最新閲覧日:

私は今高校1年生なのですが、2年になると文理系に分かれます。もちろん看護婦になりたいので理系に進むのですが、、、教科選択で、生物を選べばいいのか物理を選べばいいのかよく分かりません。ほとんどの先生方が生物だとおっしゃるのですが、進学に詳しいある一人の先生は物理だと言われ、大変困っています。
岡山大学の医学部保健学科看護学専攻を目指しています。どうか適切なアドバイスをよろしくお願いします!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 ANo.#1のshinkishuです。

補足ありがとうございます。

> まだはっきりとは、わかりませんが、たぶん物理のほうが高得点が狙えるからだと思います。

 物理という科目は、数学並みに得意不得意が分かれる科目です。ですから、得意な人にとっては高得点が狙える科目ですが、苦手な人にとってはかなり苦痛な科目だといえます。

 また、僕の教え子の医学部進学者の話では、進学したあと、生物関係の授業もかなり多く、生物をやっていないとついていくのが大変だということです。

 2年生進級時に物理か生物かどちらか一つだけを選択しなければならないのでしたら、snow0961さんが、生物は肌に合いそうもないという場合以外は、生物を選択した方がいいのではないかと、僕は思います。

 参考になれば幸いです。また、何かあれば、補足してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました!!すごく参考になりました!本当にありがとうございます。。

お礼日時:2001/11/19 08:43

直接の回答にはなりませんが、ご参考までに。

。。
 大昔、「看護婦」さんは、医師の補助スタッフにしか見られない傾向にありました。しかし今日、看護婦は、医師・臨床検査技師・栄養士などとともにコ・メデイカルと位置づけられ、異なる職種の協同作業によって病気を治す重要スタッフと位置づけられています。この立場で考えると、大学入学後、さらに仕事に就いた後も物理も重要です。たとえば超音波診断技術を考えてみてください。生物と化学の知識のみでは対応できませんね。
 なお受験科目として生物か物理かは志望校の状況と貴女の得点傾向から判断されればいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。参考になりました!!

お礼日時:2001/11/19 09:08

今、岡山大学の受験要項をネットで見たんですが、センター試験も二次試験も、物理・化学・生物が選択で可能ですよね(間違いないでしょうか?)



それだったら、通常は生物と考えます。どちらにしても進学後に生きる部分が大きいからです。
しかし、高得点が狙えるとか配点の妙(特に二次試験)を考えているのでしたら、物理という先生の意見もあるかもしれません。ただ、得点が狙えるという理由だけで勧めるのもどうかと…思う一面はあります。真意はその先生に確認するべきでしょう。
極端な話、高校は物理も生物も習うんだから試験会場その場で決めるのが正解という剛直な意見を言うつもりはありません。選ぶなら好きなほうで良いんではないでしょうか? ちなみに私は最後の方法を現役時に選びました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました!!すごく参考になりました。
質問をしたのが初めてだったんで、少し不安だったんですが、質問して正解だったと思ってます。
たぶん、物理を進めた先生は、shu_sさんのおっしゃる通り高得点が狙えるという理由からだったと思います。
もう少し考えて決めてみますが、今生物にしてみようかなと思ってます。
本当にありがとうございました!!

お礼日時:2001/11/18 19:41

 その進学に詳しい先生は、なぜ物理だとおっしゃるのでしょうね。

一度理由をうかがってみてください。

 一般的には、将来の仕事内容に直結し、看護学に進学を希望する人が興味を持っているはずの生物を取るのが普通です。

 僕も、生物を選択するのがよいと思いますが(岡山大の看護学専攻も生物受験が可能ですし)、もし、物理を選択しろとおっしゃる理由がわかりましたら、補足をお願いいたします。

この回答への補足

まだはっきりとは、わかりませんが、たぶん物理のほうが高得点が狙えるからだと思います。確かそう聞いたと友達が言ってたような・・・。
曖昧で、すみません。また分かったら補足しますね。

補足日時:2001/11/18 19:42
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