前にSF小説で読んだのですが、人間は音を空間的に捉える為にリファレンストーン(基準音)と呼ばれる音を発しているそうで、周囲が静かな時に聴こえるキーンという音がそれなのだそうですが、本当の事でしょうか?
 本当だとすると、どの部位から何Hz位の音を発しているのでしょうか?
 連続ですか断続ですか?
 状況によって波長は変化するものなのですか?
 測定機器で音の測定はできますか?
以上が質問です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

昔、3D音源が流行ったときに聞きかじっただけですが。


Holophonic は人間がどうやって三次元的な音源の認識をしているのかという答えとして提案されている「脳内の処理」に関するものであったと記憶しています。
基本的には、片方の耳から入った音を正としたとき、もう片方の耳の音がリファレンスとなり、これによる音のホログラム像を脳内で構築しているという説ですね。
私はこれ以上詳しくないので、脳内で何らかのリファレンス信号を自前で作って相互干渉させているという説があるのかどうかはわかりません。
ただどちらにしても脳内の機能の説明なので、

>人間は特定の周波数の音を常時発振しているのか?
のように、本当に物理的な「音」を出しているわけではないと理解していますが。

Holophonic 理論自体は今でも認められていると思いますよ。
実際にこれを利用した3D音源(立体的な音像を造る技術)もありますしね。

では。
    • good
    • 0

 


  なるほどと言いますか、
 
  >「人間は二つの耳しか持っていないのに、何故音源の位置を3次元的に
  >捉えられるのか?」という質問に対しての説明でリファレンストーンと
  >いう言葉が出てきていました。
 
  これはもっともなことです。
  では何故、三次元的に捉えることができるのかですが、わたしの知っている範囲と考えでは、次のようなことです:
 
  まず、耳というものがあります。これは「集音装置」の役割を果たしていますが、その独特の形状を見て分かるように、耳殻で音の反射が起こります。つまり、或る方向から音が来ると、単に耳孔を通じて音が聴覚内部器官に伝わるだけでなく、耳殻での反射音(また、耳殻で吸収を受けた音や、耳殻を通過して来た音)も入って来ます。また耳孔に音が入る際にも、どの方向からによって、耳孔の壁で軽い反射や吸収が起こります。
 
  それと、人間は音を、実は、耳だけで聞いているのではありません。音波は皮膚感覚としても感受されます。大きな音ならそういうこともあるかも知れないと思いますが、小さな音でも、頭部での皮膚及び振動が感受できます。
 
  耳殻や耳孔による、音の方向による反射・吸収・透過効果、頭部での振動や身体の皮膚感覚や振動などの情報を、脳が統合して解析し、音がどの方向から来たかが分かるということになります。
  この場合、わたしは浅学でどう呼ぶのか知りませんが、頭部や耳殻や耳の内部聴覚機構に、固有振動数があるはずで、それに応じた音が発生し、外部からの音と合成され、または干渉して、それが脳で解析合成されていると考えるのが自然です。また固有振動数の音以外にも、何かの音や振動を聴覚器官や脳が造っていて、これを、外部入力としての音の情報と干渉または合成・比較して、音のリアルな影像(イマージュ)を再現して、人間はこのイマージュを知覚しているのだと言えます。
 
  リファランス・トーンというのは、上のような意味なら、何かがその候補となると思います。また、リファランス・トーンはあるということにもなります(「絶対音感」というものがありますが、あれは何なのかと言えば、記憶されている決まった振動数の音を、大脳内部の音の情報として再現でき、これを、聴覚を通じて聞こえて来た音と比較しているというメカニズムが簡単に言えばあるのです。聴覚も視覚も、広義のパターン認識では、普通に考えられているのとはかなり違って、相当に複雑な情報処理が行われていることは間違いありません。従って、引用の文章のような意味でのリファランス・トーンなら、当然あるということになります。……聴覚器官と平衡感覚器官が、同じ処で連関してあるのは、ご存じだと思いますが、平衡感覚や、振動情報や、大地が揺れているかどうかの情報なども、また視覚情報も、すべて合成され、解析されて、その答えが、脳が聞く音です。従って、音を聞いて地震の発生が分かるということも、荒唐無稽なことではありません。ただ、大脳の機構と、その情報処理・解析・合成のメカニズムが想像を絶して複雑なので、現代の大脳生理学や知覚理論では、まだまだとても分からないということでしょう)。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

 ネットのページ検索でも調べてみたのですが、このリファレンス・トーンなるものは、イタリアの神経生理学者のヒューゴ・ズッカレリ氏が唱えたホロフォニクス理論に基づくものなのだそうです。
 ここまではネット検索で調べられるのですが、このホロフォニクス理論が仮説なのか?、実証されているのか?、が分かりません。1番知りたい事は「人間は特定の周波数の音を常時発振しているのか?」です。

お礼日時:2001/11/18 22:02

 


