仕事で軽自動車を使うことになったのですが、リースと中古どちらにしようか 悩んでいます。
中古ならば、走行距離6万キロ・95年産・車検なし40万程
リースなら頭金・ボーナス払いなし・5年リース・月走行2000キロ・2万円程を目安に考えております。
皆さんのご意見をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

絶対リース!


そもそも、中古の軽自動車で6万キロは危なすぎます。
今までのメンテナンス状態がしっかりしていれば良いですが、
月二千キロ、年二万四千キロ、五年では十二万キロ、最初の六万キロを足すと、
十八万キロ、途中で大きなトラブルがでて、余計な出費がかさむと思います。
職種によりますが、仕事で使っていて一番怖いのは、
”途中で故障して仕事に損失が出ること”
では無いでしょうか?
勿論、中古車でもノントラブルで持つかもしれません。
新車でもトラブル続出の可能性も有ります。
しかし、少しでもトラブルが出ずらいようにするため、
私は新車のリースをお勧めします。
経理も簡単ですしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
>中古の軽自動車で6万キロは危なすぎます。
その辺の目安が判らなかったので、大変参考になりました

お礼日時:2001/11/18 16:51

中古車の耐久限界とか中古相場について無知なものですから、そのあたりのマチガイはご容赦ください。

リースでクルマを購入したことがあり、それを中途解約したことがあるので、経験者としました。

クルマを法人で使用するということであれば、税務面のこともあり、やはりリースが有利かと思います。しかし、中古・リースともに一長一短なのでかなり悩ましいところですね。

まず、sasimi様は何年程度クルマを使うご予定でしょうか。5年といわず動く限りは修理しつつ使う、ということでしたらリースは最終的に高くつく可能性があります。
リースはリース会社との賃貸借契約です。5年の契約期間終了時には、再リースにするか、返却するか、買い取るかのいずれかになります。再リースおよび買取にすると、また出費が発生します。再リース料/買取金額はリース会社によって差がありますので、確認しておいたほうがいいでしょう。
返却の場合はお金はかかりませんが、当然クルマがなくなります。
なお、seal-papa様の回答にある「5年後の価値(残価と言います)」は、年間24,000キロで5年リースですと見込むのはちょっとむずかしいように感じます。
また、5年経過以前にクルマが不必要になった場合、ただクルマをリース会社に返すだけでは終わりません。(残存リース料-解約時点中古車両価格)分の解約金が発生するはずです。基本的には持ち出しになると思います。
また、リースの場合、車両保険必須であったはずです。全損事故による中途解約時の残リース料回収を確実にするためですが、これもリース会社に確認したほうがいいでしょう。

さて実際の支払額をざっくり計算すると、
リースの場合の支払金額は、
リース料24万、任意+車両保険料10~12万/年(保険料も詳しくないのですいません。かなり適当な数値です。)、メンテナンス経費、合計で年額40万弱×5年というところでしょうか。
中古の場合だと、40万+任意保険+車検その他諸々で初年度60万程度になるでしょうか。2年目以降は保険とメンテナンス代のみになりますから、リースに比べると安くなりそうですね。
メンテナンスについては不確定要素ですので、他の回答者の方のご指摘通り、なんとも読みきれないですが。ただ、vmap様がご指摘のように故障時に仕事をどうするかという重要な問題もありますので、このリスクはできるだけ負うべきではないのかもしれません。

ダラダラと長くなりましたが、sasimi様が(1)何年クルマを使う予定か、(2)狙っている中古車の程度はどうか、によって決まってくるように思えます。
seal-papa様がおっしゃるように、まず中古で様子をみてから・・・、という方法が一番無難ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親身かつ丁寧な回答本当にありがとうございます。
リースを中途解約されたのですか。
私は5年リースの後買取り、新車購入まで繋ごうという
青写真を描いておりましたが、gajyu様の説得力ある
お答えを拝見して、もう一度プランを考え直すことにします。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/19 20:48

私も絶対リースで新車の方が良いと思いマス。

(^_^.)

理由は1年間の走行距離が長いからです。

メンテナンス面でも新車の方が有利な点が多いのですが、他にもリースにメリットは有ります。
それは、自動車のリースを組む場合、「5年後の価値を引いた金額」でリース出来るからです。
例えば、普通5年後に10万キロ以上走っている軽自動車であれば、売却価格がほぼ0円と思って良いと思います。
それが、最初から「下取り価格」とも言える金額を引いてリースできれば、同じ利率の割賦で購入するより得になりますよね!
でも、リース会社や車種によって、リースの条件は違うと思いますので、必ずご自身でご確認ください。

もう一つのメリットを挙げるとしたら、リース物件は会計上「損金計上」する事が出来る事かな~。
税金に関しては、私もちょっと弱いので、個人事業主の場合や、それ以外の場合等の個々のケースは不明です。御免なさい。<(_ _)>
税務署へ直接問い合わせてみるのも、良いかもしれません。
下記のURLに税金関係の情報が有りましたので、載せておきます。

-----------------
でも、リースをお勧めするのは「車を仕事で5年間使用する」前提です。

仕事が順調に行けば、当然車を5年間使用すると思いますが、もし何らかの理由で仕事を続ける事が出来なかったら、毎月のリースの支払いがとても辛くなると思います。

そういう点を考慮すると、初期投資の少ない中古車を購入した方が良いかもしれません。

また5年落ちの車の場合、同程度の走行距離の車で有れば、普通車の方が購入価格が安くなるはずです。(軽自動車はあまり値落ちしない)
毎年の税金は高くなりますけど、普通車の積載量の多さや乗り心地の良さ(=疲れない)等は、移動の多い方には大きなメリットになると思います。

2~3年後も仕事が順調で有れば、その時にリースで車を手に入れるという考えも有るのでは、と思います。
ただし、その時点での売却価格には期待できませんが・・・(軽ならちょっとは値段が付くかも)

------------------
この時代は先を読むのが難しいですね~。
お仕事が順調に行くことをお祈りしております。あと、無事故で有る事も。
それでは。。。(^.^)/~~~

参考URL:http://www.tabisland.ne.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なご説明ありがとうございます。
大変参考になりました。
>リースをお勧めするのは「車を仕事で5年間使用する」前提です。
貴重なご意見を頂きました。
確かに、5年後を考えると、う~ん 難しいです。

お礼日時:2001/11/18 17:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング