずですから、それをヒントに探されては如何でしょうか?
ある意味においての経験者としておきます。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カリフォルニアですか!ありがとうございます。この手がかりがあれば探し出せると思います。エマーソンナイフいいですよね~!僕はコマンダーが好きです。

お礼日時:2001/11/18 21:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QR・W・エマーソン

このカテゴリでよかったのか、分からないのですがR・W・エマーソンについて疑問に思ったことがあったので質問させていただきます。
名言ばかりを集めているサイトで

芸術家は自分の芸術の犠牲にならなければいけない。
蜜蜂が自分の針に生命をかけるように、芸術家もそうでなければならない。

という言葉を目にしました。
この言葉が自分の中で重く響いて是非原文を知りたいと感じたのですが、探してみても見つかりませんでした。
知っていらっしゃる方、いらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

原文は

The artists must be sacrificed to their art. Like bees, they must put their lives into the sting they give.

1876年に発表された『Letters and Social Aims』の第9章『Inspration』の一節のようです。

↓この一節を含む9章原文はここで読めます。↓

http://rwe.org/works/Letters_and_Social_Aims_Chapter_9_Inspiration.htm
(ちなみにrwe.orgの親ページにはアクセスできませんでした。プロテクトがかかっているのか、削除されているのかもしれません)

テケトーなことを書くと英文学研究家に怒られそうですが、
エマソン選集(日本教文社)
エマソン名著選(日本教文社)
エマアソン全集(復刻版 日本図書センター)
エマソン論文集(岩波文庫)
…このあたりを図書館で探せば、どれかに一節を含む章全体の翻訳文が出ているような気がします。

こんにちは

原文は

The artists must be sacrificed to their art. Like bees, they must put their lives into the sting they give.

1876年に発表された『Letters and Social Aims』の第9章『Inspration』の一節のようです。

↓この一節を含む9章原文はここで読めます。↓

http://rwe.org/works/Letters_and_Social_Aims_Chapter_9_Inspiration.htm
(ちなみにrwe.orgの親ページにはアクセスできませんでした。プロテクトがかかっているのか、削除されているのかもしれません)

テケトーなことを...続きを読む

Q本を執筆し、出版する場合完全な自費出版になりますか?

私は過去声優をしていて今は廃業しましたが、その時の体験や知っておけばこうはならなかった。といった体験を本にして市場で販売したい場合は完全な自費出版でしょうか?

Aベストアンサー

原稿がおもしろくてなおかつ売れそうだと出版社が判断すれば発売してもらえる可能性はあります。
出版社の人に目を通してもらう方法ですが、賞への公募、売り込み(時間を取ってもらって読んでもらう)、などの方法があります。

お金を出せば出版してあげるなどの広告は自費出版のお客さん募集と思って良いと思います。
つぶれましたが新風社のような悪質業者の例もあります。
http://www.news.janjan.jp/media/0701/0701148009/1.php

無料で皆に読んでもらいたいだけならインターネットで公開したほうが良いかもしれません。

Qエアージャッキについて

クルマを持ち上げてウマに乗せるのに、ガレージジャッキではなく手軽なエアージャッキ(排気ガス使って風船を膨らませるようなやつ)を検討しているのですが、
身の回りで使っている人を一度も見たことがありません。

ひと昔前は雑誌とかでよく見かけたのですが、なぜでしょうか?
安全性とか耐久性に問題があるのでしょうか?

重いガレージジャッキを使うよりよほどお手軽だと思うのですが…

Aベストアンサー

懐かしいですね、まだあったんですか。私は1975年頃購入して数回使いました。
収納状態でも大き目のファンヒーターほどのサイズがありますからとてもじゃまでした。
膨らんでいくうちにバッグ側のホース位置がずれて自分で取り付け部を踏んでしまいエアーを抜くことも入れることも出来ず往生したこともありました。
凍結時チェーン装着に使った時はすべり出て車体が落ちた時も怖かったです。
側溝に車を落としたこともありますが、ボディーをゴリゴリと塀にこすりながら持ち上げるのでとてもひどいことになりました。
使用後にはずしてエアーを抜きますが、排気に混ざった黒い水も飛び散りますから手と服も気をつけなくてはいけません。
以上の理由から購入は絶対止めたほうが良いと思います。
周りの人の注目は集めますから、そういう意味では面白いですけど。

Q本を出版、または出版してもらうためにはどうすればいいですか?自分で書い

本を出版、または出版してもらうためにはどうすればいいですか?自分で書いた原稿などを出版社などに提出する方法などがあると思うのですが、結構柔軟にというか、素人のものを受け付けてくれる出版社などご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。パソコンで原稿を作って、出版社などに提出して出版を依頼してみようかなと思っているのですが。まだ全くの素人ですので費用がどのくらいかかるか、や、方法など全く分かりません。教えてくださいませ。お手柔らかにお願い致します。