  仮説として、そのような可能性は考えられますが、わたしは浅学なのか、そのような話は聞いたことがありません。
  コウモリやいるかが音波を出して、その反射音によって周囲の状態を把握しているというのはありますが、人間の場合、例えば、暗闇のなかで声を出してみて、その反響音によって、まわりがどうなっているか推測するというようなことはありますが、何かの「未知の音波」を出して、その反射によって空間を把握しているというのは、仮説か想定か空想でしょう。
 
  ただし、音は左右の耳を通じて、立体的に人の聴覚は捉えていますから、何かの基準的な音を主に、周囲の空間状態を把握するのに、無意識で使っているというのは考えられますが、この場合、いるかやこうもりとは意味が違います。貴方も、眼を閉じて、街のなかで音を聞いていると、外で誰かが近づいて来たとか、向こうから車が来て、前を走り遠ざかっていったというようなことは分かるでしょう。これと同じで、空間の状態を把握し易い周波数の音があって、その音を元に、空間のありようを把握しているということはあるかも知れませんが、人間がそういう音を発して、その反射音で空間の把握をしているというのは聞きません。
  (意識的に、特殊な周波数の音を出して、その反響で周囲を把握するというのはあります。しかし、それは、音で空間の状態を知ることのヴァリエーションです)。
 
  まったくそんなことはないとは断言しませんし、あるいはそんなことがあるのかも知れませんが、一般には確認されていないだろうということです。
 

この回答への補足

回答ありがとうございます。

 私の質問の表現が変で誤解されたようですが、潜水艦のアクティブソナーの様なものではなく、無意識下で発している音です。その音が耳の内外で空中の音と混ざり合い生じた干渉波パターンを脳が解析し、音の方向や距離を割り出しているそうです。(って小説に書いてました。)
 その小説では、「人間は二つの耳しか持っていないのに、何故音源の位置を3次元的に捉えられるのか?」という質問に対しての説明でリファレンストーンという言葉が出てきていました。

補足日時:2001/11/18 16:49
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q被測定箇所にセンサを取り付け、ピックアップで取り出した振動を電圧などに変換して測定する方法を◯◯測定

被測定箇所にセンサを取り付け、ピックアップで取り出した振動を電圧などに変換して測定する方法を◯◯測定法という。
この測定法の名前を教えてください!

Aベストアンサー

「間接測定法」?

「センサ」と「ピックアップ」の関係、測定するものは「振動」なのか何なのか、この文章ではよくわかりませんが。
「振動」を、それと一定の関係にある「電圧」に変換して測定するのであれば、「間接測定」でしょう。

Q応力測定方法、ひずみ測定方法

学校の授業で、ひずみは測定できる値であり、応力とひずみの関係を学び、ひずみから応力を求めることができるのはわかりましたが、実際、ひずみを測定するにはどんな方法があるのでしょうか?図書館などで探しては見たのですが、コレといった本が見つかりませんでした。
また、逆に応力を測定してひずみを求めることはできないのでしょうか?

ひずみ測定方法と、応力測定方法、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

試験体にひずみゲージを貼り付けて,ひずみに比例して変化する抵抗値を計測し,ひずみを計算する方法が一般的だと思います。ひずみゲージと計算の方法は,下記のHPを参照してください。

http://www.tokyosokki.co.jp/product/strain_gauge/what_strain.html

なお,応力を直接計測する方法はありません。ひずみ(又は変位)を計測し,ひずみ(又は変位)と応力の関係式から算定します。

コンピュータなどのソフトと連動させて,計測したひずみを応力に換算するようなことができれば良いのに・・・と考えたこともありました。もしかしたら,前の回答にある機器類が,そのような機能を持ったものかもしれませんが・・・そのような機器類を使ったことがないので,そこまでは分かりません。

また,ヤング率などの定数が不明な材料などの場合は,事前に,材料定数算定の為の引っ張り試験又は圧縮試験等を行って,フックの法則を利用した荷重と変位の関係から,計算によって決めます。

参考URL:http://www.tokyosokki.co.jp/product/strain_gauge/what_strain.html

試験体にひずみゲージを貼り付けて,ひずみに比例して変化する抵抗値を計測し,ひずみを計算する方法が一般的だと思います。ひずみゲージと計算の方法は,下記のHPを参照してください。

http://www.tokyosokki.co.jp/product/strain_gauge/what_strain.html

なお,応力を直接計測する方法はありません。ひずみ(又は変位)を計測し,ひずみ(又は変位)と応力の関係式から算定します。

コンピュータなどのソフトと連動させて,計測したひずみを応力に換算するようなことができれば良いのに・・・と考えた...続きを読む

Q絶縁測定の測定対象

絶縁抵抗計を用いて、LINE側を大地、EARTH側も別の場所の大地にすると、指示値は0MΩですか?教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

