我が家では、新年の料理に使う花鰹(かつお節です)を自宅で削っています。昔からなので特に理由はないのかもしれませんが、それが毎年の習慣なのです。
ところが、誰がやっても市販されているような薄くて長い物にはならず、固いかけらのようなものが混ざった粉状になってしまいます。かつおは毎年新しいものを買って、そのまま使います。削る道具には普通のよく砥いだ木工鉋を使っていますが、これがだめなのでしょうか?

何か下処理をしなければいけないのか、それとも使っている道具が間違っているのか・・・何かご存知の方のアドバイスをお待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

木工屋なので「専門家」ということにしてお答えします。



鉋は皆さんが考えられているほど容易に使える道具ではありません。
最近の大工さんなどは替え刃の鉋を面取りや粗取りに使うくらいで、仕込み方も知らない方が多いようです。
このような回答では素人をこけにした本職の自慢話に終わってしまいますから、手元の鉋で、削り節ができるかどうか、鉋の各部の点検から始めましょう。

1.刃口の開き
 カンナの刃が出ている隙間の幅です。刃を適当に出した時に1~2mm程度が許容寸法です。

2.裏座の締め
 二枚刃の鉋だと思いますので、裏座(裏刃)が付いているでしょう。これをはずした状態でも、カンナの刃がしっかりと保持されていますか?

3.「良く研いだ」のは誰でしょう?
 刃先に自分の顔を映して歪まなければ「良い刃」です。

4.鉋の台は平らですか?
 鉋の台の裏面がどこを取っても平らで、部分的な傾きがない状態に削って仕上げてありますか。鉋はすぐにこの部分が狂うので、結構頻繁に「台直し鉋」で修正します。

以上のどれかに当てはまると思います。どれか一つにでも当てはまれば、透き通るような鉋屑、じゃなくて削り節は出てきません。
刃の出がどうの、といっているレベルの話ではなくなります。
残念ですが、上記のチェックに引っ掛かった問題点を、このサイト上で指導する手ことは非常に難しい。
プロでも修得までには何年もかかるくらい難しい道具ですから・・・。
木工に使う道具で、最も扱いが難しいのが『鉋」です。
お近くの道具屋さんに仕込んでもらうしかありません。

もし、上記の点検項目に関して満点とおっしゃるならば、鉋の仕上がり具合には問題がないでしょう。
そのときには、削り方の指南をしますので補足して下さい。
また、どうしても自分の鉋は自分で仕込みたい、というガッツがあるのならばできる限り協力しましょう。

オマケですが、鉋の刃は、鉋の頭を叩いて出してくださいね。
鉋の尻を叩くと台が狂うのと、刃を真っ直ぐに出せませんから・・・。

それからこれは裏技の類ですが、固い削り節は削りにくいので、ほんのりと湿らせると削りやすくなります。
しかしこれは罰金ものの裏技で、鰹節の寿命を短くしますのでお気をつけ下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>木工に使う道具で、最も扱いが難しいのが『鉋」です。

なるほど。今度チャンスがあったら職人さんに砥いでもらうことにします。鉋のことについ非常によく分かりました。大事にしたいです。

お礼日時:2001/11/18 20:49

taka113さん、こんにちは。



削り器の刃が出すぎているか、鰹節が乾燥しているかですね。
保存する時は、ラップで包み、乾燥させないようにすることです。
http://www.fushitaka.com/kezuri.html

昔、よくかびた部分をたわしで擦り洗いして、濡れ布巾で
包んでおくと柔かくなり削り易かったですよ。
http://homepage2.nifty.com/kanesa16/catalog00.htm

参考URL:http://www.fushitaka.com/kezuri.html,http://homepage2.nifty.com/kanesa16/catalog00.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
湿らせてみるのもよいかもしれませんね。挑戦してみます。

お礼日時:2001/11/18 20:50

カンナは大工用でもったいない位ですが、刃はよく研がれていますか?、、、研がれていたとして。

。。

1)刃を出し過ぎているか?
2)逆目に削っていませんか?

1)はカンナの頭を叩いて刃を少し引っ込めましょう。。。尻を叩けば刃は出てきます。

2)は木の木目と同様に[逆目]というのがありますから、上下逆方向に鰹節を持つとか、当てる場所を替えてみると
  丁度よく薄く長くきれるかと思うのですが。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

目の向きがポイントですね。注意してやってみます。

お礼日時:2001/11/18 20:54

かつお節専用の削り器があります。



例)
http://st6.yahoo.co.jp/iimono/44967-0000001.html

http://www4.ocn.ne.jp/~okaka/gokatei-gz.htm

これを使えば、ちゃんときれいなかつお節ができますよ。
デパートなどで、取り扱っているかも知れません。
もちろん、ネットで購入できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、手作りっぽく見えて使いづらいのですが、そういえばうちに有るのもこんな道具です。私の生まれる前からあるとか。
専用の道具を買うのも手かもしれませんね。ありがとうございました

お礼日時:2001/11/18 20:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q砥いだお米の水の吸わせ方