Aベストアンサー

原稿を募集している出版社はいくつもあります。
募集を行っているかどうかは各出版社のサイトなどでご確認下さい。

ただ、出版社が利益を得るためのビジネスとしてはそれなりのクオリティが必要であり、
決して敷居が低いものではありません。
ご自身の原稿に自信があれば、ぜひチャレンジしてみてください。

しかし、敷居の高いものばかりではありません。
自費出版であれば、基本的にクオリティに関係なく、自己負担で出版することが可能です。
またある程度のクオリティがあるのならば共同出版も可能で、負担額は少なくなります。

費用に関してはピンキリで、文字だけの白黒のものなのか、カラーなのか、そしてその
割合や紙質、製本の種類、製造部数など、その要素が非常に多岐に渡るため、実際に
見積もりをやってみないと分からない部分も多いです。

自費出版に関しては以下のサイトが丁寧に説明していますので参考にしてみて下さい。
# http://www.jihishuppan.com/guide/index.html

QEL&Pの「展覧会の絵」のジャケットはどれが正しいのですか?

エマーソン・レイク&パーマーのアルバムに「展覧会の絵」というアルバムがありますが、正しいアルバムジャケットはどれですか?

http://www.amazon.co.jp/%E5%B1%95%E8%A6%A7%E4%BC%9A%E3%81%AE%E7%B5%B5-%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AF-%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC/dp/B00006S2PI/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=music&qid=1215818845&sr=1-5

上記のアマゾンのジャケットは額の中が白になっていますが、

近所の店舗でみたジャケットは額の中に絵が入った

http://www.amazon.co.jp/gp/product/customer-images/B00006S2PI/ref=cm_ciu_pdp_images_1?ie=UTF8&index=1#gallery

になっていました。
どちらが正しいアルバムジャケットと言えるのでしょうか?

エマーソン・レイク&パーマーのアルバムに「展覧会の絵」というアルバムがありますが、正しいアルバムジャケットはどれですか?

http://www.amazon.co.jp/%E5%B1%95%E8%A6%A7%E4%BC%9A%E3%81%AE%E7%B5%B5-%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AF-%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC/dp/B00006S2PI/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=music&qid=1215818845&sr=1-5

上記のアマゾンのジャケットは額の中が白になっていますが、

近所の店舗でみたジャケットは額の中に絵...続きを読む

Aベストアンサー

UK盤のオリジナル・ジャケットを見れば、一目瞭然でしょう。
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k59842369

オリジナルLPでは、
見開きの外側には、絵がなく、内側には絵が入っていました。

Q画像のナイフに似たナイフを教えて下さい

売ってるところのURLなどが嬉しいです

ちなみにスマホのFPSアプリのC-OPSというゲームです(CSGOのパクリ)
気になる方はやってみては?

Aベストアンサー

これなんてどうでしょうか?
COLUMBIA KNIFE(コロンビア ナイフ)
これで検索→「NO.XFA049」
すると、すぐamazonの購入ページに行けますよ。
価格も2580円とかなり安価でした。

Qエマーソン・レイク・アンド・パーマーのFanfare For The Common Manはどのアルバムに入っている?

アーティストと言って良いのかわかりませんが
エマーソン・レイク・アンド・パーマー(Emerson, Lake & Palmer)です。
欲しいタイトルは、Fanfare For The Common Manです。
アルバムが多すぎて、Fanfare For The Common Manが、どのアルバムに入っているか分かりません。
Yahoo!音楽で調べたのですが、曲が日本名に直されているのもあり、Fanfare For The Common Manが、日本語になってしまったら‥‥と思うと‥‥。

ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

『庶民のファンファーレ/FANFARE FOR THE COMMON MAN』ですね。

オリジナルは1977年のアルバム『ELP四部作/WORKS VOLUME ONE』に収録されています。
他に、1993年のアルバム『リターン・オブ・ザ・マンティコア/THE RETURN OF THE MANTICORE』にも収録されています。

又、ショート・ヴァージョンが1992年のアルバム『アトランティック・イヤーズ/THE ATLANTIC YEARS』に。

シングル・ヴァージョンが1980年のアルバム『ベスト・オブ・EL&P/THE BEST OF EMERSON LAKE&PALMER』、
1994年のアルバム『ベスト・オブ・EL&P/THE BEST OF EMERSON,LAKE&PALMER』、
1999年のアルバム『EL&Pベスト/THE BEST OF EL&P』に収録されています。