測定棒・クリップが十分に大地に接触していれば、0もしくは0に近い値になります。

Q絶縁抵抗測定について教えて下さい。 給気ファン排気ファン等で絶縁抵抗を測定する際に電圧をかけます。

絶縁抵抗測定について教えて下さい。
給気ファン排気ファン等で絶縁抵抗を測定する際に電圧をかけます。
その電圧が回路に残っていると良くないので放電する対策があるみたいなのですが、具体的にはどんな方法で放電するのでしょうか?
放電する為の専用工具があれば、それも教えて下さい。

Aベストアンサー

5.被測定回路の放電
のところを参照。
http://denkinyumon.web.fc2.com/denkisetsubihosyu/zetuenteikousokutei.html
ワニ口クリップとピン型プローブが必要なようです。

Q【JFケネディ暗殺事件の全貌解明の謎】「JFケネディは3発の銃弾を受けて死亡した。 うち2発を単独

【JFケネディ暗殺事件の全貌解明の謎】「JFケネディは3発の銃弾を受けて死亡した。

うち2発を単独犯がビルから発泡。1発は外れて、2発目が当たったが死に至るものではなかった。

死因は3発の銃弾で3発の銃弾は着脱すると破裂するという特殊な銃弾だった。

なぜ1人の単独犯の暗殺者が3発目だけ違う銃弾を使ったのか長年の謎だった。

謎といえば3発目だけ銃弾の道筋が違う場所から発泡されたものだと言われていた。

で、結論が出た。

銃弾はシークレットサービスのJFケネディの後方護衛車両に乗っていたシークレットサービスだった。

そのシークレットサービスは後方車両のオープンカーの後部座席に3人で横並びで座っており真ん中だった。

1発目の銃声で立ち上がり周りを見渡そうとして銃を構えようとしたときに2発目の発泡があって、前方を走っていたJFケネディの車両が止まった。

後方車両のドライバーはJFケネディの車両が止まったので止まった。

その止まった反動で、真ん中に座っていて、立ち上がろうとして、周りを見渡たして、銃のロックを解除して、2発目の銃声でJFケネディの方を見ようとしたときにドライバーがブレーキを踏んだので指に掛けていた銃は暴発した。

その銃弾は特殊で1発で殺せるように殺傷能力が高い銃弾で内部で破裂する特殊銃弾だった。

その特殊銃弾がJFケネディに当たりアメリカ大統領は死んだ。

2発は単独犯の暗殺者だったが、実際に米大統領のJFケネディを殺したのは3発のシークレットサービスの人間の誤発泡だった。」


ここで不思議なのは

不思議な謎1:
両サイドにいたシークレットサービスの人は真ん中にいたシークレットサービスの人間が誤発したと音で分かるはず。

不思議な謎2:
銃弾を分析したら簡単にシークレットサービス所有の銃弾だったと分かっていたはず。

なぜ隠したのか?
シークレットサービスが隠し通さないとシークレットサービス自体が解体されるので、シークレットサービス全体で揉み消した?
もみ消せるものなのか?

不思議な謎3:
その誤発と言えども、自分の銃弾で大統領を殺してしまったと本人はうなされていたはず。
本人は自殺することもなく生涯を全うして死んだ。
毒殺もされていない。

もしシークレットサービスがもみ消すなら1シークレットサービス要員なら殺しているはず。

なぜ上層部は1シークレットサービス要員を暗殺しなかったのか。

不思議じゃないですか?

シークレットサービスというのはアメリカ大統領に忠誠を誓い、自らの命を投げ出すという志を持った人がなる要職です。

その守るべき主を誤発で殺してしまったら、普通はうなされて自殺するはず。

映像にシークレットサービスの要職が誤射したとしたら映像で残っているはず。

これ本当ですかね?

【JFケネディ暗殺事件の全貌解明の謎】「JFケネディは3発の銃弾を受けて死亡した。

うち2発を単独犯がビルから発泡。1発は外れて、2発目が当たったが死に至るものではなかった。

死因は3発の銃弾で3発の銃弾は着脱すると破裂するという特殊な銃弾だった。

なぜ1人の単独犯の暗殺者が3発目だけ違う銃弾を使ったのか長年の謎だった。

謎といえば3発目だけ銃弾の道筋が違う場所から発泡されたものだと言われていた。

で、結論が出た。

銃弾はシークレットサービスのJFケネディの後方護衛車両に乗っていたシーク...続きを読む

Aベストアンサー

ケネディの暗殺は、70年後に明かされると言われたときもありましたが、殆どの目撃者は、タクシーの運転手から、身内ごと事故死したそうです。しらべれば調べるほど、謎深まるばかり。亡くなった時の向こうの新聞があり、映画や本がブームに、なった時に調べたのですが、結局どれが本当の事だか、わかりませんでした。図書館なりで調べたらいいかもね。その後我が家にも、新聞はなくなりました。何処へいったのかは、ピストルの玉と同様、不明です。(笑)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報