毎日お米を研いでいてちょっと疑問に思ったことなんですけど。

お米を砥いだ後しばらく水を吸わせる為に時間を置きますよね
その場合砥いでスグ水に浸すとか、ざるに砥いだ米を入れて濡れ布巾をかぶせるとか、本やサイトによってまちまちでどうやれば
一番正しいのか分かりません
とりあえず普段の私のやり方は30分ほどザルに入れて水気を切り
そのあと炊飯器釜に移し水を入れて浸し1時間ぐらいしてから
炊いてます
もしかするとどっちかは省いていいのかもしれないけど
いつも両方やってしまいます
時間の無いときはしませんが・・・

みなさんはどういう風にしていますか?
暇なときでいいのでご意見くださいませ。

Aベストアンサー

研いだ米をザルにあげたら15分ほどおきます。
その際数回上下を返して表面の乾燥を防ぎます。
その後水加減して30分以上1時間以内くらい浸してから炊きます。
(新米かどうか、また季節による室温で加減する)
家事歴25年、時間の許す限りこの方法で炊いています。

ある老舗旅館に泊まった時のこと。
あまりご飯が美味しかったので仲居さんに訪ねたら、ご飯炊き専門40年のおじいさんがお客様の食事の時間に合わせて一部屋ぶんずつ炊いているのだそうで、炊き方を聞いたら上のような方法でした。
私のやり方は間違っていなかった、って嬉しくなりましたよ。
旅館のは炊きあげたあとおひつに移して蒸らすんですけどね。

Q知人が屋台をしています。それでそろそろ寒くなってきたので何か対策を考え

知人が屋台をしています。それでそろそろ寒くなってきたので何か対策を考えてるんですけどなかなか決まりません。お客さんとして屋台に行った場合寒くないためにどんな工夫がしてあったらいいと思いますか?

Aベストアンサー

ビニールで囲って、七輪などで暖房するしかないですねー。

Qかつおのたたき

生のかつおは、めっちゃおいしいし!!、かつおのたたきも、とてもおいし~ですよね~!!(^o^)丿。
それで、どうしてかつおのたたきってあるのですか?。ただ単に、焼くと、一味違うおいしさがあるからですか?。
それと、どうして“たたき”っていうんですか???。

Aベストアンサー

鰹を焼く時(焼く前か後に)塩を振りかけますが、塩をふったあと手で叩いて、塩が良く鰹の身にしみ込むようにした。

焼き上げた後、たたき酢(酢醤油)が良く鰹にしみ込みむように包丁の腹でたたいた。

この二つが「たたき」の語源と言われています。

たたきにするのは、
脂がのり過ぎた鰹を焼いて脂を落としてさっぱりと食べるため。(そのために初鰹のころの鰹はたたきにはしません)
皮と身の間に入り込む寄生虫を殺すため。
などが理由です。

Qかつおの中骨料理

 かつのの中骨(あら)を購入しました。ついていた身の部分はすり身にしておたんごやハンバーグにして食べました。中骨をすりおろしてから、みそと半量ずつ混ぜて「骨みそ」に出来ると聞いたのですが、骨の直径が1センチぐらいあり、フードプロセッサーにかけて刃が傷まないか心配なのでチャレンジしていません。
 フードプロセッサーにかけても大丈夫ですか?
 もし他にいい調理法があったら教えてください。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かに、捨てるのは惜しいですよね、骨って。
栄養もいっぱいですし。

ここまで太い骨でやった事はありませんが、
いつもは弱火でじっくり焼いて、
カリカリになったものを
そのまま骨せんべいのように食べていました。
焼き加減がいいと、最高なんです。

なので、焦がさないように適度に焼けば、
そのまま食べても、そこから骨みそを作っても
いいのではないでしょうか。
スリコギとスリ鉢なら、なおさら万全ですね。

Qかつおと昆布のだしをストックするには

一度にたくさん、かつおぶしと昆布でだしをとって、とりおきしたいのです。
そして、数回分の料理用の出汁として使いたいです。

季節にもよると思いますが、だし汁をどうやってストックしたらよいですか?
また、ストックしただし汁は、何日程度で使い切ったらよいでしょうか?

それから、いちいちダシをとるのが面倒という理由で、今まではダシの素を使ってきましたが、健康のことを考え、少しでも天然ものを使おうと思ったわけですが、それでも、とりたてのダシと、ストックしたダシとでは、栄養面、安全面などで、違いはあるのでしょうか?(うまい、まずいという判断以外でお願いします。おいしくなくてもかまわないので、うまさよりも、安全と栄養価を優先したいです。)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前、料理の本に載っていたのですが、だし汁を保存するのに製氷皿に入れて冷凍していました。
専門家ではないので日持ちなどはわかりませんが、一般的に冷凍であっても早めに使いきった方がいいと思います。(酸化していくので)

健康のために天然ものということですが、昆布やかつおぶしは酸化防止剤不使用のものを使ってくださいね。
とりたてと、ストックとで栄養面はさほど変わらないと思います。だし汁の栄養って主にアミノ酸ですからね。
安全面も、上記のようにあまりに長期保存するのでなければ、変わらないと思います。
どうせ煮たてて使うのですよね?

正直、私は天然ものを使うのは「味がおいしいから」であって、栄養面と安全面という点ならば、化学調味料無添加のだしの素を使っても同じですし、時間のないときはそれを使います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報