Q競輪の「捲り」【競輪】「差し」「前拓」「ヒモ」ってどういう意味なんでしょうか。

GWは京王閣で開催されるナイターを見に行く予定です。
今、いろんな競輪サイトで予習をしているのですが

Q1.勝敗で「捲り」「差し」とありますが「捲り」の定義って何なのでしょうか?ある意味「差し」も捲くりの一種だと思うのですが。。

Q2.試合前の「頑張れよ」みたいなのは良いのですが終わった後、よく罵声を浴びせる人たちがいます。あの人たちは規制されないのでしょうか。

Q3.「前拓」とか「ヒモ」とかどういう意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

競輪はまったく知りません。
でも競輪用語集はすぐに見つかりました。
ただ「前拓」は前田拓也、固有名詞みたいですよ。

参考URL:http://www.mars.dti.ne.jp/~awa/JAN/yougo/ma.html

Qホルスト「惑星」、ムソルグスキー「展覧会の絵」の名盤CDをご推薦ください。

 冨田勲シンセ版「惑星」、及び、同じくシンセ版「展覧会の絵」は好きで、CDでちょくちょく聞いております。最近、本来のオーケストラ版の「惑星」や「展覧会の絵」が聞きたくなりました。
 しかし、当方、クラシックには詳しくありません。聞くとすればどの指揮者・オーケストラの演奏のCDがよいかわかりません。
 詳しい方におうかがいしたいのですが、「惑星」、「展覧会の絵」の名盤としてはどのようなものがございますでしょうか。ご推薦いただけると幸いです。
 なお、Emerson, Lake and Palmerの「展覧会の絵」はすでに入手しております。
 ついでに、ドビュッシーの作品集で良いのがありましたらこちらもご推薦いただけると幸いです。

 以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。私が実際に聴いた事がある限られた演奏の中での,主観的推薦盤ですが。
<惑星>
小澤やボールトは名盤との評判が高いですね。新しめの録音でオーケストラの迫力・色彩感を楽しめるものとしては,No.4さんもお薦めのガーディナーか,レヴァイン指揮のシカゴ交響楽団を推薦します。
<展覧会の絵>
オリジナル(ロシア人作曲家ムソルグスキーのピアノ曲がオリジナルです)を重視して重厚かつ土着的に,あるいは,ラヴェルの緻密な編曲を重視して繊細に,またはオーケストラの迫力を前面に,など,いろいろなアプローチができる曲で,聴き比べも非常に楽しいでしょうね^^。編曲も何種類かありますし。
最近出た録音では,ゲルギエフ指揮ウィーンフィルの演奏が私の推薦盤です。エネルギッシュなロシア人指揮者(厳密にはちょっと違うかもしれませんが)のゲルギエフが,美しい音色が特徴のウィーンフィルをぐいぐいと引っ張っていく,という印象です。
<ドビュッシー>
私もそれほどたくさん聴いた訳ではないのですが。
#4さん推薦のブーレーズ,#5さん推薦のマルティノン,どちらも名盤と思います。精密なブーレーズと幻想的なマルティノン,という感じでしょうか(この辺の感想は人それぞれですけども)。ブーレーズにはクリーブランド管弦楽団を指揮した新録音もあり,私はこれも気に入っています。よい意味で端正でバランスのとれた演奏だと思います。

以上,長文失礼しました。ご参考になれば幸いです^^

こんにちは。私が実際に聴いた事がある限られた演奏の中での,主観的推薦盤ですが。
<惑星>
小澤やボールトは名盤との評判が高いですね。新しめの録音でオーケストラの迫力・色彩感を楽しめるものとしては,No.4さんもお薦めのガーディナーか,レヴァイン指揮のシカゴ交響楽団を推薦します。
<展覧会の絵>
オリジナル(ロシア人作曲家ムソルグスキーのピアノ曲がオリジナルです)を重視して重厚かつ土着的に,あるいは,ラヴェルの緻密な編曲を重視して繊細に,またはオーケストラの迫力を前面に,など,いろ...続きを読む

Q本の出版のコンクールについて

本を出版したいなぁって思っているのですが、お金がナイので、コンクールにでも出品して、入賞して、無料で出版したぃのですが、何方かコンクール情報など知っていたら教えてください!!
お願いします★☆

Aベストアンサー

No.1です。再投稿です。

私の所に送られてきた資料は
「会社概要」「出版目録」「ポストカードブック大賞応募要項」
「出版オーディションの案内」「出版相談会の案内」でした。

現在、ポストカードサイズの本のコンテストが行われていて
それに合格すると、主催者の費用負担で出版の道が開けるようです。



書店で売られている「公募ガイド」に同じようなコンテストがもっと載っていますよ。
私もその雑誌を見て資料を申し込みました。


人気Q&Aランキング